転職時の年収交渉をするときの注意点。成功の秘訣はそのタイミング

March, 05, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

転職時の優先事項である年収交渉

せっかく転職をするなら、今よりも年収をあげたいと思う人も多くいるのではないでしょうか。年収交渉をすることで、自分の希望条件と近くなり、自分が思っていた以上の転職にすることができる可能性があります。しかし、年収交渉がうまくいかなかったり、タイミングを間違えてしまうと、決まりそうだった転職先の内定が取れなかったり、なかなか転職先が決まらない、といったことが起こる可能性もあります。

この先の転職活動に大きな影響を与える、大事な年収交渉。年収交渉を成功させるための秘訣やタイミング、交渉時の注意点などはあるのでしょうか。

転職時に年収交渉を成功させるコツ

タイミングは選考中がベスト

就職活動の一般的な流れは、企業への応募、書類選考、面接(複数ある場合もあります)、内定、誓約、入社となります。年収の交渉は、企業と面と向かって話すことのできる面接時がいいでしょう。面接が複数回ある場合は、必ず一次面接の際に伝えることをおすすめします。一次面接は、人事や配属される部署の上司となる場合が多く、決定権のある人へ伝えてもらえる形になり言いやすいことと、先に言っておくほうが検討の時間が取りやすいためです。

また、書類選考のときに記載してしまうと、面接のハードルを自らあげてしまう可能性があり、おすすめできません。また、内定が決まったあとは、既に年収が決定されている場合があるため気をつけましょう。

希望年収の理由を明確にする

どの企業も、年収はあらかじめだいたいの金額が決まっています。提示された額をあげるためには、ほかの人よりも能力が高いことを伝えるとスムーズに進むことが多いです。能力が高いことを示すには、なにか一つでも自信を持てる部分があること、自信を持っている部分を今後入社したときにどう活かしていくかを、しっかりと伝えることが大切です。

また、年収交渉をするときは、その企業の業界の平均年収を調べておきましょう。平均年収を調べておくことで、年収交渉がしやすくなったり、逆に相場より高いことを知り、年収交渉が難しいかもしれないことが分かり、無理な交渉をしなくて済む場合があります。

メールではなく対面で直接提案する

年収交渉をメールですることはあまりおすすめしません。大きな理由としては、メールだと相手の顔がみえないために、企業側からすると断りやすくなってしまい、内容も業務的な一文になってしまいがちなため、あまりいい印象を持たれません。メールで伝えることで、自分にとっては言いやすくなりますが、相手の表情が読めないために、どこまでが許容範囲かを察することが難しいため難易度も高いものとなってしまいます。

年収交渉などの大事な話は、面接のときや、直接企業と会う際に先方とコミュニケーションを取りながらおこなっていくようにしましょう。そうすることで、認識の違いがなくなり、メールで交渉するよりも、印象よく終わることができます。

説得に必要なものを提示する

年収交渉をする前に、自分の特技やできること、今までやってきたことを考えておきましょう。例えば、以前取得した資格や、前の会社での業績、パソコンや話術のスキルなどです。また、自営業をしていたり、役職についていた人だと、自分の顧客をそのまま繋げることができる可能性もあります。

自分を採用すると、企業にとってどのくらいのメリットがあり、年収を高くしても損はない、ということを提示する必要があります。メリットを提示することにより、企業側も具体的にそれに見合った年収を検討することを進めやすくなります。

年収交渉は、あげるに見合った内容や、あげることを検討させるような材料がないと、できないことです。まずは、その企業に対して自分になにができるかを考えてみましょう。

金額は割合で提示する

年収の金額を提示するときのコツとして、通常の年収の何割増しになるかを伝えましょう。例えば、年収400万円の企業に500万円の提示をしたとき、年収だけだと100万円増額で、とても大きな金額を言えます。ですが、通常の金額の2割増しという言い方をすると、企業側もあまり懸念をいだかない可能性があります。

ただし、割合で伝える場合は、そのなかに残業や手当などどこまでが含まれてこの値段なのかも、話して交渉しておく必要があります。入社後、年収はあがっていないけど残業代で希望年収に到達した、といったことのないように気をつけましょう。

転職エージェントに相談する

自身でおこなう年収交渉は方法を間違えてしまうと、内定が決まらなかったり、その後の空気感が悪くなってしまったりと、やったことのない人からするとリスクの高い交渉の一つです。その点、転職エージェントは、転職のサポートのプロです。年収交渉については、何度も経験があり、多様な業界のことについて、年収の相場についても知り尽くしているため、どの程度の年収交渉ならできるのかまでも把握しています。

そのため、年収交渉の仕方を教えてもらうことや、転職エージェントから年収交渉をしてくれることもあります。初めての年収交渉の際は、転職エージェントに相談してみることがおすすめです。

転職先で年収交渉するときの注意点

面接のときにいきなり質問したりしない

面接時は、必ず最後に質問の時間が発生します。その際に聞く質問の1番最初は、年収以外のことにしましょう。採用側からすると、質問の時間は、この人はどれだけ自分の会社のことに興味を抱いてくれているのか、どのくらい実際の業務内容や、会社についての概要を知っているのかを知れる時間です。最初の質問が年収についてだと、入社してもすぐに辞めてしまうのではないか、と思われてしまう可能性があります。

年収についての質問は、会社についていろいろな質問を投げかけたあと、最後のほうに問いかけてみると、いい気持ちで応えてくれる可能性が高いため、タイミングには気をつけましょう。

未経験の職種ならば交渉は見送る

未経験の職種に入社したい場合、入社後は年齢や今までのスキルや経歴はほとんど関係なく、「新人」として教育をされます。また、業務やその業界についても一から教わることとなります。その場合、年収交渉をすること自体避けましょう。まず、未経験のために内定が決まること自体に時間を要したり、なかなか内定をもらえないといったことが発生する可能性があります。

自分が、採用されるにあたってどちらかというと不利な状況であること・今までの経歴を武器にすることができないこと・条件を提示される側であること。これらを分かったうえで、年収交渉はできないものと考えたほうがいいでしょう。

高すぎる希望年収はNG

年収交渉の際は、その業界の年収の相場感を知っておくことがとても重要となります。相場感が分からないことで、とても高い年収を提示してしまう恐れがあります。高すぎる年収を提示してしまうと、どんなに経歴がよくてスキルがあったとしても、年収交渉を失敗してしまったり、最悪の場合内定がでないことも考えられます。業界によっては、仕事内容と相応の年収であってそもそもの相場年収がとても低い場合もあります。

自分が希望している年収は、その業界の相場の範囲内かどうかを再度調べてみることで、年収交渉はうまくいく確率をあげることができます。

同情を訴えるようなことはしない

年収交渉の際に伝えることとして、一番リスクが高いことは自分の家族や借金などの事情を持ち込むことです。自分自身は、年収交渉をするためだけに持ち出した話だと思っていても、それが原因で勤務に影響を与えるのではないかと思われてしまい、内定まで取り消しになる可能性があります。

自分の事情で同情を訴えてしまうと、採用側としては、それがマイナスの情報にしかみえなくなってしまいます。また、実際には同情だけで年収をあげることはほとんどありません。もし、同情だけで年収をあげてしまうと現在勤務しているスタッフの反感を買ってしまう可能性があり、企業としてもリスクが高いためです。

ポイントを押さえて交渉を円滑に進めよう

年収交渉は、ポイントを押さえておこなうことでスムーズにできたり、成功させることができます。また、希望の年収には届かなかったけど、企業側が考慮してくれ、双方とても気持ちのいい転職ができた、といったことも可能です。年収の部分は、気になってはいるけれど、なかなか自分から言い出せない人も多いです。

注意点やタイミングをしっかりと守ることで、自分にとっても企業にとっても有益な話となるため、勇気をだして、年収交渉にチャレンジしてみましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪