【転職成功のカギは面接での逆質問】優位になる質問方法を知ろう

【転職成功のカギは面接での逆質問】優位になる質問方法を知ろう

ビジネス 2018.03.05

面接での逆質問の答え方を紹介

面接は、転職を望む人にとって大きな試練のひとつになります。転職を望んでいるが、面接が苦手だという人も多いはずです。面接のなかでも、逆質問は、多くの人がどんな質問をすればいいのだろう、どんな答え方をすればいいのかと、特に志望者の頭を悩ませる項目です。

しかし、頭を悩ませる項目である逆質問も、前もって逆質問の上手な答え方を知っておくことで、事前に入念な準備をしてから面接に臨むことができます。また、たくさんいる志望者に差をつけ、有利な状況を作ることができます。

苦手意識も持ってしまいがちな逆質問ですが、実は自身の印象を上げる絶好のチャンスとなります。逆質問を上手に答えることで、面接官に良い印象を与えることができるのです。まずは、逆質問の上手な答え方を知り、面接に備えることからはじめましょう。

面接の印象を左右する逆質問

逆質問は、印象を左右する大事な項目です。面接での印象を上げるために、事前に逆質問について知っておきましょう。

自己PRに繋げることができる

逆質問は、単に企業への疑問点を解決するためだけに設けられているわけではありません。逆質問を上手に答えることで、面接官に良い印象を与え、自身の印象を上げるチャンスにすることもできます。また、質問内容次第では、自己PRにつなげることが可能になります。

たとえば、業務の具体的な内容、環境を聞くことは、実際に自分が入社し、企業で働くイメージできていると感じさせ、やる気や熱意をアピールすることができます。単純に質問するだけでは、説得力に欠けてしまうため、具体的なエピソードを加えて質問することで、より自身をアピールできる自己PRになります。

入社後のイメージがしっかりできているということをアピールすることで、面接官に、この人は入社後はすぐに活躍してくれそうだと良い印象を与えることができるのです。やる気や熱意は、採用を決める上で重要な項目のひとつとなります。自分を積極的にアピールしていきましょう。

転職成功のカギになる

面接は、筆記試験や適性検査を終えたあと、最終選考に用いられることが多く、なかには面接の印象で合否を決める企業も多くあるようです。面接の印象で合否が決まるということは、面接は企業だけでなく、志望者にとっても、採用を左右する重要な項目となります。よって、面接が転職成功のカギになると言えます。

なかでも、面接の終盤に行われる逆質問は、自身の最後の印象を決める重要な部分になります。逆質問の答え方次第で印象は良くも悪くもなってしまいます。もちろん採用されるためには、面接官に良い印象を持ってもらわなければいけません。

面接官に良い印象を持ってもらうためには、逆質問の答え方を研究して、自身の印象を良くする努力がかかせないものとなります。また、たくさんいる志望者のなかから、この人を採用したいと思わせる必要があります。このように、逆質問をどのように答えるかが、転職成功への一番の近道になります。

逆質問への良くない答え方は

人事が説明した内容を質問し直す

逆質問では、人事が説明した内容を質問し直すことはNGです。なぜなら、説明があったのに聞いていなかった、内容を理解していないと思われてしまうからです。聞いていなかった、内容を理解していないというマイナスなイメージは、自身の印象を下げてしまいます。説明があったことについては、しっかりとメモを取り、質問が説明内容とかぶってしまわないよう気をつけましょう。

また、説明のあったことでも、そのことに対する掘り下げた質問は、やる気や熱意を感じさせ、プラスなイメージとなるので、自身の印象アップに効果的な質問になります。

特にありませんで終わらせる

人事からの説明が十分で、内容が理解できた場合でも、特に質問はありませんという答え方はしてはいけません。何かしらの質問を準備しておきましょう。

逆質問において、質問がないということは、企業に対し興味がないと言っているのと同等の意味を持ちます。企業も、興味が無い人を企業の一員として採用しようとは思わないはずです。

事前にいくつかの質問を用意しておき、逆質問では必ず質問をするようにしましょう。質問が何もないという状況を避け、印象を下げてしまわないようにしましょう。

事前に分かる内容を質問する

事前にわかる内容を質問することも、逆質問においてやってはいけないことのひとつです。求人票に記載されている内容やホームページに記載されている内容などを質問するのはやめましょう。すぐに調べればわかる内容を質問してしまうと、転職を甘くみている、企業に対してまったく興味がないというイメージを持たれてしまいます。

転職を考えるときには、企業の下調べは必ず行いましょう。面倒とは思わずに、入念に下調べを行うことで、自身にとってのメリットが多くあることを理解しましょう。

会社と関係ない内容を質問する

逆質問は、企業にとって合否の判断材料になります。その重要な場面で、会社に関係のない内容を質問することは、せっかくのチャンスを棒に振ることになってしまいます。間違った情報や商品について質問することのないよう、情報収集をした場合には、その情報が本当に正しいものか確認してから質問するようにしましょう。

また、逆質問の場で、企業に関係のない質問をすることは、常識が欠けているという印象を与えかねません。質問の内容には、十分気をつけるようにしましょう。

待遇面ばかりを質問する

転職理由には、さまざまな理由が挙げられます。理由として特に多いのが、給与面や休日の数など待遇面に対する不満です。だからといって、逆質問で待遇面ばかりを質問することは良くありません。1番気になっていることかもしれませんが、逆質問の場では、ぐっと堪えましょう。

しかし、待遇面と言っても、キャリアに対する質問は別です。入社後のキャリアについて質問することは、面接官に、今後の活躍を感じさせ、効果のある質問になります。

印象を良くする逆質問は

やる気を感じさせる質問内容

具体的に仕事の内容を質問することは、自身の熱意や意欲を面接官に感じさせることができます。熱意や意欲は、この人を採用したいと思わせる大きな要因となります。企業の概要や職種は多くの場合、事前に説明があるので、説明のあった内容を掘り下げた質問にしましょう。

たとえば、配属先の仕事内容についての質問だと、入社後の仕事に対する意欲があることを伝えることができます。具体的にどんな職場で働き、どんな業務をするのか質問するようにするとより効果的です。また、前置きをして話を進めると、スムーズに質問に進めることができます。

また、入社に備え、事前準備が出来るものを質問すると、すぐにでも働きたいという意欲の表れとなります。入社に備え、資格を取得したいなど、入社後の仕事内容につなげられる内容にしましょう。このように、逆質問を上手に活用して、自身の熱意や意欲をアピールしましょう。

強みを伝える質問内容

自身の強みを伝えるためには、自分の長所を事前に整理しておくことで、上手に伝えることができます。事前に整理しておかないと、質問が支離滅裂になってしまい、うまく伝えることができません。前もって自分の長所を整理し、長所をアピールしながらどのように質問するか考えてみましょう。

質問の最初に自分の長所を話すようにすると、より長所を印象づけることができます。ただ、長所を話すだけでは上手にアピールできません。具体的な数字や資格を出し、仕事に役立てたいという思いを込めるようにすることで、より効果的に長所を伝えることができます。

しかし、アピールをしなければと焦ってしまい、ただの自慢になってしまわないように注意しましょう。ただの自慢話は聞いていて良い物ではありません。慎重に言葉を選びながら、謙虚な気持ちでアピールするよう気をつけることで、面接官に良い印象を与えることができます。

コミュニケーションを図る質問内容

逆質問を行う企業側の意図として、コミュニケーション能力を図るという意図があります。逆質問は、筆記試験や普通の面接ではわからないコミュニケーション能力をみるために主に行われています。

入社後は、円滑に業務を進めるため、必ずといっていいほどコミュニケーション能力が必要になります。そのため、企業側もコミュニケーション能力の有無を採用の判断基準にしているのです。

たとえば、逆質問で会社の今後について質問してみると、その質問の返答に対してさらに話を進めることができます。逆質問で質問するときは、独りよがりにならないように、言葉のキャッチボールになるよう心がけましょう。

逆質問で失敗しないポイント

必要用であればメモを活用する

逆質問で失敗しないためには、メモを活用しましょう。メモを有効に活用することで、逆質問の大事な場面での失敗を防ぐことができます。たとえば、面接前に下調べしたことをメモしておき、その内容を掘り下げた質問をするときに役立てることができます。

また、面接時にメモを取っておけば、同じ質問を繰り返してしまったり、説明のあった内容について質問してしまうということを避けることができます。

あらかじめ複数の質問内容を用意しておく

逆質問において、事前に質問内容を考えておくことは、成功への1番の近道です。また、事前に質問内容を準備しておくことで、実際の場面でもあわてることなく答えることができます。

しかし、質問内容を事前に考えるといっても、ひとつだけでは足りません。質問内容は、最低でも5つ以上は用意しておきましょう。最低でも5つ以上質問を用意しておくことで、他の志望者と質問がかぶってしまったり、時間が余ってしまった場合などに役立てることができます。

好印象な逆質問で転職のチャンスをつかもう

面接においての逆質問は、多くの人が苦手意識を持ってしまいがちですが、実は自身をアピールする絶好のチャンスとなります。逆質問が、転職の結果を左右すると言っても過言ではありません。失敗しないポイントをしっかり頭に入れ、事前に質問内容を用意しましょう。好印象を与えられるような質問内容で、自身をアピールし、他の志望者に差をつけ、逆質問で転職のチャンスをつかみましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事