お金が欲しい主婦向け。空いた時間でできる仕事や気をつけたいポイント

February, 09, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

お金が欲しい主婦が稼ぐには

お小遣いサイトなどの副業で稼ぐ

家事と両立して主婦がお金を稼ぐためには、自宅で、家事の合間の隙間時間にこなせる仕事があるとうれしいですね。お小遣いサイトやポイントサイトは、スマホやパソコンを使って簡単にでき、ちょっとしたお小遣いを稼ぐのに最適。

お小遣いサイトでは、会員登録を行い、広告を見たり、ゲームに参加したりすることで、誰でも簡単に取り組むことができます。ポイントサイトも、アンケートに答えたり、モニターになったりするだけで、ポイントを得ることができるのです。

このようなサイトは、広告収入で成り立っており、利用者は基本的に無料です。得られる金額もそれほど高額ではありませんが、開いた時間にちょこちょこ利用できるので、主婦にとっても気軽で利用しやすいでしょう。

治験のアルバイト

治験とは、薬などが国の承認を得るために行う臨床実験のこと。開発された新薬などは、実際に使用して安全性や効果などを確認することで、ようやく商品として認められることになります。この臨床実験を受けるのが、治験のアルバイトとしての仕事です。

治験の募集では、性別や年齢、健康状態などによって、応募できる案件に制限があります。特に、女性の場合、月経などによる身体の変化が起こりやすいこともあり、参加できない治験も。さらに、詳しくデータを取るために、数日間入院しなければならないケースも多いのです。

主婦の場合、条件によって参加しにくい案件も多いですが、中には、化粧品や健康食品などのモニター調査など、比較的気軽にできる案件も。特別な入院などが不要なケースもあるため、ときどきチェックしてみるとよいでしょう。

パートに行く

ある程度まとまった時間が確保できる場合には、思い切ってパートに出てみるのもよいでしょう。スーパーやコンビニなどのレジ打ちや品出し、工場の仕分け、調理など、主婦が行きやすい日中の時間の求人も多く出されています。

さらに、チラシを配ったり、DMをポストに入れたりと、ある程度時間に融通が利きやすい仕事もあり、家事の合間を使って気軽に行えるのが主婦にとって魅力的。自分の生活スタイルに合わせて、家事との両立がしやすい仕事が人気です。

基本的にパートは、時給による給与。週に数回、一日に数時間でも、1ヶ月働くとそれなりの収入を得ることができるでしょう。週のうち何日か外に出て働いてみると、家にいるときと気分が変わって、楽しむことができるかもしれません。

得意な事を売って収入を得る

趣味や特技を活かして収入を得ることもできます。絵や写真など、魅力的な作品は、オークションや委託販売、ギャラリーなどを利用することで販売することができるのです。また、最近では、手作り品をメインで扱うサイトも増え、趣味や特技を仕事につなげることもできるようになりました。

服やバッグ、アクセサリー、ベビー服、インテリア雑貨、スマホグッズなど、さまざまな種類の商品を販売することができます。手提げバッグや上履き袋など、子ども用品も人気。園や学校では手作り品を使用する子どもが多いため、手作り品販売サイトなどで購入する人が増えているのです。

特技がひとつあれば、ネットなどを通して販売することができるので、便利です。趣味や特技を少し広げ、仕事として取り組むことで、楽しみながら収入を得ることができるでしょう。

日雇いのお仕事に行く

ときどき時間が空くけど、不定期で、パートなどの仕事は難しい…そんな人でも取り組みやすいのが、日雇いの仕事。派遣などにも多く、都合がよい日を申請することで、単発の仕事を受けることができます。

仕事内容としては、イベントスタッフや交通量調査、チラシ配りなど。また、試食販売や住宅展示場などでの仕事もあり、多種多様です。単発なので、仕事をしたいときだけ仕事を入れるという形をとることができ、主婦にも取り入れやすい仕事のひとつ。

派遣として登録しておくと、定期的に仕事の情報を得ることができます。さらに、自分に合った条件のものを教えてくれるので、効率よく仕事を探すことができるでしょう。

いらないものをフリマアプリで売る

買ったのに使わず、家の中にしまい込んでいるものはありませんか?不要なものは、フリマアプリを利用して、売ってしまうのもひとつの方法です。フリマアプリは、商品の写真や状態についての説明、価格などを載せることで、フリマとして販売できる便利なサービスです。

フリマというと、以前は公園などで開かれるフリーマーケットが主流。不要なものがあっても、いざ出店するとなると面倒に感じ、結局売らずに捨ててしまう人も。しかし、アプリを使うことで、いつでも気軽に出品が可能になりました。

いらなくなったものは、捨てるとただのゴミ。しかし、使用したい人の手に渡ることで、再び利用してもらうことができ、さらにお金まで得ることができるのです。

在宅で稼ぐおすすめなお仕事

簡単なデータ入力

自宅でできる在宅ワークは、家事の合間にいつでもできると、主婦に人気の仕事のひとつ。在宅で行うので時間の都合もつきやすく、家事との両立がしやすいのがメリットです。主婦が在宅でできる仕事は、簡単なデータ入力や文字起こしなど、パソコンを活用したものが多くなっています。

データ入力は、指示された通り、さまざまなデータを入力していく作業。コピペなどをうまく活用しながら、さまざまな情報を集めていくことが基本になります。自宅で仕事を行う環境を整えるのはなかなか大変ですが、パソコンなどの機器があれば、さまざまな情報を処理することが可能に。

タイピングさえスムーズにできれば、比較的取り組みやすいでしょう。また、文字起こしなど、音声内容を聞きながら、それをすべて文字に起こす仕事。技術が必要ですが、自宅でできるため、人気の仕事になっています。

実際に商品を試すモニター収入

お店などで販売されているさまざまな商品を実際に試してみて、感想や評価をつけるという、モニター調査も主婦に人気の仕事です。食品や飲料、洗剤、化粧品など、種類はさまざまですが、商品を無料で試すことができる点が、主婦にとって魅力のひとつ。

感想や評価はしっかりと取り組む必要がありますが、そこまで気負いすることなく、楽しみながら取り組むことができるでしょう。モニターでは、商品を無料で試せるという調査もありますが、モニター調査を行うことで、プラスの収入を得られるものも。

現金でもらえる調査もあれば、ポイントをもらい、あとで買い物に使えるなどのメリットがある調査も存在します。お得感が強いモニター調査は、主婦にとってうれしい仕事ですね。

データ収集や調査

さまざまなデータを集めたり、調査したりする仕事も、在宅でできる仕事として人気です。例えば、企業の情報をたくさん集め、決められたフォーマットの中に記入していく仕事があります。多くの情報が、整理整頓や集約されて、閲覧しやすくすることができるのです。

また、製品開発や新たなサービスの導入などを行うときには、世の中の動向を調べるための調査が必要です。インターネットが気軽にいつでも使用できるようになり、非常に多くの情報がネット上に存在していますが、そのままだとどれが正しく、どれが有益なのかがわかりにくい状態。

データ収集や調査は、さまざまな情報をよりわかりやすいものにするために必要な作業です。在宅ワークとして、いつでも取り組めるので、主婦にも始めやすい仕事でしょう。

記事構成やライティング

文章を書くのが好きな人は、ライティング系のお仕事が向いているかもしれません。さまざまなサイトに載せる記事を作る仕事で、記事の骨組みを作成する記事構成や、その中身を書いていくライティングなどがあります。

知りたい情報をインターネットで検索する人が多い時代になり、手軽に読めるネット記事は閲覧頻度が高まっています。そのため、クラウドソーシングサイトなどでは非常にたくさんの募集が出されており、在宅でもパソコンがあればすぐに取り組むことが可能です。

慣れないうちは難しいと感じることもありますが、コツさえつかめば、文章を作る楽しさを味わうことができる仕事です。自分が興味のある分野の記事から始めると、取り掛かりやすいでしょう。

ブログで広告収入を得る

身の回りの出来事や、興味のあることなど、自分の好きなことを記事にして投稿できるブログ。そんなブログをうまく活用することができれば、広告収入を得ることもできます。アフィリエイトとよばれるこの方法は、まずブログを開設し、そこに企業などの広告を掲載するだけ。

ブログを閲覧した人が、広告をクリックしたり、広告から商品を購入したりすることで報酬が支払われるしくみになっています。この広告は、個人で載せるのは難しいため、多くの場合、アフィリエイトの仲介業者に登録をし、広告を載せることになります。

文章を書くのが好きな人や、趣味や特技を活かしたブログを楽しみたい人など、ブログを楽しみながら収入を得られるのはうれしいもの。アフィリエイトの仕組みについてよく学ぶことで、収入へとつなげることができるかもしれません。

副業をするときの注意点

安全で信頼できる会社を選ぶ

空いた時間を活用して収入を得るときには、利用する会社やサイトについて、安全かどうかしっかりと調べておくことが大切です。特に、在宅ワークなどの場合、会社側と働く側が直接会わずに仕事を始められるものも多く、信頼性がわかりにくいことも。

中には悪徳な業者が混ざっている可能性もあるため、注意が必要です。報酬が支払われなかったり、トラブルに対応してもらえなかったりすると、収入を得るどころではありません。口コミや評判などを参考にしながら、安全で信頼できる会社を選びましょう。

また、クラウドソーシングサイトなどを利用するのもひとつの方法。仲介料が差し引かれてしまいますが、会社側も働く側も、お互いに安心して取引をすることができるでしょう。

家事と両立できるか考える

主婦は、自宅で自由に過ごせるように思われがちですが、実際にはやることも多く、家族の生活に合わせながら、効率よく家事などを済ませなければなりません。空いた時間に仕事をしようと思っていても、いざ始めてみると両立が難しいことも。

家族に用事を頼まれたり子どもが風邪をひいたりと、自分の都合だけで動けるわけではないので、仕事が思うように進まず結局継続できなかったというケースも多いのです。仕事を始めるときには、家事との両立ができるかどうかを考えましょう。

いくら時給のよい仕事でも、なかなか安定して時間を確保することができない場合には、パートに出るのは難しいもの。また、在宅ワークであっても、身体を休める時間まで削ってしまうと、体調を崩す原因にもなってしまいます。家事とのバランスを考えて決めることが大切です。

扶養から外れないようにする

いざ仕事を始めると、収入を得られる喜びから、もっと働きたいという人も少なくありません。時給などの場合、仕事に出た分給与がアップするのでより多く収入を得ることができるでしょう。しかし、主婦の場合、あまり多く稼いでしまうと夫の扶養から外れてしまうことに。

年収が103万円を超えると、超えた分に対し税金が発生してしまうのです。年収を103万円以内に収めておけば、すべて家庭の収入になりますが、103万円を超えると超えた分から税金分が差し引かれることになります。

収入が増えればそれほど税金の負担は大きくありませんが、夫の会社で103万円を基準に配偶者手当などが支払われている場合には、超えることで受けられなくなる可能性も。さらに、103万円だけでなく、配偶者控除や特別控除、社会保険の扶養など、さまざまな金額の制限があるため、それぞれ注意が必要です。

普段の生活を見直してみるのも手

食費や光熱費の無駄を見つける

主婦の場合、時間はあっても、家事や子育てなどによる制限があり、思うように働けないことも多いでしょう。そんなときには、無理に仕事をして収入をアップさせるではなく、普段の生活を見直して、支出を抑える工夫をしてみるのもひとつの方法です。

時間の融通が利きやすい主婦だからこそ、食品は安いお店で安いときに購入することもできますし、光熱費などの固定費を見直すこともできるでしょう。普段何気なく買い物をして、あまり節電や節水などを意識していないという場合には、見直すことで大きく支出を抑えられる可能性も。

仕事を始めると、外食や惣菜の利用が増えたり、臨時支出が増えたりすることも多いもの。支出を抑え、うまくやりくりすることで、仕事を始めるよりも余裕を持った生活を送ることができるかもしれませんね。

コンビニや自販機はなるべく使わない

いつでも気軽に利用できるコンビニや自動販売機。しかし、スーパーなどに比べるとどうしても値段が高めで、つい余計なものまで買ってしまいがち。支出を抑えるためには、コンビニや自販機はなるべく使わないのが鉄則です。

できるだけスーパーやディスカウントストアなどを利用し、必要なものを揃えておくようにしましょう。コンビニなどを利用するよりも、購入費用を抑えることができます。さらに、計画的にまとめて購入することで、余計な買い物を抑えることができるのです。

ただし、必要以上にストックをため込んでしまうと、数か月先の分まで支出をしてしまうことになるため、かえって逆効果。普段の生活を見直し、必要な分だけ購入するようにしましょう。

無理なく自分に合った仕事を見つけよう

ある程度のお小遣いをもらっていても、身の回りのことや交際費などにもお金はかかり、なかなか趣味や美容にまで十分なお金をまわせないことも多いもの。そんなとき、空いた時間を利用して仕事を始めたいと考える人も少なくないでしょう。

主婦の場合、比較的都合がつきやすい環境ではありますが、夫や子どもなど、家族の生活に合わせて家事を済ませる必要も。いざ仕事を始めても、思うように働けないということも多いのです。家事との両立が求められる主婦。無理なく自分に合った仕事を見つけることが大切です。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪