知ると便利なクオ・カードの換金方法と種類について解説

知ると便利なクオ・カードの換金方法と種類について解説

家計の知恵 2018.10.17

下調べをしてから換金

すでに、日常的な慣習となってきています。クオカードもその中の一つですが、ご家庭によってはクオカードをもらう機会が多く、引き出しの片隅にしまいこまれている方も多いのではないでしょうか。クオカードは、おつりがもらえないプリペイド式という事もあり、中には使用できない店舗もある為、使いづらいと考えている方も少なくありません。しかし、場合によっては、換金して利用するという方法もあるのです。

クオカードの基本情報

クオカードとは、全国共通のプリペイドカードで、商品券として贈り物にも使用していただけるリフト券です。利用方法としては、お買い物の支払いに充てるものですが、端数のおつりはありませんので、額面よりも高額の支払いに充てる必要があります。また、商品購入の際に、額面が足りなくなった場合でも、現金を追加して購入するといった使い方も可能です。

額面の金額分使えるプリペイドカード

クオカードは、株式会社クオカードが発行しているギフト券で、プリペイドカードタイプとして発売されています。クオカードの表面には、金額が数字で小さく表示されていますが、これがクオカードの額面の金額となります。もちろん、この数字の額面の金額分、すべて使えるプリペイドカードですが、何度かに使い分けることも可能です。

クオカードは様々な場所で使える

クオカードは、全国共通の商品券として使用できますので、全国コンビニや書店あるいはドラッグストア、ファミリーレストランやガソリンスタンドなど、多くの店舗でご利用いただけるのも強みと言えます。例えば、複数枚のクオカードでも、合算して購入代金に充てることができる為、出先や旅先などで持ち合わせが少ない時などに、利用するとよいでしょう。

クオカードの種類

プリペイドカードあるいは、ギフト券として利用できるクオカードには、多くの種類が存在し、額面も300円タイプのものから10000円タイプのものまで、金額によって種類のタイプが知られています。また、各企業や自治体による限定のクオカードなどもあり、個人でもお好きなデザインをリクエストして、プリペイドカードにすることができるようです。

1枚から注文できるスタンダードカード

クオカードのスタンダードタイプには色々な柄があり、個人企業を問わず1枚からでも購入可能です。商品券として購入される方も多く、額面もそれぞれ300円券・500円券・700円券・1000円券・2000円券・3000円券・5000円券・10000円券までが用意されてあります。ただし、額面によっては、購入価格が異なってきます。

ベースデザインも豊富なレディメイドカード

プリペイドカードとして使用せず、専門の収集家がいるほど、クオカードの世界は奥が深いものがあります。収集家が、クオカードのポイントにしているのが表面のデザインで、希少価値のあるクオカードなどには、プレミアムが付いている場合も少なくありません。また、ベースデザインに名前を入れられるなどのサービスもあり、レディメイドカードと呼ばれています。

好きなデザインにできるオリジナルカード

クオカードは、個人単位のオーダーメイドで、ご自分の好みのデザインで作成する事もできます。企業でこのシステムを活用するケースも多く、企業ロゴを入れ会社の周年行事や販促、あるいは広告としてオリジナルのクオカードは非常に人気が高いのです。ただし、ご注文受け付けはオフセット印刷で100枚以上、100枚以下の場合は印刷方法が変わってきます。

5枚から注文できるハッピーメイドカード

ハッピーメイドカードは、オリジナルカード同様にクオカードを自由に作成できるものですが、写真やイラストをカードにできるといった点が異なります。作成方法も2種類あり、持ちの写真やイラストからカードをデザインするパターンと、クリップアートから画像を選択してカードをデザインするパターンがあります。

自由な額面のフリーバリューカード

フリーバリューカードの場合、基本的な製作工程はオリジナルカードとほぼ同様の工程で、自由なデザインで作成する事ができます。異なる点は 1点だけで、額面を1円単位で設定できるというところにあります。設定自由な額面は、1円から999円までと2,001円から2,200円までと制約がありますが、ラッキーナンバーを入れたり、西暦を入れたりとアイディア次第で設定が行います。

クオカードの換金場所

クオカードは、プリペイドカードとして、全国の書店やコンビニあるいはクオカード加盟店であれば、何処ででも利用できるものです。また、贈答用や会社や個人のイベントの際にも、オリジナルのクオカードを作る事もできます。しかし、つい忘れてしまったり、たまり過ぎてしまった場合、使い道に困る場合もありますが、クオカードの場合は特定の店での換金が可能だったのです。

金券ショップで換金

金券ショップとは、現金通貨ではないものの、現金と同様の価値のある商品などを取り扱う専門店の事で、これら金券を扱う為には、古物商の資格が必要となってきます。クオカードは、商品券と同様の価値をもつプリペイドカードで、こうした金券ショップで換金する事ができます。ただし、ショップによっては、かえって損をしてしまう場合もあります。

換金率が高い

金券ショップで換金するメリットは、換金率が比較的高いといえます。これは、需要と供給の問題ですが、クオカードはほとんど全国のお店で利用できるとあって、比較的人気の高い商品なのです。したがって、こうした金券ショップでは、額面に近い金額で買い取ってもらえる場合も多く、利用者にとっても店頭ですぐに換金してもらえますので、一番リスクの少ない方法と言えます。

買い取り額は地域差が大きい

比較的、換金率が良いといわれる金券ショップですが、買い取り額は地域差が大きく、都内だとだいたいクオカード額面の96%から98%程度といわれています。これが地方であれば、92から94%程度まで買い取り価格が下落する傾向が高く、さらに買い叩かれてしまう可能性もあります。したがって、クオカードを金券ショップで換金する場合、大都市の方が高く買い取ってもらえる可能性が高いと言えます。

オークションなどに出品 

クオカードを換金する方法に、インターネットのオークションなどに出品する方法があります。オークションに出品する場合、アカウントなどを取り、本人認証などが必要になりますが、これは詐欺などを防止する役割を果たしているものです。また、配送方法や送料、入金方法を明記し、オークション用の写真や文言、クオカードの状態なども明記する必要があります。

自分で出品する

オークションなどに出品する場合、前述のように手数料や手間がかかってしまう為、ありふれたクオカードなどでは、常識的に考えても高く売れることはまずありません。実際に、500円程度の好カードでは、手数料や送料などがかかり、実質的に500円のクオカードであれば、300円程度の入金しか得られない場合も多いのです。やはり、オークションには付加価値が必要になります。

希少価値が高いクオカード

近ごろ評判の高い、メルカリやオークションなどに、クオカードを出品する場合は、まず自分の所有しているクオカードに、どのくらいの価値があるのを理解しておく必要があります。クオカードには、収集性がありますので、希少性の高いものはおのずと価値が高くなってくるものです。特に、プレミアム価値のあるカードは、想像よりもはるかに高い値段がつく場合があります。

クオカードの換金方法

クオカードの換金方法としては、金券ショップやチケットショップ、あるいは質屋などで買い取ってもらう方法があります。最近は、インターネットのショップでも、こうしたクオカードの換金できるショップも多く、自ら出向く必要がありませんので、最近ではクオカードの換金方法としても、よく利用されるようになってきたようです。

持ち込みで買い取ってもらう

金券ショップやチケットショップなど、自宅周辺にこうしたクオカードの換金場所がある場合、持ち込みで直接買い取ってもらうといった方法はいかがでしょう。店内でスタッフと対面し、直接話し合いによる交渉できますので、場合によっては多少を色を付けてもらえる場合もあります。また、持ち込み方法では、その場で換金できるといったメリットも大きなものです。

郵送で買い取ってもらう

手持ちのクオカードに大したプレミア価値がなく、それなりの枚数を所持しているのなら、オークションやメルカリなどはさほど期待できないかもしれません。ノーマルのクオカードでも、90%以上の買い取りの期待の持てる金券ショップは、こうした場合理想的と言えます。ショップが、自宅の近隣にない場合、ネットでの金券ショップといった選択肢もあり、郵送で買い取ってもらうが可能です。

全国どこにでも送れる

ネットで営業している金券ショップは、もともと全国各地からクオカードなどを集める為に営業している場合が多いのです。無店舗でネットショップを開いている場合も多く、家賃や人件費などがかからないことから、一般店舗の金券ショップよりも換金率が高いという特徴があります。したがって、遠くても換金率が良い店に買い取ってもらえるお得感は見逃せません。

送料や手数料に気を付ける

郵送買い取りといった方法は、金券ショップや質屋などがネット上でショップを開き、買い取りを募るものです。郵送ですので、店舗に出向く必要がないというのがメリットの一つです。買い取りの流れは、郵送でクオカードを送り、後日代金を振り込んでもらうといった取り引き方法ですが、郵送する上での諸経費があるので、計算確認してから利用したほうが良いでしょう。

換金できないクオカード

使い道のないクオカードは、金券ショップやチケットショップ、あるいは質屋などで現金へと換金することができます。また、プレミアの付けられた付加価値のあるクオカードは、思ったよりも高額となることも多く、こちらのタイプはネットオークションに出品することで、思わぬ高額で取り引きされる可能性もあります。しかし、中には換金できないクオカードもあるようです。

有効期限が記載されたカード

クオカードの状態や種類によっては、換金できないといったケースがあるのをご存じでしょうか。クオカードは、基本的に一度でも使用されたカードは、正規のルートでは得ることはできません。また、古いクオカードに起こり得ることですが、有効期限が記載されたカードも換金することはできません。有効期限は、カードの裏面に記載されている事が多いので、しっかりと確認をしておきましょう。

使用したカード

一度でも使用されたクオカードは、換金することはできませんが、しまいこまれたクオカードは、有効期限は確認できても、使用されたものであるかの確認は、なかなかに難しいものです。使用されたクオカードの見分け方としては、カードの左下の部分に一度でも使ってあると穴が開いていますので、そちらで確認することができます。

コンビニエンスストアで発行されたカード

換金する事のできないタイプのクオカードには、コンビニエンスストアで発行されるカードが多いことをご存じでしょうか。これは以前、コンビニで盗まれたと思われるクオカードが、大量に流通してしまった事件がありました。これらの対策を行う為、固有番号が00から始まるカードは、現在換金できないことになっているのです。

クオカードの換金率

身近にクオカードの換金ショップがあれば、持ち込みで換金してもらうことが可能です。また、インターネットなど、ネットショップでもこうしたクオカードの換金ショップを見かけますが、こちらで換金するには、郵送による取り引きが行われ、後日支払いが行われることになります。ここで、売り主側にとって不安に感じるのが、クオカードの換金率なのではないでしょうか。

都内だと96%から98%

東京都は、日本の首都ということもあり、人口密度が国内で一番高いとされている地域です。物価もほかの地域に比べるとかなり高く、食べ物も含め総体的に物が高いといった印象を受けるものです。逆に言えば、クオカードの換金率も高く、額面の96%から98%で取り引きされると言われますが、これが地方へ行くと、2%から4%くらい下落するといわれています。

額面によって換金率がかわる

当然の事ですが、クオカードにはそれぞれ、カードに応じた額面というものがあります。クオカードの額面は、基本的に300円から10000円までの種類があり、額面によってその価値自体も異なってきますので、換金率がそれぞれ違ってくるのです。しかし、店の対応によっても異なってきますので、換金する前にチェックしておきましょう。  

換金率が良いカード

どうせ売るのであれば、売る側にとっても換金率の良いショップ選びは、手元に戻ってくる額が大きく異なってきますので、できるだけ高く買い取ってもらいたいものです。しかし、同じクオカードであっても、換金率が良いカードとあまり良くないカードが存在します。したがって、換金する前に、クオカードについての情報をある程度把握しておく必要があります。

懸賞などで当選したクオカード

クオカードを高く売ることのできるポイントは、1にプレミアム性そして2番目に希少価値が高いという事が挙げられます。ただし、2番目の希少価値があるといっても、個人の結婚式の記念や会社の記念行事などで作成されたクオカードには、あまり価値はありません。懸賞などで当選したクオカードなどは、価値があるタイプすぐに売ると換金率が高い場合があります。

アイドルやアニメのクオカード

プレミアム性は、多くの収集家のマニア心をくすぐるもので、多くのクオカード愛好家に大変人気のあるものです。また、クオカードの収集家でなくとも、アイドルの追っかけや自分の趣味に関連するものは、コレクションの一つとなりますので、人気のアイドルやアニメだと付加価値がつきやすいという事が言えるでしょう。

様々な買い取り店

ご自宅に、余ったクオカードがなくとも、意外なものが高く買い取ってもらえるチャンスがあります。金券とは、現金ではありませんが、現金と同様の価値があるもので、普通に買い物などに使用する事ができるものです。もちろん、株券などの証券も、現金と同様の価値がありますが、これらは店に持ち込んでも、支払いには使えないもので金券とはみなされません。

郵送買い取りもあるアクセスチケット

アクセスチケットは、金券ショップなどネット上のウエブサイトで、買い取りなどを行う業者の一つです。アクセスチケットでは、クオカードを始め切手やテレホンカード、電車の回数券など様々な金券を高い価格で買い取ってくれます。クオカードなども、1枚から買い取ってくれますので、地方の方でも郵送買い取りを行うことで取り引きができます。
参考:https://www.access-ticket.com/buy/kinken

アクセスが良いチケットレンジャー

換金率が、なかなかに高い事で知られるチケットレンジャーは、インターネットショップにて、金券の購入や買い取りを行っています。特にクオカードでの売れ筋は、ギフト柄と呼ばれるタイプのクオカードで、人気のあるギフト用クオカードでは、その換金率が98%に達することもあります。ギフト用クオカードが人気が高いのは、やはり需要がそれだけ高いということを示しています。
参考:https://www.ticketlife.jp/uritai/701/

金券中心のチケッティ

チケッティは、金券中心に営業を行う換金ショップで、クオカードを始めとするさまざまな金券を売る事ができます。クオカードで、安定して換金できるのは、有効期限のないタイプで、無期限タイプのクオカードが人気があります。ただし、気を付けておきたいのは、裏に発行した店舗名があるクオカードの場合は、買い取りを行っていませんので注意しておかなければなりません。
参考:https://www.tickety.jp/buy/book-quo-tel/quocard/quo/single.php

全国的な大黒屋

全国にチェーンを持つ、金券ショップ大黒屋は、安定した換金率で利用者にまずまずの人気を誇っている換金ショップです。全国に多くの店舗を持っている為、店舗によっては買い取り額が異なることも多く、店長の方針などによって、スタッフの査定に違いがありますので、クオカードなどを換金する際には、あらかじめ電話などで確認しておくとよいでしょう。
参考:https://kaitori.e-daikoku.com/ticket/mail/result.php?category_list=6&category_detail_list=63

新宿にあるダイヤチケット

ダイヤチケットは、新宿に拠点をもつ換金ショップで、高価買い取りと格安販売をモットーとしている金券ショップです。プリペイドカードには、乗車・交通関連カードやクオカード、図書カードやテレホンカードといったものがありますが、同じものでも換金価格が異なってきます。ご心配な時は、電話、メールで問い合わせ可能ですので、まずは相談を行ってみましょう。
参考:https://www.daiya-jp.com/?cn=pricebuy_list&cls=7

換金率が良い甲南チケット

まずまずの換金率で知られる甲南チケットは、様々な金券の購入や買い取りを行っています。甲南チケットは、ネット上のショップも運営しており、地方からの方でもネットを通じて簡単に、プリペイドカードなどを売ることができます。甲南チケットは、仮見積もり申請ができますので、あらかじめどれ位の価格で売れるのか、仮見積もり申請を行うと安心です。
参考:https://www.kounan.com/sell/index.php?mode=view&category=4

換金の注意ポイント

クオカードなどを始めとする金券は、合法に現金と交換することができます。ただし、売る側にとって、自分のものが果たしてどのくらいの価格で売れるのか、希少価値があるのか色々と不安に駆られる事も多いものです。しかし、中には売る事のできないクオカードや状態によって、価値が下がってくるものもありますので、注意しておくポイントがある事を理解しておきましょう。

クオカードになるべく汚れをつけない

クオカードをお売りになる際には、あらかじめご自分の所持するクオカードの状態を、必ずチェックしておく必要があります。なぜなら、使用された形跡のあるクオカードは換金する事ができませんし、汚れがある場合などは換金率が低くなってしまいます。特に裏面など、汚れがあると磁気情報が読み取れず使えない場合がある為、買い取りに影響が出てしまう恐れがあるのです。

比較検討する

クオカードを換金する場合、最初に見つけた換金ショップで、すぐに換金するのも考えものです。なぜなら、金券ショップや質屋など、ネットショップを含めると、クオカードを換金する場所には事欠かない為、選択の幅が広いという事を頭に入れておかなければなりません。ショップによっては、大きく換金率が異なりますので、すぐに決めないで何社か比較してから換金する事をお勧めします。

無理に売らない

クオカードを売ろうと思う時は、よほどお金に困っていない限り、換金額に納得がいかなければ、売らないといった選択も一つの方法です。ご存知の通り、すべての金券は需要と供給のバランスで価格が設定されている為、換金ショップなどではそれぞれ買い取り価格が異なるのが一般です。したがって、一度電話で問い合わせを行ったうえで、査定と内容を確認しましょう。

取り扱いがあるか確認

たいていの金券ショップでは、クオカードの換金を取り扱っていますが、こうしたショップの中にはクオカードの取り扱いを行っていない場合があります。ネットショップでは、事前に確認しておけますが、初めて店舗に出向く場合、取り扱いが行われていなければ空振りに終わってしまいます。したがって、事前に確認しておくほうが良いでしょう。

高額買い取りには本人確認が必要

金券ショップなどで買い取りを行ってもらう場合、少額であればその場で現金と換金してもらうことができます。しかし、クオカードの換金の場合、高額のカードや枚数が多い場合などは、高額買い取りになりますので、本人確認が必要となってきます。その為、額面が少額であっても、念のため身分証明書などを持参する事をお勧めします。

じっくり比較をして自分にぴったりな換金方法を選ぼう

クオカードの換金の場合、ネットショップを利用して郵送する方法と自ら金券ショップに出向き、換金してもらうといった方法があります。少しても高く買い取ってもらう為、比較検討も大切になります。よりお金として還元できるよう、下調べをしっかりしましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事