転職活動は自己分析がカギ。自信をつけて、成功させよう

April, 01, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

自己分析は転職活動にとって重要なツール

みなさんは転職を考えたことはあるでしょうか。生活の中の大半の時間を占める仕事なので、楽しく、自分の好きなことができたらよいというもの。転職活動を前向きに進めるための自己分析についてチェックしていきましょう。

自己分析について

自己分析は重要だということがなんとなく分かりました。では、なんのために必要なのかを考えていきましょう。

自身を知るために必要

普段の生活の中で、自分自身を見つめなおす機会は少ないでしょう。しかし転職を考える際、自身のやりたいことや長所を知ることはとても重要になります。「自分に合った仕事は何か」を知るためにも転職活動をする前に自己分析をしましょう。
転職活動をしているということは、一度は社会に出て働いているので、その経験を活かし、自身の強みや長所をしっかり分析し、前向きに進めていきましょう。

転職活動をスムーズに進めるために必要

転職活動として、一番初めにやっておくべきことは、自己分析です。多くの人は、求人サイトを見たり、履歴書を書くことから始めている傾向があります。自分のやりたいこと、アピールポイント、長所や短所などを整理しておかないと、伝えたいことが曖昧になり、行き詰ってしまいます。
転職をしたいと思ったら、まず自己分析を行い、自分のアピールポイントや能力を整理しましょう。次第に、自分にとってやりがいのある仕事が見えてきて、今後の活動がスムーズに進んでいきます。

自身の可能性を広げるために必要

自己分析をしていくと、自身の中の選択肢になかった企業や職種に傾いていくかもしれません。自己分析をして自分自身のことを見つめなおしていくうちに、この企業にも向いているかもなどの選択肢が広がっていくでしょう。この転職を機に、自分の力が十分に発揮できる「天職」が見つかるかもしれません。
さらに友達や家族など、あなたをよく知っている人にも聞いてみましょう。例えば、「私ってどんな性格かな?」「どんなことが得意そう?」などです。自分だけで自己分析をするよりも視野が広がっていきます。あなたのことをよく知っている人に聞くことで、自分では気づかなかったことについてアドバイスをしてくれるでしょう。

納得のいく転職活動にするために必要

転職が決まって入社後に、後悔しないためにも自己分析は重要です。自分のやりたいこと、強みを知っておかないで、「大手だから」「給料がよいから」などの表面的な理由だけで入社してしまうと失敗につながってしまいます。
せっかく転職をするのだから、後悔せず、納得のいくような会社へ入社できるよう、自己分析等の事前準備をおろそかにせず、入念に行いましょう。

転職活動に行き詰まったら振り返る

転職活動をしていく中で、行き詰まることも多いことも。初めに自己分析をしていてもなかなか上手くいかず、くじけてしまいそうになることもあるでしょう。
そんなときにおすすめしたいのが、もう一度自分を見直し、自己PRや長所を考えてみることです。自己分析が不十分であると、あなたの持つ能力や強みが企業に伝わっていない可能性があります。企業側のニーズと入社したい気持ち、自分の能力や人間性など、何かがマッチしていれば必ず転職先は決まるのです。

自己分析のやり方について

自己分析のやり方は、多々ありますが、ここではおすすめの方法を見ていきましょう。

キャリアの振り返りを行う

自己分析の始めとして、キャリアの振り返りをしてみましょう。キャリアの振り返りは、キャリアの棚卸しとも言われます。棚卸しとは、商品の在庫を調査し、数量や状態を確かめることです。
キャリアの棚卸しは、過去にどのような仕事をしてきたのか、そこでの成功経験や失敗経験を振り返っていきます。そして、身に付けた力やスキルを書き出します。これをすることで履歴書や面接内容の土台へとつながります。

自分の強みを見える化する

自分の強みがなかなか分からないと悩むこともあると思います。そんなときは、グッドポイント診断というリクルート社の中途採用サービスを使用してみましょう。選択形式の質問に答えていくと、あなたの5つの強みを教えてくれます。自分では気づかない特徴や強みを見つけてくれます。
この強みを参考に、自己分析につなげていきましょう。

5W1Hでしたいことを自身に聞く

自己分析をする際に役立つのが「5W1H」です。これにあてはめて考えていくことで、自分のキャリアと求人が合っているか、共通点はあるかなどが見つかってきます。
5W1Hとは・・・

When ?? …いつ

Where …どこで

What?  …誰に

Whom …何を

Why  …なぜ

How  …どのように

のことで、できるだけ具体的な名称や数字を使って書いていきましょう。仕事で出した成果や、その成果を出すために工夫した点も書き出すとよいでしょう。
5W1Hを作成しながら、自分がどんな仕事がしたいか、どの程度の年収を希望しているか、希望勤務地などのはずせない条件も考えていきましょう。

転職希望先の応募条件を確認する

自己分析等の事前準備で希望職種が絞れて来たら、希望する勤務地や年収などの条件も踏まえて、自分に合った求人を探してみましょう。求人票は細かいところまでよく見て、企業が求めるのはどのような人材なのかを把握しましょう。
希望する企業を詳しくリサーチすることで、応募者と企業側とのギャップがなくなり、転職後も力を発揮して働けるでしょう。面接では、自分をアピールすることが最も重要ですが、企業のことを知るチャンスにもなります。面接官の態度や話、施設内を自分の目で見極め、自分からも会社を選びましょう。
ただし、実際に入社して働いてみなければ分からないこともあるので、多少のギャップがあるということは覚悟しておくべきです。恋愛や結婚も同じです。付き合ってみたら違った・・・、一緒に暮らしてみたら合わなかった・・・などなど。それを受け入れる柔軟性や適応力があれば、うまくやっていけます。

おすすめの自己分析ツール

自己分析のやり方は、自分一人で行うものや知っている人数名と行うものなどさまざまです。パソコンやスマホでも簡単にできるものもあります。おすすめの自己分析ツールをチェック。

自己理解を深めるツール ジョハリの窓

ジョハリの窓とは、心理学でよく使われているモデルのことです。主観的・客観的に自分のことを分析できるので、自己分析ツールとしても活用されています。自分自身のことを4つの窓に分けて考える方法です。

開放の窓・・・自分も他者も知っている

盲点の窓・・・自分は知らないが他者は知っている

秘密の窓・・・自分は知っているが他者は知らない

未知の窓・・・自分も他者も知らない

この4つの窓を上手に使うことで、人間関係やコミュニケーションが円滑に進みます。
開放の窓は、どんどん大きくして自分自身を開放していきましょう。盲点の窓は、他者から見られている自分を理解し、改善・成長させていくことが大切。秘密の窓は、隠し事などをせずに自分を開放することで他者とのコミュニケーションが円滑に進みます。未知の窓は、これらのことを踏まえて、新たなことを切り開いていけるヒントになり、自身が成長できる第一歩になるでしょう。
ジョハリの窓を実施するときは、互いを知っている数人と実施しましょう。自分自身では気づかなかった、新しい自分が見えてくるはず。さらに、他者の意見を聞いたり、意見を言ったりするので、コミュニケーションの向上にもつながります。
「ジョハリの窓」 https://potect-a.com/utilization/johari_window/

無料自己分析ツール グッドポイント診断

リクナビNEXTのグッドポイント診断という自己分析ツールもおすすめです。質問に答えていくと、あなたの強みを客観的に5つ見つけてくれます。
自分自身でも気づかなかった強みに気付けるかもしれません。結果には、強みについての詳しい説明もあるので、履歴書や面接にも活かしていくことができます。

4ステップで最強の自己分析が可能

自己分析を4つに分けて考えると簡単で成功に近づきます。

1、キャリアの振り返り

まずは、前職での成功体験・失敗体験などを振り返り、自分の強みや長所を明確にしましょう。

2、何がやりたいのか

「転職して何がしたいか?」「どんな人生にしたいのか?」をきちんと考えることで後悔しない転職活動になるでしょう。

3、何ができるのか

希望する企業で自分のどのような強みを活かせるのか、自分が入社してどのようなことをしたいのかをはっきり言えるようにしましょう。

4、何が求められているのか

希望する企業のリサーチを徹底し、企業側との相違などが生じないか確認しましょう。自分の強みと企業側の求めていることがマッチしなければ、辛い転職生活につながってしまいます。双方の意見がぴったり合うことが、転職成功のカギともいえるでしょう。
この4つの項目に沿って自己分析をすれば、自信を持って履歴書を書いたり、面接に臨むことができ、成功につながるでしょう。
キャリアセオリーhttp://career-theory.net/?s=%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%88%86%E6%9E%90

ハローワークを活用 VPI職業興味検査

転職で悩んでいる人向けに、ハローワークではVPI職業興味検査というものを実施しています。VPI職業検査とは、適性検査というより、この仕事に興味があるかないかが分かるものです。職業名が並んでいる中から、やってみたいかそうでないかを判断し、その結果から自分の興味のある職業がピックアップされます。
いろんな分野に興味を持っている人やこれといってどの分野の仕事が合うのか分からないという人にはおすすめです。
またハローワークは、転職の求人を探すのにも役立ちます。ハローワークのよいところは、求人量が多く、地元の就職先を多く紹介していることです。さらに、無料セミナーも行っているところが多いです。会社説明会や面接対策セミナーなどといったさまざまなサポートを行っています。ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

自分を知って自信を持ち転職活動しましょう

転職活動には自己分析が重要だということは理解いただけたでしょうか。さまざまな自己分析方法で今まで知らなかった自分を知り、自信をもって転職活動をしましょう。自分の強みが明確であれば、面接でも自信を持って、伝えることができます。
転職活動を成功させ、充実した日々を送りましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪