転職のきっかけはささいなこと。でも人生の一大事だからよく考えよう

転職のきっかけはささいなこと。でも人生の一大事だからよく考えよう

ビジネス 2018.03.05

転職は人生を変える第一歩

転職は人生を変える大きな決断です。かつての新卒で入った会社に一生お世話になるといった価値観がすでに崩壊している以上、必ずしも同じ会社で働き続ける必要はないでしょう。

ですが、転職は人生を変える大きな第一歩。踏み外さないように慎重に事を進める必要はあります。そうでないと、転職を繰り返し、スキルが身につかない、経験も浅いものばかりといったまま、歳を重ねていくことになりかねません。そうならないためにも、しっかりと考えて、大事な第一歩を踏み出しましょう。

決意のきっかけは些細なことから

転職を決意するきっかけは、本当に些細なことから始まります。待遇面の不満や、人間関係の悩みといったネガティブなものが多いかも知れませんが、非常に素敵な人に出会って、その世界で仕事をしたくなる、などといったポジティブなものもあり得るでしょう。

多くの人が悩んでる人間関係

仕事を辞める理由のトップは依然として人間関係であるとされています。一見、ステップアップのようにポジティブな理由をあげて転職した人でも、実は人間関係の悩みから転職を余儀なくされていることも多いのです。人間関係の悩みは、多くの人が悩んでいることでもありますが、職場では話しにくい面もあり、解決しづらい問題でもあります。

そしてその解決策として転職を選択するのは、安易にも見えますが、必要なことでもあるのです。人間関係のストレスというものは、そのストレスのもととなる人間関係から離れるのが最も容易な解決策でもあるからです。そして、仕事というものは、実は別の職場でも同じように働くことはできるものですので、無理をして心の病などになるよりは、逃げるのもひとつの方法なのです。

逃げる・離れることも、時には勇気ある決断です。自分に真に必要と判断したら、ためらわず前に進みましょう。後ろ向きに考えないことも、転職では重要なポイントです。

気になる同年代の年収やキャリア

転職によって給料が下がるか上がるか、または役職はどう変わっていくのか。気になるポイントですね。転職後の待遇は、転職活動時に交渉することもできますので、今よりもよい待遇での転職を望むのであれば、そのような交渉を行うとよいでしょう。

ただし、一見待遇がよくなったように思えても福利厚生面では前の職場の方がよかった、会社の付き合い関係の出費がかさむなど、見えにくい問題があることもあります。そういった問題は情報収集してもわかりにくい部分でもありますので、調べきれるかというと難しいでしょう。

転職先の職場の情報収集は可能な限り行って、ある程度のことは覚悟を決めて飛び込むしかない部分はあるのです。そういった面も含めて、まずは現在の待遇が自分のライフスタイルと合っているかなどを見直していきましょう。

仕事への意識の変化

学生から社会人になり、実際に働き始めると、仕事への意識の変化が出てくることでしょう。当初、思い描いていた仕事とは違っている場合もあるでしょう。やりたい仕事ができないといった問題は、大なり小なりどこの職場でもあるものです。大きな組織になるほど、動きが鈍くなり、アイデアが形になるまでに時間がかかることも多いでしょう。

また、実際に仕事をしていく中で、やりたい仕事が見つかったということもあるはずです。就職活動をしていた頃には知らなかったような新しい仕事や、新しいビジネスが日々生まれていっています。そんな中で、新たにやりたいことが見つかるのは、ごく自然なことなのです。

将来への不安

不況の時代を目にしてくると、今勤めている会社が今後も存続していくのかなどといった不安がよぎることもあるでしょう。会社存続の危機において、大きな賭けに出ることも会社としては必要になりますので、社員としては不安になるのは当然のことです。そういった将来への不安から、転職を考えることも、いたって自然な流れです。

ただし、まだ若い20代、30代の人が退職する60代まで、会社が今の形のまま存在しているかというと、どこの会社であってもその可能性は非常に低いといえるでしょう。実際に過去の30~40年を振り返ってみると、多くの会社が倒産したり、合併したりと、役所であっても形を変えていっていることが分かるはずです。

こういったことから、むやみに不安になることは決していいことではありません。将来のことは分からないのが当然です。30年、40年先の未来まで決めてしまうなんてつまらない、くらいの気持ちで、今の仕事をしっかりとこなしていくことも大切なのです。

女性は環境の変化で働き方も変わる

女性の働き方は環境の変化で変わっていくものです。結婚、出産、介護などといった負担は、男女平等をうたわれるようになっても、依然として女性の方に偏っています。こういったことから、女性はライフスタイルの変化によって、働き方の変化を余儀なくされることが非常に多いのです。

環境の変化によって変えずに済む仕事というものは、なかなかありません。どんな状況であっても、何らかの形で働き続けたいのであれば、自分自身に実力をつけられるような仕事を選ぶとよいでしょう。そうすることで、いかなる状況に立たされても、柔軟に対処することができるようになるのです。

不安を感じるようであれば、何らかの資格など、人から見えやすい形で実力を示せるようにしておくことをおすすめします。転職活動においても力になりますし、実務経験があるのであれば、さらにプラスに働くでしょう。

転職には悩みがつきもの

転職には悩みがつきもの。それというのも、転職にはこうすればよいという正解がないからです。正解がないから悩むのであり、逆にいえば、自分の努力によって、よい結果を得ることも可能であるということです。転職をして失敗であったと思わずに済むように、十分考えて結論を出しましょう。

転職のボーダーライン

転職のボーダーラインはどこでしょうか。ストレスや過労のようなものであれば、これ以上頑張ったら自分が壊れてしまうと感じたところでしょうか。いかんせん、正常な判断ができるうちに、転職に踏み切るのが正解であるといえるでしょう。

給料や待遇に不満がある場合は、まずは現在の会社との交渉から始めるとよいでしょう。そして、いくら交渉を重ねても解決の糸口が見えない場合は、転職活動を始めてみて、自分の市場価値を知ってみるとよいでしょう。その上で、転職したほうがよいのか、このまま現在の仕事を続けるほうがよいのか、冷静に見極めることです。

転職理由が病気の場合

転職の理由が病気の場合、それはプラスになる場合とマイナスになる場合が考えられます。たとえば、身体の障害で、車いすになったことにより現職を続けられないなどといった場合、障碍者枠での就職が可能になります。企業には、一定以上の割合で障害を持った人を雇用せねばならないという義務がありますので、この枠をうまく使うことで、これまでよりもよい待遇での就職が可能になる場合もあるのです。

一方で、心の病気の場合は、面接時に正直に理由を話してしまうと、かなり転職活動が厳しくなってしまう可能性があります。完治していたとしても、再発の可能性などを指摘され、内定がもらえないケースは多いことでしょう。この場合は、何か別の理由を用意しておく方がよいでしょう。自分自身がきちんと病気と向き合う必要性も高いのです。

転職はタイミングが大切

転職は非常にタイミングが重要です。求人の多い時期と少ない時期があり、行きたい業界や待遇のよい仕事に巡り合えるかは、かなり時期に左右されます。いわゆる就職活動に有利な売り手市場の時に就職するのと、不況で採用をしぼっているときに就職するのでは、かなり入社可能な場所に差が出てきます。よい時期を見極めて、就職を決めましょう。

ただし、就職が容易な時期に入った場合は、採用人数の多さなどから、十分な指導が受けられないなどといったデメリットも存在します。そういった面では損をすることもありますし、不況の時期に入った社員との実力差などが大きい場合も考えられます。入社することが容易であったときほど、入った後の努力は必須です。肝に銘じておきましょう。

転職のメリットとデメリット

転職のメリットは今よりよくなる可能性があること。デメリットは今よりも悪い状況になる可能性があることです。そして、それはほとんどの場合が自分次第。なぜ転職を考えたのか、きちんと詰め切れないままに飛び出してしまうと、デメリットしかない転職になる可能性が高いです。転職はとにかく慎重に行いましょう。

待遇を選びなおせる

転職によって、これまでの勤務形態と全く違った待遇を得られることもあります。休日や勤務時間が不規則で、土日がメインの仕事の場合、家族と過ごす時間がとりづらく、子どもが生まれた後は続けにくいといった欠点がありますが、こういった面を変えることができるかもしれません。

その分、給与などは下がってしまうこともありますが、お金以上に大切なものもたくさんありますので、自分にとってベストと思える方法を選ぶようにしていきましょう。

キャリア形成

長い人生のなかでのキャリア形成を考えて、新たな仕事にチャレンジしてみるのもよいかもしれません。とくに業界を変えることで、これまでとは全く違った世界を経験することができ、キャリアアップにつながることもあるでしょう。

これから成長していく新しい業界に飛び込むことで、驚くほど速く、多くのことを経験することも可能です。自分にとって、プラスになると考えるのであれば、転職によってキャリア形成を行っていくのもよいでしょう。

新しい可能性を見出すチャンス

転職は、自分の成長やスキルアップにつながります。これは転職が成功した時だけではなく、転職を検討し、結果として転職をしないと決断した場合でも当てはまります。転職を考えるということは、どこか現状に対して不満があるということです。

そういった部分を転職活動を通じて見出し、自分と向き合えるチャンスを得られたということは、今後の仕事に必ずよい影響を与えるはずです。まずは履歴書や職務経歴書を書いてみて、これまでの自分を見つめ直すことから始めてみましょう。

問題が解決するとは限らない

転職をしたからといって、必ずしもいい方向へ行くとは限りません。人間関係や待遇など、いざ入ってみたら聞いていた話と違うといったことは非常に多く、入ってからでは遅いということもあるのです。

さらに、年齢によっては年収が下がる可能性もあります。入った時点では下がらずとも、今後の昇進スピードが、新卒で入った社員よりも遅いなどといった不利な状況になることは十分考えられますので、可能であれば、社内の規定などを見せてもらうようにしましょう。

経済的なリスクも

まず、転職において最もハイリスクなのが、先に退職してしまってからの転職活動です。退職後の転職活動は、活動中は無収入になることがあるため、経済的なリスクが高く、再就職できるという保証もないといえるでしょう。

こういったことから、可能な限り転職活動は在職中に済ませ、あまり時期をおかずに、再就職できるようにしておくとよいでしょう。また、退職の際の退職金の試算もしておき、経済的な面での不安がどの程度のものか図っておきましょう。

何がきっかけでも人生を見直すチャンス

転職は何がきっかけとなっても人生を見直す大チャンスです。どう転んでも自分と向き合うよい機会なので、真剣に全力で取り組みましょう。自分が本当にやりたい仕事を見つけることができるかもしれませんし、自分にとって仕事が何なのかを知る、よいきっかけとなることでしょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事