知って得する!イオンギフトカードの便利な使い方ガイド!

知って得する!イオンギフトカードの便利な使い方ガイド!

カード 2018.10.16

イオンギフトカードの使い道

ギフトカードは、贈答用にまたは記念品として、贈り物として利用される事が多いものですが、媒体がカードであるという事もあり、送る側も贈られる側もかさばらずに利用できるのが、一番の利点と言えるでしょう。また、イオンギフトカードの特徴として、イオングループ及びイオンギフトカードの提携先であれば、どこでも使用できるというのも、家庭を預かる主婦の皆様方も、日常的な買い物に利用できる為、贈られる側としても使い勝手の良い贈り物として大変喜ばれています。

イオンギフトカードとは

イオンギフトカードとは、イオングループの発行するマネーカードの一種で、全国のイオンショッパーズやイオンスーパーを始め、イオンギフトカードの取り扱いのある店舗であれば、全国どこででも利用出来るものです。しかし、イオングループには、同じ意味合いである商品券がある為、消費者としても双方を混同しがちで、利用方法に関して少し困ってしまいます。では、イオンギフトカードとイオン商品券との違いは、いったいどのようなところにあるのでしょうか。

名前の通り贈り物にピッタリのカード

イオンギフトカードとは、プリペイドタイプのマネーカードで、ギフトの名称が付けられている通り、贈り物に最適なカードとなっています。イオンの発行する商品券もありますが、イオンギフトカードは、商品券で複数枚送るよりも、1枚のカードで済む為、かさ張らずお財布にも入れやすいといった利便性を持っているのです。また、商品券は商品の引き換え券である為、額面以下のお買い物をされた場合、おつりがもらえないといったデメリットがあります。

チャージタイプのカード

プリペイドカードタイプである、イオンギフトカードの特徴は、同じギフトである商品券とは大きく異なっている部分があります。イオン商品券の場合、500円券と1,000円券の2種類があり、有効期限も無い為、非常に使いやすい半面、枚数が多いと非常にかさばりやすいものです。また、使用する際にも、レジでの合計金額が表示された後に利用する為、財布から取り出したり枚数を数えたりと、手間もかかってしまいます。しかし、イオンギフトカードの場合、プリペイド式でお釣りなどはもらえませんが、残高はすべてカード内に残りますので、レジでの支払いの際にも全く慌てる必要がありません。また、贈る際にも、1,000円から10万円まで希望の金額をカードにチャージができる為、カード1枚だけを贈るといった事もできるものです。

現金でのみ購入できる

イオンギフトカードは、プリペイドタイプのマネーカードという事もあり、イオングループのほかにも、全国様々な店舗でイオンギフトカードを使用する事ができます。イオンギフトカードの購入方法は、イオン各店舗で購入する事ができますが、マネーカードなどでの購入はできず現金でのみの購入方法となります。したがって、基本的にクレジットカードやWAONであっても、購入はできないのです。イオンギフトカードは、プリペイドカードという事もあり、残高さえ残っていれば繰り返し何度も利用する事ができます。ただし、プリペイド方式を採用していますが、チャージは最初の一回限りですので、利用限度額が無くなってしまえば、使用済みカードとして廃棄する事になります。

キャラクターものからシンプルなデザインまで選べる

イオンギフトカードが、贈り物として選ばれる理由として、約20種類以上ものデザインを選べるというところでしょう。子供に大人気な機関車トーマス、あるいはピーターラビットなど、いくつかのキャラクターデザインがあり、他にもカラーで選べるシンプルなタイプ、ギフトをイメージしたデザイン柄などを選ぶ事ができます。特に、お子様のいらっしゃるご家庭の贈り物には最適で、チャージする際に額面を抑えて、複数枚プレゼントにするといった方法も考えられます。

お釣りは出ない

使用する際に、気を付けておきたいのは、イオンギフトカードはプリペイド方式の為、買い物など商品の購入の際に、おつりを渡される事は一切ありません。イオンギフトカードは、ほかのプリペイドカードと同様、おつりはカード内に残るシステムになっています。したがって、商品の購入の際に、残高が足りなくなってしまった場合は、追加で現金を支払うとよいでしょう。また、プリペイド方式という事もあり、額面が多い場合、利用者としては残高がどのくらい残っているのか気になるのではないでしょうか。イオンギフトカードの残高は、四つの方法で知る事ができ、その一つは商品購入の際のレシートで確かめる事ができます。また、インターネット上の、イオンギフトカード公式サイトで調べる方法、取り扱いのレジなどでも残高を確認することができます。さらに、フリーダイヤルで残高を確認する事も可能ですが、携帯電話によってはつながらない事もありますので、自宅の電話などから確認する必要があります。

カードに有効期限はない

イオンギフトカードの特徴として、カードそのものに有効期限などは一切ありません。これは、ギフトカードとして使用される事もあり、贈られた側でも急いで使用しないで良いので、非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。有効期限そのものがありませんので、イオンギフトカードを所持している事を忘れていても、使用に際して問題は全くありません。基本的に、ギフトカードを何年かかって使用しても問題はなく、利用したい時に必要なだけ使用できます。ただし、将来的に機能面や仕様が変更される恐れもありますので、なるべく早く使用していくのが現実的と言えるでしょう。

イオンギフトカードの使い方

イオングループには、イオンギフトカードのほかにもイオン商品券がありますが、商品券には500円と1000円の 2種類のタイプしかありません。イオンギフトカードは、千円から十万円までを自由に設定してチャージできる為、高額な商品などを購入する際に、とても役立つものです。では、実際の使い方は、どういった方法で行うのがよいのでしょう。

支払時にイオンギフトカードで支払うと伝える

イオンギフトカードは、全国のイオングループで使用する事ができますが、使用する際に気をつけておきたいのは、支払いの際にあらかじめ店員に伝えると、よりスムーズに会計を終える事ができます。基本的に、商品レジなどでは、現金で購入するお客さまが多く、スーパーなどでは並ぶ方が多い為、早く会計を済ませる事ができるからです。

全額使い終わればリサイクルボックスに入れる

イオングループでは、全店をあげてリサイクルの促進に努めています。各店では、リサイクルの回収ボックスを設置し、様々な資源の回収に協力しています。イオンギフトカードも、こうした資源ごみとなるもので、全額使い終われば、リサイクルしていく必要があるのです。リサイクルボックスは、イオングループ各店舗に備えられていますので、ご協力をお願いいたします。

イオンにあるセルフレジでも使える

イオンギフトカードは、全国のイオングループでご利用を可能ですが、一部利用不可能な店舗もあるようです。イオングループの店舗では、最近スーパーでも見かけるようになった、セルフレジを導入している場合があります。一見、ギフトカードが使えなさそうですが、こうしたセルフレジでも利用でき、支払い方法でイオンギフトカードを選択するだけで支払い可能です。

残高を知りたい場合

イオンギフトカードの大きな特徴は、購入する際に千円から十万円の間であれば、自由にイオンギフトカードの額面を設定できるところにあります。プリペイドタイプなので、お釣りこそありませんが、残った残高はそのままイオンギフトカードのデータとして残されています。では、その残高を知りたい場合、どういった方法で知ることができるのでしょうか。

イオンギフトカード情報サイトから確認できる

イオンギフトカード情報サイトは、スマートフォンなどのモバイルやパソコンなどで、検索するウエブ上の公式ホームページで、イオンギフトカードの残高を知りたい場合に、いつでも利用できる情報サイトです。使用後のイオンギフトカード残高が知りたい場合は、この情報サイトにアクセスしたのち、カード番号とPIN番号といった情報を入力すると確認できます。

会計後にもらうレシート

一番簡単なお手軽方法として、買い物をした後に確認できる方法もあります。それば、会計後にもらうレシートの情報を確認する事で、イオンギフトカードの残高を知りたい場合には、レシート下部にあるギフトカード利用明細欄の、ご利用可能金額を確認する事で残高を確かめることができます。

専用のフリーダイヤルに電話する

イオンギフトカードの残高確認は、専用のフリーダイヤルに電話することでも、確かめることは可能です。フリーダイヤルですので、無料で利用することができますが、時間的な制約があります。フリーダイヤル番号は0120-100-250で、営業時間内のみでしか電話をかける事が出来ず、9時から21時までの時間帯までと、基本的に年中無休ですが影響時間のみになっています。

専門店を除くイオンギフトカード取扱店のレジ

イオンの専門店街でも、イオンギフトカードの取り扱いを行っていない店もある為、それ以外のイオンギフトカード取扱店であれば、イオンギフトカードの残高を確認することができます。具体的には、専門店を除くイオンギフトカード取扱店のレジで確認する事ができ、イオンギフトカード情報サイトのお取扱店舗のページから、都道府県などを入力して検索する事ができます。

イオンギフトカードが使える場所

カード1枚で、高額のお買い物が可能なイオンギフトカードですが、イオングループで利用可能とはいっても、イオンの名称のない店もある為、利用者にとってなかなか判断しづらい面が多いのではないでしょうか。そこで、イオンギフトカードが使える場所を確認する為の、様々な方法をご紹介いたしましょう。

イオンギフトカード情報サイトでチェックする

ウエブ上のイオンギフトカードの公式サイトでは、イオンギフトカードが使える場所を検索できる、検索エンジンの機能を備えています。全国のどの地域でも検索可能な為、どなたでも簡単にイオンギフトカードが使える店舗を確認することができます。パソコンやモバイル、それぞれ専用のサイトがありますが、スマートフォンさえあればどこででも検索する事ができます。

専用ダイヤルに電話して教えてもらう

出先にイオンギフトカード情報サイトで、チェックしようとしたら携帯電話の電源が切れていた、または電波の届かない場所でインターネットにつながらないといったケースもあり得る事です。こんな時は、専用ダイヤルに電話して教えてもらうといったことも可能です。専用フリーダイヤルは0120-100-250で、かかりづらい場合は有料ダイヤル0570-064-251にかけるとよいでしょう。

基本イオングループ各店舗で使える

基本的に、イオンギフトカードは、イオングループ各店舗で使えますが、一部対象外の店舗もあるので注意しておかなければなりません。イオンギフトカードを使用する際の注意点としては、レジなどでお支払いの際に一言、イオンギフトカードで支払う旨をスタッフにお申し出ください。おつりはカードの残高として残りますので、レシートで確認しておくとよいでしょう。

イオンの専門店街にあるお店では使えないことが多い

イオンギフトカードは、同じ贈答用として利用される商品券とは別物で、使用できる店舗も異なってきます。イオンギフトカードは、イオングループ各店舗で使えますが、同じイオングループの店舗でも使用できない店もあります。その原因は、店舗に設置するレジそのものが、イオンギフトカード対応できていないせいだったのです。

イオンモール内のお店なら使えることが多い

イオンギフトカードが、使用できない場所として、イオン専門店街が挙げられます。同じように、様々な種類の店舗が入るイオンモールでは、つくりがイオン専門店街に似ている為使えなさそうですが、意外とイオンモール内のお店なら使える事が多いようです。また、フードコートでも使えるところがありますので、まずは店員さんに使えるか聞くのが早いようです。

イオンギフトカードを手に入れる方法

イオンギフトカードは、プリペイドタイプのマネーカードですので、入会や年会費といったものは一切ありません。また、イオンギフトカードを手に入れる際にも、個人識別も必要ありませんので、身分証を提示するといったこともないわけです。では、イオンギフトカードを手に入れる方法や場所は、どのようなものがあるのでしょうか。

イオンの各店舗

イオンギフトカードの購入は、イオンの各店舗のサービスカウンターで購入する事ができ、店内のスタッフに対応してもらえます。個人で利用するケースもありますが、贈答用として購入する場合が多く、ギフトとして贈る場合は熨斗も無料で用意しています。また、ケースに料金もかからないところが多く、丁寧にラッピングもしてもらえるのも気持ちの良いものです。

金券ショップの店頭

様々な金券を取り扱う金券ショップでは、店舗によってはイオンギフトカードの購入が行える場合もあります。イオンギフトカードは、プリペイドカードタイプですので、貨幣と同様の価値のある金券として取り扱っています。ただし、どこでも取り扱いを行っているわけではなく、扱いの無い店舗の方が多いようです。理由としては、プリペイドカードでチャージするタイプの為、金券ショップでは扱いにくいというのがその理由です。

イオンモールの株主になってみる

中には自分で購入せず、イオンギフトカードを手に入れる方法もあります。贈り物として、もらえる場合もありますが、一般的に考えた場合ギフトを催促するのも考えものです。もう一つの方法として、イオンの株を購入し、株主となり株主優待として送られてくるといった方法も考えられますので、詳しくはイオンの株主優待をご覧いただくとよいでしょう。

タイムズのポイントを持っている場合交換ができる

タイムズとは、タイムズクラブカードの事で、主に車のサービスを中心としたレンタルや駐車場、ロードサービスあるいは板金や塗装・車検などを業務とするタイムズクラブという名称の会社です。タイムズクラブでは、クラブカードを発行しており、ポイントが貯まるとイオンギフトカードに交換できるものです。

イオンギフトカードの注意事項

ギフトとして、もらってうれしいイオンギフトカードですが、何と言っても商品券のようにかさばらず、1枚のカードで十万円まで自由に額面をチャージできるのも、なかなかに喜ばしい仕様といえます。使い勝手も良く、普通の商品券のように使い切らずに残高を残す事ができますが、このイオンギフトカードを使用する際には、いくつかの注意事項もあるようです。

払い戻しができない

イオンギフトカードの購入方法は、額面を利用者側が設定し、額面に応じて現金をチャージする事で、イオンギフトカード本来の形となるわけです。チャージは、最初の一回限りで、後日金額変更を行う事はできません。また、イオンギフトカードは、プリペイドカードと同様の仕様ですので、買い物はできますが商品券との交換も一切行う事ができないのです。

支払時の利用金額を指定することはできない

イオンギフトカードは、あくまでもプリペイドカードとして使用するカードになっています。したがって、残高が多く残されていても、千円だけイオンギフトカードを使用し、300円を現金で支払うといった利用方法はできないのです。買い物の支払いは、全額イオンギフトカード支払いとなりますが、残高不足の場合は現金や別のイオンギフトカードとの併用支払いは可能です。

紛失や盗難の保障はない

イオンギフトカードは、購入の際に身分証明書などのケースはなく、どなたでも千円以上の額面であれば、十万円までの範囲でイオンギフトカードを作る事ができます。したがって、カードのように個人情報などがありませんので、残高がそのまま残されていても、紛失や盗難の保障は無く、保障不可の商品となっています。

イオン商品券と間違えない

イオンギフトカードとイオン商品券は、似ているようで実はほとんど似ていない商品です。イオン商品券と同様に、有効期限はありませんが、イオンギフトカードはチャージタイプのプリペイドカードで、イオン商品券はバーチャルな電子マネーではなく、現金同様に使用できることから、支払いの際にお釣りが出るといった特徴を持っています。

イオンの割引イベントでの割引にはイオンカードが必要

イオンギフトカードの利用方法として、イオングループの全店で買い物などの支払いが可能となります。またイオンでは、様々なキャンペーンやイベントが実施されていますが、こうしたイベントの際にイオンギフトカードを使用することも可能です。また、イオンカードさえ提示すれば、5%オフやお客様感謝デーなどの日に、ギフトカードを支払い手段に選んでも、割引対象になります。

イオンギフトカードと比較される他社発行カードについて

イオンギフトカードは、贈答用に大変便利なプリペイドタイプのマネーカードですが、特に特徴的なのは購入者が額面の設定を自由に行えるということでしょう。チャージ式のギフトカードは非常に珍しく、高額の額面を設定できることから、需要はかなりあると見込んでいるようです。もちろんほかの会社にも、同様のギフトカードそのものは存在しています。

JCBギフトカードやVISAギフトカードがある

ギフトカードは、本来贈答用として相手に何らかの商品を贈るものですが、相手側の趣味や欲するものが異なることも多いものです。したがって、現金同様にお好きな商品を購入していただけるギフトカードは、贈られた側にとっても大変喜ばれるものです。ギフトカードには、他にもUCカードやQUOカード、JCBギフトカードやVISAギフトカードがありますが、QUOカード以外の3つは商品券に近い扱いのようです。

どれもイオンで使える

ギフトカードの種類には、大きく分けて四つのタイプのギフトカードが存在しています。一つ目はカード会社のギフトカードで、幅広く利用できる共通ギフト券で、次に企業・団体が発行する商品券は、イオンギフトカードがこのタイプになりますが、繰り返し使える事から、プリペイドタイプと同様に扱われます。また、電子決済に便利な電子ギフト券などもあり、インターネット決済などで使用されます。電子ギフト券以外のタイプは、どれもイオンで使えるもので、支払い方法として認められています。

WAONポイントを貯めることができる

イオングループの店舗などで買い物を済ませると、イオングループのポイントであるWAONポイントを貯める事ができます。ただし、ギフトカードを使用する際にも、現金払いの時と同様に、イオン系のカードの提示が必要で、提示することによってWAONポイントを貯める事ができます。

JCBであればJCBプレモカードがイオンギフトカードと似ているタイプ

実は、イオンギフトカードに似たタイプのカードも存在しており、JCBの発行するJCBプレモカードは、イオンギフトカードと同様にチャージして使用するものです。少し違うのは、JCBプレモカードは繰り返しチャージが可能なタイプで、何度も使用できるといった特徴を持っています。ただし、プレモカードはイオングループでの使用ができないのが難点です。

間違いやすいイオン商品券との違いは

イオンギフトカードは、送っても贈られても、大変喜ばれる贈答用のギフトカードです。贈答用のカードといえば、商品券もありますが、同じイオングループが発行するイオンギフトカードと同様に、イオン商品券も同じ贈答用として利用されています。ギフトカードと、混同しやすいイオン商品券との違いは、どのようなところにあるのでしょうか。

イオン商品券は額面額が決まっている

イオン商品券と、イオンギフトカードとの大きな違いは、イオンギフトカードは、プリペイドタイプであり、チャージする事で額面を変更できますが、商品券の場合は額面額が500円と1,000円のみと、あらかじめ決まっているのが大きな違いです。また、ギフトカードは、プリペイドタイプの為、カードに残高が残り、次の買い物に使用できますが、イオン商品券の場合はほかの商品券とは異なり、精算時におつりがもらえます。

使える店舗の数

イオン商品券と、イオンギフトカードとの違いには、商品券が基本的にイオン系列の店舗で使用できるのに対して、イオンギフトカードでは一部利用できない店舗が存在する事です。例えばミニストップでは、イオン商品券は使用できますが、イオンギフトカードは使用不可能となっています。

イオン商品券は手元におつりが戻る

イオン商品券の特徴として、ほかの会社の発行する商品券とは異なり、イオン商品券は手元におつりが戻ってくるというのが大きな違いと言えるでしょう。一般的な商品券は、使いきりタイプとなっている為、額面2000円ので1500円の買い物をした場合もお釣りが戻ってくることはありません。

使い方に注意してイオンギフトカードで買い物をしよう

もらって嬉しいギフトカードの中でも、イオンギフトカードは支払いした残りの残高がカードにそのまま残る為、非常に便利に使用できます。ただし、使い方にも注意が必要で、使用方法を踏まえて活用していきましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事