意外と知らない?auかんたん決済の限度額について学ぼう

意外と知らない?auかんたん決済の限度額について学ぼう

家計の知恵 2018.10.20

auかんたん決済の限度額は個人差がある

auかんたん決済は、auのスマートフォンをお持ちのauユーザーであれば、どなたもご存じのシステムですが、電子決済のシステムの一つです。簡単で便利に使用できるとあって、auユーザーの皆様方であれば、常日頃からこのauかんたん決済利用されている方は多いのではないでしょうか。
auかんたん決済とは、auのスマートフォンやパソコンなどで購入したアプリなどのコンテンツ、あるいはネットショップなどの代金を月々の通信料と合算して支払うシステムの事ですが、どうやらその限度額には個人差があるようです。

auかんたん決済の限度額は

auの携帯電話ユーザーであれば、誰しも利用するauかんたん決済ですが、その支払い額には限度額がある事をご存じでしょうか。では、なぜauのかんたん決済には限度額があるのでしょう。簡単に言えば、auかんたん決済を利用する皆様が、使い過ぎないように抑制するもので、その為に上限額が設けられているものです。
その理由として、auかんたん決済が、支払いに際してau IDとパスワードをだけで完結でき、非常に便利な事と支払いを先送りできるところにあります。その為、使い過ぎてしまい、後々のトラブルを防ぐ為にも限度額は抑止力となってくれるのです。
しかし、その利用限度額は、すべてのauユーザーが一定の額ではなく、ユーザーごとに利用限度額の枠が設けられています。では、利用限度額にこうした、ユーザーごとの個人差があるのは、いったいなぜなのでしょうか。

まずは自分の利用可能額をチェック

ご自分のauかんたん決済の限度額は、いつでも自由に確認する事が可能で、今現在の限度額を知る事ができます。お手持ちのスマートフォンで、簡単に確認する事ができますが、限度額だけではなく、過去の支払い済みの金額や限度額まで、あといくら使えるかの金額も分かるようになっています。
操作方法は、auポータブルトップからau IDでログインし、トップからauかんたん決済メニューを選び、利用可能額の照会とアクセスを行います。

限度額は毎月見直しされている

基本的にauかんたん決済の限度額は、KDDIの定める基準により、毎月見直しが行われています。これは、主に契約者の年齢や契約期間から算出されているもので、個人契約と法人契約とでは、根本的に基準が異なっています。これは、個人契約とは異なり、法人契約では会社の経費として使用する事が多い為、根本的な算出方法が違ってくるからです。
個人契約では、自分の意志で自由に決済が行える為、悪く言えば歯止めが利かなくなってしまうからです。

限度額は年齢別に設定されている

個人契約での、auかんたん決済の限度額は、それぞれの限度額が年齢別に設定されている事をご存じでしょうか。これは以前、社会問題にまで発展した携帯電話での課金問題で、未成年の子供たちが無尽蔵に使用してしまい、莫大な請求が来た事からメーカー側としても、自主規制の措置を取らざるを得なかったというのが本音です。未成年には、限度額にかなりの規制が設定されていますが、20歳以上では緩やかな設定がなされています。

12歳までは1,500円

13歳以下のauかんたん決済の限度額は、1,500円までと設定されています。これは、契約期間の長短にかかわらず、一律で1,500円となっています。子供の利用者が、auかんたん決済の設定に含まれるのは、このauかんたん決済がゲームへの課金でも使える為、auかんたん決済の利用者に含まれるといった考えからきています。もちろん、設定額は1,500円までとなっていますが、電子マネーなどを利用する事で、コンテンツなどを利用する事は可能です。

13歳から19歳は1万円

13歳からは、ある程度未分別がつくとされるのか、auかんたん決済の限度額は1万円と跳ね上がります。ただし、この年齢層には幅があり、13歳から19歳までが一律で上限1万円という事で、特に高校を卒業される18歳以上では、かなり不満の残る設定額となっています。ただし、あくまでもこれは、1か月の上限額ということもあり、自分の行動をしっかり制限できる年齢を考慮するなら、妥当な金額と言えなくもありません。

20歳以上は1万円?10万円

auかんたん決済の限度額で、最高枠となる20歳以上では、その限度額が1万円から10万円とかなり幅があるのがお分かりいただけることでしょう。この限度額に幅があるのは、auの基準により見直し・変更が行われるからです。しかし、20歳以上の場合は利用状況に応じて、10万円まで上限枠が広げられるようになっているようです。ただし、契約年数・契約内容・お支払い状況に応じて、auの判断が決め手となってくるようです。

契約内容によって限度額が違う

年齢によるauかんたん決済の限度額は、それぞれの年齢に応じて、最高限度額が定められていますが、そのほかの設定では契約内容によって限度額が異なってくるようです。まず、インターネット回線のプロバイダーで知られるauひかりやauひかりちゅらでの契約や法人契約、auのデータ通信端末のみでの契約の場合は、年齢による設定などはなく、年齢問わず月額1万円までとなっていますので注意が必要です。

auかんたん決済の限度額を変更するには

20歳以上では、2018年現在1万円から10万円まで、上限枠が設けられていますが、これはauによる利用限度額基準から算出されているものです。利用者の利用限度額は、毎月一日以降に公式のauサイトで確認することもできます。このauによる利用限度額基準は、利用者の契約年数や契約内容、お支払いの状況などのデータから考慮されているようです。

限度額までなら1円単位で変えられる

利用者の利用限度額は、毎月1日以降となる月初にauによる利用限度額基準の見直しによって、利用限度額が変動していきます。これは、利用者の利用状況によって、常に変化していきますので、利用限度額が下がる事も当然考えられます。しかし、限度額までであれば、利用者の希望額によって、1円単位で変えることも可能となっています。

希望どおりに変更できるとは限らない

20歳以上であれば、最高限度額10万円までの上限枠がありますが、あくまでもこれは上限枠であって、限度額は異なってくることを理解しておきます。限度額は、毎月変わる可能性がありますが、限度額ぎりぎりまでは利用者の裁量で変更が可能となっています。ただし、この限度額は利用者の利用状況に応じて変動しますので、変更できる範囲は、現在の限度額の範囲内で、変更する事になりますので注意しておきましょう。

限度額を下げることは簡単

20歳以上でauかんたん決済の利用者であれば、ご自分の上限度枠ぎりぎりまで限度額を上げることは可能となっています。そして、逆に限度額を下げる事も簡単に行うことができます。auかんたん決済の利用額が減ってしまう事になりますが、節約を行って行きたい方や普段使い過ぎで歯止めをかけたい方などには、逆に限度額を避けてしまった方がよい場合もあります。特に、毎月の使いすぎ防止策にはよい対策と言えるでしょう

限度額変更はauかんたん決済メニューで設定

auかんたん決済の限度額変更は、インターネットからスマートフォンやパソコンからも、auかんたん決済メニューで設定可能となっています。まず、設定の方法は、公式サイトであるau IDのTOPからログインを行い、auかんたん決済メニューから利用限度額の変更へと移動する事で、限度額の変更を行うことが可能になります。ただし、au IDとパスワードが必要となってきます。

auかんたん決済のリセットについて

auかんたん決済では、毎月の付初めには、利用者の限度額変更を行っていますので、前日にこれまでの限度額のリセットを行っています。auかんたん決済の限度額は、専用のサイトにアクセスしログインするだけで、1分程ですぐに確認する事ができますので、常にご自分の利用限度額は把握しておきたいものです。また、場合によっては、リセットされないこともありますので、その場合はご自分の状況を確認する必要があります。

締め日は月末

auかんたん決済では、お客さまの毎月の利用状況を確認し、新たな利用限度額を設ける為に、毎月初めにリセットを行い、新たなauかんたん決済の利用限度額を設けています。auかんたん決済の締め日は、毎月の月末となっており、利用料金も携帯料金と一緒に支払いを行う事になります。この引き落としがなされない場合、最悪携帯電話が使用不可能となってしまうこともありますので、期日までにな必ず引き落とせる状況にしておきましょう。

リセットは毎月1日午前0時

auかんたん決済では、新たに利用者の利用限度額を設定する為、毎月必ずリセットを行っています。リセットそのものは、毎月1日午前0時に行われる為、それ以前までは前の月の利用限度額が適用されています。リセットが、毎月1日午前0時に行われるのは、前の月までに使用した利用料金と携帯料金が、月末に一緒に引き落とされる為で、これら利用者の利用状況と実績につながっていくという事になります。

リセットされない場合に考えること

利用者によって、それぞれ限度額が設定されていますので、auかんたん決済の限度額一杯に使ってしまえば、次のリセットが訪れるまでauかんたん決済での支払いができなくなってしまいます。しかし、auかんたん決済の限度額一杯使っていないにもかかわらず、リセットがされないといった状況が訪れるケースも、確実にあるようです。まずは、こうしたケースで、リセットされない場合に、ご自分で確認する事ができるのでしょうか。

引き落としされていないか

リセットがされないケースに、携帯電話の支払いを口座振替にしているという方に、こうした事例が時々起こってくるようです。その理由の多くは、料金を未納にしているあるいは口座に入金はしたが、うまく引き落としが出来なかったという二つの理由が考えられます。当然のことですが、料金の支払いが滞れば、限度額のリセットが出来ない為、限度額の枠もそのままの状態になってしまいます。また、うまく引き落としがかかっていない場合などは、もしかすると別の口座に振り込んでしまっている場合も考えられますので、まずはご自分の指定口座の確認を行うことをお勧めします。

確認している時間は早朝から午前中ではないか

その月の利用限度額を超えてしまうと、auかんたん決済の利用ができないなどのメッセージで、使用できないことを確認することになります。auかんたん決済のリセット作業は、毎月1日午前0時に行われっていますが、リセットは利用者全員一気に行われるのではなく、順次行われる仕様のようです。その為、早朝や午前中など、あまり早い時間帯では次回限度額の反映が間に合わない場合もありますので、午後からもう一度auかんたん決済が使用できるのか、又は翌日に再度確認してみましょう。

支払いが遅れていないか

簡単で手軽なauかんたん決済ですが、これは決済方法がその月締めの決済になっている為、限度額までの支払いが後払いですむといったメリットがあるからです。現金を即座に支払わなくてもよいこのシステムですが、その代わりに月末にまとめて支払わなければなりません。次回の利用限度額が反映されない理由の一つとして、いつの間にかauかんたん決済で買い物をしている場合もあり、コンビニ支払いなど請求が来ているにもかかわらず、支払いを忘れてしまっていたるケースなどもあります。

お知らせメールでリセット日を確認

auかんたん決済は、その場で現金を必要としない支払い方法の為、つい限度額いっぱいに使用してしまい、後で後悔することも少なくありません。auかんたん決済の限度額を超えてしまった場合、それ以上ショッピングやアプリのコンテンツなど、購入することができなくなりますので、限度額の確認と次回のリセット日は、最低限確認しておかなければなりません。確認に際しては、お知らせメールでリセット日を確認といった方法もあり、auショッピングモールのメルマガ登録をしておくとかなり安心といえます。

auかんたん決済の利用は毎月2日以降がおすすめ

auかんたん決済のリセットに関してですが、公式の発表では毎月一日にリセットが行われる事になっています。しかし、全国のauかんたん決済利用者に対して、一斉にリセットが行われるわけではなく順次行われる為、初日の午前中などではエラーになる公算が高いという事が言えます。したがって、確実にリセット後の範囲が行われる二日以降に、auかんたん決済の利用を開始するとよいでしょう。

au walletとauかんたん決済の注意点

au walletとは、auかんたん決済の利用と同様に、お買い物や支払いなどにauサービスを受けられるものですが、そのシステムの内容は全く異なるものです。au walletには、プリペイドカードタイプのものと、クレジットカードタイプのものがあり、両方ともあらかじめ現金をチャージして使用しますので、前払い方式となっています。方やauかんたん決済では、月末締めの後払い方式となります。しかし、そのほかにも、au walletとauかんたん決済の注意点はいくつかあるようです。

au walletプリペイドカードへの最大チャージ額は100万円

まず、プリペイドカードタイプのau walletは、チャージ額が最大で100万円だという事を覚えておきましょう。au walletの特徴として、支払額に応じてポイントが貯まるシステムが採用されていますので、一般の電子マネーカードでは支払いにくい高額の税金なども、100万円あれば月で支払うことができます。ただし、気をつけておきたいのは、プリペイドタイプのau walletは、1回のチャージ金額の上限が4,500円までとなっており、1日の上限にも制約があります。

au walletクレジットカードのチャージ限度額は10万円

クレジットタイプのですが、プリペイドカードタイプとは異なり、チャージを行うのに現金は必要としません。つまり、au walletクレジットカードは、クレジットカードから直接チャージを行うという方法をとっています。また、プリペイドカードと大きく異なるのは、そのチャージ限度額で、10万円を超える超過入金チャージをするとエラーが出てしまいます。また、2万円までは千円単位でチャージできますが、2万円の次は2.5万円となる為、限度額きりきりにチャージしたい場合は考慮しておかなければなりません。

auかんたん決済によるau walletへのチャージ可能額は上限あり

後払い方式が、採用されているauかんたん決済ですが、このかんたん決済からau walletへのチャージが可能であることを皆さんご存じでしょうか。ただし、制約もいくつかあり、年齢や回線契約月数、利用者の契約状況によって、上限額が定められています。これは、au walletのプリペイド・クレジットカードも同様で、auかんたん決済からau walletへのチャージでは、あらかじめどのくらいチャージが可能なのか確認しておく必要がありそうです。確認方法は、au walletのサイトへアクセスし、チャージの項目からauかんたん決済へと移動していくと、チャージ可能額が分かります。

au walletへのチャージ可能額とauかんたん決済限度額は異なる

auかんたん決済を利用した、au walletへのチャージができる事をご存じの方も多いと思いますが、制限つきである事はご存じでしょうか。実は、au walletへのチャージ可能額と、auかんたん決済限度額は異なっており、auかんたん決済の限度額いっぱいにチャージすることはできないようになっています。例えば、auかんたん決済全体で5万円とすると、au walletへのauかんたん決済によるチャージ可能額は、3万円になるなど一定の制限があるのです。

au walletへの1回のチャージ上限額は2万円

auかんたん決済からの、au walletへのチャージ額は、一回につき1000円刻みで1回で2万円と、その上限額が定められていきますので、2万円以上チャージしておきたい場合には、2回以上に分けてチャージする必要があります。なお、auかんたん決済から、au walletへのオートジャージも可能ですので、自動でチャージしたい場合はオートジャージ設定を行います。オートチャージ持設定では、いくら未満になったらどのくらいの金額をチャージするかを設定する事ができます。

使いすぎや利用の仕方に注意しよう

auかんたん決済は、支払いの際に電子マネーや現金を必要としない為、手軽で便利だという事で、以前から利用者の間でも気軽に利用されてきました。ただし、以前社会問題にもなったように、気軽さがある故の利用のし過ぎにはくれぐれも注意しなければなりません。もちろん、その為のauかんたん決済による、支払い上限額が設けられてはいますが、常に上限額いっぱい利用していれば、それが癖になり常に目いっぱい利用しなければ、ということにもなりかねないのです。

auかんたん決済は一括払いのみ

auかんたん決済は、一括払いのみに対応している為、クレジットカードのように手軽に使用する事が出来ますが、分割払いやリボ払いなどといった制度はauかんたん決済にはありません。auかんたん決済の特徴としては、通話料などと合算された金額の総額で請求されますので、利用するうえで常にご自分がいくら利用しているのか把握しておく必要があるのです。auかんたん決済の使用履歴は、スマートフォンからでも簡単に確認できますので、最低でも月末前には確認を怠らないようにしましょう。

支払いの遅れは限度額減額になる可能性が

もし万が一、auかんたん決済の支払いが出来ず、支払期日を過ぎてしまった場合、あるいは滞納してしまった場合は、次の月以降に突然限度額の引き下げになる可能性が高くなってしまいます。利用者の利用状況の中で、特に利用料金の滞納は致命的で、ご自分の限度額が引き下げられる事で、以前のようにauかんたん決済での利用ができなくなってしまう可能性もあります。

データチャージをauかんたん決済で行うときは利用金額の把握を

auかんたん決済のご利用は、どなたでもワンクリックで簡単に行える為、どのくらい利用しているかつい忘れがちになってしまいます。また、データチャージをauかんたん決済で行う場合などは、特に利用金額の把握を怠ってはなりません。auかんたん決済の限度額以上であっても、支払い手段として利用できる為に、把握しにくい面もありますが、素直からでも簡単に使用金額を把握できますので、最低限月末前には確認しておきましょう。

限度額の引き上げのために

手軽で便利に利用できるauかんたん決済は、auユーザーやauかんたん決済利用者にとって、かなり使い勝手の良い支払いシステムとなっています。auかんたん決済は、後払いシステムとなっていますが、手数料がかかるわけではなく先送りして支払う事ができますので、限度額いっぱい利用しなくとも、何かあった時の為にも限度額の上限を引き上げておきたいものです。では、限度額を引き上げるには、いったいどうしたらよいのでしょう。

auの契約年数や契約内容を見直す

限度額の引き上げ条件は、auかんたん決済側では明確に示してはいませんが、当然の事ながら利用者として支払いの延滞や滞納などがマイナス条件となっている事は、実際に限度額の上限が下げられることから見ても確実と言えるでしょう。契約年数は、長ければ長いほど信用性が高く、auかんたん決済よる月締め支払いが順調に行われている事が、上限枠の引き上げには欠かすことができません。

auかんたん決済を積極的に使う

auかんたん決済の上限額を増やすには、利用料金そのものの頻度を増やすのも、有効な方法と言えるでしょう。最低条件は、毎月請求がくる程度には必要ですが、できれば限度額に近いぐらいが適切と言えるでしょう。さらに言えば、支払額も高額になるほど有利となりますので、契約内容がデータ通信のみなど、出費を抑えたプランでは無く、携帯電話での契約にするなどの見直を行う事で上限枠の引き上げにつながります。

auでの滞納はしない

auユーザーであれば、もはや常識ですが通信料金や利用料金などは、auかんたん決済との合算請求になる事はすでにご存じのことでしょう。ここで大切なのは、利用料金も含めて、携帯電話料金の滞納をしないという事です。au側の判断材料の一つとして、一番大きな割合を占めているといわれているのが、この支払い能力に関してです。頻繁でなくとも、たびたびauかんたん決済の支払いが遅れてしまうと、支払い能力がないと判断されてしまう事にもなりかねません。

auかんたん決済の限度額を引き上げるには信用を

auかんたん決済は、限度額が高ければ高いほど、利用者にとってもさらに使いやすくなっていくことは間違いありません。限度額を引き上げる為には、徐々に信用を作っていく事が引き上げのポイントになるようです。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事