便利なvjaギフトカード!コンビニでも使うことはできる?

October, 19, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

VJAギフトカードをコンビニで使えるか知りたい

困った時に助かるのがコンビニです。
ドラッグストアに押され気味ですがまだまだコンビニで利用できる便利さが残されています。
コンビニではいろんな支払い方法ができるメリットがあるので、多くの利用者は毎日コンビニで買い物をしています。
いろんな支払い方法がありますがその中でvjaギフトカード コンビニで支払いが可能なのか気になる人もいます。

UKANOイメージ

VJAギフトカードとは

vjaギフトカードは、三井住友カードの会社が発行しているギフトカードになります。
こちらのクレジットカードを利用してポイント交換でギフトカードを入手することができます。
また、贈答品として利用する人もいます。

このギフトカードは以前までVISAギフトカードから名称を変更して今のvjaギフトカードになりました。
名称の変更やデザインが変わりましたが読まれて同じように利用できるギフトカードです。
実際に利用できるコンビニは限られていますが、近所で利用できるコンビニであれば、こちらのギフトカードでの支払いを行うことができます。

UKANOイメージ

VJAギフトカードのコンビニで使えるか

ギフトカードのなかには、いろんなコンビニで利用できるものもありますが、vjaギフトカード コンビニで利用できるところは少なくなっています。
クレジット系のギフトカードになるため、使える場所が限られてしまいます。
メジャーなコンビニで利用できるギフトカードなので、近所に該当するコンビニを見つけることができればこちらのギフトカードで支払いを行うことができます。
特定のコンビニであればVISAマークの表記がない場合でも基本的に使えるので、店員に問い合わせて確認してみることが必要です。

コンビニで使えるが購入することはできない

コンビニで利用できるギフトカードであればそのコンビニへ購入することができると思われていますが、それは大きな間違いです。
ギフトカードは、クレジットカードのポイントのプレゼントで交換できる商品になっていますが、日常的に金券などの商品券を購入する機会はあまりありません。
そのためコンビニで利用できる金券であっても購入する場合には別の場所で購入することになります。
   vjaギフトカード コンビニで購入できない商品券になるので、購入する場合には、インターネットのサイトから購入するのが一般的ですが、電話で申し込みをしても購入することができます。
その他では販売店で購入することが可能です。
購入方法が限られています。

使えるコンビニはサークルKとサンクスのみ

vjaギフトカード コンビニで利用できますが、すべてのコンビニで利用できるわけではありません。
現在利用できるコンビニはサークルKとサンクスの店舗に限られています。
こちらの2つのコンビニのお店であればvjaギフトカードで商品の購入をすることができます。
また、すべての商品やサービスの支払いを行えるわけではないので注意して利用しましょう。

UKANOイメージ

VJAギフトカードのコンビニで使う時の注意点

vjaギフトカード コンビニで使えるお店がありますが、使うときには注意しなければいけないことがあります。
こちらのギフトカードに限らずギフトカードに該当する金券を利用するときには必ず注意すべき問題です。
これを守らないと上手にギフトカードを使うことができないです。
また、どのような支払いでもギフトカードによる支払いができるわけではないので、購入やサービスの内容を確認して支払いを行いたいものです。

多く払ってもお釣りは出ない

ギフトカードなどの金券を使うときに1番注意しなければいけないのが、支払いの金額とギフトカードの金額です。
vjaギフトカード コンビニでの支払いをした場合でも、おつりが出ないので、余分に支払うことができません。
そのため現金やその他の支払い方法を準備せずにギフトカードだけで買い物をするとお釣りの支払いができないことで利用できない場合があります。

すべてのギフトカードの支払いでは、おつりが出ないわけではありませんが、原則的におつりが出ないのがギフトカードだと理解しておけば支払いの時で困ることがありません。
おつりが出るギフトカードがイレギュラーな物だと理解しておくことで、上手に買い物をすることができます。

税金公共料金の支払いには使えない

vjaギフトカード コンビニで使える場合でもどのような支払いに利用できるわけではないので注意したいものです。
ギフトカードで購入できないものはコンビニでほとんどありません。
しかし、サービスや代行に関する支払いについてはギフトカードが利用できない支払いになります。
よく勘違いされるのが電子マネーのチャージです。
最近は電子マネーを利用する頻度が多くなりギフトカードで支払いをする人もいます。

公共料金や税金に関してはクレジットカードで支払いをすることが可能ですがギフトカードでは支払いができないです。
これはシステムの違いがありギフトカードの支払いでは現金に換えることができなければ税金や公共料金の支払いを回収できなくなるからです。
  
UKANOイメージ

VJAギフトカードについての詳しい説明

vjaギフトカード コンビニで使用することが可能ですが、できれば付属している説明書を読むことでどのようなお店で利用できるか判断することができます。
最近では、説明書に利用できるお店の一覧表があり近所に該当するお店を探すことが可能です。
これも利用する時に困らないサービスとして行っているので、ぜひ利用して使えるお店を探したいものです。

有効期限はない

vjaギフトカード コンビニで利用できますが、他のギフトカードでも地域振興券のように有効期限のある金券とは異なるものです。
vjaギフトカードについては有効期限の記載がありません。
有効期限がなくいつでも利用できるようになっているのがギフトカードのメリットだといえます。

有効期限がないことで無理に買い物をする必要がなく利用できるお店に立ち寄った時にギフトカードでの支払いをすることが、スムーズで便利な利用方法だといえます。
しかし、利用できるお店が突然利用できないお店に変更することもあるので注意しましょう。

ギフトカードの種類は3種類ある

vjaギフトカード コンビニも利用できますが現在一般的には、vjaギフトカード以外にトラブルギフトカードや横浜中華街専用ギフトカードの発行を行っています。
vjaギフトカードは、全国で利用できる共通商品券になります。
一般的なギフトカードとして幅広く流通しているギフトカードがこちらのvjaギフトカードになります。

vjaトラベルギフトカードは、旅行をするときに旅行代金として支払いができるギフトカードになります。
そのため利用できるお店も限られており旅行会社に対して支払いをするギフトカードだといえます。
大手の有名な旅行会社であればこちらのギフトカードで支払いをすることができる様になっています。

横浜中華街専用ギフトカードは、非常に利用する地域は狭いギフトカードになります。
地域振興券のようなイメージを持つ人もいますが、 横浜中華街の有名な料理店で利用できる特別なギフトカードになります。
利用できる場所は横浜中華街と限られておりますが、いろんな料理店で利用できる様になっています。
他のギフトカードよりも利用できる地域が限定されている横浜中華街の専用のギフトカードのイメージとなります。

1000円と5000円の2種類

vjaギフトカード コンビニで支払いができるギフトカードになりますが、発行している金額は1,000円と5,000円の2種類になっています。
支払いの時の組み合わせは自由にできますが、コンビニでも利用できるギフトカードになっているため1,000円のギフトカードがあるのは非常に利便性があります。

百貨店や大手の家電量販店でも利用できるギフトカードなので5,000円のギフトカードがあることで、支払いをするときでもスムーズな支払いを行えるようになっています。
これらのギフトカードは組み合わせを自由にでき何枚も1度に支払いができるので、おつりのことを考えて上手に組み合わせをして支払うことができます。
また購入する時も組み合わせは自由なのでこれら2種類のギフトカードを同時に購入することも可能です。

UKANOイメージ

VJAギフトカードのコンビニ以外で使える主な場所

vjaギフトカード コンビニで利用できるギフトカードですが、コンビニ以外でも使える場所が数多く存在しています。
この使える場所は、ギフトカードと一緒に同封されている説明書に記載されていることでいろんな種類のお店で利用できることがわかります。
日常的に利用するお店を見つけることができれば、こちらのギフトカードでの支払いで買い物ができます。

国内の 全国50万店以上のVJAギフトカード取扱店

vjaギフトカードは、国内で利用できる金券となります。
そのため海外で利用することができないので注意する必要があります。
海外に進出している系列店で利用できると勘違いしないようにしましょう。

vjaギフトカード コンビニも含めて全国で50万店以上のお店で利用できるギフトカードです。
大手百貨店やデパートを始めスーパーやショッピングセンターでも利用できます。
食事の時にも利用でき大手のレストランで家族で食事の時にギフトカードでの支払いが可能となります。

トラベルギフトカードではありませんがホテルでの宿泊でもこちらのギフトカードでの支払いが可能です。
また、家電量販店でも利用できるお店があるため、現金での支払いにギフトカードを加えることもお得な購入になります。

デパートやスーパーの主な取扱店

デパートやスーパーで利用できるvjaギフトカードですが、個人経営のスーパーでは利用できないので注意しましょう。
原則的に利用できる取扱店は、説明書やサイトで記載されています。
   全国でも有名な百貨店やスーパーに該当していればこちらのギフトカードで利用できることになります。
全国展開しているチェーン店に該当していれば、ギフトカードの利用ができるお店だといえます。
しかし、お店によっては使えるギフトカードが限定されているので確認が必要です。

飲食店の主な取扱店

vjaギフトカードは、飲食店でも利用できるお店があります。
大手のチェーン店でもすべてが対象となっていませんが、わりと全国展開しているチェーン店であれば利用できるお店になります。
家族で出かけたときでも気軽にギフトカードの支払いができるお店であれば、現金での支払いは節約にもなります。

ホテルの主な取扱店

vjaギフトカードは、ホテルで利用できることを知らない人もいます。
トラベルのギフトカードに該当しないのでホテルでは利用できないと間違った理解をする人もいます。
ホテルでの利用が可能なので、家族旅行の時にワンランク上の宿泊もギフトカードの支払いを充当することで可能な場合があります。
ギフトカードを入手する機会が多い場合には、家族旅行などでギフトカードを利用して楽しい旅行の思い出を作ることができます。
  
UKANOイメージ

VJAギフトカードは50万店以上で使えるがコンビニはサークルとKサンクスのみ

vjaギフトカードを利用することができる国内のお店は50万店以上ありますが、そのほとんどが百貨店やスーパーなどに限定されています。
コンビニで利用できるのはサークルKとサンクスに限定されています。
利用できるコンビニは必ず確認をしてから使うようにしましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪