お金が欲しい主婦の願いを着実に獲得していく方法をチェック

April, 01, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

欲しいお金を着実にゲットしていく方法を紹介します

まだ子供が小さく、子供に手が掛かる30代。家のローンも購入したばかり、子供は待機児童問題で保育園に入れることができないため外に働きにいけない、そんな悩みを抱えている主婦が増えています。そんな30代の専業主婦の方でも着実にお金をゲットし、そして収入を増やしていく方法をチェックしていきましょう。

主婦だってお金が欲しい


専業主婦は夫が働いてきたお金でやり繰りして暮らしています。何か必要なものがあるときや友達とランチに行きたいときなど、夫に断ってお金を貰っているという方も多いでしょう。毎回断ってお小遣いをもらうのも気兼ねするため、自分で自由に使えるお金が欲しい、そう考えている主婦の方が最近増えています。
主婦がお金が欲しい理由は何でしょうか?まずもっとも多い回答が「家計が苦しいから」や「お金がないから」と答える方が多いです。少しでも足しになれば、あと1万多ければあれができるのに、そう言った理由からお金が欲しいと考える方が最多でした。
続いては「自分に自由に使えるお金が欲しい」と答えた方です、好きな洋服や友達とのランチ、旦那さんに毎回断ってお小遣いをもらうのではなく、自分のお金で自由に楽しみたい、そう言った理由が次に多くあげられました。これと同等で、毎日育児に没頭していると疲れるから働くことによって育児と仕事のバランスが取れると考える方も。
この他にも、「せっかく資格を取得したのに、勿体ないから資格を活かして働きたい」や「旦那さんとの離婚を考えていて、着々とお金を増やしてる」といった計画的にお金を増やそうとしている方もいました。

主婦だって立派な仕事

「専業主婦って楽でよいね」、たまにそういったことを言う人っていますが、全然「楽」ではありません。1日が主婦業で始まり、主婦業で終わるのです。そう、つまり「専業主婦」も立派な仕事。朝、起きて朝ご飯や弁当作り、家族を送りだしたら、家の掃除や家事、少し休憩を取っても、幼稚園の子供がいる場合には遅くても14時前には帰ってきます。すると子供との遊ぶ時間「育児」があります。そしてこの1日の間に買い物をし、そして夕飯作り、子供をお風呂に入れて寝かしつけ、するとあっという間に夜がきて、そしてまた朝がくる、と言ったサイクルで毎日を過ごしている主婦の方が多いでしょう。
「専業主婦」は「家事」や「育児」、そして掃除に、近所とのお付き合いなど、専業であっても毎日忙しく、そして家族を支える「立派な仕事」なのです。

主婦職に見合う報酬を

専業主婦を仕事に換算すると毎日24時間稼働(赤ちゃんの夜泣きなど)で土日などの休みも主婦にはありません。アメリカの調査会社で出した「主婦に給料を出すとしたら」で出た統計に日本の主婦を当てはめていくと、専業主婦の場合、1日の家事に費やす労働時間は「7時間30分」。日本のパートの時給は地域差にもよりますが、平均900円前後とすると、財務省で発行された「女性データバンク」に基づいて計算すると専業主婦の家事、育児の時給はおよそ「2630円」くらいだということが分かりました。
主婦も家族のために一生懸命、家事や育児、主婦業をこなしています。この時給に換算しただけで、どのくらい大変なのかが分かります。自分たちのしている「主婦業」というのはこのくらいの価値があるものだと、「評価」をされてもよいのではないでしょうか。

主婦の前に女であるということ

主婦の「お金が欲しい理由」にランクインされるものに、「自分のことにお金を使いたい」と答える方が多くいます。子供が生まれると「(子供の名前)ママ」と呼ばれることも多くなり、いつしか夫も「女」として見てもらえなくなったり、そういったことにもどかしさを感じている主婦は多いのではないでしょうか?30代も40代もまだまだ若いです、自分の努力次第でいくらでも「綺麗」をキープできるのです。育児や家事に追われて、女を捨てたくないのが本音です。自分に使えるお金があれば、美容院やネイルやまつエク、エステなど「自分磨き」にお金が使えます。
主婦であるという前に「主婦も女」なのです。自分が綺麗だと子供はもちろん、旦那さんにも喜ばれ夫婦仲円満にも繋がります、そして自分のモチベーションもあがり、また専業主婦を頑張ろうと思えます。

外に出てお金を獲得する方法


では、具体的に主婦が稼ぐ方法を調査していきます。まずは、「確実」な方法で収入が入る、「外で働きに行く」ということです。主婦にはどんな働き方があるのでしょうか?

長期短期のパートアルバイトで仕事をする

主婦が外に働きに出る場合、「制限」が出てくることが多いでしょう。たとえば、子供がまだ小さくて、幼稚園が終わるまでや、行事に合わせて「土日祝休み希望」などと条件がつきます。子供が風邪を引いたとなれば、早退したり休みを取ったりすることが多いので責任のある仕事には就けません。
そう言った場合には融通の効きやすい、「パート」や「アルバイト」で働くのがおすすめです。最近「コンビニ」では土日休みなど休みや時間の都合を合わせてくれるところが多い店舗もあり、家庭を優先しやすいアルバイトやパートは主婦の方がとても働きやすい働き方です。

契約社員で仕事をする

「もっとお金が欲しい」そういった主婦の方は、思い切って「契約社員」で働くという方もいます。こちらの場合、「保育園」に入れることで幼稚園よりも長く預けられる分、契約社員として働くことができます。もしくは、家に祖父母がいて見てくれる方がいれば、園から風邪を引いたなどの電話がきても、迎えに行ってくれる方がいるので、安心して外に働きに出ることができます。
また、子供も小学校高学年にもなるとお留守番も出来るようになってくるので、主婦でも働く時間を伸ばすことができます。「契約社員」であれば、ボーナスも入り、もちろんパートやアルバイトよりも稼げますし、そして子供が大きくなったら「正社員」に登用してくれる会社もあります。「キャリア志向」が高く、もっとお金を稼ぎたいといった主婦には「契約社員」という働き方がおすすめです。

自宅でお金を獲得する方法


子供がまだ小さく、また誰にも預けることもできない主婦にできることは外には働きには行けないので「自宅でお金を稼ぐ」という方法があります。その種類も豊富で、自宅にいながら、子供との時間を大切にしつつ、ブログなどを活用して稼いでいる主婦はたくさんいます。

内職

在宅ワークと言えば、昔ながらの「内職」を思い浮かべた方も多いでしょうが、内職は本当に1,2万円になるかどうかで微々たる金額しか稼げません。しかし現在の内職は進化していて、「シール貼り」や「袋詰め」といった作業の他に、手先が器用な主婦におすすめなのが、自分でアクセサリーや小物などを裁縫したものを「ネットで売る」といった稼ぐ方法です。
いま「ハンドメイド」の作品を売るサイトがあり、そこでピアスやネックレス、赤ちゃん用品(スタイや幼稚園バックなど)を売り収入を得て稼いでる方もいます。また絵を描くのが上手な人であれば「イラストレーター」してネットでリクエストされた絵を描き報酬を得ている方もいます。

ネットでお仕事

家にインターネット環境とPCさえ揃っていれば「ネット」で稼ぐことができます。その中の1つに「ブログ」で稼ぐ方がいます。その中でもよく耳にするのが「アフェリエイト」といったものです。簡単に説明するとブログで、広告会社に登録し、紹介したい商品を選び、それをブログに書き、それを見た方が、その商品を購入してくれることで、自分に収入が入ってくるというものです。今、この「ブログ収入」で稼いでる方はたくさんいて、サラリーマンの年収を超えたという主婦までいるほど。
またブログ以外のネットでの稼ぎ方として人気なのは「在宅ワーク」といって記事を書くようなライター業や、語学が得意な方であれば、「翻訳家」として稼ぐことができます。月平均5~10万円稼ぐ主婦の方もたくさんいます。
また、「ネット」環境さえあれば、これだけではなく、フリマサイトやオークションサイトでいらなくなった物などの中古品の売買や、転売ビジネス、など自分に合った仕事を探すことができます。また「時間が自由」なことも主婦が始められる仕事として魅力で、子供が幼稚園などに行ってる間、寝ている間に仕事に励み、その他の時間は育児や家事に専念できるので、稼ぎ方としてはもっとも人気な方法。

ネットで権利収入

「権利収入」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?権利収入と言えば、なにか利益になるようなものを作ればそれに対してずっと収入が入ってくるといった仕組み。分かりやすく言えば、芸能人が本や作詞をすれば「印税」が半永久的にずっと入ってくる仕組みと同じです。マンションのオーナなんかもこれに当たります。
この「権利収入」をネットでする場合にはまずは自分のブログを作ることです。先程お話した中にあった「ブログ」も一度作ってしまえば、それを見た人が購入し続ける限り収入は入り続けます。また売れるサイトになっていけば、そのブログで自分の書籍を作って売ることも可能。サイトを見た方が本を購入してくれたら「印税」が入るようになります。このような方法で「権利収入」を得ている主婦もいます。

主婦だって開業出来る

主婦がお金を稼ぐ方法として、「起業」を始める主婦も多くいます。その方法として、これまでお話ししてきたネットを活用した「在宅ワーク」がありますが、その他にも自分で作った物を売るハンドメイド作家になる方法、そしていま注目されている狙い目の仕事が「ネットショップ運営」です。登録さえすれば、あとは自分の好きなものを売ることができるので初心者も簡単に始められます。そして売れるようになり軌道に乗ってきたようであれば、「個人事業主」として「開業」を始めます。
いきなり会社を設立するには初心者だとリスクが高すぎるし、またかなりの費用が掛かってきます。その点、個人事業主であれば、赤字になってしまっても税金を支払う必要はありません。またこれだけでなく、たとえばヨガのインストラクターの資格を持っている方はヨガスクールを、調理師免許を取得している方は料理教室を「開業」する場合も。

お金を増やす方法


外で働く方や自宅で働く方、主婦の「働き方」が分かりましたが、そもそも「生活」の中でお金を増やす方法「節約」やいまCMなどで耳にすることも多い「資産運用」などで、地道にコツコツお金を増やす方法があります。まずは家計の状況を把握し、いまからすぐにでも始めるのは「家計簿」をつけ、家計の状況を見直しましょう。

すぐに使うお金と手をつけないお金に分けること

旦那さんのお給料や自分の給料が入った時、どのように管理していますか?ここが溜まる人と溜まらない人のポイントになってきます。支払いが終わったら、残りのお金はそのままお財布に入れていませんか?それではあればあるだけ使ってしまい、貯まりません。
そこでお金を貯める方法として「口座に分ける」といった方法もありますが、今回は面倒くさがり屋の方でも簡単に出来る方法「小分け封筒」のやり方をチェックしてみましょう。いくつか封筒を用意して、まず1つの袋には家賃や保険、ローンなど必ず毎月決まった額が出るものを、そして2つめの袋に「貯金するお金」、3つめはお小遣い分と小分けにすることで、無駄使いを防ぐことができます。お小遣い(自由に使えるお金)もたとえば3万円残ったとしたら、3万円一気に財布に入れずに1万円ずつ財布に入れることをおすすめします。予定がない月であれば、3万円使いきることなく、お小遣いの使わなかった分も貯金に出来たりすることもあります。

定額貯金でコツコツ

貯金をする方法で「口座分け」する貯め方をする主婦の方もいますが、貯金してもそれにすぐ手をつけてしまい、結局なかなか貯まらないといった方もいます。そんな方におすすめなのが、「ゆうちょ銀行」のみで取り扱っている「定額貯金」がおすすめです。これと似たものに「定期貯金」というものがあります。しかし、こちらはほとんどの銀行やゆうちょ銀行でも取り扱われていますが、利率がゆうちょ銀行の「定額貯金」よりも高いものが多いそうです。
一度契約してしまうと、半年間は引き落とせないようになっているので、すぐにおろしていまう人でも確実に貯めやすい方法です。また、給料から天引きして定額貯金にしてしまう方法もありです。仮に月に1万円貯金すれば1年間で12万円も自動で貯まることになります。

少額からの資産運用

最近主婦の間で「資産運用」を始めたという方が増えています。そんな主婦に人気の「資産運用」は少額から始められて、リスクも少ないものから挑戦しましょう。いま話題のNISAや配当金狙いの「株主優待」や「投資資金」や「外貨預金」などが初心者からでも始めやすくおすすめです。
初心者の方がデイトレードなどの「株」を始めるのはリスクがありますが、「株主優待券」狙いで始める株の投資はおすすめです。株主優待券はその会社の商品を優待して割引券であったり、商品券などを頂けるので家計の節約にも貢献。
また「外貨預金」は初心者の主婦にはリスクが高すぎるので、外貨預金を始める場合には低リスクなことで知られている「FX口座」で外貨預金をしていく方法や、資産運用0円からでも始められる「マネーハッチ」など色々ありますので、ご自分でよく勉強し、まず最初はリスクが最小限のものから始めるようにしましょう。

お金に困ったときの解決方法


どんなに一生懸命頑張って暮らしていても、暮らしの支出が多く、まだ子供が小さくて働きにいけないとう方で、特に「シングルマザー」ですと手に入る金額も少なく、1日1日生きていくのがやっとだという方もいます。そんなお金がなくて困ったときの対処法を考えていきます。

お金についてセミナーで不安を解消

全国各地で、主婦のためのお金に関する「セミナー」が開かれています。講師はお金の知識のプロの「ファイナンシャルプランナー」で、家計のやり繰りの仕方や、節約方法、貯金の仕方、またこれまで話してきた「投資」や「資産運用」について詳しく教えてくれる勉強会のようなものが開催されています。
少人数制のものから大人数の規模のものまで多様ですが、できれば質疑応答しやすい少人数制がおすすめです。これまで知らなかったお金の話をすることでこれからの生活に役立てることができます。

ピンチのときに活用するカードローン

もう今暮らしていくお金が足りない、急な冠婚葬祭で今すぐお金が必要、そんなときはもう「お金を借りる」ことです。親族にお金を借りる事ができればよいですが、それが不可能な方は消費者金融のカードローンを使用しましょう。消費者金融も数多くあるので、どこがよいか迷ってしまうと思いますが、口コミでおすすめと言われているのが「30日間無利息」というフレーズでお馴染みの「プロミス」がよいそうです。次の給料日に返せそうな分だけ借りて、無利息のうちに返せるようにしましょう。

借金に悩んだら専門家へ相談

借金がどんどんたまっていき、困ってしまった時は弁護士による「無料相談」ができます。専門家と話すことで、今後の対策も考えられます。自分ひとりではどうしようもない、けど誰にも相談できない、そんな方は専門家へ早急に相談しましょう。

コツコツ着実にやればいずれは目標に達する


主婦でも、確実にお金が増やせるということが分かりました。ある程度お子さんが大きくなった方や祖父母が見てくれる方であれば外へ働きに出る方法、まだ子供が小さく家にいなければならない場合は自宅でできるお金を得る方法。また、資産運用や投資などで地道にコツコツ貯めていく方法など、主婦でも目標をもって始めることで、確実に収入に繋がっていくことでしょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪