40代の転職が厳しい理由とは?成功するためのコツとポイントを伝授

April, 01, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

40代で転職するのは無謀なのか

40代を過ぎると転職も難しくなります。
なぜ難しいのか、企業の立場から考えるとわかりやすいです。
40代になると、いろんな経験もして、どのような仕事もできると自分では思っているのですが、会社にはわからないことなのです。
40代になると、年下が上司ということもあり、人間関係も難しくなります。
年収も転職前よりも少なくなることも多いです。
しかし、今までの経験は無駄にはなりません。
無謀と思われる40代の転職ですが、ちょっとしたコツをつかんで転職を成功させましょう。

UKANOイメージ

40代の転職が厳しい理由

40代からの転職になると、人間関係の問題も多くなるでしょう。
年下が上司になることもあるので、やりにくいことも多くなります。
体力的にも仕事を覚えるスピードも衰えてくるのが、40代の転職が厳しい理由ですね。

採用後働ける時間が短い

20代や30代に比べると採用後の働ける時間は短くなります。
会社としては、できるだけ長く働いてくれたほうが、仕事も安心して任せられます。
採用後の時間が短いために不採用にするというわけではなく、能力的に違いがないのなら、採用後に働ける時間が長い20代、30代を採用するのが普通の会社の考え方です。

40代はバリバリの働き盛りですが、採用する方は働いてくれる時間も気にして、採用するものです。
時間が短いですが、今までの経験を会社に生かすことができるかが、ポイントになります。
若い人よりも、どのようなことに優れているのかアピールしていくしかないのです。
働ける時間は短くても、会社に役立つ社員になれることを、主張していきましょう。

年下が上司になる可能性がある

新しい会社に転職したら、まず気になるのが人間関係です。
「どんな人が働いているのだろう。」年齢や性格は知りたい情報です。
特に上司とは、うまく付き合っていかなければなりません。
40代で転職となると、年下が上司ということも少なくないのです。
年下だからといっても、上司には変わりませんので、きつくいわれることもあるでしょう。
今までは年上の上司だからと我慢できたことも、年下の上司だと我慢できないことも出てきます。

上司だけでなく、社員同士でも年下が多くなります。
やりたくない仕事や他の人がやらない仕事を積極的にやっていくことにより、人間関係も築いていけるはずです。
若くても、年齢をとっても人間関係がうまくできるかで人生も変わっていくのです。

20代30代に比べると体力がない

40代になると、気になるのは体力の衰えです。
男性もそうなんですが、女性は事務職などの体力を使わない職種が多くて、年齢の影響もあり、体力は落ちていくばかりです。
毎日、忙しいのでジムに行く時間もないですし、ウォーキングする時間もないのが現状なのです。

採用する会社としても、体力のことは気になるところです。
採用しても、体力がなくてすぐに退職なんてことになると、会社としても大変であり、初めから20代30代を採用しようとなるのです。
365日休みのない工場もあり、その会社の勤務体系なども気にしていくことも、40代の転職は大事になります。

面接のときに、体力にも自信があるようなこともいったほうがいいだろうし、履歴書にも工夫し、趣味や特技にスポーツを書くなどすると、体力に関してはマイナスにならないでしょう。
体力はないとマイナスのことだけ考えても転職はうまくいかないので、プラスになることを考えていきましょう。

知識やスキルの習得が難しい

知識やスキルの習得が難しいのも、会社にとっては悩むところです。
習得できないわけではないのですか、20代、30代に比べると覚えるスピードは遅くなってしまうので、各自対処が必要です。
年齢を重ねていくと、覚える量やスピードは、20代や30代には及びませんが、これまでに勉強してきたこと、知識やスキル、経験などをを生かすことを考えるようにしてください。

初めての職種では、全ての仕事を1から覚えなければなりません。
1から覚えるのは若い人でも苦労し時間がかかるものです、しかし、似ている職種の場合は経験を生かすことができます。
面接のときには、この会社に今までしてきた経験をアピールできるか、経験を生かすことで若い人との差はないこを主張しましょう。
また、転職先の職種に有利になりそうな資格があると、会社も採用しやすいし、40代でも転職は有利に進みます。

年収がダウンしてしまいやすい

中途採用だと、年収もダウンすることが多いでしょう。
収入が高いところを求めて転職したときにはあまり気にはならないと思いますが、いろいろな事情で退職することが多いです。
今までと同じ条件、収入の仕事は、40代だとみつからないでしょう。
特に日本の企業は長く続けることで、定期昇給やベースアップしていきます。
長く勤めることにより、信頼や信用が増え年収アップにつながっていきます。

しかし、中途採用の場合には、信用や信頼の部分がまだないため、20代、30代から勤めている人と比べると給料も少なくなることがあります。
給料だけで転職をした人は、前の会社よりも給料が上がって嬉しいかもしれませんが、同じ職場の同年代よりは少ないので気にせず働いていきましょう。

また、40代になると、役職がついていることも多いです。
中途採用だと、いきなり役職はつかないため、役職手当もつかないので、その分年収も少なくなってしまいます。
年収ダウンは厳しいですが、仕事の内容や人間関係も大事です。
給料だけで選ばずに考えることも大事です。

正社員の募集数が少ない

正社員の募集も少なくなってきます。
中途採用後の働ける年数が少ないし、能力的な部分もわからないとなると、40代の正社員の募集は少なくなります。
40代で中途採用となると、体力的にも未知数なことがあり、同じような能力や体力ならは、若い人材を募集するでしょう。
中途採用が悪いのではなくて、会社としても、余計なリスクをかけなくてすむのです。

ただ、40代の転職にも、よいことはあります。
若い人に比べると経験が多いということです。
特に、同じような職業に転職する場合は、有利になるでしょう。
同じような職種ならば仕事を覚えるのも早いということです。
若い人は1から教えなくてはならないことも、40代で経験があれば、その分、早く慣れることでしょう。
資格も武器になります。
経験がなくては取得できない資格もあるので、面接時には、その経験、資格をしっかりとアピールできれば、採用される確率はたかくなりますよ。
40代の募集は少ないのが現状ですが、多すぎて迷うこともなく、自分の希望に沿った会社に応募するだけです。

UKANOイメージ

40代が転職に成功するためのコツ

40代になると、転職が難しくなりますが、コツがいくつかあります。
人脈や転職サイトを利用して探したり、資格を最大限に活用したりです。
うまくコツをつかんで、転職を成功させましょう。

人脈やコネクションを広げる

40代からの転職となると、簡単ではないので、友人、知人に紹介してもらうのも、ひとつの方法です。
友人、知人の紹介があれば、転職には確実に有利です。
紹介者が信頼のある人ならば、転職するのも難しくはないでしょう。

しかし、面接や、履歴書をしっかりと書くことはしてください。
適当な人間だと思われると、面接した本人だけでなくて、紹介した人にも迷惑かけることにもなるのです。
紹介してもらうはいいのですが、他の面接よりも、しっかりとやるくらい、頑張りましょう。
知り合いだからといって、給料などは無理をいってお願いしないようにしてください。
お互いに、困ることのないようにすることは大事です。
いつでも、よい転職の話があってもいいように、人脈を広げておくと、いざという時には、頼ることもしていいでしょう。

転職エージェントに相談する

転職するのに、いろいろ利用して仕事を探すと思いますが、転職エージェントを利用しましょう。
転職エージェントとは『有料職業紹介事業所』のことをいいます。
転職エージェントは、求人情報だけでなく、履歴書の書き方、面接のしかたなど、転職に関してのことを、相談できます。

転職エージェントを利用することにより、客観的な意見が聞けるので、この仕事でよいのか、悪いのかも、アドバイスをしてもらえます。
自分のキャリアを見つめなおすこともできるし、転職活動に必要なこと全てをしることができ、面接時の細かい注意点や、自分の魅力が知ることができます。

自分だけではしりえることができないことも、転職エージェントによって知ることもあるのです。
また、転職エージェントによっては、非公開の求人情報も知ることができ、自分にあう仕事が見つかるかもしれません。
しかし、転職エージェントには能力の低いところもあり、よい転職エージェントを探すことも大事ですね。

転職に有利な資格を持つ

40代では、転職は難しいですが、有利な資格を持つことで、20代、30代にも勝ることができます。
電気工事士、第二種運転免許などは、持っていないと作業や運転できないものなので、必須の資格です。
実務経験が必要な資格もあるので、逆に40代が有利なこともあります。
実務経験が必要な資格は、新卒や20代では、持っていない資格なので、面接ではアピールするとよいでしょう。
専門的な資格があれば、転職には有利です。

販売士

この資格は物を売るのに必要な知識やマナーを身につけられる資格です。
特に小売業界には人気の資格で、ビジネスマナーも学べるため、幅広くの人が試験を受けています。

簿記

簿記といえば、経理の仕事をするのに大事な資格です。
商業高校などでも簿記の資格は取得できるのですが、転職するなら2級を取れると、有利になるでしょう。

会社によっては資格を持っているだけで、手当てが出る会社もあります。
転職の時にも役に立つのですが、転職後の給料にもプラスになるのです。

転職サイトを活用する

転職サイトを活用すると、自分のペースで転職活動ができます。
webで登録するだけで、いつでも多くの求人を閲覧できるので、仕事をしていて、昼間は転職活動できない人も、深夜の空いた時間を利用して、求人情報を確認でき、自由度は高いです。

webの利点として、気になる会社を、複数応募できるのもよいところです。
転職エージェントも便利ですが、気楽に求人を探すのなら、最初は転職サイトで探すのをオススメします。
転職サイトも複数あり、そのサイトによって特徴がちがいますし、登録しないと見れない、非公開求人もあるので、いろいろな転職サイトに登録して求人情報を集めていきましょう。

面接で具体的な実績をアピールする

履歴書をしっかりと書くのも、大事なのですが、面接はもっと大事です。
面接の印象ひとつで採用になることもあるでしょう。
40代の面接では実績をアピールできるかが鍵となります。
今までの実績をどこまで詳しくアピールできるか、他の人とは、どのようなところが優れているのか、自分のことをしっかりといえるくらい、自信を持って面接には挑んでください。

面接に自信がない人は、転職エージェントに登録して、面接のことを相談するといいでしょう。
面接の練習もしてくれるし、面接時のポイントも的確にアドバイスしてくれます。
40代になると自分では正解だと思っていたものでも、間違いということもあり、いくつになっても勉強していくことが重要ですね。

UKANOイメージ

40代でも転職可能な職種

若い人が遠慮する職種なら、40代でも比較的転職も楽にできます。
転職は楽にできるかもしれませんが、そのあとは大変な職種もあるので、考えてから転職しましょう。

離職率の高い営業職

営業職は離職率も高く、経験も必要なので、40代の転職でも、大丈夫でしょう。
問題は転職してからになります。
特に不動産の営業はキツイと思っていてください。
営業全般にいえることですが、ノルマがきつかったり、歩合制の場合は給料が安い、労働時間が長いなどあり、離職率も高いです。
離職率が高いから、40代でも転職しやすいのですが、転職後を考えると難しい選択になるかもしれません。

人手の足りない介護職

介護職は、20代、30代だけでなく、年齢に関係なく、人手の少ない職種になります。
特に夜勤がある介護職は大変です。
夜勤の人数は昼勤務に比べると少ないのがあたりまえです。
夜はみんな寝ているから、楽と思われがちですが、排泄の介助や緊急時の対応など、やることはたくさんあり、大変です。
体力も必要です。
転職するとなると、資格をしっかりと取得して、いらいろな情報を頭に入れてから転職するといいですね。

未経験でも昇進できる警備業

年齢を気にせず転職できる職業として警備業があります。
未経験者歓迎という警備業も多くあり、年齢にも大きく左右されずに転職できるのがよいところです。
50代や60代も多くいるため、40代から挑戦したとしても、昇進できるチャンスも多いです。
転職後に資格を取得すれば、昇給やベースアップも見込めるので、未経験でもやってみる価値はあります。
夜勤もあるとこが多いので、収入もある程度高くなるでしょう。

女性も多い清掃業

清掃業も40代の転職は多いのが特徴です。
清掃業というと年配者やパート、バイトのイメージがあると思いますが、正社員の求人もありますので、清掃業が嫌ではない人は、安定した収入を見込めます。
若い人が少ない職種ですので、40代でも頼られて役職につくことも多くあります。
地味で汚いイメージが多い清掃業ですが、人を気にせずに自分の仕事をこなせる人には、向いている仕事ですね。

男性におすすめの運送業

男性の転職には運送業もオススメです。
女性のトラック運転手もいますが、ほとんでが男性です。
運送業はドライバー不足で、ドライバー確保に力をいれています。
未経験者や資格がないとドライバーとして働けないため、20代では転職は難しく。
逆に40代の経験と資格取得者は優遇されます。

会社によっては、入社してから、資格を取得させてくれたりするところもあり、運送業全体でドライバー確保に苦労しています。
長距離ドライバーは収入も高いので、資格があり、高収入を目指すのなら運送業に転職もよいですね。

UKANOイメージ

40代におすすめの転職サイト

転職サイトにはいくつかあり、それぞれ特徴を持っています。
40代の求人が豊富にあるのも転職サイトを使って探す理由になります。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、他の転職サイトより豊富な求人案件です。
自分に合った職場や勤務地などあるとメールで紹介してくれるのも便利です。
サイトの情報はスッキリしていて、情報は見やすくなっています。
求人案件は多いのですが、それが逆に選ぶ方とすれば、迷うくらいです。

ビズリーチ

ビズサーチの特徴としては、ハイクラスの求人が多いということです。
ハイクラスとは、大企業や役職だった人が、レベルアップのために転職する。
もっと上を目指す人が利用している転職サイトが、ビズリーチです。
求人の中身は有料になってしまうのですが、7日間の無料期間もあるので、無料期間で、いろいろ試してみいて使いやすいようなら、その後有料登録して、じっくりと転職活動しましょう。

DODA

DODAでは、求人情報だけでなくて、アドバイザーが転職サポートしてくれます。
一般に自分が選ぶ求人やキャリアアドバイザーが薦めてくれる求人もあります。
webで登録すると電話があり、カウンセリングもしてくれます。
転職のことを親身になって相談に乗ってくれるので、転職するほうも不安はなくなっていくでしょう。
適正も考えてくれるので、時には厳しい意見を言われますが、アドバイザーも真剣に考えてくれているということです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職サイトの老舗と呼ばれ、実績はナンバー1です。
プロの転職コンサルトがサポートしてくれるのも魅力のひとつですね。
求人量の多さはと、希望条件にあった求人案件を教えてくれる。
転職する人を積極的にリードしてくれるので、リードしてほしい転職者にはオススメです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは首都圏や関西エリアの求人が中心で、プロの転職コンサルトがサポートしてくれます。
コンサルタントの評判がよくて、履歴書や職務経歴書を何度も添削してくれて、転職者の悩みを一番に考えてくれます。
求人量は少ない感じはしますが、今後は増えてくるでしょう。
転職を急がない人にはオススメです。

40代が転職で失敗しないためのポイント

40代の転職は難しいですが、失敗しないためには、いくつかポイントがあります。
余計なプライドは捨てて、わからないことは質問する。
20代、30代とは違うということをしっかりとやっていきましょう。

わからないことは質問する

40代になって、いろいろな知識や経験をすると、わからないことがあっても、自分で解決しようとします。
過去の体験から導きだした答えは間違いはないと思ってしまっているのです。
答えが正解なら、よいのですが、すべての答えを正解できる人はいないのです。
もし、わからなければ素直に質問すれば、すぐに答えはでるし、後から注意されることもなくなるでしょう。

不要なプライドは捨てる

不要なプライドを捨てることができるのか、転職を失敗しないポイントになります。
今までやってきたこと否定するわけではないのですが、新しい職場になれば、そこのやり方があります。
前の会社では、うまくいったからといって、頑張り過ぎないことです。
プライドがあるということは責任感があり、自分にも厳しくもあるので素晴らしいことです。
しかし、不要なプライドはいらないし、気楽に生活してはどうでしょうか

未経験の業界にもチャレンジしてみる

40代だからといって、チャレンジすることは大事です、未経験の業界に挑戦してみてください。
人生に遅いということはありません。
何歳からでも、新しいことに挑戦できると思っていてください。
挑戦するということを忘れないでください。
失敗すると思ってしまったら、それで全てはうまくはいきません。
やってみないと、自分に合っているか、合っていないかなんて、わからないのです。
今まで、避けてきた職種に挑戦してみるだけで、新しい自分を見つけらことができますよ。

在職中に転職活動を始める

転職するときには、在職中から活動をはじめるのがよいでしょう。
在職中から活動することで、収入の心配は軽減されます。
仕事を辞めてから、探しても問題はないのですが、すぐに転職先が見つかる保証はありませんし、採用されても、来月からなど会社の都合もあるので、少しでも収入が途切れない工夫は必要です。
在職中に転職活動をすることで、転職先にも、安心感を与えることにもなります。
転職の理由にもよりますが、仕事をしてない期間が多いと、会社も不安になります。

情報を広く集める

40代で転職は厳しいかもしれませんが、できるだけよい条件で転職したいのは当然のことです。
求人情報誌、ハローワークを使って広く情報を集めましょう。
平日が休みがない人も多いです。
平日に休みがないのなら、求人情報誌やWebを使って情報は探せます。
平日、休みがとれるのなら、ハローワークに行って情報収集しましょう。
情報収集の方法は何でも良いのですが、できるだけ多くの方法で探すことで、自分が転職したい条件の求人を探すことができますよ。
求人情報誌、ハローワーク、転職サイトなどによって、掲載されている求人情報は違いますので、できるだけ広く探していきましょう。

UKANOイメージ

希望を持って困難に立ち向かおう

40代での転職は簡単ではありません。
人間というのは、変化するときには、ものすごく体力や神経を使います。
しかし、大変なのは最初だけで慣れてくるものです。
はじめの一歩が難しいです。
困難も訪れるでしょう。
明るい未来を夢見て、希望を持って頑張りましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪