転職活動で気をつけたい髪色と髪型。印象を良くして面接を成功させる

転職活動で気をつけたい髪色と髪型。印象を良くして面接を成功させる

ビジネス 2018.03.05

髪色や髪型を変えて転職の味方に

髪色や髪型は、第一印象を決める材料。これまで勤務していた企業であれば、企業の方針の範囲内で自由に楽しむことができていた髪色や髪型も、初めて会う転職先の人にとっては、異質の存在に見えてしまうことも。どんなに素敵な職歴、経歴を持っていても、第一印象が悪いために転職がうまくいかないということもあります。転職の味方となる、第一印象をよいものにする髪色や髪型を考えてみましょう。

面接時でもOKの髪色とその色のイメージ

転職活動中に受ける面接では、OKとされる髪色が職業により異なります。転職活動中は、髪の色のイメージも考えるようにしましょう。

黒髪がベストの場合

黒髪の第一印象は、真面目な人と見えやすくなります。そのため、職業によっては、黒髪に準ずるという決まりがあるものが多くあります。銀行や保険、証券などの金融業、看護師や医師、介護士などの医療関係、教師や警察官、消防士などの公務員、接客が主となるホテルや不動産関係、化粧品販売員などは、黒髪の持つ真面目な印象と清潔感を重く考えるため、黒髪がベスト。

元々の髪色が黒髪ではない場合は、無理に染める必要はなく、黒髪に染めることを強要される心配もほとんどありません。黒髪は、自然な色合いが好印象となるため、無理に黒く染め直し、傷んでいる状態では、第一印象を悪くしてしまう可能性があるので、注意しましょう。

転職で茶色が有利になる場合

黒髪でも問題はありませんが、自分の個性を表現する手段として、第一印象を決める髪色は、転職において茶色が有利になる場合もあります。自分がいかにおしゃれな印象を相手に与えることができるかをアピールすることができる、アパレルやデザイン、美容室といった職業では、髪色は黒髪よりも茶色の方が好印象になります。転職後、即戦力となる存在かどうかは企業として大切なこと。

すべてのアパレルやデザイン、美容室で茶色の髪色が有利ということではありません。転職先の企業が、染髪OKか事前に調べておくとよいでしょう。

転職でも染めてもいい髪色のトーン

明るく染めていた髪を、転職のために無理やり黒髪に染めてしまうと、髪の傷みが目立ってしまい、黒髪の持つ清潔感が失われてしまいます。髪色は、必ず黒でなければいけない職業もありますが、通常、明るさを抑えた髪色であれば問題なしと判断されます。問題なしとされる髪色の許容範囲は、ダークブラウンまで。

ダークブラウンがどのくらいの色が判断できないときは、美容院で相談しましょう。明るさは最大8トーンまでに抑え、アッシュを入れてみるのもよいでしょう。派手過ぎず、地味過ぎないような、面接に影響しない範囲でおしゃれを楽しめる髪色になります。

染め直しをしてもNGになることも

面接に合わせて髪色をトーンダウンさせても、第一印象がNGがなってしまうことがあります。一つ目は、履歴書に貼る証明写真と面接時の髪色が違う場合です。証明写真と面接時の髪色が違っていると、髪を染め直していることが明確に分かってしまうので、証明写真の髪色と面接時の髪色に違いが出ないように注意しましょう。

二つ目、染めてから時間が経ってしまったことによるプリン頭です。アパレルやデザイン、美容室などの面接のために明るく染めた髪色はプリン頭が目立ちやすく注意が必要です。面接を受ける2日前までには、プリン頭を直しておくようにしましょう。

黒髪が相手に持たせるイメージ

黒髪は相手に清潔感や高級感、真面目さを感じさせます。そのため、一度も染めたことがなく、傷みの少ない黒髪は、面接官に好印象を与えやすくなります。日本人の多くの人の本来の髪色が黒。そのため、きれいな黒髪は、無垢な印象となり、清潔感や高級感、真面目さへとイメージが繋がりやすくなるのです。

転職を順調に進めるために、黒髪に染め直すことはできますが、黒髪に戻すための染料は、茶色などの色を入れる染料に比べ、頭皮や髪に与える影響が大きいため、注意が必要です。面接時に、傷んでボサボサになった黒髪では清潔感や高級感、真面目さを感じさせることはできなくなるので気をつけましょう。

茶色の髪色のイメージは悪いだけでない

髪色が茶色では、悪いイメージを持たれてしまう心配を感じますが、茶色の髪色は悪いイメージだけではありません。きれいに染められた茶色の髪色は、華やかさや女性らしさを演出するアクセントとして効果を発揮。真面目さや清潔感を必要とする看護師や公務員などの職業とは異なり、明るく華やかで女性らしさを必要とするアパレルや美容室などでは、きれいに染められた茶色の髪色が良いイメージを相手に与えます。

また、適度な明るさに染められた茶色の髪色は、受付などの業務に適切であると判断されることもあります。茶色の髪色が華やかさや女性らしさを感じさせるため、来客に対し、柔らかな印象を与える可能性が高まるためです。茶色の髪色が適切なイメージとなる職業もあるので、華やかさや女性らしさを求められる職業へと転職を考えているときは、髪色の注意事項をチェックしておきましょう。

自分の自毛の色を知ろう

黒髪や茶色の髪色など、面接に合わせて無理に染めてしまうと、違和感のある仕上がりになってしまいます。元々の自分の地毛の色を知っておくようにしましょう。髪を染め直す際は、地毛に近い色にすることで、ナチュラルな仕上がりとなり、顔と髪色の違和感がなくなります。

明確に染めていると分かる色に染め直すことは、第一印象を悪くしてしまう恐れがあるので注意しましょう。元々の髪色が黒の場合、黒に染め直すことが理想ですが、これまでの髪色がとても明るい髪色だった場合、明確に黒に染めたことが分かる仕上がりになる可能性があります。このようなときには、無理に黒に染めるのではなく、黒よりもワントーン明るい髪色に染め直し、地毛に近い色でナチュラルな仕上がりを意識しましょう。

転職活動時の髪の色のイメージ

転職活動時の髪の色のイメージは、自分自身の印象を初めて会う相手に対し、良いものにするために重要なこと。前の職場は、髪の色について制限がなかったからといって、転職活動時の髪の色が金髪に近いような明るい髪色では、仕事を真面目に行なうことが難しいのではないかと思われてしまいます。看護師や公務員などに転職を希望している場合は、特に、転職がうまくいかない原因にもなります。

転職活動時は、髪の色のイメージに気を配るようにしましょう。明るい髪色でもおしゃれな印象や個性をアピールすることができる美容師やデザイナーなどの職業でも、企業ごとに大切にしているカラーがあります。この企業のイメージが赤色だからといって、自分の髪の色も企業のイメージに合わせて赤色にしてしまう必要はありません。

企業の持つイメージと髪の色は、関連性が低く、髪の色のイメージを転職予定先の企業に合わせたと話したとしても、認められることは低いです。転職活動時の髪色は、黒髪や落ち着いたダークブラウンで、仕事に前向きに、かつ、真面目に取り組む姿勢を見せるようにしましょう。また、転職活動時の髪の色のイメージは、自分をいかに常識のある社会人と見せることができるかを考えましょう。

 

より好印象になる髪型

髪がボサボサの状態や長い髪を掻き上げながら面接を受けることは、初対面の相手に対し、不衛生な印象を与えます。清潔感のある好印象な髪型で面接を受けるようにしましょう。

髪が肩につくときは結ぶ

セミロングやロングの髪など、髪が肩につく長さのときは、髪を低いポニーテールで結び、清潔感を出しましょう。真面目な印象を与える黒髪だとしても、長い髪を結ぶことなくおろした状態では、髪が邪魔そうに見えたり、不衛生な印象を持たれてしまいます。また、美容師やデザイナーなど、髪の色が少し明るいことで面接に有利となることがある職業では、真面目な印象のポニーテールにこだわらず、きちんと整えられた清潔感のある髪型で大丈夫です。

このとき、自分の手先のアピールをしようと、個性的な髪型にしないように注意しましょう。個性的過ぎる髪型は、面接時に好印象を持たれなくなってしまう可能性があります。特に、髪の長い女性でお団子ヘアを好んで行なう人は注意が必要。女性に人気の頭頂部に作るお団子ヘアは、面接では印象を悪くしてしまう可能性が高い髪型です。

顔に髪がかからないようにする

真面目な印象を大切にする看護師や公務員、明るく華やかな印象を大切にする美容師やデザイナー、黒髪や少し明るい茶色の髪など、転職活動時に大切な髪の色のイメージが多少異なる職業ですが、どの職業においても清潔感と真面目な印象は大切。顔に髪がかかるようでは、清潔感に欠けてしまい、面接官の印象が自分の思っているよりも悪くなってしまうことがあります。面接時に髪が顔にかかって邪魔になることがないよう、ピンなどで止めておくようにしましょう。

特に、ボブヘアでは、髪を結ぶことが難しいため、顔に髪がかかってしまうと面接官から顔の表情が難しくなってしまいます。面接官に好印象を持ってもらうために、顔の表情の見えやすい髪型を意識しましょう。サイドの髪は耳にかけたり、ピンで髪を止め、耳が見える状態にすることで、顔の表情が見えやすくなります。

ボサボサにならないようにする

ゆるふわヘアを意識した髪型は、面接官にボサボサな髪の印象を与え、清潔感に欠けてしまいます。日頃、友人と遊ぶときの髪型は自由ですが、転職活動時の髪型は、清潔感を意識し、髪がボサボサにならないように注意しましょう。転職活動時の髪型がショートヘアなど、ポニーテールでまとめることが難しい髪型では、顔に髪がかかりやすくボサボサとした印象を与えてしまう恐れがあります。髪がはねやすい場所や顔にかかりやすい髪はピンなどで止めて、ボサボサにならないように工夫しましょう。

好印象が持たれる髪色で転職活動をにしよう

髪の色の持つイメージは、黒色は真面目さや清潔感、茶色は明るく華やかなど、違いがあります。自分の転職を希望する企業に合わせた好印象が持たれる髪色で、転職活動を行なうようにしましょう。転職活動中は、髪型にも注意し、自分の良いところをしっかりアピールできるようにしましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事