利用者必見!おサイフケータイの特徴を分かりやすく紹介!

利用者必見!おサイフケータイの特徴を分かりやすく紹介!

家計の知恵 2018.10.16

携帯電話一つで様々な支払いができる

携帯電話一つで様々な支払いができるおサイフケータイは、携帯電話を専用の端末にかざすだけで、簡単に支払いができるものです。現代ならではの画期的なシステムですが、支払いだけではなく、利用者必見の活用法をご覧いただきましょう。

おサイフケータイの特徴

おサイフケータイとは、スマートフォンや携帯電話などで、使用する事のできるアプリケーションの一つで、ICチップによって専用の端末にかざすだけで、簡単に支払いを行うことができます。これらの機能は、すべての携帯電話に付属されているわけではなく、おサイフケータイに対応した機種を購入する必要があります。このおサイフケータイには、このような支払い機能だけではなく、使いやすい様々な活用法があります。

携帯電話で支払いをしたりポイントを貯められる

まず、おサイフケータイの機能として、専用の端末を利用したお金のお支払い機能がつけられていることです。この簡易支払い機能は、おサイフケータイに対応したコンビニなどで支払いが行えるほか、量販店などのポイントカードに利用することができます。また、通学や通勤に利用する鉄道やバスなどの、乗車カードとしての役割やクレジットカードとしての役割もあります。さらに、会員証の代わりとして使えるサービスも利用できるのです。

FeliCaチップを搭載した携帯電話で利用可能

おサイフケータイには、SONYが開発した非接触型ICカードである、フェリカと呼ばれるICチップが搭載されており、おサイフケータイ対応機種にのみ付属されています。その為、おサイフケータイ機能を利用する為には、FeliCaチップを搭載した携帯電話を購入する必要があり、対応機種にはスマートフォンやガラゲーと呼ばれる携帯電話があります。

ドコモが開発した決済システム

このフェリカが搭載された、携帯電話のおサイフケータイによるシステムは、ドコモ社が開発した決済システムで、他のキャリアでも名称は同じですが、どれもドコモの商標登録がなされています。意外な事かもしれませんが、このおサイフケータイがあるのは日本だけで、わが国独自のシステムですが、Apple Payのサービスであるモバイル・ウォレットは、このおサイフケータイと同様のシステムです。

おサイフケータイの使い方

おサイフケータイと同様のシステムである、モバイル・ウォレットが発表されましたが、それ以前に日本ではおサイフケータイの普及が既に一般的になっている為、それほど目新しいこととは感じないのは当たり前なのかもしれません。サイフケータイの名称を用いていますが、これはあくまでも正式な商標名であり、サービス名称の表記なのです。つまり、サイフケータイは、電子決済だけではなく、ほかの用途にも使用できるわけです。

おサイフケータイ アプリを起動して残高確認

おサイフケータイは、確かに日本では普及が進み、その認知度はかなり高いと言えるでしょう。しかし、おサイフケータイの、機能のすべてを理解しているかといえば考え込んでしまうほど、すべての機能を使いこなしている方は意外と少ないのかもしれません。おサイフケータイの、機能の一つである電子決済は、電子マネーサービスを行っている会社提携しているものですが、チャージ後もアプリから残高確認を行うことができます。

支払いするときはかざして使う

おサイフケータイの利用方法は、携帯電話に埋め込まれているICチップにより、自動的に端末が認識してくれ、支払いなどもすべてがオートシステムで行われます。実際に支払いをする時も、特別な操作は必要なく、お店や改札などで携帯電話をかざす事で、スピーディーな支払いを行う事ができます。当然の事ですが、支払いに際して残高不足に陥っている場合、支払うことができませんので、残高の確認は怠りのないようにしておきたいものです。

おサイフケータイで使える電子マネーサービス

専用の端末に、かざすだけで支払いが行われるおサイフケータイは、スピーディーな現代社会において、もはや欠かすことのできない必須アイテムの一つとなっています。このおサイフケータイを利用する為には、あらかじめ電子マネーをチャージしておく必要があります。使える電子マネーサービスには、楽天EdyやモバイルSuicaを始め、WAON・nanaco・iD・QUICPayなどがあります。

楽天ポイントが貯まる楽天edy

数ある電子マネーサービスの一つ、楽天edyがいつでもどこでもチャージ可能で、電子マネーサービスを行っている店舗であれば、買い物ついでにチャージすることが可能です。楽天edyのよいところは、支払い額に応じて楽天スーパーポイントが付与される事です。楽天edyの電子マネーサービスでは、現金のほかにも、この楽天スーパーポイントやクレジットカードでチャージでき、ポイント交換は1ポイントを1円に換算してくれます。

機能充実のWAON

電子マネーサービスの一つであるWAONは、通常のポイントを貯める事のできるモバイルWAONと、国内外と航空機のを利用が多い方の為のモバイルJMB WAONがあり、モバイルJMB WAONではポイントではなく、マイルと交換できるのがその特徴です。WAONの安心のシステムは、携帯電話を紛失した際にも電子マネーの再発行が可能で、機種に変更などを行った場合でもスムーズな移行ができ、アプリで利用履歴あるいは残高を見る事もできます。

スマホで使えるnanaco

有力な、電子マネーサービスの一つでもあるnanacoは、nanacoカードがなくてもアプリを携帯電話にダウンロードしておけば、スマホ一台であってもいつでも電子決済に使用する事ができます。カードなどは、カバンやお財布を替えた時に、つい忘れがちになってしまいますが、携帯電話であれば常に持ち歩く癖が付いていますので、ほぼ忘れることはないと言えるでしょう。

電車の利用が便利になるモバイルSuica

Suicaは、もともと電子マネーカードとして利用されていましたので、エクスプレス予約サービスを始め、定期券やグリーン車の利用、チケットレスでも新幹線などにご乗車いただけるサービスなどがあります。しかし、このように電車だけでなく、電子マネーとしてお買い物にも利用でき、おサイフケータイあるいはモバイル・ウォレット対応店であれば、いつでもどこでも利用可能となっています。

スタバでスマートな支払いをモバイル スターバックス カード

スターバックスといえば、全国にフランチャイズ店を置くコーヒー店ですが、電子決済を行うことのできるスターバックス・カードがある事が、あまり知られていないようです。このスターバックス・カードは、通常のおサイフケータイと同様に、対応店での支払いやチャージをいつでも行うことが可能です。携帯電話のアプリとして作動していますので、残高照会やオンライン入金も可能です。

チャージ不要で使えるiD

同じ様に、買い物や支払いの際に使用されるクレジットカードと、おサイフケータイとの大きな違いは、サインする手間なくスピーディーに支払いができるというところでしょう。特にお急ぎの場合、用紙に必要事項を書くだけでも手間となることも多く、特に電車などの到着時刻が迫っている場合、スピーディーさはかなりのメリットとも言えます。すでにdカードをお持ちの方は、切り替え行うだけでiDによる支払いが可能となります。 中見出し:クレジットカードのポイントを貯められるQUICPay QUICPayのお申し込みには、QUICPayに対応するカードが必要で、QUICPayカードをお持ちであれば、すぐに申し込みを行うことができます。QUICPayは、各種モバイルに対応しているほか、カードやキーホールダークタイプなどもあり、クレジットカードを始めデビットカードやプリペイドカードにも対応しています。クレジットカードが使えない自動販売機などでも、使用できますので効率よくポイントを貯めることができます。

おサイフケータイで使えるポイントやクーポンサービス

スピーディーな支払いが、簡単となっておサイフケータイですが、お買い物や支払いによって、お得なポイントを貯めることができます。これらのポイントは、支払いの金額に応じたポイントが付与されるもので、貯めたポイントは現金と同様に使用できる為、うまく使いこなしていく為にも効率の良いポイントの貯め方を行っていく必要があるようです。また、お得なクーポンサービスなども利用可能です。

ヨドバシカメラのゴールドポイントカード

家電専門店でも、有名なヨドバシカメラは、最新の家電から旧型のタイプまで、様々な電化製品を始め様々な商品を店内で購入することができます。ヨドバシカメラでは、全国のヨドバシカメラで利用可能なゴールドポイントカードがあり、このゴールドポイントカードを利用することで、ゴールドポイントを貯める事ができるほか、おサイフケータイアプリから、いつでもポイント残高や有効期限を確認することができます。

Tポイントが貯まるモバイルTカード

Tポイントとは、Tカードの加盟店において、商品の購入や支払いを行った際に付与されるポイントの事で、Tカードの加盟店は全国にある為、認知度においては群を抜いていると言ってもよいでしょう。このTカードが、スマホで利用できる機能が付属されたのがモバイルTカードで、これまでのTカードの代わりにスマートフォンを始めとするモバイル製品が、おサイフケータイの役割を果たすものです。

クーポンが使えるマクドナルド

おサイフケータイは、便利な電子マネーとして、お買い物や支払いに利用できるほか、様々なお得なクーポンが使用できます。世界に幅広いチェーン店を持つマクドナルドですが、おサイフケータイはこのマクドナルドでも利用することができ、ハンバーガーやドリンクなど、様々なメニューのお支払いを行うことができます。また、マクドナルドでは、様々なクーポンを使用できる為、お得に活用する事ができるでしょう。

おサイフケータイのメリット

世界に先駆けて、日本で広まったおサイフケータイは、その使い勝手の良さで認知度はさらに高まり、支払った金額に応じてポイントがたまるメリットは、かなり大きいものと言えるのではないでしょうか。さらに、クーポンなども利用できる為、普通に現金を支払うよりも、お得感はかなり大きく、これからもさらにその需要は、高まっていくものと思われます。しかし、実際にすべての機能を理解されていない方もいる為、どのようなメリットがあるのか、理解しておく必要もあります。

支払いがスムーズになる

まず、おサイフケータイのメリットとして、スマホをかざすだけで支払い可能という点でしょう。実際には、スマートフォンのカバーを付けたままでも使用でき、アプリを起動させる必要がありませんので、よりスピーディーな支払いが可能となっています。中には、スマートフォンをかばんやポシェットに入れたまま、かざして支払いを済ませるといった方も見られ、機能性と性能の良さはかなりのものと言えるでしょう。

様々な電子マネーの利用ができる

おサイフケータイは、チャージする事によって、そのチャージ額に応じた支払いが可能となります。これらのチャージには、電子マネーを利用して残高を増やしていきますが、大きなメリットとして利用可能な電子マネーの数が多いという事が言えます。おサイフケータイで、使用可能な代表的な電子マネーとして、iD・モバイルSuica・モバイルスターバックスカード・QUICPay・楽天Edy・nanacoモバイル・モバイルWAONなどを利用することが可能です。

かさばってしまうカードを減らせる

日本が、カード社会となって久しいものですが、文具用品や財布など専用のカード入れが増えてきたのも、こうした風潮によるものです。しかし一方で、カードの種類は店に応じて異なる為、カードの枚数ばかり増え、その収納に一苦労となってしまいました。しかし、おサイフケータイは、カード系をモバイル端末一つに集約できるできる為、これまで邪魔だと感じていた、かさばってしまうカードを減らせるといったメリットがあります。

クレジットカードでチャージ可能

おサイフケータイの特徴といえば、電子マネーによって残高のチャージを行い、これを資金にして商品の購入や支払いに充てています。この、おサイフケータイに対応する電子マネーも多く、特に問題はないかと思いがちですが、チャージする為に一端この電子マネーを購入しなければならず、面倒に感じる方も少なくありません。しかし、クレジットカードにも対応するようにしておけば、いちいち電子マネーの購入の必要がありませんので、残高のチャージが非常に楽になります。

磁気カードよりセキュリティが高い

非接触型のおサイフケータイは、専用の読み取り機にかざすだけで、簡単に支払いが行える事はすでに皆さまご承知のことでしょう。しかし、同じ非接触型で、カード型があることをご存じでしょうか。非接触型の技術は昔から存在し、NFCという無線通信技術を応用したものでした。FeliCaはNFC準拠の無線方式を利用したICカード技術で、おサイフケータイだけではなくカードにもこの技術が使われています。FeliCaのセキュリティが高いのも、こうした高水準の技術革新があったからなのです。

おサイフケータイのデメリット

現代生活に、非常にマッチしているおサイフケータイですが、支払いに際して財布を出さずに、なおかつ小銭を計算する必要もありませんので、利用者にとって非常にスピーディな買い物が可能になりました。店舗側もしかり、レジでお客さまを待たせる事が少なくなり、働く従業員たちにとっても非常に便利な機能といえます。しかし、こうしたメリットばかりではなく、おサイフケータイにも少なからずデメリットがあるようです。

対応機種以外は使えない

おサイフケータイのデメリットの一つとして、おサイフケータイの機能に対応する機種以外は使えないということが言えます。もちろん、携帯電話などの決済の方法には、バーコードやQRコード画面を見せるだけの決済サービスもあり、おサイフケータイ同様にスピーディな支払いを行うことができるものです。しかし、Felicaの技術力は、安定した機能を保持するもので通信速度が圧倒的に速く、ほどんどの電子マネーでFeliCaが採用されているのはこれが理由だったのです。

バッテリー残量を気にする必要がある

おサイフケータイの便利さは、アプリを起動させることなく支払いが行える事です。さらに詳しく説明すると、携帯電話本体の電源が切れていても、問題なく使用できるという事が最大のメリットと言えるでしょう。しかし、あくまでもこれはバッテリーの残量が残っていることが前提であり、バッテリーが切れると使えませんので、常に携帯電話のバッテリー残量を気にしなければなりません。

機種変更や故障の際の移行手続きが面倒

FeliCaの技術は、NFC準拠の無線方式を利用したICカード技術で、すべてのおサイフケータイにこの技術が採用されています。おサイフケータイ機能に対応した携帯電話であれば、初期設定を行うだけで簡単におサイフケータイとして利用することができます。しかし、問題点として、携帯電話の端末が変わるたびに、移行手続きが必要になり、かなり面倒という声も聞かれてきます。

スマホを紛失や故障すると全てのサービスが一時的に使えなくなる

スマートフォンを始めとする携帯電話には、ユーザーを認識する機能やパスワードでロックができる技術が取り入れられています。しかし、携帯電話を使用する時に、いちいちロックを外さなければならず、面倒からかロックを普段から掛けない状態にしている方も多いものです。こうした無防備な状態では、万が一盗難にあった場合悪用されやすく、故障・紛失時にも一時停止にサービスを停止しなければならないリスクがあります。

iPhoneでおサイフケータイの代わりに使えるApple Pay

Apple Payとは、アップル社の開発した電子決済サービスの一つで、NFCシステムによる非接触型の決済を行うものです。おサイフケータイの代わりに使えるApple Payは、買い物や乗り物に利用できるほか、アップルストアなどウエブ上の支払いにも使用できます。Apple Payは、アップル社のモバイル商品に搭載されている為、すべてのiPhoneはこのApple Payの機能を使って、電子決済を行うことになります。

iPhoneはおサイフケータイは使えない

iPhoneは、NFCシステムによるApple Payシステムを採用している為、おサイフケータイに採用されているFeliCaのシステムとは大きく異なります。その為、これまでAndroid端末である携帯電話を使用し、機種変更によってiphoneに買い替えた場合、おサイフケータイは未対応となり、何かと不都合が生じてしまうようです。ただし、Apple Payシステムでも同じ電子決済である為、ほぼ同様の使い方で行えます。

iPhone7以降はApple Pay搭載

アップル社が、独自に開発したNFCシステムですが、実際にApple Payが搭載されたのは、iPhone7以降となっています。Apple Payは、アップル独自のサービスですが、クレジットカードやSuicaを最大8枚まで登録できますので、電子マネーをいちいちい購入し、チャージする手間は多少省けそうです。Apple Payに、対応するクレジットカードは10社以上ありますので、特に問題が起こることは無いでしょう。

Apple Payとおサイフケータイの違い

同じ非接触型のApple Payとおサイフケータイは、双方ともに電子マネーでの決済を行うものです。買い物や乗り物にと、専用の端末にかざすだけで利用できますので、共にスピーディな支払い行うことができます。しかし、おおもとのシステムは大きく異なるもので、Apple PayはNFCシステムを採用しており、おサイフケータイはNFC準拠の無線方式を利用したICカード技術を採用していますが、他にも異なる点があるようです。

主な違いは対応機種の違い

これまで、Androidに慣れ親しんできた方にとって、おサイフケータイの便利さは、改めて解説する必要はないほど手軽なものでした。しかし、機種変更によってIphoneに変更した時、おサイフケータイを使えないことで、かなりの違和感を感じることも少ないといます。しかし、使い方としては、両方とも電子マネー決済に使用するもので、大きな違いとしてはapple payはIphone、Android端末はおサイフケータイという事になります。

apple payのほうが安全性は高い

利用方法に関して言えば、おサイフケータイとapple payは、基本的に同じ目的に使用される電子決済システムです。しかし、セキュリティーの問題を考慮した場合、apple payはiphone本体にクレジットカード情報を保存しない為、万が一ロックをかけずに盗難にあった時でも、比較的安心と言えるでしょう。また、最新機種では、指紋認証や顔認証が必要なので、きちんと設定する事でセキュリティ面でガードする事ができます。

対応サービスはおサイフケータイのほうが多い

apple payは、Iphoneに搭載された機能の為、万が一の盗難や紛失してしまった場合、セキュリティ面でしっかりとガードする事ができますので、比較的安心といえます。しかし、サービス面を考えた場合、対応サービスはおサイフケータイの方が圧倒的に多く、サービスが充実していると言えます。ただし、楽天edyなどapplepayも徐々に対応サービスは増えていますので、この先さらに充実していくと思われます。

iPhone6以前でも使えるおサイフケータイジャケット

appl epayは、アップル社の製品であるiPhoneでの電子決済サービスですが、iPhone7以降の機種でのみしか搭載されていません。したがって、iPhone6以前では、NFCシステムが利用できない為、ユーザーたちから大きな不満が上がっていました。しかし、ご安心ください。これまで、利用できないと思われていたiPhone6以前の機種でも、特定の端末を利用する事でおサイフケータイとして利用できるようになったのです。

iPhoneに装着することでおサイフケータイが使える

おサイフケータイジャケットとは、いわば外付けのおサイフケータイのようなもので、Suicaカードを収納できるiPhoneケースから、おサイフケータイの機能を持ったカード型のデバイスタイプもあります。この専用の端末では、iPhoneケースに装着して、iPhoneとはBluetooth 4.0の省電力モードで接続する仕組みで、専用のアプリはアップルストアからDLする事で使用可能となるものです。

様々なサービスがおサイフケータイジャケットに対応

おサイフケータイジャケットのメリットは、これまでiPhone7以降の機種でのみしか、搭載されていなかった電子決済サービスを利用できるところで、現在サービスが限られるNFCシステムと異なり、おサイフケータイのサービスが利用できるところにあります。また、対応する電子マネーサービスには、楽天Edyを始めヨドバシカメラやゴールドポイントカード、ANA スキップサービスとQUICPay・iDが利用可能です。

Androidのスマートフォンなどで使えるGoogle pay

Google payは、電子決済のシステムの一つで、Googleの支払いサービスの一つですが、これまでのおサイフケータイなどと同様に、簡単でスピーディな支払いが可能となっています。Androidのスマートフォンなどで使えるGoogle payは、もともとP2P送金サービスで知られるGoogle ウォレットからサービスを開始しました。しかしその後、新たに画期的なサービスを開始したのです。

GoogleウォレットとAndroid Payが統合した比較的新しいサービス

Google payは、2018年2月からできた新しいサービスで、2011年から開始されていたGoogleウォレットと、Android Payが統合したデジタルウォレットと呼ばれるものです。日本国内では、まだまだ新たなサービスの一つとしての認知度しかありませんが、特徴として様々な決済関連のサービスを統合する事で、その存在感を増しつつあるという事で、期待の寄せられるサービスとなっています。

様々なサービスを1つのアプリで管理可能

Google payの特徴の一つは、これまでの電子マネーによる店舗での買い物、あるいは電車やバスの利用が可能で、クレジットカードによる店舗での買い物も可能になったことです。おサイフケータイは、特定のサービスに対して、それぞれの対応アプリを起動する必要がありましたが、Googlepayの場合は、1つのアプリで管理できますので、さらにスピーディー感が増したと言えるでしょう。

おサイフケータイの対応機種紹介

おサイフケータイは、各社Android携帯端末で操作可能ですが、利用者にとって使いやすさも含めて、どのような機種があるのか大変興味深いものです。そこで、おサイフケータイ対応モデルを発売する大手メーカーでは、どのようなタイプが売れ筋であるのか、またユーザーが非常に気になるスペックが高いモデルなど、いろいろとご紹介させていただきます。

AQUOS R2 SH-03K

AQUOS R2 SH-03Kは、シャープ社製のスマートフォンで、少し珍しい動画専用が搭載された2眼カメラが、最大の魅力でありその特徴と言えるでしょう。二つのアウトカメラは、それぞれに標準カメラが226万画素、動画専用カメラが1630万画素とかなりの高感度で、ディスプレイも高感度液晶ディスプレーを採用しています。防水防じんに対応している為、水辺での撮影も問題なく、撮った動画も簡単に編集することが可能です。
参考:http://www.sharp.co.jp/products/sh03k/

arrows Be F-04K

arrows Be F-04Kは、一眼レフのように美しく撮れるカメラが搭載された富士通製のスマートフォンで、この一眼レフ技術によって、どなたでも簡単に美しい撮影を可能としたものです。優れた防水/防塵性能は、スマートフォン本体をハンドソープなどで洗えるほどで、物理的な衝撃にも強く、1.5mの高さから落としても画面が割れにくい構造になっています。
参考:http://www.fmworld.net/product/phone/f-04k/

Galaxy S9 SC-02K

Galaxy S9 SC-02Kは、2018年5月に発売された最新機種で、処理性能が高く高性能の携帯電話として、あこがれの新機能が満載されています。従来までのGalaxy S6と比べてみても、サイズ的にほとんど変わらないのに、5.1インチから5.8 INとさらにワイドになっています。ワイヤレス充電に対応しており、環境に合わせて自動ロックも解除しますので、ストレスを感じさせない動きが心地よく感じます。
参考:http://www.galaxymobile.jp/support/model/SM-G960DZKADCM/

XperiaTM XZ2 Premium SO-04K

日本の電子機器メーカーとしても、定評のあるSONY最先端のスペックを誇るXperiaTM XZ2 Premium SO-04Kは、これまでのスマホの常識を凌駕する、Xperia初のデュアルカメラが搭載された機種です。この、デュアルカメラは、デジタル一眼レベルの超高感度で、肉眼では確認できないほどの暗闇の中でも、美しい映像を撮ることも可能にしたのです。驚くことに、静止画撮影時では、最高ISO感度51200の高画質を誇っています。
参考:https://www.sonymobile.co.jp/xperia/docomo/so-04k/

HUAWEI P20 Pro HW-01K

HUAWEI P20 Pro HW-01Kは、史上最高のトリプルカメラと呼ばれる程の、高スペックのカメラ機能を搭載したスマートフォンで、OUTカメラの有効画素数は、それぞれ約4000万・約2000万画素数を誇っています。パネルも非常に薄く、ディスプレイも約6.1インチとかなりのワイド感で、その場で撮った映像も即座に美しい画面で確認することができます。安全性を考慮した指紋顔認証と、急速充電の能力もスピーディーなのが特徴です。
参考:https://consumer.huawei.com/jp/phones/p20-pro/specs/

isai V30+ LGV35

LGの有機ELテレビ技術搭載の、高精細ディスプレイが非常に美しいisai V30+ LGV35は、タフネスなボディと高級感のあるデザインで、2017年12月に発売されたスマートフォンです。音楽をよくお聞きになる方にとって特にうれしいのは、ストレスを感じさせないクリアな音質は本格サウンドを楽しめる、高性能Quad DACを搭載していることにあるでしょう。薄暗い場所でも、撮影可能なカメラ機能は、ユーザーを満足させる出来に仕上がっています。
参考:https://www.lg.com/jp/mobile-phone/lg-LGV35

おサイフケータイを利用して暮らしを便利にしよう

現代社会において、もはや私たちの体の一部となっているとも言えるモバイル製品は、次々と高性能機種が発売されさらに使いやすくなっています。特に、おサイフケータイは、現代社会になくてはならない必須アイテムと言えるでしょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事