30代後半の転職を成功に導くには?活動の際の秘訣を確認しよう

April, 01, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

30代後半の転職は厳しいといわれている

転職は年齢が上がれば上がるほど難しくなるといわれています。特に35歳~40歳の年齢層は幹部候補や次期リーダーとしての資質を求められます。今までの勤務経験の中で、どの程度マネージャーとしての役割を果たしてきたのか、あるいはその資質があるのかという点において、自分に自信を持てない人は転職に苦労してしまう可能性があります。
ただし、30代後半=転職できないということではありません。転職成功の秘訣を抑え、成功を導きましょう。

30代後半の転職の成功の秘訣

30代後半の転職する人には20代~30代前半に求められる資質とは違うものが求められます。30代後半の転職の成功の秘訣を確認しましょう。

仕事内容を重視して選ぶ

自分が抱えていた夢を実現するために転職をするという人もいると思いますが、30代後半の転職の場合、一般的に未経験の業界への転職は困難といえます。企業側はこの年代に対して、年齢に見合ったスキルや経験を重要視し、また、即戦力となる人材を探しているのです。
よって、少しでも転職の可能性を上げるためには今まで経験を積んだ業界と同じ業界で転職活動をするべきです。
ただし、この年代の人でも他業種の転職活動を行い成功した例もあります。経験がない分、積極的に新たな業界のことを学ぶ必要性がありますが、自分の夢や成長を重視したいのであれば新たな業界に飛び込むことは1つの選択肢といえそうです。

年齢相応のスキルをアピール

一般的に30代は即戦力としての活躍が期待され、特に30代後半では管理能力も問われることとなります。現在勤務している会社において、出世ラインに乗って順調に昇格し、管理職としての経験をしている人は転職先においても活躍が期待されます。プレイヤーとしての活躍のみならず幹部候補として活躍が求められるからです。
そして、今までの経験・スキルのアピール方法にも工夫が必要です。経験をアピールするときは事実・数字・論理の3点を的確に伝えるとよいです。抽象的な説明にとどまることなく、具体的に過去の経験やスキル・実績を伝達しましょう。

新しいことへの適応能力

転職の際には適用能力の有無も成功可否を大きく左右します。適応能力の有無は、経験から学び取る力があるか、価値観の異なる人とうまく人間関係を構築することができるか、どんな環境にも迅速に対応することができるか、という点から判断されます。
特に、30代後半の年代に対してはより強く上記の適用能力が求められます。どのような事態にも柔軟かつ迅速に対応できる人が転職活動で有利となるのです。

転職期間に余裕を持つ

30代前半の4割の転職活動期間が1~3カ月であることに対して、30代後半になると約2割が半年以上の時間を転職活動に要している(長期傾向になっている)という統計があります。30代前半と後半では会社が求めるスキルが、上記のとおり大きくことなるため、このような大きな差が生じているのです。
現在勤めている会社の在職中に転職活動を行うのか、あるいは、退職後に転職活動を行うのかでも転職活動期間が異なりますが、特に退職後の場合については転職活動中は給与収入が途絶えるため時間に余裕がないと焦ってしまいがちになります。その結果、本来の転職活動の目的をそぐわない企業に就職してしまうような結果とならないよう、転職期間には余裕を持って活動を開始しましょう。

30代後半を求めている業種

30代後半になると一般的に転職が厳しくなるといわれていますが、逆に30代後半の人材を求めている業種も存在します。確認していきましょう。

新規事業を立ち上げる企業

企業が新規事業を立ち上げる場合、その事業を進めるためのノウハウを自社で補填できない場合があり、当該事業に精通した経験豊富な人材を即戦力として求めることがあります。特に30代後半の人材の場合であれば、ある程度のマネジメント能力も期待可能であり、新規事業のプロジェクトリーダーとして大いに重宝されるでしょう。

ITやサービス業界の成長分野

成長分野であるITや介護などサービス業界は転職できる可能性が高い業界といえます。理由としては、当該業界は急激に市場が拡大することから、常に人が不足している状況であるということです。30代後半であっても、そのような状況下にあっては重宝されることになります。次に、特にIT分野では顕著ですが、成長分野の業界においては会社内の従業員平均年齢が比較的若く、マネジメント能力を備えた従業員が少ないことが特徴です。そのため、30代後半のマネジメントスキルを相応に身に着けた人材が求められる傾向にあります。

不動産や金融関係の営業職

不動産や金融関係の業界において、営業を行う顧客は社長など会社の意思決定に影響を与えることができる人が多く、顧客の年齢層は他業種と比較しても高めです。そのため、営業員が若手であると、顧客からの信頼を獲得するまでに時間がかかる場合がありますが、30代後半の営業員であれば顧客にとっては自分に有用な情報やサービスの提供をしてもらえるという期待を抱きやすくなり、信頼を得るまでの期間は短く済みます。
他業種から転職する人であれば、業界のプロパー職員と比し知識の幅も広いため、一味違った提案営業による顧客との信頼関係構築が期待されます。当該業界では重宝されることでしょう。

30代後半におすすめの転職エージェント

転職エージェントは転職に必要な手続きの代行を行ってくれます。30代後半の人で今までの経験を活かした転職を行うために利用したい転職エージェントをみてみましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの最大の特徴は業界トップクラスの求人数があること。また求人数の約90%が非公開求人(一般的に求人が公開されておらず、エージェントを介して条件に当てはまった人に紹介される求人)であり、非公開求人数の数は10万件以上もあります。
また、キャリアアドバイザーに自分自身の強みの分析をしてもらうことができ、転職市場での市場価値を見極めることが可能です。
今後のキャリアアップを考えるのであれば、今までの経験を活かせる職場を探せるリクルートエージェントは最適です。

マイナビエージェント

マイナビエージェントも独自の企業人事担当者とのコネクションを持ち、多くの求人数を抱えています。そのうち約8割が非公開求人となっています。そして、転職支援が充実していることも特徴です。たとえば以下のような支援を用意しています。

1.求人票外の把握している情報を教えてくれる

採用支援業界大手であり、人事関係者とのつながりもあるマイナビ。求人票に記載のない、会社の人事や現場担当者がどのような人材を求めているのかを把握しているため、当該情報を事前に入手することができます。そのため、入社後のミスマッチなどを起こす可能性も抑えられます。

2.業界に精通したキャリアアドバイザーが存在すること

マイナビエージェントは業界別に専任性のチームを編成しています。そのため深い知識を保有しており、転職者の転職活動に関し、多様な選択肢や新しい可能性を提案することができます。同キャリアアドバイザーの助言により、自身の転職先の選択肢を広げることが可能となります。

3.応募書類の添削、面接対策がしっかりしている

先ほど説明した、専門性をもったキャリアアドバイザーが、応募する求人に合わせ、履歴書や職務経歴書の添削に加え面接対策も行ってくれます。この支援を受けることにより、自分の転職活動に自信をもって取り組むことが可能です。
上記支援の結果、高い書類選考率であることも特徴といえます。

DODA

DODAは全国10万件以上の求人数を誇り、その80~90%が非公開求人となっています。また、大手企業やだけでなく、外資や中小、ベンチャー企業の求人を多く取り揃えていることも特徴です。30代向けの求人数も多く、30代後半の転職活動には最適な転職エージェントといえます。書類や面接対策などのサポートも受けることが可能です。

30代後半の転職を成功させましょう

年齢が重なるほど転職が困難になるといわれていますが、30代後半の転職において、選択肢は多く存在します。これまでの経験やスキル、マネジメントの経験、適応能力など自分の強みを再度見つめなおし、転職活動に臨みましょう。30代後半であるからこそ求められる業種もあり、転職エージェントを利用しながら、転職活動を行えば短期間で転職を成功に導くことも十分可能でしょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪