お買い物に便利なnanacoのチャージ機能を使ってみよう

お買い物に便利なnanacoのチャージ機能を使ってみよう

家計の知恵 2018.10.16

nanacoでのチャージの仕組み

nanacoとは、日本国内で使用される非接触型決済方式の電子マネーの一種で、セブン・カードサービスの登録商標です。nanacoには、Androidスマートフォンに対応した、おサイフケータイ対応端末で利用できるモバイル式とカード式の2種類があり、nanacoカードにはQUICPayの機能も搭載されています。

nanacoチャージの魅力

nanacoカードの魅力は、電子マネーとして利用できるほか、支払いに応じたポイントも貯める事ができるというところです。これらのポイントは、買い物や支払いなどに利用でき、現金と同様の扱いが受けられるわけです。本来、nanacoカードを発行するには、300円の発行手数料がかかりますが、ナナコ一体型のセブンカード・プラスを発行するという方法もあります。

事前にチャージしておけば小銭いらず

nanacoカードは、ほかの電子マネーと同様に電子決済が可能で、財布をわざわざ取り出さなくとも支払いが可能な、無接触タイプのかざして支払うカードになります。もちろん、カードを使用する際には、あらかじめnanacoカードに現金をチャージする必要がありますが、事前に1000円や2000円など、一定の金額をチャージしておくだけで、簡単にレジでかざすだけで買い物できます。支払いをnanacoで行う利点は、なんといってもレジで並んだ際に、財布からわざわざ小銭を用意する必要はないというところでしょう。特に、朝夕のラッシュ時や、店内がほかのお客で混雑している場合、スムーズな決済が行えます。

チャージして使うとポイントが付与される

普段のお買い物に、イトーヨーカドーやセブンイレブンを利用されている方に、nanacoカードのメリットを十分に受けることができます。nanacoカードは、全国のセブン&アイグループの加盟店で利用できますので、使える店舗が非常に幅広いと言えるでしょう。ポイントも付与されますので、楽しみながらお買い物に利用できます。

キャンペーンを上手く使うとお得になる

nanacoカードは、独自のキャンペーンが実施されることも多く、カードを作成するときや指定された期日に店舗を利用することで、普段の倍以上のポイントを得ることが可能です。nanacoカードの割引やボーナスポイント等、お得なキャンペーンが多く実施されていますので、サイトなどで確認の上うまく活用していきましょう。

nanacoチャージができる金額について

nanacoチャージができる店舗は、全国のセブンイレブンの店舗レジや、店内にあるセブン銀行ATMでチャージすることができます。また、イトーヨーカドーや、エクスプレスのガソリンスタンドに設置されているセルフ給油機などでも、液晶パネルでチャージすることができますが、チャージができる金額はいったいどのくらいの額なのでしょうか。

現金でのチャージの場合

nanacoのチャージ方法には、いくつかの方法がありますが、一番一般的なのは現金でのチャージ方法をでしょう。nanacoの加盟店などレジでチャージするには、まず店員にチャージを行う意思を示し現金を支払います。続けてnanacoカードをレジにかざしますが、nanacoモバイルでも同様の方法でチャージができます。

上限は5万円

nanacoのチャージは、残高の上限が50000円となっており、全国のnanaco加盟店などのレジや機械でのチャージが可能となっています。ただ、気をつけておきたいのは、nanaco加盟店などの店舗レジと給油機以外は、おつりが出ないという事です。例えば、セブン銀行で支払いの場合おつりが出ませんので、投入した金額すべてがチャージされることになります。

千円を1単位として入金できる

nanaco加盟店は、2018年七月現在、全国に約329,000店もある為、チャージに困ることはまずなさそうです。現金でのチャージの場合、1回のチャージ上限は4万9千円までとなっていますので、財布代わりに持ち歩くには十分な金額と思われます。現金でチャージする方法は、店舗のレジ・セブン銀行ATM・専用のnanacoチャージ機などがあります。

クレジットカードにチャージの場合

nanacoのチャージ方法には、現金でチャージする以外にも、クレジットカードでチャージするといった方法もあります。クレジットカードでチャージできる店舗には、セブンイレブンやイトーヨーカドーがありますが、チャージする方法には、普通にチャージする方法と、支払い金額が不足した場合に、自動的にチャージするオートチャージといった方法があります。

上限は現金チャージと同じく5万円

クレジットカードからチャージする方法では、基本的に残高の上限は現金チャージと同じく、5万円となっています。nanacoクレジットのチャージの大まかな流れは、チャージを行うとまずセンターお預かり金となります。次に、セブンイレブンのレジあるいはセブン銀行ATMで、残高確認をする事ができます。その後、お持ちのnanacoの中にお金がチャージした分が移ります。

1回のチャージ上限は3万円まで

nanacoにチャージする方法の一つが、クレジットカードによるチャージですが、これをnanacoクレジットチャージと呼んでいます。ただし、いくつかの制約があり、5千円以上で千円単位でチャージする事が基本となります。また、1日のチャージ回数も限られており、1日に3回までチャージする事が可能となっています。

5万円以上チャージする裏技もある

nanacoカードにチャージする場合、カードの上限は5万円ですが、この金額を超えるチャージも実は可能だったのです。これは、裏技として知られているもので、簡単に種を明かすとカードに5万円分、センターに5万円分の計10万円にする事も可能なのです。これは、最初にチャージした金額が、センターが預かり金となることを利用したものです。

nanacoのチャージ方法

nanacoのチャージ方法には、大まかにクレジットカードからのチャージと現金でのチャージ、そしてnanacoギフトからのチャージがあります。また、nanacoにはnanacoカードのほかに、nanacoモバイルとQUICPayの機能が搭載されたnanacoカードを使うことができます。チャージ方法については、それぞれ異なってきますのである程度の知識が必要になってきます。

クレジットカードからチャージ

クレジットカードからのチャージは、初回のみですがウエブ上からnanaco会員メニューで、クレジットカードの事前登録をしておく必要があります。すべてのクレジットカードから、チャージできるわけではありませんので、専用サイトなどからご登録いただけるクレジットカードの確認をしておく必要があります。

オートチャージ

クレジットカードから、nanacoへとチャージするサービスの一つに、オートチャージがあります。オートチャージは、お買い物の際に残高が設定金額未満の場合、自動的にクレジットカードからチャージするサービスで、非常に利便性が高いものとなっています。ただし、セブンカードあるいはセブンカードプラスのみとなっており、プラスであればチャージでもポイントを貯めることができます。

クレジットチャージ

クレジットチャージは、必要な場合にその都度クレジットカードからチャージするサービスで、初回だけ事前登録する必要があります。事前登録の方法は、最初の一回だけでよいのですが、パソコンあるいはスマートフォンを使い、ウエブ上からサイトにログインし、登録しなければなりませんが、店舗などではこれら登録を行うことができません。

現金でチャージ

nanacoに現金でチャージする方法として、セブンイレブンなどのお店のレジや店舗内に設置されているセブン銀行、あるいは専用のnanacoチャージ機で現金チャージする事ができます。nanacoチャージ可能な店舗であれば、レジで簡単にチャージすることができますので、機械などの操作が必要なく、一番手軽な方法と言えるのではないでしょうか。

nanacoギフトからチャージ

nanacoギフトとは、プリペイドカードの一種で、そのままお買い物などに利用できるほか、電子マネーのnanacoへとチャージすることも可能です。チャージを行うには、ウエブ上のサイトにアクセスしログインした後に、nanaco会員メニューでnanacoギフトIDを登録すると、チャージ金額がセンターお預かり分として反映されることになります。

nanacoポイントを電子マネーに交換

nanacoカードやモバイルで使える電子決済が、一定の金額を支払うごとにポイントが付く事は、すでにご存じでしょう。このポイントは、1ポイントを電子マネー1円分として使えますので、現金同様に使用することが可能です。電子マネーに交換するには、取り扱いのある店舗のレジで行う事ができますが、モバイルでは操作のみで電子マネーに交換する事ができます。

nanacoチャージの流れ

電子マネーで、自動決済可能なnanacoですが、タイプ別にクレジットカードタイプとモバイル形式であるおサイフケータイタイプとがあります。双方とも、現金をチャージして初めて利用できますが、チャージする方法にもいろいろな方法がある為、一通りチャージする方法を理解しておく必要があります。

オートチャージの場合

オートチャージは、nanacoをご利用の際に、残高が足りなくなり支払いができなくなった場合に、自動的に電子マネーをチャージしてくれるシステムです。オートチャージを利用する為には、セブンカードプラスかセブンカードが必須で事前登録をしておく必要があります。その後、ウエブ上の会員メニューで、オートチャージ設定を行う事で、、セブンイレブン・イトーヨーカドーのレジで利用可能となります。

クレジットチャージの場合

nanacoは、クレジットカードでのチャージが可能ですが、クレジットカードの種類によっては、チャージできない種類もあります。クレジットチャージの特徴として、一時的にnanacoマネーがセンターに蓄積された状態になる為、これをセンターお預かりと呼んでいます。センターお預かりされた電子マネーは、残高確認を行う事で最終的に実行されるわけです。

nanacoカードを利用している

クレジットチャージを行う場合、まずnanacoに対応する媒体が必要となり、nanacoカードを利用している場合でも、登録を行わなければなりません。事前登録の方法は、ウエブ上のサイトにあるnanaco会員メニューで、クレジットカードを事前登録して、会員メニューからチャージ金額を申込むことで、どなたにでも簡単に登録を済ませる事が可能です。

nanacoモバイルを利用している

ご自分で利用なさる携帯電話が、おサイフケータイ対応であった場合、携帯電話から事前登録する事が可能です。自然登録の方法は、nanacoカードと同様に、nanacoモバイルでクレジットカードを事前登録して、アプリからチャージ金額を申込む事で簡単に行えますので、いつでもどこでも事前登録が可能という事になります。

現金でチャージの場合

nanacoチャージの方法で、特に難しい知識の必要のない現金でのチャージは、色々なチャージ方法の中で、一般的な方法として知られています。ただし、現金でチャージする場合でも、様々なパターンがあり、店頭以外でも専用機器や専用ATMなどでチャージが可能な為、それぞれの方法を理解しておく必要があるでしょう。

お店のレジ

現金でチャージする方法として、一番手軽なのがnanaco対応店舗でチャージしてしまう事です。nanacoカードもしくは、nanacoモバイルがご利用可能であれば特に問題はなく、レジで簡単に現金チャージを行う事ができます。まずは、現金を用意し、スタッフにチャージする旨を伝えて、nanacoカードもしくはnanacoモバイルをかざす事で完了します。

セブン銀行ATM

セブン銀行ATMは、セブンイレブンの店舗内にある専用のATMで、このセブン銀行ATMでも現金でチャージする事ができます。操作方法は、タッチパネル方式ですので、指先ひとつあればどなたでも簡単に操作する事ができます。チャージ方法は、画面右下のnanacoボタンから入り、画面に従ってチャージ額を支払うだけで、即座に電子マネーが追加されます。

nanacoチャージ機

nanacoチャージ機は、nanaco専用のチャージ機で、nanacoチャージャーとも呼ばれているものです。チャージ機の設置場所は限られていますが、車をご利用の方であれば、エクスプレスのガソリンスタンドなどで見かける機会は多いと思います。操作方法は、タッチパネル方式のチャージ機の画面に従って、液晶画面を操作してチャージ額を払うといった方法になります。

nanacoギフトからのチャージの場合

nanacoギフトは、簡易型のプリペイドカードですが、そのままお買い物などの支払いに利用する事も可能です。もちろん、nanacoギフトからのチャージは可能ですので、効率的にポイントをいる為にも、チャージして使いたいものです。利用方法は、ウエブ上のサイトの会員メニューで、nanacoギフトIDを登録した後に、お店やATMで残高確認をする事で電子マネーが反映されます。

ポイントを電子マネーに交換の場合

nanacoの仕組みには、買い物に応じた金額によって、ポイントが付与されるといったサービスがあります。このポイントとは、nanacoポイントと呼ばれているもので、ポイントがたまれば現金同様に利用可能となるわけです。ただし、そのままでは使う事はできず、電子マネーに変換する必要がある為、nanaco対応店舗のレジで店員に声掛けした後に、電子マネーを受け取る事になります。

クレジットカードでチャージをするメリット

今や現代社会において、必ずしも現金をもつ必要がなくなってきました。現金主義の社会からカード社会となり、それを更に進化させたのは電子マネーの存在でした。特に普及に貢献したのは、専用の機械にかざすだけで電子決済が出来る無接触方式の技術で、介在する手間を極力減らす事が出来る為、同時に様々なサービスも普及してきたのです。

ポイントの2重取りが可能

電子マネーサービスは、利用者の利便性を図る為、様々なサービスが利用できるようになってきました。さらに、使用した金額に応じたポイントシステムは、利用者に付加価値をもたらすと共に、経済を活性させることにつながります。nanacoポイントは、nanaco側のポイントとクレジット側のポイント両方が獲得できる為、ポイントの二重取りを可能としました。

収納代行の支払いとして使える

クレジットカードは非常に万能で、対応する店舗であれば全国どこででも利用可能です。しかし、万能とはいってもすべての支払いに対応するものではなく、ご存じの通り自動車保険料や公共料金、税金などの支払いは不可能といってよいでしょう。しかし、普段カード払いできない支払いですが、nanacoを利用する事によって、間接的にカード払いにする事ができ、ポイントの2重取りも可能なのです。

利便性が良い

nanacoモバイルやnanacoカードは、特に維持費がかかるわけではありませんが、利用するだけでも特典が受けられますので、実質の割引きとなるポイントは利用者にとってかなりのメリットと言えるでしょう。nanacoの場合、カードの登録さえやっておけば、いつでも簡単にチャージできるようになりますので、とりあえず作っておくのも一つの手です。

nanacoポイント対象外でも貯まる

nanacoは、電子マネーで決済した金額に応じて、ポイントの付くnanacoポイントシステムがあります。ただし、nanacoに対応する店舗でしか受けることはできませんが、クレジットカードチャージを利用すればポイントを貯める事ができるのです。つまり、nanacoにはポイントがつかなくても、クレジットカードにはポイントが貯まるという解決策があります。

チャージでお得なクレジットカードをご紹介

クレジットカードでチャージ行うと、nanacoとクレジットカード双方にポイントが付くメリットは、利用者にとってかなりの優遇措置と言えるのではないでしょうか。しかし、すべてのクレジットカードが、nanacoに対応しているわけではありませんので、注意は必要となります。その中で特に、お得なクレジットカードをご紹介たします。

ポイントの還元率が高いカード

まず、リクルートカードですが、これはホットペッパー・じゃらん・ポンパレなどで知られるリクルートライフスタイルの発行するクレジットカードで、VISA・JCB・MasterCardなどがあります。このクレジットカードの魅力は、年会費無料で還元率1.2%という高還元率を実現したところでしょう。また、リクルートのサービスを活用する事で、更なる特典もあります。

ポイントの使い勝手が良いカード

nanacoを利用できるクレジットカードの中で、ポイントの使い勝手が良いカードと言えば、YAhoo!JapanカードやファミマTカードなどが挙げられるでしょう。双方共に、nanacoチャージによって、Tポイントを貯めることができますので、使い勝手の良いTポイントが増えるのは、かなりのメリットと言えます。

年会費無料でオートチャージが使えるカード

nanacoって、オートチャージ機能が使えるカードは、現在のところセブンカードプラスやセブンカードだけとなっています。オートチャージとは、nanacoで電子決済を行った際、残高が足りなくなってしまった場合に、自動的に電子マネーをチャージしてくれるシステムの事で、いちいちnanacoにチャージする手間が省ける便利なカードの事です。

nanacoにクレジットチャージできない理由

電子決済に、非常に便利なnanacoのシステムですが、何らかの不都合によってnanacoにクレジットチャージできないといったケースが発生しているようです。利用者にとって、寝耳に水のことですが、nanacoにクレジットチャージできない理由は、いくつか明らかになっています。

クレジットチャージができないカードだった

まず、nanacoにクレジットチャージできない理由の一つとして、クレジットカードがnanacoに対応していないというパターンが挙げられます。実際に、nanacoにチャージできるクレジットカードチャージは、かなり限定されている為、ウエブサイトの公式ホームページで、あらかじめ確認しておく必要があるのです。

nanacoチャージの利用上限などの超過

nanacoを使い始めて間もない頃に、ついやってしまいがちなミスですが、nanacoチャージにはいくつかの制約が存在している事をご存じでしょうか。単に理解不足、と言ってしまえばそれまでですが、nanacoチャージには利用限度額や利用回数の上限が存在しています。この上限に達しているとエラーとなり、チャージできませんのでご注意ください。

本人認証サービスがうまく登録できていない

nanacoを初めて利用する方に起こり得るトラブルですが、nanacoへのクレジットチャージを新たに登録する際に、本人認証がうまくいかないといったケースがあります。その理由として、クレジットカードの本人認証サービスはカードごとに違う為に、各社のクレジットカードに応じた登録方法で、行わなければなりませんので注意が必要となります。

nanacoチャージで受けれるキャンペーン

電子決済で、スピーディな決済を可能としたnanacoは、利用者の利便性を高めてくれるものです。さらに、nanacoの特徴として、nanacoポイントを貯める事によって、恩恵が受けられるという事でしょう。しかし、メリットはそれだけではなく、ほかにもさまざまなキャンペーンが実施されていることをご存じでしょうか。

イトーヨーカドー新規入会キャンペーン

新規入会キャンペーン自体は、どの企業でもよく行っていますので、特に目新しいことではありません。しかし、イトーヨーカドー新規入会キャンペーンでは、入会時に千円以上をチャージする事で、nanacoポイントが300ポイントもプレゼントされるといった、破格の新規入会キャンペーンを行っているようです。

ヨークマート新規入会キャンペーン

イトーヨーカドーの新規入会キャンペーンと同様に、ヨークマート新規入会キャンペーンでも、利用者にとってかなりうれしい恩恵を受けることができます。ヨークマート新規入会キャンペーンでは、入会時に千円以上のチャージで300ポイントプレゼントされるだけでなく、5千円以上のチャージを行う事によって、先着順にエコバッグのプレゼントがあります。

イトーヨーカドーハッピーデー

こちらのキャンペーンは、ポイントがもらえるといったものではありませんが、割引き率が普段よりも高くなる為、結果的には同じ額の支払いで、より多くの商品を購入出来るという事になります。それは、イトーヨーカドーのハッピーデーの事で、毎月8のつく日はnanacoの利用で、食料品などが5%オフになります。

アリオ専門店街ハッピーデー

イトーヨーカドーハッピーデーとは異なり、アリオ専門店街ハッピーデーでは、毎月8のつく日にnanacoの利用でポイントが2倍付与されるといった特典を受ける事ができます。ただし、アリオ専門店街は、多くの店が立ち並ぶ名店街のようなもので、様々な商品に対応してくれるのは、消費者にとっても有り難い事です。

200万nanacoポイントゲットチャンス

このキャンペーンは、2018年度はすでに終えていますが、来年度以降に再度行われる可能性も高いので、ある程度の内容は把握しておいた方がよいでしょう。キャンペーンの中身は、総額で200万ポイントゲットチャンスといったものですが、手持ちの提携先のポイントをnanacoポイントに交換して、フォームより応募するものです。

nanacoチャージを使うときの注意点

nanacoは、現代のスピーディな情報社会に、マッチしたアメニティー力の高い、現代人のアイテムとなってきました。付与されるポイントは、利用者にとってのお小遣いとして、楽しみながらの買い物を可能としました。しかし、nanacoを利用するにあたって、確認しておきたいいくつかの注意点があるようです。

ApplePayでは利用ができない

電子決済の方法は、随分前から知られていますが、注意しておきたいのはnanacoは、おサイフケータイのみにしか対応していないということです。特に、日本特有のおサイフケータイのシステムは、ほぼ国内しか通用しませんので、注意しておきたいところです。また、ApplePayでは利用ができませんので、機種変更などでiPhoneに買い替えの場合は注意が必要です。

クレジットチャージ上限額は1カ月20万円

nanacoを現金でチャージする場合、1回あたり3万円のチャージが可能ですが、1ヶ月の間でチャージする合計額は、20万円までという制限が付けられているわけです。つまり20万円を超えた支払いが出来ませんが、カードを3枚まで持つ事ができる為、最高で60万円までは対応が可能というわけです。

クレジットチャージは1カ月に15回まで

nanacoを現金でチャージする場合、いくつかの制約がある事をご存じでしょうか。初めてでなくとも、ついつい忘れがちになってしまいますが、nanacoでの現金チャージは、1日3回までと決まっており、これを1ヶ月に換算すると、15回ということになります。つまり、これを1ヶ月に換算すると最高20万円までということになります。

nanacoの特徴を理解してお得に使おう

nanacoは、かざすだけで簡単に電子決済を行えるとあって、現代人のニーズに非常にマッチした利用方法と言えます。特に、クレジットカードとの合わせ技で、付与されるポイントが増えますので、うまくnanacoを活用していきたいものです。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事