【転職で失敗しない方法と注意点】後悔のない転職をしよう

【転職で失敗しない方法と注意点】後悔のない転職をしよう

ビジネス 2018.03.05

転職を成功させる方法とは

転職は、仕事をしている人であれば、誰しも一度は考えた事があるのではないでしょうか?給与への不満や職場内の人間関係、自分のキャリアアップのためなど、転職理由は人によってさまざまです。

しかし、いざ転職をしようと思っても、失敗を恐れて行動に移せない人が多いのも事実です。現在の状況をよくするために転職をするわけですから、転職で失敗してしまっては本末転倒なのです。

転職で失敗しないためには、転職を成功させる方法を知ることから始めましょう。成功する方法を知れば、自分の求める環境の転職への道が開かれるはずです。

自分に合った転職先を探す方法

自分に合わない転職をしても、その転職は何の意味もありません。自分に合った転職先を探す方法を頭に入れて、自分に合った転職先を探しましょう。

やりがいのある職種を選ぶ

現在の仕事は、自分にとってやりがいのある仕事でしょうか?やりがいが感じられない仕事だと、毎日が同じようなことの繰り返しになってしまい、退屈な毎日になってしまいます。

やりがいのある職種を選ぶことで、充実した毎日を送ることができます。また、やりがいを感じ、熱意を持って仕事に打ち込むことで、自身のキャリアアップにつなげることも可能になります。

例えば、看護師、保育士、公務員などは大変な職種ではあるものの、それ以上にやりがいの感じられる仕事として挙げられます。転職するときは、自分がやりがいの感じられる仕事を選ぶようにすると、失敗を少なくすることができます。

経営の安定している会社を選ぶ

転職するときの不安要素の一つとして、企業の経営状況が挙げられます。給与を上げるために転職したはずなのに、転職先の企業の経営状況によっては、給与が下がってしまう場合も考えられます。

こういった不安を解消するためには、経営の安定している大手企業を選ぶようにしましょう。大手企業であれば、そういった不安は解消され、安心して仕事を続けていくことができます。

また、将来の心配が少なくなるため、心に余裕を持って仕事に取り組むことができます。余裕を持って仕事に取り組むことで、周りの状況を見られるようになり、仕事がはかどるなど、プラスの作用があります。

転職エージェントに相談する

1人で自分に合った転職先を探すのには、もしかすると限界があるかもしれません。そういった場合には、転職エージェントに相談するという方法があります。

転職エージェントは、多くの人たちの転職を手掛けており、経験も豊富です。このように、転職エージェントに相談することで、自分の希望する転職先が見つけやすくなります。

自分に合った転職先を探すためには、希望年収、職種など、自分が希望している条件を詳しく相談しておきましょう。詳しく相談することで、より自分に合った転職先を見つけることができます。

転職サイトを使って検索する

転職サイトを活用するのも有効な手段のひとつです。希望条件を入力するだけで、企業からのスカウトされることや、外出先や場所を選ばず転職先を探すことができるメリットがあります。

このように、転職サイトを使えば、転職先を簡単に検索することができるので、貴重な時間を割くことなく、時間をかけずに転職先を探すことができます。

また、地元だけではなく、全国の求人情報が載っていることが多いので、豊富な選択肢を与えてくれます。視野を広げて探すことで、たくさんの職種の中から自分に合った転職先を探すことができます。

地元の求人ならハローワークを利用する

転職はしたいけれど、地元からは離れたくないという人も多いのではないでしょうか?このように、転職はしたいが地元から離れたくない人は、地元の求人を探すことになります。

地元の求人を探すときには、最寄りのハローワークを利用して探してみましょう。地元の求人が多くあるのはもちろんのこと、相談員が駐在しているので、困ったときに相談をすることができます。

また、地元のことを良く知る相談員だからこそ、企業の採用の傾向や募集について詳しいはずです。地元の求人を探すときには、ぜひ利用してみましょう。

ヘッドハンティングを受ける

ヘッドハンティングとは、優秀な人材をスカウトし、自社に引き入れることを指します。従来、外資系企業で多く行われてきましたが、近年では日本でも認知度が高まってきています。

ヘッドハンティングでは、より優秀な人材を引き抜くため、現在の仕事よりも良い条件を提示されることが多く、よって、転職した場合には、離職率が低くなっています。

このように、転職する場合には、現在よりも良い条件を提示された上で納得して転職することができるため、仕事を変えたあとも、長く仕事を続けることができると言えます。

転職先の面接で合格する方法

転職するときには、採用試験として面接を行う場合が多くあります。面接で合格する方法を知って、準備を整えてから面接に臨みましょう。

企業や業界のことを研究する

面接では、企業に関する質問や、その業界について質問をされることが多くあります。その理由は、志望者が、企業に対してどれほどの熱意を持っているかを知るためです。

企業や業界のことを研究するのはもちろん、それに結び付けて、転職後はこんなことがしたいと明確なビジョンを語ることで、さらに仕事に対する熱意を感じさせることができます。

また、事前に情報収集をして面接に臨むことで、あわてることなく落ち着いて面接を受けることができます。事前に情報収集をして、何を聞かれても答えられるようにしておきましょう。

語学力向上の努力をする

面接は多くの志望者から、企業にとってプラスになってくれる優秀な人材を選ぶために行われます。優秀な人材として選ばれるためには、自分の能力の底上げをする必要があります。

企業側は、多くの志願者の中から、より優秀な人材を採用することが目的なので、他の志願者と比べられてしまう可能性があります。特技を磨く、資格を取得するなど、自身のスキルアップに励みましょう。

また、語学力を向上させるのも有効な手段です。転職先が外資系である場合などにとても効果的で、企業側から重宝される人材となることができます。

入社意識の高さをアピールする

第二新卒とは、一般的に20代中盤を指す言葉になります。新卒とどのように違うかというと、一度社会に出た経験があるということです。一度社会に出たという経験は、新卒者にはない強みになります。

第二新卒においては、育成の手間が省ける、適応能力が高いなどの理由から、企業も積極的に採用しています。しかし、それだけ競争率が高いということになります。よって、多くの志願者の中から、採用されるためには、他の志望者に差をつけるようなアピールしなくてはなりません。

例えば、前職での経験をアピールしたり、逆に失敗した経験からどのように今後成長したいかを伝えると、入社意識の高さをより伝えることができます。入社意識の高さは重要な採用基準になるので、積極的にアピールしていきましょう。

逆質問を5つ以上準備する

面接では、企業から質問されるだけではなく、こちらからもアクションを起こさなければいけません。何もしないでいると、やる気がないと思われ、印象が悪くなってしまいます。また、企業に対し、興味がないと印象を与えかねません。

悪い印象を与えてしまわないよう、逆質問は5つ以上準備しておきましょう。事前にしっかりと準備しておくことで、仕事に対して熱意がある、やる気があるといった印象を与えることができます。

仕事の内容や評価制度について聞くことで、入社後のイメージを具体的に持っていることが伝わり、仕事への意欲や熱意をアピールすることができます。

前向きな転職理由を考える

転職時の面接で必ず聞かれるのが、転職理由です。給与への不満、職場内の人間関係、自身のキャリアアップのためなど、仕事を変えようと考える理由はひとそれぞれだと言えます。

しかし、どの理由にも共通して言えるのが、前向きな転職理由として伝えなければならないことです。自分の転職にいたるまでの経緯をそのまま包み隠さず伝えると、転職がマイナスなイメージになってしまうことが多いためです。一度、マイナスなイメージになってしまうと、そのイメージを払拭することは難しくなります。

転職理由は必ずと言っていいほど聞かれるので、事前に前向きな転職に対する自分の考えをまとめておきましょう。同じ理由でも、ポジティブな言葉に言い換えるだけで、前向きな転職理由にすることができます。

転職先で成功するおすすめの方法

転職が決まったら、転職先で成功する方法を考えましょう。成功する方法を頭に入れて、転職を意味のあるものにしていきましょう。

社内のルールに従う

実際に転職すると、以前とはまったく違った環境になるので、当然、社内のルールも変わってきます。もしかすると最初は戸惑ってしまうかもしれません。

しかし、転職後は、社内のルールに従うことが転職先で成功する秘訣になります。社内の決まりごとに従うのはもちろんのこと、社会人としてのマナーも守りましょう。これを守れないと、仕事に影響が出るのはもちろんのこと、人間関係の悪化にもつながってしまいます。

社内のルールについて分からないことがある場合には、上司に相談をしてみるのも有効です。理解をした上で、マナーを守って行動しましょう。

積極的にコミュニケーションをとる

仕事をしていく上で、コミュニケーションは必須になります。コミュニケーションを取ることができなければ、仕事も円滑に進まなくなってしまいます。

転職後は、慣れないことが多く、もしかすると心に余裕がないかもしれません。しかし、そんな状況でも自分から積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。最初は挨拶や笑顔で返事をするなど、簡単なことからはじめてみるのもいいかと思います。

たとえ簡単なことからだったとしても、自分から積極的に行動することで、仕事が円滑に進むだけでなく、職場内の人間関係も良好になり、さらに仕事に集中できる環境を作ることができます。

約束や納期は守る

約束や納期を守るというのは、社会人として常識です。これを守れない人は、たちまち信用が無くなってしまいます。信用がなくなってしまうと、仕事にも影響が出てしまい、円滑に進まなくなってしまいます。

転職先で成功したい人は、まずは約束や納期は必ず守るようにしましょう。そうして信用してもらうことで、さらにやりがいのある仕事を任されることもあるかもしれません。

しかし、無理は禁物です。できない場合には、早めにできないと伝え、協力を仰ぎましょう。信用を築きあげるには、必ず期限を守り、できない場合には早めに相談するようにしましょう。

わからないことは積極的に質問する

転職後は、環境が変わり、わからないことばかりです。しかし、それをどうするかで明暗がわかれてしまうのです。

わからないことをそのままにしておくと、自分のためにならないだけではなく、周りからも仕事に対するやる気が疑われてしまいます。

このような場合には、積極的に質問し、そのままにしないのが得策です。また、自分で質問したことは忘れにくく、そのまま自分の知識にすることができます。

清潔感のある身だしなみを心がける

どんな場面でも、誰しもが清潔感のある人に好感を持つように、職場も例外ではありません。清潔感のある人は、どこへ行っても好感を持たれるのです。

転職後は、いままで以上に身だしなみに気を配りましょう。髪色や爪の長さなど、細かい部分まで気を配ることで、しっかりしている印象を与えることも可能です。

また、身だしなみとおしゃれを履き違えないように気をつけましょう。誰が見ても、好感の持てる身だしなみにすることが大切です。

ポイントを押さえて後悔のない転職を目指そう

転職は、多くの人が不安を感じてしまうものです。しかし、転職で失敗しない方法と注意点を知ることで、不安な転職を、後悔のない転職にすることができます。せっかくの転職が意味のないものにならないよう、まずは事前に準備しておきましょう。現在の環境に満足しておらず、転職を考えている人は失敗しない方法と注意点をしっかりと頭に入れて、転職に臨みましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事