30代での転職か可能なのか。30代の転職希望者に必要な能力とは?

April, 01, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

30代での転職は可能か

30代になって、転職を考えるという人も多くいます。「もっと報酬の高いところに転職したい」「やりたい仕事が見つかった」「人間関係がうまくいかない」など、そんな転職を考えているあなたに、転職に有利になる資格や、転職を成功させる秘訣などをお伝えしていきます。
30代の転職は可能なのか?答えは「可能」です。これまでの経験を活かし、さらに資格取得など必要な資格を取得し、企業にとって「即戦力」なるような武器を身につけ、転職活動に挑みましょう。

30代の転職希望者に求められるスキル

30代で転職を考えたとき、どのようなスキルが求められてくるのでしょうか。20代のころの転職と比べて求められるスキルも変わってくるでしょう。どんなスキルが必要になってくるのか注目してみましょう。

他人とのコミュニケーション能力

30代の転職で必要なスキルは「コミュニケーション能力」があるかどうかです。会社で働くうえでコミュニケーション能力は必要不可欠で、上手に周りとのコミュニケーションが上手にできないと仕事も円滑に回りません。そんな人を企業は雇うわけにはいかないので、面接や履歴書の志望動機などで、それらをチェックします。
コミュニケーション能力の高い人というのは、まず相手の話をよく聞き、そして話し方も丁寧で分かりやすく伝えられ、周りの空気を読み取り、「協調性」を持って行動できる人がコミュニケーション能力の高い人だといえます。

即戦力となる専門的な知識

30代での転職で武器になるのが「即戦力」としての専門的な知識があるかどうかも求められます。同じ業種にチャレンジするのであれば、これまで働いてきた実績や実務経験を活かし、アピールポイントに繋がりますが、新たな企業に転職する場合は難易度があがるので即戦力と思われるような資格取得などをしてから応募するのがおすすめです。
また、元々、リーダーや幹部候補として働いてきた方はそれらが認められ、転職には有利に繋がるでしょう。30代の転職の鍵となるのは、技術や専門知識はもちろん、これまでの実務経験や実績がとても重要になってきます。また人脈があれば、それを活用し「紹介」などでスムーズに転職を成功させることができる場合もあります。

営業成績などの明確な実績

営業職に転職する際には面接ではもちろん「職務経歴書」にこれまでの自分の業務実績を「明確」に書くことが採用の鍵となります。これまでの営業成績を「数字」で分かりやすく明記しましょう。たとえば、これまでどんなことをしてきて、「売り上げ達成率」だったり、も目標達成率は何回達成したかなど、「具体的」に書きましょう。
また、社内などで「表彰」された経験がある場合には、何で表彰され、何人中何位だったか、過去に何回表彰されたのかなど、とにかく営業成績などでアピールする場合には数字を具体的に明記することが、これまでのあなたの判断ポイントとなってきます。

管理職の経験

30代の転職で求められることが多いのが「管理職経験の有無」です。管理職とは主にそのチームや部の「長」や「リーダー」であったり、責任を取るのが管理職。しかし、その会社によってどこからが管理職かも違ったりしますが、その経験がある場合は面接などでアピールし、即戦力に繋がるようにしましょう。
また、これまでの経験をアピールするのはよいのですが、どこの部署で人数は何人くらいの会社の管理職をしていたか、またその経験がどのように自社で活かせるのかなどを伝えると、採用担当者の求めている回答ができます。また、管理職経験がなくても、チャンスはあります。管理職関連の書籍を読み勉強したり、セミナーなどを受講し、管理職についてノウハウを学んで、面接時にアピールし、リーダーシップ力はあると認められれば、採用の道に近づけます。

幅広い人脈

30代の転職活動の「鍵」を握るのが、あなたの「人脈」があるかないかです。前職で培ってきた太い人脈があれば、同業種に転職する場合には「紹介」してもらえたり、とても有利に、そしてスムーズに30代でも転職でき、また同業種の場合、これまでのキャリアがあるので、これまでの給料よりも待遇が良くなることも期待されます。
また、転職の際の面接などで、これまでの実務経験や専門知識などをアピールすると共に、あなたの自慢の「人脈」をアピールポイントにすると業務成績があがることを見込まれ、採用されやすくなります。20代は若さで勝負ですが、30代はこれまでの実績や経験、人脈で20代よりも自分を採用したほうが「メリットがある」というポイントをアピールしていきましょう。

30代の転職を成功させる方法

30代の方が転職する際に求められるスキルがどんなものか分かりました。では、それをふまえて今度は30代の転職を成功させる方法をチェックしていきましょう。

なるべく早めに転職活動を始める

30代で転職を考えるのであれば、「30~35歳」までの30代前半のうちになるべく「早めに」するのがおすすめ。体力的にも精神的にも30代後半になってくると難しくなってきます。会社を辞めてゆっくり転職先を探すことができればよいですが、30代といえば妻も子供もいて家庭を養う人が増えくることも。その中で会社を辞めてまでの転職先を探すのはリスクがありすぎるので、在職中に転職活動をすることをおすすめします。
また、30代といえば、子育て真っ只中期で手が掛かり、そして進学するにつれてお金が掛かってきます。それと同時に自分が30代後半から40代にかけて両親も老いていき、親の「介護問題」がでてきて、とても転職など考えている暇などなくなるのです。そういったことから、転職するのであれば比較的余裕のある30代前半にするのがおすすめです。

叶えたい希望をひとつに絞る

人は転職を考えたとき、これまでの会社と「比較」して、休みや福利厚生、保険などの待遇面の改善であったり、また転職者の多くの人が求める希望の1つに「年収アップ」を求める人もいます。誰しもがいまの現状よりも良くなることを期待します。しかし転職活動をしていくうちに、あれもこれもと叶えたい希望が増えてくるもの。そのため、希望が増えるとそれを叶えてくれる転職先も減り、難しくなってきます。
そのため転職する際に大切なことは「妥協する」ことも大切です。例えば土日祝休みにこだわっていたとすると、隔週土曜日は出てもよいなど、消去法で妥協できる部分を増やしていくことも。そして「これだけは譲れない」というもの1つに絞るようにしましょう。

転職に活かせる資格を取得する

30代の転職で武器となるものは「資格」です。これまでの取得した資格はもちろん、30代の場合はその資格を取得してから10年近くなることもあるので、それより上のクラスの資格を新たに取得したり、また転職先に有利になるような必要な資格を取得をするのもアピールポイントになります。
またどこの企業でもあれば優遇視されるのが英語の資格、特に「TOEIC」です。英語の資格があれば、これまで未経験であってもそれを活かした翻訳であったり、英会話スクールだったり、貿易事務など、年齢など関係なく働く幅が広がります。また、育児などで専業主婦をしていた方は、育児中が資格取得のチャンスです。

資格なしや未経験でもやる気をアピールする

30代の転職では、これまでの実務経験などの実績や資格などが転職の際に有利に働きますが、企業先によっては、「未経験」や「資格なし」でも採用されることがあります。採用担当者はこれまでの実務経験が豊富なことでも評価しますが、面接時の第一印象や、面接時に受けるポジティブな姿勢だったり、明るい人柄。また自社に対しての企業研究をしっかりとし、その熱意が伝えれば、採用されることもあります。
よく面接時の第一印象で決まると言われています、それは30代の転職でも変わりません。これまでの社会人経験で積み重ねてきたことでの「自信」に満ち溢れている姿や、向上心のある姿勢などを評価し、未経験でも、この人なら結果を残してくれると判断し、採用に繋がることもあります。

転職エージェントに相談してみる

これまでの社会経験から培ってきた「人脈」やコネなどで転職する人はいますが、未経験の職種にチャレンジするときには「転職エージェント」を活用するのも手です。近くに「ハローワーク」がある場合、活用するのもありですが、転職エージェントであれば、30代からの転職も、未経職の案件も豊富にあることで人気があります。
また、転職エージェントに登録することで、悩みを聞いてもらえたり、またこれまでの経歴を踏まえたうえで、その人に合った職業をおすすめしてもらえたり、また転職エージェントに登録することで、採用が決まると「お祝い金」を頂けることもあり、こちらにもたくさんのメリットがあります。

30代の転職に有利な資格

30代でこれまでと違った職業に転職しようと考えたとき、有利になる資格というものがあります。30代からでも目指せる話題の資格に注目してみました。

書類の代行専門職である行政書士

転職する際に、「行政書士」を目指す方もいますが、行政書士の仕事内容を分かりやすく説明すると、会社を設立する際の開業手続きであったり、自動車を購入した際に必要な「車庫証明」などの書類を作成したり申請することを「代行」する仕事で、通称「代書屋」などと呼ばれています。
行政書士の資格を取得するには、独学か通信制か通学する方法で資格を取得します。独学のメリットは通信制や通学する方法よりもコストを抑えることができることです。ただ、1年で合格できないとそれもまた意味のないものになってしまうので、独学の場合は1年で合格すると「期限」を決めましょう。また、最短で取得したい場合には通信制か通学をおすすめします。早い人で半年以内で合格する方もいます。

英語力の評価に繋がるTOEIC

いまの時代どんどんグローバル社会になっていき、英語力があるだけで評価される時代になりつつあります。企業もどんどん海外進出を果たし、英語を話せる人材を求めています。その中で特におすすめの英語資格が「TOEIC」になります。
TOEICのスコアが600点以上から評価されますが、800点以上のスコアがあると多くの企業で働くことができます。翻訳や貿易事務、通訳や国際秘書など可能性が広がります。また子育て中の主婦でも、TOEICのスコアが高ければ、「在宅ワーク」として翻訳の仕事などをしている方もいます。

?事務職で役立つ簿記

主婦に根強い人気の職業が「事務職」です。事務職で必須の資格と言えば、WordやExcel、また秘書検の資格も取得しているとなおさらよいですが、さらに収入のよい「経理事務」に転職しようと考えた際に必要になってくるのが「簿記」の資格です。独学で学ぶ方法もありますが、職業訓練校などでお金を貰いながら学ぶという方法もあります。
転職の際に有利とされるのは2級からですが、30代からの転職を目指すのであれば、1級を目指すのもよいかもしれません。1級を所持していれば、さらにキャリアップして税理士資格のチャンスも掴めます。経理事務を目指すのであれば、あらかじめ何級を所持しているとよいなど把握しておくのがよいでしょう。

女性に人気の保育士

いまの時代、保育士が人手不足でそれゆえに「待機児童問題」も出てくるようになりました。そんな背景もあってか、最近では「無資格OK」で保育資格がなくても募集している園や、「保育助手」として募集をかけているところもあり、これまで資格がなかった人でもチャレンジしやすくなりました。
保育士になるには、大学や短大、専門学校を卒業し「国家試験」を受験しますが、それは費用も掛かります。高卒の場合でも、児童養護施設などでの実務経験を積むことで国家試験にチャレンジできます。そのほか通信講座などで受講も可能。また子育て経験のある主婦であれば、これまでの社会経験や主婦経験を活かし、子供の気持ちが分かるということで採用されることもあります。

不動産取引に関わる宅地建物取引主任者

不動産関係に転職したい場合に必要となってくる資格が「宅地建物取引主任者」通称「宅建」と呼ばれる国家資格です。宅建を取得している人にしかできない仕事であったり、人にとって一生の大きなお買い物「家の購入」や賃貸物件など、不動産業界において重要な手続きの際に必要でなくてはならない存在です。
この資格の合格率は15~17%と言われていますが、弁護士や税理士など同じ「士」がつく国家資格の中では比較的合格率が高い国家資格といえます。

30代におすすめの転職サイト

転職するときに利用するサービスのひとつ「転職サイト」ですが、数ある転職サイトの中から人気の転職サイト、おすすめの転職サイトに注目してみました。
〈選定基準〉
・30代の求人数が多い

リクナビNEXT

転職サイトも、たくさんあり過ぎてどれがよいのか悩んでしまいます。そんな転職サイトについて、口コミでの評価の高いエージェントをリサーチしていきましょう。まずは、転職サイトで利用する人がもっとも多い「リクナビNEXT」です。登録者数も転職者の8割の方が利用すると言われ、なんといっても求人数の多さが魅力的です。毎週更新され、掲載求人数は9,000件を超えるなど、転職サイトの中でもトップクラスに値することで有名です。
また、リクナビNEXTの魅力は「スカウト機能」があることです。スカウト機能とは事前に登録した自分のプロフィールを見て、企業側からオファーがくるというものです。もしも、自分の希望とマッチする企業からオファーがくれば、転職活動もスムーズに進むと人気です。

ピタジョブ

2015年6月にスタートした新しい転職サイト「ピタジョブ」が口コミで話題になっています。こちらの転職サイトはマイナビやリクナビなどの大手転職サイトと提携していることが、利用者にとっても安心して利用できるポイントであり、この大手転職サイトと提携していることから、求人数の多さも魅力となっています。
「ピタジョブ」で仕事を探す人は、特に事務や営業、経営関係に転職しやすく、それらを目指す人が愛用しています。また独自の検索エンジンが素晴らしく、登録した自分のプロフィールにマッチするかどうかを「数値化」してくれることが話題になっていて、またかなり細かく求人検索をしてくれる点もこの転職サイトの魅力です。

リクルートエージェント

その名を知っている人も多い「リクルートエージェント」ですが、こちらも1977年に創業して以来、多くの利用者の転職の手助けをしています。非公開求人数も10万件を超え、また専属のエージェントがサポートしてくれることで話題となっています。
リクルートエージェントが独自で行っているサービスも魅力で、企業情報を分析し、選考にあたっての注意点などを教えてくれたり、セミナーを開催したり、職務経歴書を作成するツールもあるなど、転職する方への手厚いサービスがたいへん魅力となっています。

ビズリーチ

さいきんCMなど多くのメディアに取り上げられている転職サイト「ビズリーチ」、こちらはなんといっても求人の質が高く、高収入を狙う方にはおすすめの転職サイトです。特におすすめは「有料会員」になり、ハイスペック求人にコンタクトを取ることです。
これまでの実務経験がある方に特におすすめします。外資系はもちろん、年収1000万円以上の求人も多く扱っていますので、それなりに求められる資格や実務経験などが必要となってきます。

キャリアトレック

「キャリアトレック」という転職サイトは、さきほどお話ししたハイスペック求人を取り扱う「ビズリーチ」が運営している転職サイトで35歳以下の人、特に20代向けに特化した転職サイトになります。登録方法も簡単で、一度登録すると、「人工知能」で自分に合った会社をおすすめしてくれる独自のサービスがあります。また、自分のプロフィールを見た人からオファーが届く「プラチナスカウト機能」があることも人気です。
「キャリアトレック」は35歳までの限定求人が多いので、35歳以上であれば、同じ運営会社の「ビズリーチ」に登録するのがおすすめです。

30代で転職するメリットを活かそう

この記事を通して、30代での転職を成功させる秘訣が色々と分かりました。30代で転職を考えているなら30代前半のうちに、転職に対して強みを増やし、新たな資格取得にチャレンジし、これまでの社会人経験や実務経験を活かし、さらなる収入アップを30代の転職では目指すことができるのです。これからまだまだ働き盛りの30代です、自分の可能性を信じ転職を目指し、そして転職を成功させ30代を輝いた日々にしたいものです。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪