etcが利用できるファミマtカードの申し込み方法について

etcが利用できるファミマtカードの申し込み方法について

カード 2018.10.19

ファミマTカードからETCカードを申し込むメリットとデメリット

ファミマtカード etcのカードを申し込むことができます。このetcカードを利用する場合にはファミマtカードについての理解をしておかなければいけません。この両方のカードは連動しているカードだと理解して利用する必要があります。

ファミマTカードのメリット

ファミマtカードのメリットは、所有しているだけはメリットや利用することで得をするメリットなど様々あります。コンビニで利用できるクレジットカードであり、tポイントを獲得することができるカードなので、利用できるメリットは幅広くあるようです。このメリットを理解しておけば今後どのカードを使おうか悩むことなくこちらのカードを利用してお得なメリットを得られることができます。
ファミマtカード etcカードを発行していますが、ファミマtカードとは、メリットの多いカードとしていろんな特典が付与されています。上手に活用することで割引になる買い物ができます。

入会費と年会費無料

カードを所有するメリットは、入会費や年会費の関係があります。複数のカードを所有していると馬鹿にならないのが年会費です。入会費は必要なカードもありますが、初期費用以外にも毎年必要な年会費は複数枚のカードを所有していると大きな負担となります。tカードは、有効期限があり更新の時に費用が必要となりますがファミマtカードは、更新の時にも費用は必要ありません。
ファミマtカードは、所有していても会費が発生しないカードなので、作っておくことで非常に役立つカードになります。特にtカードの機能が付いているので、いろんな加盟店でポイントの加算が行われます。いろんなポイント加算があり、カードの入会費用や年会費は必要でないので、 所有していてもコストの負担がないカードです。

毎週火曜と土曜はポイント3倍

ファミマtカードの特典といえば、tポイントが加算されることですが還元率が高ければより魅力あるカードだといえます。ファミマtカードは、利用する曜日によって付与されるポイントが2倍や3倍になる曜日があります。それが火曜日と土曜日でファミリーマートではカードの日としてボーナスポイントが付与される曜日になります。
ファミマtカードを火曜日と土曜日に利用するとショッピングでは付与ポイントが3倍になり、クレジットのポイントは2倍になるボーナスポイントがあります。そのためこの火曜日と土曜日に買い物をすることでポイントを多く獲得できる特典を利用できます。ファミリーマートのコンビニでは、この火曜日と土曜日に絞って買い物をすることもお得なポイント獲得になります。

ファミランクでポイントが貯まる

新規入会のときにはいろんな特典が付いているクレジットカードがありますが、ファミマtカードでは、会員のための特別な制度が設けられています。それがファミランクと呼ばれる制度になります。この制度はファミリーマートのコンビニで買い物行った金額に応じてランク付けをしています。このランクがt会員ランクとなっておりポイントアップになっています。
ファミマtカードで普通にファミリーマートのコンビニでショッピングをすると200円ごとに1ポイント獲得できます。これはブロンズランクになっており最初は誰でもこのランクからスタートします。前月の買い物金額が5,000円以上で1万5,000円以下の場合はシルバーランクとなりポイントが2ポイントになります。前月の買い物金額が1万5,000円以上となると3ポイントに変動してゴールドランクになります。このクラスになるとマジ買い物したを3倍の3ポイント獲得できるメリットがあります。

nanacoチャージでポイントが貯まる

ファミマtカードは、電子マネーのチャージをクレジット払いで行うことができます。利用できる電子マネーは5種類ほどありますがなかには変わった電子マネーのチャージが行えるものです。それが別のコンビニのセブンイレブンで利用できるnanacoカードにこちらのファミマtカードからチャージができます。
nanacoカードにチャージをすることでファミマtカードには0.5%のカード還元率で計算されたポイントが付与されます。その後nanacoカードで支払いをすればnanacoカードにもポイントが付与されるので、どちらのカードにもポイントの獲得ができます。他の系列のコンビニのポイントカードのチャージができるのが非常に珍しいメリットです。

ETCカードも年会費と発行手数料が無料

全国にあるほとんどの有料の自動車専用道路で利用できるetcカードですが、ファミマtカードの発行を行っております。こちらのファミマtカードで支払いをするファミマtカード etcのサービスですが、このetcカードのなかには発行手数料や年会費支払いをしなければいけないカードがあります。しかし、ファミマtカード etcのカードは発行手数料と年会費が無料のカードです。
コストの必要がないetcカードなので、初めてこのetcカードを所有するならこちらのファミマtカード etcカードがオススメです。こちらのetcカードを利用すると通行料の支払いでも利用ポイントが200円毎に1ポイント加算されます。通行料でも付与されるのでお得なカードになります。

ファミマTカードのデメリット

便利に利用できるファミマtカードですが、メインのクレジットカードとして利用しない人もいます。それは、こちらのカードのデメリットを考えるとメインのクレジットカードとして利用できないです。このファミマtカードのデメリットについて考えると、即座に対応しなければいけないデメリットもあります。利用者のなかにはこのデメリットをしっかり理解していない人も多いです。
このファミマtカードをデメリットはいくつかありますがその中でも代表的なデメリットについて理解をしておくことが必要です。また、デメリットを解決できるデメリットもあります。解決できる場合には必ず実践をして対応しておくことでより便利に利用できるカードになります。

分割払いとボーナス払いができない

ファミマtカードの発行を受けた後喜んで利用する人もいますが、他のクレジットカードやコンビニのカードと異なり注意しなければいけないことがあります。それが、支払い方法のデメリットです。クレジットカードでは通常1回払いになっているのが発行当初から一般的ですがこちらのファミマtカードでは異なった支払い方法になっています。
ファミマtカードを発行当初は、リボ払い専用のカードになっているので、いろんな買い物をして気がついたらリボ払いになっていて驚いてしまう人もいます。これはカードと一緒となっている個人情報や利用状況の情報を確認していない人にありがちなデメリットになります。リボ払いの解除する方法があるので早めに変更しておきたいものです。
一般的なクレジットカードと異なりボーナス払いや分割払いの支払いができないカードです。会員によってはその月に多くの買い物をしてしまい返済額を変更するためにはリボ払いの設定をする必要があります。支払い方法が限定されているカードだと理解して利用しましょう。

保険が付帯されていない

便利なクレジットカードになると旅行傷害保険やショッピング保険などの保険が付帯されていることがあります。海外で利用するときに大変役立つ保険ですが、ファミマtカードについてを保険の付帯が行われていないカードです。そのため海外で利用するのに向いていないカードになるので、メインのクレジットカードとして利用できないデメリットがあります。デメリットを解消するためには別のクレジットカードをメインとして利用する方法があります。この方法を利用すればデメリットを解消することができます。

ETCカードの申し込み方法

ファミマtカードではetcカードの発行をしているので、自動車有料道路を利用するときに活用したい人はetcカードの申し込みをすることになります。ファミマtカードの発行を行い利用している人は、頻繁に利用する機会があることでより便利に使いたいと考えます。そこでetcカードがあることを知り人もいます。新しくetcカードの発行を希望するならサイトのホームページから申し込むのが便利な方法です。手続きも簡単なのでこちらから申し込みをすることをオススメします。
ファミマtカード自体まだ所有していない人は、こちらのカードの申し込みをするときに一緒にetcカードの申し込みをすることができます。申し込み欄にetcカードの発行を希望することを選択すれば、同時に申し込むことが可能です。ファミマtカードの審査に通過すればetcカードも発行されることになります。しかし、両方一緒に届く事は稀で人によってはetcカードが先に届くことがあります。この状況になると、ファミマtカードの審査に通過しないと勘違いする人がいますが、ファミマtカードの審査に通過しているのでetcカードが発行されていると理解しましょう。

ファミマTカードとETCカードの解約方法

便利に利用できるファミマtカードとetcカードですが、ファミリーマートのコンビニを利用しなくなることでファミマtカードを利用しなくなっていくと解約することを考えることがあります。etcカードについても利用する頻度が低くなると解約した方が良いのではないかと考えるものです。一般的なクレジットカードでは解約する手続きは面倒だと言われていますが、こちらのカードはファミマtカードをサービスデスクに電話をかければ手続きを行ってくれます。
ファミマtカードを用意しておいてオペレーターの案内により解約手続きが進んでいきます。拍子抜けするほど簡単に終わりますが解約したリスクがあります。カードの短期解約をした場合には信用情報に影響を与えることがあります。また、解約した後でも支払残高が残っている場合には支払いを続けていくことや支払いは変更されることがあります。tポイントについても改悪と同時に失効するので注意しましょう。ファミマtカードを解約した場合にはetcカードについても同時に退会となります。これらのリスクがあるため解約は慎重に行いたいものです。

ファミマTカードを賢くお得に活用しよう

ファミマtカードやファミマtカードのetcカードは、年会費などのコストがかからないカードなので所有していても損のないカードです。支払いについて制約があるのでメインのクレジットカードになりませんが、サブカードとしては大変優秀なカードになります。
このカードではtポイントが加算されるので、多くの店でポイント獲得ができるカードになります。利用に応じたポイント加算や曜日によるボーナスポイントの加算もあるので上手に活用することで多くのポイント獲得になります。
解約する人もいますが、使わなくても特に年会費などの支払いをしなくて良いカードなので、解約するよりもいずれ利用することがあるだろうと所有しておくことがこちらのカードを上手に活用できるコツになります。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事