転職活動でステップアップするには情報集めと準備|タイミングが重要

April, 01, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

コンテンツ

30代と40代主婦の転職活動の流れ

一度は社会人として活躍してから、今の日本では、女性に育児などを任せてしまう傾向がまだまだあります。そのような世相を反映し出産を機に会社を退職することが多いようです。
子育てに一段落した時に、子供にお金もかかりますし、社会人として社会の一員として貢献したい。また自分のキャリアアップする生活に戻りたいと願う方が、仕事を探してみようと思ってからどういう流れで転職していけば良いのかを解説していきます。みなさんの転職活動の参考になってくれれば幸いです。

転職をするメリット

転職すると、キャリアはあるものの、人間関係の形成やその会社の文化に慣れるなど、また一からのスタートでもあります。それこそ気持ちも新たに新人時代を思い出し、フレッシュな気持ちで仕事に向かい合えるという事です。
今まで慣れていて気がつかなかったことや、違う会社に行ってみて前職との比較ができることです。これこそあなたの視野を広げていくことに繋がるのです。

希望の条件に合った職場に移れる

一度就職しなければ分からないことや、仕事をしていくうちに、自分の求めているキャリアや、職場環境、待遇などが明確になってくるものです。
今の会社に自分の求めている条件が近い将来に見込めない時や、既に今の環境でいることは自分にとって為にならないと決断した上で退職した方もいるのではないでしょうか。

フレッシュな気持ちで働ける

転職を決意して、新しい職場が決まってからは、これまでの人脈を生かしてさらに幅を広げた仕事ができる場合もあります。全く違う業種に転職してみると、新社会人の時と似たようなフレッシュな気持ちで仕事ができることにメリットがあるのではないでしょうか。
ずっと同じ職場で成果に対する正当な評価がされずにモチベーションを上げることができない場合に、転職を決意した方々にとっては、新しい職場でモチベーションを上げて仕事に取り組めるので、長い社会人人生のモチベーションを維持して仕事をできる時間が増えます。

違う業種にチャレンジできる

例えば、同じ職場である程度の年数が経ち、その会社の一部を責任を持って取り組んできた結果、自分でこの仕事において達成感や満足感を得たあと、違うことにもチャレンジしたい!と考えていれば、転職を機にやってみたいと考えていた業種にチャレンジできるチャンスでもあります。
さらにスキルアップを図りたいという考えは、転職先の方たちにとって、ポジティブシンキングの成果が出せる予感を感じさせる人に思えるものです。チャレンジ精神を常に持てることが、自分の社会人人生を豊かなものにするでしょう。
また、一度就職したものの、なかなか自分の思い描いているような仕事ができないとか、会社の中で行き詰まってしまう方もいると思います。そんな時にはなかなかモチベーションを維持して仕事に取り組めないものです。
そんな時に自分に合った業種にチャレンジできるチャンスだと考えて転職できれば、以前の悩みながら仕事をしていた状態でいるより、新たなリフレッシュした気持ちで仕事に向かい合えるので、あなたの社会人人生でポジティブな生き方になるはずです。

自分の可能性が広がる

転職する事で、新しい環境の中に自分を置く事により自分でも気づかなかった強みや、新たな仕事によって新しい発見、気付きができることもあります。
自分のステップえアッププランの見直しもできて、その後、新たな自分のスキルアップの挑戦をしてみたり、新たな資格取得などを目指したりしますから、収入アップにも繋がることとなるのではないでしょうか。

転職をするデメリット

転職を考える方にとって一番不安なことは、自分が新しい環境に慣れることができるのか、心機一転して仕事に取り組んでも、期待に応える成果を出すことができるのかという気持ちを持つことではないでしょうか。
このような不安が払拭できないうちは、転職に踏み切るのにもう一度、なぜ転職を考えているのかを自分自身で改めて考えてみましょう。ここでは、転職した時にあり得るデメリットを考えてみます。

一時的に収入が減る危険性がある

スカウトされて転職するなら別でしょうが、自ら新天地で新しい職種にチャレンジする場合は、以前の年収より低くなる可能性はあります。
ボーナスは新入社員と同じように、出ないかもしくは過去の実績による部分があるため、ほとんどないに等しいくらいしかもらえない可能性があります。この点は注意が必要です。

評価が一からのスタートになる

転職してから新しいメンバー達と新しい上司により評価されていくので、今までの職場で培った信頼や人間関係は良い意味でも悪い意味でもリセットされています。気づかなかった自分にも気がついたりする事ができる反面、新しい信頼を得るまでは、時間が必要なのはやむを得ないことです。

仕事を覚え直さなくてはいけない

転職した場合、全く同じ業種でもその会社ごとの進め方や流れなど細かい点でも特徴があるものです。全く違う業種に転職した時は尚更のこと、今までの知識を活かしながら新しい仕事のノウハウを覚えなければいけません。会社の雰囲気、古い会社であればその会社文化に馴染んでいくことが必要です。

希望通りの職種に就けない

転職したら、採用時に明確な職種で募集していても面接や採用試験の結果によっては、あなた自身の今までのキャリアと照らし合わせ、即戦力として活躍して欲しい職種に配属する事は採用した側とすれば当然のことでしょう。希望する職種に就けないかもしれないという事も事前に知っておくと、モチベーションの維持には必要です。

転職が必要な理由を考える

今までの仕事を辞めて、転職を考え始めた時はいつからでしょうか。何かのきっかけがあり転職という言葉が頭によぎるようになって、転職しようと決意をしたのでしょう。その転職の理由を自分で明確にしておくことが、これからの転職活動において重要なのです。
現在の雇用条件に不満があり、自分がこれだけやっているのに給料やボーナスに反映されないとか、正社員になれない。パートで正社員と同じくらいの仕事をこなしていても、ギリギリの判断基準内に抑えられ社会保険に加入してもらえないなど、今の雇用条件の不満によるものが最も多い理由に挙げられるのではないでしょうか。

勤務環境に問題がある

転職を考えるきっかけの一つに職場環境の不満が挙げられます。正社員であれば、転勤を命じられる事もありますし、人間関係が問題になって悩み、転職を考えるきっかけになる方もいるでしょう。また、現在世間でも話題になっている残業に関する問題があります。
残業ができなくなって退勤しなくてはならないのに、仕事が終わらず、休日に仕事をする事になっていることが常態化している。サービス残業は当たり前のような雰囲気の職場ですと、仕事の効率化や新しいことに取り組むエネルギーが無くなり、健康状態の悪化にも繋がる事になりかねません。こういう悪い企業文化がある場合も、大きな転職の決断理由になっていることがあります。

会社の経営自体に不安がある

転職したいと考えるきっかけは、会社の経営不安が挙げられます。今は会社が順風満帆でいたのに突然何かしらの問題が発覚し、経営を持続できるのか不安を感じてしまい、もっと自分がのびのびと成長できる職場に転職したいと考えるかたも多いのではないでしょうか。

スキルアップを望んでいる

転職する事で、大きいメリットの一つに自らのスキルアップが挙げられます。どのようなスキルアップを目指しているのか、より明確な目標があると転職した際にも、モチベーションをアップしつつポジティブな印象があり、前職の辞職も自分のライフプランの上で前向きな印象に捉えてもらえます。

転職を始めるタイミング

いろいろな理由で転職を考えてある程度決意ができたら、どのタイミングで転職活動を始めるのが良いでしょうか。すでに転職活動をしないまま退職してしまい、ハローワークに通いながら求職活動をしている方もいるでしょう。
この転職活動期間は人によって様々なケースが考えられます。仕事をしながらの転職活動は、タイミングの差で円満に退職できるか繁忙期に重なってないかなども考慮する必要があります。
また転職したい業界の採用を活発に行う時期なども考えて、スケジュールを立てる必要があります。業界によって転職のしやすさに差が出ることも考慮して何社くらいに応募するのかなど、タイミングによる注意すべきことを考えてみましょう。

在職中に転職活動を行う

在職しながら転職活動を行うメリットは、収入を得ながら行うことで精神的に収入に関する心配がなく、しかも転職活動の際にはブランクがないので、明確な理由を持ち転職先の面接でも好印象に捉えてくれることが多いでしょう。
モチベーションを維持しながら新しい職場環境に慣れて、精神的な面では楽に転職できることが予想されます。前職との間に少し準備期間を設けて、残った有給休暇を退職日までに消化しながら、収入面で心配することが無く転職準備に取り掛かる事も出来ます。
しかし、在職中の転職活動では時間の融通は利きにくいので、面接などの時間をしっかりスケジュールを調整しながら、仕事との両立は自分一人で行うことが難しいことが多く、転職エージェントを利用しながらの転職が現実的です。
そのほかにデメリットと捉えるかは人によると思いますが、離職期間が短い場合は、失業給付の待機期間内に再就職してしまうことになり、失業給付を受給しないで就職することになる事が考えられます。就職できれば貰える給付を貰わずにそのまま雇用保険に加入することになります。自己都合の退職の場合は、一般的に待機期間が3カ月あるので、失業給付の受給は諦めた方が良いでしょう。

退職後に転職活動を行う

在職中に、退職に向けて忙しく日々が過ぎ、有給休暇を消化して退職をする場合もよくあるケースです。有給休暇の間に転職活動が思うように出来ず、転職先が決まるまで収入なしの期間があることも、十分予想しておくことが重要です。
前述の通り頼みの失業給付も自己都合による退職の場合は、退職日から直近3カ月間の時間外労働時間が非常に多く、体調を崩してしまったなど特別な理由がないと待機期間が3カ月あるため、収入なしの期間が出てきます。
しかしメリットとしては時間がたっぷりと取れるので、転職活動のスケジュール管理が楽ですし、面接などについて準備がしっかりできます。次のステップアップの為の資格取得のために、資格専門学校に通うことも可能ですから、このような動きは次の転職先の面接の印象も悪くなく、目標に前向きな姿勢があると捉えて貰えることが多いようです。

新しい転職先の探し方

現在では、転職することがマイナスイメージではなく、自分のステップアップのためのプラスイメージを持っている方たちが多くなっています。転職することイコールダメな社会人という意識を持つ人はまずいないのです。そこで自分の求めている転職先を見つける方法について考えてみましょう。

転職エージェントを活用する

現在では、転職する事は更なるスキルアップや、年収アップを目的にした人が多いこともあり、多くの転職エージェントがあります。転職エージェントを活用して転職している人は、徐々に多くなりました。
やりたい事がある人と実力のある人物や、向上心があり将来性を持つ人物を採用したいという、成長している会社とのマッチングをして求人紹介してくれるだけでなく、会社側の人事担当との面接などの調節を行ってくれたり、仕事を紹介してもらいたい人の様々な相談にも応じてくれます。
効率的な採用をしたいと思う会社の人事には、ハローワークに求人情報を出すことをしないで転職エージェントにのみ求人情報を出している場合も多々あります。不安な事なども転職エージェントの担当者に相談しながら、自分に合った転職先を探してくれますので大変心強いものです。
今では、インターネットで自分の条件に合う会社とのマッチングに強みがある、転職エージェントを選ぶサイトもあるくらいなので、活用してみるのも時間を有効に使うことができます。

ハローワークに相談する

転職エージェントなどない時代から、仕事を探すといえばハローワークで失業給付を受給しながら、転職先の紹介をしてもらうのがスタンダードでした。今は求人の数が多いというものの、年齢などは指定できないという決まりがあるため、求人票だけでは会社の採用したい人物像が見えないということもあります。
例えば今回の採用したい人物は、その会社で実務を学び管理職候補にしたいから、30代までの人を雇いたいなどの情報が分からず、本当に採用条件が自分に合った求人を見つけるまでポジティブシンキングようです。
また、新しい技術を身につける研修を受けながら、担当者に不安な事なども相談できる体制になっていますから、無料で利用できる制度はなるべく活用したいものです。ただ、採用する会社側が無料のハローワークでのみ募集している場合には、採用する人に費用をかけられない規模の会社であったりするので、年収アップのための転職とは結びつかない可能性もあります。

フリーペーパーを利用する

転職先を探す方法の一つにフリーペーパーもあります。この方法でも、自分の求めていたスキルアップができる可能性を感じれば、全て自分自身で会社に問い合わせもしなければなりません。
率直な質問も採用試験を前にしにくい場合もあるでしょう。面接予約も自分がしなければならないので、何社も採用試験を受けたいと思っていれば、面接のスケジュールをよく考えて予約する事が大切です。その時に考えなければならないことは、フリーペーパーを使って採用したいと思う会社は、どのような会社なのでしょうか。
会社の求めている人物像はどのような人を採用したいと考えているのでしょう。即戦力になる人物でとにかく大急ぎで人を雇う必要がある場合など、その会社によって理由は様々で、とりあえず費用をかけずに将来的に役立つ人物を探しているケースは少ないと言えるでしょう。自分の転職理由をよく考えた上で、会社に問い合わせをすることを忘れないようにしましょう。

転職活動の前に確認しておくと

現在の職場には無いものを求めて転職する事に決めたら、本格的な転職活動に入る前に何をしておくべきなのでしょうか。仕事をしながらの転職活動では、現在の仕事の引き継ぎの仕事も出てくるでしょう。緻密なスケジュールを考えて、周囲の人になるべく迷惑のかからないいかたちで新たなスタートをしたいものです。

活動期間の目安を決めておく

実際に仕事をしている場合には、転職活動の全てを自分で行うのはなかなか難しいものです。おおよそ早くても3カ月から6カ月は準備期間から決定までにかかると考えておくと良いでしょう。
また、転職エージェントを活用することで、この期間は短くできる可能性があります。退職してからの転職活動は、転職エージェントを活用すれば時間を有効に使って自分の求めている転職先を探す手間が省け、その分新しい技能や知識を得るための学校に通う余裕もできると思います。
自分で転職先を探す場合、ハローワークでの求職活動でも、前述で述べた通り会社の必要としている人材と、自分が就職したいと思う会社とのマッチングが長引く可能性がありますので、余裕を持って活動期間を設けておく必要があります。

転職活動の流れを確認しておく

実際に転職活動をする時に、スケジュールを立てておくことで慌てて書類を準備することもなく、うっかりミスを防ぐ事ができます。仕事をしながらだと、休日には家で必要な書類の準備作業をしておくなどや、今の仕事上では、自分の仕事の引き継ぎ資料を作成しておくと安心です。
また、退職後に失業給付を受給しながら転職活動を行う場合にも、自分がこの転職で得たい事は何なのかを忘れずに、ゆっくりと必要な書類を作成することが出来ます。

転職活動で用意するもの

転職準備の期間が短いと転職活動で思いもよらないミスをする事もあります。応募書類を整える時間が無く、雑な書類を送る羽目になったり、面接のような短い時間であなたの本当に伝えたい転職理由を伝えられなかったりすることもあり得ます。
そうしているうちに、転職先が決まらないままどんどん日にちが経ち、経済的にも苦しくなってしまいます。転職準備は早くしておく分には全く問題がないので、早めに準備しておきましょう。

必要な応募書類を作成する

転職するときに必ず必要になる書類の作成は、早めに用意できます。必要な書類はほとんどの場合、履歴書と職務経歴書は必須です。履歴書には簡潔に応募理由を記載しましょう。自分の強みと弱みについても、採用担当者が会って話が聞きたいと思って貰えるよう、丁寧に記載する事が大切です。
また、職務経歴書も同様に丁寧な記載が重要です。社会人になってから、どのような部署でどのような仕事をしていたか、その仕事の成果をアピールすることも簡潔に具体的に記載する事を心がけ、納得のできる書類に仕上げておきます。
転職エージェントやハローワークの相談員には、履歴書と職務経歴書の記載について様々なアドバイスを受けることができますので、利用してみるのも良い書類作成に繋がることになるでしょう。

面接に着ていくスーツを用意する

転職したい会社に書類選考で合格して面接試験を受験する際に、のようなスーツで行くのが望ましいのでしょうか。新社会人ではなく、転職の採用試験の面接なのですから、大人らしい落ち着いた形と色を選び、スカート丈も膝より上にならない、清潔感のあるプレスのきいたものを着用しましょう。

靴や鞄を用意する

面接では、上から足元まで面接官がよく見ていることを意識したものを用意する事が大切です。新社会人でもないですから派手にならないようにする事も大切です。鞄は、ビジネス調のA4サイズの書類が綺麗に収まる形のものが便利です。靴は、ローヒールの落ち着いた大人らしい色のシンプルなものを選びましょう。

新しい転職先の決め手は

転職先を探していた時、その会社の求人内容と自分の転職理由や希望している条件が明確になっていれば、転職を決意するのにあまり迷いはないはずです。
実際には、会社の求める人材と自分が合致していることが採用に結びつくのですが、応募する時にも採用に結びつくように気をつけて求人情報を確認しなければなりません。

自分のスキルに合っている

転職先を探すときに求人情報をみて、自分の今のスキルから離れすぎていないことが重要です。合格したとしても本来の自分のスキルアップのプランや、人間関係で雰囲気の良い会社に行きたいと思っていても、仕事に面白みが感じられないと長続きしません。
自分の今のスキルより上のものを求められた場合、モチベーションを上げて努力しても成果を出すことが出来ず、収入アップどころか、あなたの評価は厳しいものになっていくことが想像できます。その反対に、自分のスキルよりもずいぶん下のレベルの仕事を命じられた場合、自分の仕事に対するモチベーションを維持していくことが難しいでしょう。
こんなことにならないためにも、職務経歴書の記載内容が重要です。また面接の際に、具体的な転職先でやってみたいと思っていることを伝えることが大切なのです。

希望の条件に合っている

転職先を探すときに、自分の希望する待遇なのかよく確認することが大切です。面接の際に給料や職種、勤務時間や時間外労働の有無などの雇用条件、勤務地は転勤のあるのかなどの勤務地条件が後々のトラブルを防ぐためにも十分に確認することをするべきでしょう。

転職の目的と合っている

転職先の求人の人物像と自分の希望している職種や仕事の内容など、自分がなぜ転職したか、その理由に求人で求めている内容が合致していることが、あなたの転職が間違いなくライフプランにとってプラスになることでしょう。
お互いに就職して良かったと思える転職は、事前に用意した職務経歴書や履歴書及び面接で、あなたが相手にどれだけ理解してもらえるかにかかっています。

転職活動で注意すること

転職活動がスムーズに行われ、数週間で決まることもあれば、なかなか自分の希望する条件の転職先が見つからないで何ヶ月もかかってしまう場合もあります。転職活動で特に注意すべきことについて考えてみましょう。

希望の職種を見極める

転職したい業界や業種がしっかりと決まっている場合でも、希望する職種を求人しているのか、応募する前に事前の情報収集は欠かせません。その会社の経営状態はどうなのか、公開している決算資料で売り上げが本来の業務でしっかりと稼げているのか、また、その業界についてもし知人が勤務していたら、何か情報を持っているかもしれません。
現在では、インターネットで多くの会社の社員からの評価を掲載しているサイトもあり、ブラック企業ではないかなど調べておく事もしておきたいものです。

会社情報をしっかり確認する

転職試験を受験する前に、その会社の情報はホームページなどで、どういう分野でどのくらいの売り上げがあるのか、現在又は今後、注力していく分野は何かなどしっかりと確認し、ある程度のことはメモをして覚えておく事も、面接の時に自社のことをよく調べていることで好感を持たれることにもなります。その上で、今回募集の雇用条件や業種及び勤務地を、自分の希望とのマッチングをしておくことも大切です。

スケジュール管理はしっかり行う

転職活動は、速やかに終える事が出来れば良いのですが、自分一人で転職活動をしていくと長引くことも予想しておかねばなりません。つい、希望と全て合う会社を探してダラダラと日数がかかっていくのでは、どんどん経済的な負担も増えて、本来の転職目的を見失いがちです。
スケジュールをしっかりと管理しながら、転職活動を始めたきっかけや理由を忘れずに、面接日時を管理しておきます。採用試験を受けるときは、くれぐれも時間に遅れることのないように事前に調べ、余裕を持って試験会場に行くようにしましょう。

退職日までに引き継ぎを終わらせる

仕事をしながら転職活動をしている方は、効率よく仕事を進め、引き継ぎを相手に負担にならないような期間に終わらせておくことが円満退職の条件の一つです。
引き継ぎが順調に終わらないと、転職先にも迷惑をかけかねません。周囲と相談しながら、退職日までに引き継ぎを終える事が出来るよう、周囲の協力をもらいながらやり残しのないように早めに準備しておきましょう。

採用が決まるポイント

転職活動をしている期間の平均は、約3カ月くらいといわれています。書類の準備を入れるともっと長くかかっていることもあります。そこで早期に転職活動を終わらせるためには、どんな点を注意して行う事が重要になるのか考えてみましょう。

即戦力になれる人材である

まず、社会人経験のある人材を採用したいと考えている会社では、どんな人材を求めているのでしょうか。それは、研修なしで基本的な社会人としてのマナーがあり、ある程度その業種の経験やスキルがあることが大前提という事が多いのです。
スキルを判断するのにわかりやすいことが、求めているスキルに関する資格を取得しているかが目安です。つまり即戦力になるかどうかです。その条件が整っていれば面接をしてお互いに求めるものが合致した場合、採用に結びつくことになることが多いようです。

退職理由と志望動機が一貫している

採用する会社が転職希望者の面接の際に、一番気になることは、この人物が信頼できる人物なのかという点であることです。それを確認するのに、退職の理由が今回の志望の動機とぶれていないか、真実を語っているかなどしっかりと聞いています。
そのため、あまりにも長く転職活動をしていると、自分の志望の動機が本当にそうなのか、早く仕事を決めてしまいたいだけなのではないかなどと思われ兼ねません。
従って、会社の求める人材と自分の転職活動を始めたきっかけとが合致していそうな会社を見つけ出す事が重要になるのです。こういう場合にも、転職エージェントを活用することで、速やかに転職することがスムーズに行われるのです。

お互いの希望条件を満たしている

転職先の決め手となるものは、やはり雇用条件と採用条件があなたの希望する条件と遜色ない場合ではないでしょうか。この時に、給料の支給日や、採用時の職種や職名、ボーナスは支給があるのか、気になるところを確認しておく事が後々のトラブル防止になるのです。

こまめに情報収集をして転職活動を進めよう

転職活動は、転職を決めたらすぐに準備しても早すぎることはありません。経済的に困窮しないように、在職している方は、時間を有効活用する為にも転職エージェントの活用を考えるのがいいかもしれません。様々な転職のお手伝いをしている担当者がスケジュールの立て方などから転職先との面接、採用時までお手伝いをしてくれるので心強いでしょう。
引き継ぎの資料作りや早めに出来ることはどんどん進めて、転職サイトなどの情報をこまめにチェックしていき、自分の転職理由と合致しそうな会社を見つけたら、速やかに動くことが転職活動を長引かせないことになるのです。利用できる媒体を活用しながら希望する転職ができるまで気を抜かず頑張り続けることが大事です。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪