waonオートチャージでスマートショッピングライフを満喫

October, 01, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

知れば楽しくなるwaonオートチャージ

waonカードとは、イオングループを始めとするwaon加盟店で、使用する事のできる電子マネーカードで、あらかじめカードに現金をチャージする事で、お買い物などに利用するものです。waonカードの特徴として、電子マネー決済を利用していますので、財布を持たずにお買い物などの支払いができるといった点で、カードの残高が少なくなれば追加でチャージする事もでき、任意に設定する事によってオートチャージする事も可能です。そんなwaonオートチャージについて解説します。

waonオートチャージの仕組み

waonカードは、イオンの提供する電子マネーカードの一つで、その利用方法はあらかじめ現金を用意し、カードに入金することでチャージする事ができます。チャージしたwaonカードは、買い物を行う際にスタッフへwaonて支払います、と答えるだけで支払いを簡単に終える事ができます。チャージ方法には、ほかにもオートチャージといった方法がありますので、waonオートチャージの仕組みも理解しておく必要があるでしょう。
 

銀行チャージとオートチャージの違い

銀行チャージと、オートチャージの違いは、銀行チャージとは登録のイオン銀行普通預金口座から、指定した金額を引き出してチャージをするもので、チャージ手続きが必要となるものです。一方で、オートチャージは、買い物等をした際に残高が設定金額未満になったら、自動的にチャージされるというものなのです。さらに嬉しい事に、このチャージされた金額は、イオン銀行意外に普通預金口座からでも、引き落しと可能というところでしょう。

waonオートチャージ利用申請手順

waonカードのオートチャージは、誰でも簡単に行うことができます。まず、利用申請手順としては、対象のwaonカードを用意し、waonステーションでwaonカードをかざすことによって、手続きのスタートが始まります。以降は、すべてタッチパネルの各種設定・変更ボタンで、オートチャージの手続きを進められますので、一度設定してしまえば次回からはスムーズに、オートチャージが利用できるようになります。

イオンカードセレクトの場合

イオンカードには、さらにお得な特典のある、イオンカードセレクトというカードがあります。イオンカードのポイントは、ときめきポイントといわれるものですが、イオンカードセレクトの場合は、直接waonポイントを貯める事のできる電子カードとなっています。ただし、オートチャージを利用する場合は、イオン銀行口座がある事が条件となってきます。

オートチャージによるメリット

waonカードは、waon加盟店であれば、どこででもお買い物に利用できるカードです。waon加盟店は、全国に40万店舗以上あり、カードショッピング200円ごとにときめきポイントが1ポイント付与されます。さらにお得なのは、イオングループであれば、このポイントが2倍になるということでしょう。チャージ方式のこのカードですが、オートチャージに設定する事によって、さらなるメリットがあります。

残高不足にもう困らなくなる

waonカードをオートチャージによるメリットは、なんといっても、残高不足に悩まされる必要が無くなるという点でしょう。電子マネーの時は、残高不足や残高を常に気にしていなければならず、利用時には何かとストレスがたまるものでした。しかし、waonカードをオートチャージにする事で、こうした不満はすべて解消される事になります。

残高が0円でもショッピングが出来る

何も設定していなければ、waonカードを利用するには、あらかじめ現金をカード内にチャージしておく必要があります。買い物の際に不安になるのは、支払残高が足りないかもしれないといった不安感ですが、不足分を慌てて財布から取り出すのも、何かと焦りを感じるものです。しかし、オートチャージであれば、レジでのチャージの手間がいらないのは勿論の事、たとえカードの残高が0円だったとしても、会計時に自動でチャージしてくれますので不安を感じる事もありません。

チャージの時にポイントが2倍になるカードもある

現在、waon機能が付けられているカードは沢山ありますが、その中でもイオンカードセレクトはさらにお得な特典の多いカードとなっています。イオンカードセレクトは、イオンクレジット・イオン銀行キャッシュカード・waon機能が一つになったカードで、waonポイントに直接付与されますので、ときめきポイントに変換する必要もありません。イオンカードセレクトを利用することで、買い物の時だけではなく、イオン銀行からwaonへオートチャージされる時にも、200円につき1waonポイントがつきます。

毎週土日限定でポイントゲットのキャンペーンも

waonカードのメリットには、イオングループで買い物をすると、ポイント2倍の特典やキャンペーンの恩恵を受けられる事にあります。2018年現在、土日にイオンのお店でお買い物をして、対象店舗に設置のハッピーゲート端末にカードをタッチさせると、2waonポイントがもらえるキャンペーンを行っています。ただし、キャンペーンをには、期間がありますので詳しくは店舗係員に確認して下さい。

ご当地waonでオートチャージしたら寄付が出来る

ご当地waonとは、特定の地域や団体に、利用者の裁量で寄付が行えるといった趣旨の社会支援の一つとなっています。ご当地waonで、いつもの買い物を行う事によって、イオン側がwaonで使用した金額の中から0.1%分を自動で寄付してくれるといったもので、寄付したい先を利用者の意思で選択すると事が可能です。例えば、サッカーチームに寄付をしたければ、応援している地方等のご当地waonカードを作る事も可能です。

waonオートチャージの疑問あれこれ

waonカードを使いやすくする為にも、オートチャージ機能はさらにスピーディーに、なおかつ安心して利用できる優れたシステムと言えるでしょう。しかし、少なからず、このオートチャージに関して、利用者にも分かりにくい点がある為、万が一のトラブルの際にも対応できるよう、オートチャージに関する知識を身につけておきたいものです。

オートチャージされなかった時はどうしたらいいのか

オートチャージ機能が、うまく使えないといったトラブルの中で、設定による認識不足といった初期的なミスも考えられます。正しい設定法は、まずオートチャージ設定時に、残高がいくらになった時にいくらチャージするのかを決める必要があります。設定を残高が5000円未満になったら5000円のチャージにすると、waonカードの上限額は1万円となります。この状態で、お会計額がこの金額を超えた場合、不足分を現金で支払わなければならない事が、お分かりいただける事でしょう。

銀行チャージに手数料はかかるのか

オートチャージ機能の選択肢には、チャージする方法銀行口座から行うといった方法があります。ここで、利用者が不安に思うのは、銀行を利用する事で、手数料が発生するのではないかということではないでしょうか。銀行チャージには、手数料は一切全くかかりませんので安心してご利用下さい。

オートチャージの回数制限はあるのか

WAONカードを利用するうえでの注意事項は、カードの種類によっては、1日当たりのオートチャージの回数が制限されているものもあるという事です。これは、各カードの約款などを要確認する必要がありますが、例えるなら、イオン銀行キャッシュカードの場合は1日1回と決められており、JMB WAON・モバイルJMB WAONの場合は、オートチャージ回数は1日5回が上限となっています。

オートチャージの上限金額はいくらまでなのか

オートチャージの上限金額は、WAONカードの種類によって多少異なってきます。ただし、現在2万円のものを5万円に設定する事は出来ますが、5万円のものをそれ以上にする事はできません。つまり上限金額の設定は5万円までとなっているわけです。

紛失した時の対応方法は

WAONカードを所持している限り、紛失したり盗難にあってしまう事が、少なからずあります。カードの紛失や盗難は、なかなか気付かないこともありますが、少なくとも 1日に一回はWAONカードの確認を行っておきましょう。万が一、こうした紛失や盗難にあってしまった場合、他人に使われてしまう危険性が大きいので、気がついたらすぐにでも、コールセンターに電話をして停止処置を行うのが未然の対象方法と言えます。     

カード使用停止にした後は

利用者のやんごとなき状況によっては、waonカードを使用停止にしなければならない事もあり得ますが、再びwaonカードを再利用したいといった事も十分考えられる事です。こうした場合、カード契約時などに所有者情報登録をしてあれば、再発行は簡単に対応してくれます。電話で手続きが完了したら、数日後に新しく再発行したカードが届きますので、イオンに設置しているwaonステーションへ行って移行手続きをして下さい。

残高保証はどうなるのか

waonカードを紛失してしまった場合、利用者は即座にカードの利用停止を行い、そのうえでwaonカードを再発行することになります。ここで問題になるのが、カード内に保有してあった残金はどういった処置となるのか、カード保有者としてはとても不安に駆られる問題です。しかし、所有者情報登録を行っていれば、保証されますのでご安心ください。

所有者情報登録とは

waonカードを利用していく上で、所有者情報登録は絶対条件となるものです。なぜなら、カードを紛失してしまってからでは、残高保証が受けられないからです。注意しなければならないのは、waonカードを購入しただけでは、登録されないという事でしょう。所有者情報登録は、パソコンやスマホからwaonの公式ホームページから登録する事が出来ますので、カードを保有した時点でwaon番号、氏名・生年月日を登録しておきましょう。

オートチャージの注意点

waonカードをオートチャージに設定する場合、オートチャージに関していくつかの注意点があります。オートチャージは、買い物の際に不足した残金を補ってくれるだけではなく、支払いに際しての不安感を解消してくれるものでもあります。そんなオートチャージを利用する際の注意点についてまとめてみました。

オートチャージの設定が出来ない端末がある

オートチャージに関する注意点として、ごく一部の店舗の端末で、オートチャージに対応していない為に、オートチャージの設定が出来ないといったことがあります。利用者にとっても、操作の段階で非常にわかりにくい為、端末があるのでまずはスタッフにご確認ください。また、一部の店舗では、端末がない場合もありますが、カードリーダーをお持ちであれば、ウエブ上でも手続きが可能です注意が可能です。

オートチャージは対応している店舗だけ

オートチャージは、基本的にイオン系列のスーパーやコンビニ、あるいはドラッグストアや高速道路等の支払いに利用出来ます。オートチャージ対応店は、全国に数多くありますので、あまり困ることありませんが、中にはオートチャージに対応していないお店もあります。ただし、オートチャージ対応点で、オートチャージが出来なかった場合、エラーの可能性もありますので、お近くのスタッフにお声掛けください。     

オートチャージに対応していないカードもある

waonカードの種類には、300円ほどでご当地カードが手に入ったり、他にも200種類もの数えきれないほどのカードがあります。しかし、必ずしも全てがオートチャージ対応ではありませんので、いざオートチャージに変更しようとしても出来ないケースも実際にあります。したがって、オートチャージを利用したい場合は、まず入手したいカードがオートチャージに対応しているかを確認してみましょう。

上手に使うことで毎日の買い物が更に便利に

スマートなショッピングが楽しめると、非常に評価の高いwaonカードです。、イオングループでポイントが2倍になったり、お得なキャンペーンにも参加できます。
ただし、オートチャージだとついつい使いすぎてしまうこともあるので使用金額に気をつけて上手に使いましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪