クオカードの使い道いろいろ。購入から換金方法まですべてみてみよう

クオカードの使い道いろいろ。購入から換金方法まですべてみてみよう

カード 2018.09.11

プレゼントや懸賞でもらうことがあるクオカード

クオカードはプレゼントでもらったり、懸賞などで当選したりしてもらう機会が多いカードで、発行してから30周年を迎えています。しかし、クオカードをどこで利用したらいいのか、分からないという人が多いようです。この記事では、全国で利用できるクオカードの加盟店の情報をまとめています。
また、クオカードをお得に購入する方法やクオカードを換金する方法、クオカードのお得な活用方法や注意点など、クオカードの活用に関することをすべて紹介しますので、参考にしてください。

クオカードとは

クオカードは全国に加盟店があり、使い切ることができるプリペイドカードです。さまざまなデザインのクオカードがありますが、オリジナルの写真を入れたクオカードは、プレゼントに最適です。

クオカードは全国で使えるプリペイドカード

クオカードは、全国の加盟店が57,000店舗もあり、全国のコンビニエンスストア、書店、ドラッグストア、ファミリーレストラン、ガソリンスタンドなどで使えます。詳しい店舗の情報は、下記をご覧ください。

コンビニ

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・サークルKサンクス・ポプラ・生活彩家・くらしハウス・スリーエイト・リーベンハウス(一部店舗を除く)

ドラッグストア

マツモトキヨシ・ファミリードラッグ・ミドリ薬品・中島ファミリー薬局

ファミリーレストラン

デニーズ

ガソリンスタンド

エネオス(一部店舗を除く)・JA-SS(一部店舗を除く)

音楽・映像・書籍専門店

HMV全店

トイショップ(おもちゃ店)

博品館(一部店舗を除く)

ゴルフショップ

ゴルフプラザアクティブ(AKIBA店)

ホームセンター

ホームアシスト(清水駒越店)

ホテル

サンルートプラザ東京・東京ベイ横浜ホテル・ホテルサンルート川崎

ステーショナリーショップ

ステフォレ

ショッピングセンター

ABIKOショッピングプラザ(一部店舗を除く、8月31日でサービス終了)

書店

精文館書店、ブックマルシェ、蔦屋書店、ブックファースト、ジュンク堂、啓文堂書店、有隣堂、三省堂、LIBRO、文教堂、蔦屋書店、紀伊國屋書店、丸善、オリオン書房、大垣書店、戸田書店、メトロ書店、啓林堂書店、LIBRO、BOOK ACE、廣文館、江崎書店、明文堂書店、キャップ書店、スーパーブックス、久美堂、本の豊川堂、アミーゴ書店など多くの書店が利用できます。
上記書店の中には、一部の店舗でクオカードを利用できないところもあります。クオカードを使える店舗は、次の参照URLから検索してください。
【参照URL:http://quocard.com/member/

クオカードは使い切り

クオカードは、テレフォンカードや病院のTVカードをイメージしたようなものです。1,000円のテレフォンカードなら、1,000円分の電話をかけたらあとは使えません。同じように1,000円分のクオカードなら1,000円分の買物で使い切りです。使った額のところに穴が開くので、おおよその残りの額がわかります。
プリペイドカードはチャージすることで、何度も利用できるものが多いですが、クオカードは使い捨てのプリペイドカードです。例えば、1,000円のクオカードで500円の買物をすると、あと500円分が残ります。次の買物で700円の商品を購入すると、500円分をクオカードで支払い、残りの200円分を現金で支払います。
すると、クオカードは0のところに穴が開くので、それ以上は使えなくなります。ただし、クオカードを使い切るといっても、公共料金の支払いや切手やはがきなどには使えません。クオカードには有効期限がないので、コンビニなどで何度でも利用するといずれ使い切ります。書籍やガソリンなど高めのものに使えば、早く使い切れます。

オリジナルの写真などを使うこともできる

オリジナルクオカードは、ちょっとしたプレゼントによく使われます。自分の好きな写真や画像、文字を使って、自由にデザインしたオーダーメイドのクオカードを作ることができます。注文は100枚からなので、内祝いや記念品などのプレゼントに最適です。
ほかにハッピーメイドカードは、手持ちの写真を使って、5枚からネット注文のみができます。金額も6種類あるので、少しの人数の内祝いのときに最適です。また、手軽に手持ちの50枚から注文できる、レディメイドカードは、決まったデザインの中から選び、文字を印刷できるセミオーダーのクオカードです。

クオカードを購入する方法

クオカードを購入する場合は、指定の販売店やコンビニで購入できますが、クオカードの公式ホームページでネット注文やFAXでも購入できます。

指定の販売店で購入する

近くに指定の販売店があれば、そこで購入できます。店舗購入は送料がかからず、すぐに購入できます。ただ、店舗によってデザインや取扱いカード、金種が異なります。また、オリジナルカードやレディメイドクオカードを注文する場合は、後日の引き渡しです。
近くの指定の販売店を検索するには、下記の参照URLで検索してください。
【参照URL:https://www.e-map.ne.jp/p/quoshop/

コンビニで購入する

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニの端末で、クオカードを購入することができます。店頭で購入する場合は、レジで購入することで有効になり、使えるようになります。扱っているデザインには、表面に店舗のロゴマークが入っているカードもあり、裏面には店頭発行カードと記載されています。
また、コンビニの端末で申し込むこともできます。申し込むと発券されるので、レジで支払いを行います。すると、1週間後にクオカードが自宅に届きます。

インターネットで購入する

インターネットのクオカードの公式通販サイト(クオ・ギフトショップ)で、購入することができます。公式通販サイトのクオカードは種類が豊富なので、好きなデザインのクオカードを選ぶことができます。シャンシャンのクオカードは、500円券が530円で販売されています。
1,000円以下のクオカードは、額面より30円ほど高くなっています。ネット注文のクオカードは、贈答品としてさまざまなデザインを、自宅で選ぶことができるので注文しやすいです。カード代金+送料を銀行振り込み、または代引引き換えサービス(クオ・ギフトショップ限定)で注文します。JCBクオカード以外は、クレジット決済はできません。

FAXで注文する

指定の注文書を使って、FAXでもクオカードは注文できます。まず、ネットよりFAXの注文書をダウンロードして印刷します。注文書を記入して、FAXで送信します。クオカード会社にFAXが到着したあと、折り返しクオカード会社から確認の電話がかかってきます。
カード代金と送料を銀行振り込みをするか、代引きにすると、クオカードが2日~2週間程度で届きます。FAXで扱われているクオカードは、スタンダードカード全種、オリジナルカード、レディメイドカード、オリジナルカードケースです。

クオカードをお得に購入する方法

1,000円以下のクオカードでは、額面より購入代金が高くなります。クオカードを、少しでもお得に購入できる方法を紹介します。

5,000円以上はコンビニで購入する

コンビニによって、発行されているクオカードの券種が違います。販売価格は500円券を購入した場合は530円、1,000円券を購入した場合は1040円と、1,000円以下のクオカードは販売価格が高くなりますが、2,000円券以上は販売価格と同額です。
ただし、5,000円以上のクオカードに関しては、コンビニで発行されているクオカードが5,000円だと、利用金額が5070円、10,000円だと利用金額が10,180円とお得です。それだけでなく、コンビニで購入すると専用の封筒がついてくる可能性があります。

セブンイレブンで購入する

セブンイレブンだと、プリペイドカードのnanacoで支払いができます。ただ、nanacoで支払ったとしてもポイントはつきません。ポイントを付けたい場合は、nanacoのチャージをクレジットカードですれば、クレジットカードのポイントがつきます。
とくに、還元率が高いリクルートカードなどでチャージを行うと、3.0%分還元されます。しかし楽天edyでは、クオカードを購入できないので注意が必要です。

ポイントカードを利用する

セブンイレブンで、還元率の高いカードでチャージしたnanacoでクオカードを購入します。そして、コンビニでクオカードを使うときは、ローソンかファミリーマートがおすすめです。
ローソンでは、クオカードを使って支払いをするときにpontaカードを、またファミリーマートではTカードを提示することでポイントがつくので、お得に買い物ができます。pontaカードは100円で1ポイントがつき、Tカードは200円につき1ポイントが付与されます。

金券ショップで割引されたクオカードを購入する

クオカードは利用範囲が多いため、金券ショップでよく取扱われています。金券ショップはコンビニで売っているクオカードは、あまり買い取りをしていません。それ以外のデザインが入ったクオカードを取り扱っているのは、店頭発行カードではなくデザインのカードを多く扱っています。
金券ショップでは、クオカードが0.5~2%ほど割引されているので、かなりお得に購入できます。しかし、ネットの金券ショップだと送料がかかるので、割高になってしまうこともあります。近くに金券ショップがあるなら、直接出向いたほうが郵送時の事故もなく安心です。

クオカードを換金する

クオカードを換金したいときは、金券ショップで換金することが多いでしょう。ほかにもネットオークションやメルカリなどのフリマで、換金することができます。

金券ショップで買い取りしてもらう

換金するときは、一般的に金券ショップで買い取りをしてもらいます。クオカードが利用できる所は多いので、多くの金券ショップでクオカードを取扱っています。ただ、地域によってはかなり換金率が異なり、お店によってもクオカードの換金率が違います。
店頭買取の場合は、直接金券ショップにクオカードを持っていき、買い取ってもらう方法です。すぐに買い取り代金をもらえるので、手間がありません。金券ショップでは郵送買取も行っていますが、買取は低めに設定されています。
ショップにクオカードを郵送し、銀行振り込みなどで買い取り代金が振り込まれます。ネットの買い取り業者では、換金率が高めなので、いろいろな店の換金率を調べてからよりお得もらいましょう。

ネットオークションで販売する

クオカードは、ヤフオクなどのネットオークションで販売することもできます。ただし、ネットオークションは利用料などの手数料がかかるので、注意が必要です。ネットオークションだと、額面と同額で落札されたとしても、手数料代を差し引けば、金券ショップより安くなる可能性もあります。
ただし、株主優待や懸賞などのプレゼントのクオカードは、非売品で安く販売されているので、それらのクオカードを販売する場合は、ネットオークションを利用すれば、思わぬ高値がつくこともあります。また、アイドル柄やアニメ柄のクオカードも高い付加価値がつくので、ネットオークションで数万円になることもあります。

メルカリで販売する

クオカードを、フリマのメルカリで販売するという方法もあります。メルカリは写真を撮ってのせるだけで、買い取り手が決まれば、すぐに販売できます。しかし、手数料10%や送料がかかるので、プレミアのクオカ―ド以外なら、あまりお得にならないかもしれません。
注意することは、未使用クオカードはフリマでは禁止出品物とでます。現金と同等の価値のあるものは、運営から「出品禁止物」として取り下げられます。そのため、少し使用済みのクオカードを出品することはできます。
実際に、少し使用済みのクオカードが出品されています。もし、メルカリで出品するなら、少しだけ使用してから出品するとよいですね。ただ、価値はかなり下がるので、フリマでの出品はおすすめできません。

クオカードを使うときの注意点

クオカードは、使い捨ての利用価値が高いプリペイドカードです。クオカードを利用するときは、次の点に気をつけて使いましょう。

カードを破損すると使えなくなる

カードを折り曲げたり、汚したりして破損すると使えなくなることがあります。磁気カードなので、強力な磁力を持つものに近づけると、磁気がきかなくなることがあります。また、有効期限がないカードで、そのまま放置すると、湿気がついて変色し、磁気が使えなくなることもあります。
また、カードにお茶をこぼしたなどで、濡れると使えなくなることもあるので注意が必要です。クオカードにはカードプロテクターやスリーブを付けておくと、破損や汚れがしにくくなるので安心です。

おつりは現金でもらえない

クオカードは使った分の穴が開いて、残りの額を次回にまわして使います。しかし、プリペイド方式なので、残りの額をおつりとしてほしいと思ってもおつりはでません。ただし、購入した商品がクオカードの残額より高い場合は、不足分を現金で支払うことができます。
1枚のクオカードの残額が少なくなり、クオカードをもう1枚持っている場合は、不足分をもう1枚のクオカードで支払うことができます。

残高が詳細に分かりにくい

クオカードの場合は、テレフォンカードと一緒で、穴が開いているといころで大体の残額がわかります。ただし、詳細な残高を知りたいと思っても、10円単位の細かい残高が簡単にチェックできないことが難点です。利用するときに、レジの人に尋ねると残額がわかります。
また、レシートには残額が記載されるので、残しておけば、次回クオカードを利用する際に残額がわかります。

加盟店でないと使えない

クオカードは、加盟している店でないと使えません。大手のコンビニやほとんどの書店では、加盟店になっています。残念ながら、2018年6月30日でガストや夢庵など、すかいらーくでの利用ができなくなりました。
クオカードの加盟店になっていると、クオカードのマークが、レジ横や入り口のドアなどに貼ってあるので、店に入るときは確認するとよいでしょう。

支払い対象外の商品がある

加盟店に置いてある商品でも、支払い対象外の商品があります。支払い対象外の商品は、次の商品です。

  • 切手、はがき、印紙
  • たばこ
  • 指定ごみ袋やごみ処理券
  • 各種チケットや前売り券
  • 公共料金
  • コピーやFAXなど

それ以外の食品や日用品などは、クオカードで購入できます。雑誌や新聞も購入できる、利用価値が高いカードです。

クオカードが使えるコンビニ

クオカードが使えるコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスです。それぞれの店舗での利用についてみてみましょう。

nanacoが使えるセブンイレブン

セブンイレブンは、全店20164店舗でクオカードを使うことができます。セブンイレブンでクオカードを購入するときは、電子マネー「nanaco」で購入が可能ですが、nanacoポイントはつきません。クオカードの種類は、3,000円券が2種類、5,000円券、10,000円券です。
セブンイレブンでは、クオカ―ドを購入した分の枚数分のカードケースがついています。代金を支払ったのち、レジにて有効化してから使うことができます。店舗によっては扱っていないところや、品切れのときもあります。

ゆうパックでの支払いも可能なローソン

ローソンでは、クオカードでほとんどの商品や、ゆうパックの支払いが可能です。ローソンで扱っているクオカードは500円券、1,000円券、3,000円券、5,000円券、10,000円券です。5,000円のクオカードは、5,070円分、10,000円のクオカードは10,180円分を利用することができます。
さらに、ローソンpontaカードを提示してクオカードで商品を購入すると、pontaポイントがたまります。クオカードを購入する場合も、pontaカードを提示してポイントをためられます。

Tポイントが貯められるファミリーマート

ファミリーマートでは500円券2種、1,000円券2種、2,000円券1種、3,000円券1種、5,000円券1種、1,0000円券1種の6種が販売されています。2,000円券を扱っているコンビニは、ファミリーマートのみです。5,000円のクオカードは、5,070円分、10,000円のクオカードは10,180円分を利用でき、5,000円券以上だとお得です。
クオカードを購入するときは、ファミマTカードやTカードを提示すると、200円に1ポイントが加算されます。ファミマTカードを出すときは、クレジットカードとの併用はできません。また、クオカードで利用するときは、Tマネーの併用はできません。

楽天スーパーポイントが貯まるサークルKサンクス

サークルKサンクスで扱っているクオカードは500円券、1,000円券、3,000円券、5,000円券、10,000円券です。5,000円券には70円分のおまけ、1,0000円券には180円分のおまけがついています。これは、コンビニで購入するクオカードのみにしかつきません。
クオカードは、レジで代金を支払い、レジで有効化すると使用できます。このときに、楽天ポイントカードを提示すると、楽天スーパーポイントが100円(税抜き)ごとに1ポイントと、1%の高い還元率でたまります。

hontoポイントが貯まるジュンク堂書店

全国にあるジュンク堂書店は、買物100円(税抜き)ごとにhontoポイントが1ポイント貯められます。hontoとは、電子書籍のネットショップで、提携店の丸善、ジュンク堂、文教堂の本の通販も行っています。hontoポイントは、店舗でもネットでも貯まります。
クオカードは、ジュンク堂書店で購入が可能で、クオカードを購入してもクオカードで買い物をしても、hontoポイントが貯まります。どうせクオカードを活用するなら、ポイントが貯まるような活用方法をしたいですね。

大型書店のマルゼン

本屋では、紀伊国屋と並ぶ大型書店のマルゼン書店が、クオカードの加盟店になっています。ギフトでもらったクオカードをどこで利用しようか迷いますが、書店なら高額な本をクオカードで安く購入できますね。マルゼンは一部店舗を除いて、全国店舗で使用できます。
マルゼンなら、とても大きく本の種類や数がそろっています。そのうえ、文具品もそろえられるので、クオカードの利用価値が高そうです。

全店で利用可能なブックファースト

ブックファーストは全国で44店舗あり、クオカードを全店で利用することができます。また、クオカードの購入と本の購入時に、クオカードを使うことの両方が可能です。ブックファーストは500円券、1,000円券、2,000円券、3,000円券のクオカードを扱っています。
券種はスタンダードのみで、ほかのデザインの入ったクオカードは置いていません。多数の購入の場合は、在庫がない場合もあります。

全国展開しているTSUTAYA

書籍、レンタルビデオなどの全国展開をしているTUTAYAでは、クオカードの利用が可能です。利用できる店舗は137店舗で、多くの店舗でクオカードを使えます。クオカードを蔦屋書店は販売していませんが、TUTAYAの一部店舗では販売しています。
店舗により販売しているクオカードが違いますが、共通して500円券、1,000円券、2,000円券、3,000円券、5,000円券があり、10,000円券を置いている店舗もあります。

全店3店舗が利用可能なブックマルシェ

埼玉のアリオ深谷店と上尾店、千葉の津田沼店の3店舗のブックマルシェで、クオカードの利用が可能です。クオカードの販売は、埼玉県にあるアリオ深谷店のみで購入可能で、500円券と1,000円券を置いています。ブックマルシェは本、CD、DVD、文具、雑貨を豊富に取扱っている店舗で、話題の本から新刊本まで多数そろえています。
高額なクオカードだと、なかなか利用できないという場合は、書籍の購入をクオカードで利用すると、上手にクオカードを利用できます。

全店47店舗で利用可能な精文館書店

精文堂は、関東や愛知県で展開している書店で、文具品も豊富に取扱っています。TUTAYAと連携し、レンタルDVD/CDも扱っています。
精文館書店では、全国の47店舗で、クオカードの利用が可能です。ただし、クオカードの販売は行っていません。

クオカードが使えるガソリンスタンド

クオカードが使えるガソリンスタンドはENEOSとJA-SSです。店舗情報を知ってクオカードでガソリン入れましょう。

1320もの加盟店で利用可能なENEOS

ENEOSは、クオカードに320店舗が加盟しています。利用できる店舗は、公式ホームページより調べられます。還元率を高くするためには、ENEOSでクオカードを使うことができる店舗で、Tカードも使用できるスタンドを探します。
還元率を上げるためには、nanacoに還元率の高いリクルートカードなどでチャージします。そして、nanacoでクオカードを購入すると、クオカードの購入額の3%が還元されます。ガソリンを入れる際に、エネオスでクオカードを利用して、Tポイントで0.5%還元されます。すると、最大3.5%還元されることになります。つまり、10,000円のクオカードを購入して、クオカードは3.5%分還元されることを考えると、350円分お得です。
ガソリンは1Lが150円とすると、10,350円では69L入る計算になります。10,000円の現金で69L入れた場合(10,000÷69=144.9)と比較すると、クオカードで入れると5円引き以上の値段で入る計算になります。リッター5円引き以上は、大きい値引きです。

専用のプリペイドカードも買えるJA-SS

全国のJA-SSでは、クオカードを利用できる店舗が467店舗あります。JA-SSではクオカードを利用して、ENEOSを除くクオカード加盟店で使えるプリペイドカードも購入できます。JA-SSプリペイドカードNには3,000円券、5,000円券、1,0000円券があります。
クオカードを利用できる店舗は次の参照URLから入り、都道府県とクオカードをチェックして検索してください。
【参照URL:https://jassrm.jp/

クオカードが使えるドラッグストア

クオカードが使えるドラッグストアは、マツモトキヨシ、ファミリードラッグ、ミドリ薬品です。それぞれの店舗の情報を紹介します。

食料品も買えるマツモトキヨシ

マツモトキヨシは、全国に1340のチェーン店を持つドラッグストアで、医薬品、化粧品、食品、日用品、ペット用品、DIY用品など、さまざまな商品を扱い、日用品や食料品が安く買えます。医薬品だけでなく、品揃えが豊富なので、クオカードを使っていろいろな商品を購入できるので便利です。
マツモトキヨシでは一部の店舗を除き、クオカードを全国の店舗で利用できます。クオカードで安く食料品を購入できれば、節約にもなりますね。

長野県と新潟県ならファミリードラッグ

マツモトキヨシ甲信越販売株式会社が、長野県内で健康家族が出店していたファミリードラッグと、ファミリー薬局を展開していました。のちにマツモトキヨシの連結子会社として、長野と新潟でファミリードラッグ38店舗を展開しています。
ほかに、中島ファミリー薬局もマツモトキヨシに吸収合併され、長野県で4店舗を展開しています。長野県、新潟県のマツモトキヨシ、ファミリードラッグ、中島ファミリー薬局が一部店舗を除いて、クオカードを利用できます。

九州地方ならミドリ薬品

マツモトキヨシの子会社で、九州エリアにおけるマツモトキヨシの事業を、ミドリ薬品が受け継いで行っています。九州地方のマツモトキヨシ店舗は55店舗です。
九州地方のクオカードを利用できるドラッグストアは、一部店舗を除いたミドリ薬品とマツモトキヨシ店舗です。
店舗設計

クオカードが使えるその他のお店

クオカードが使えるは、ファミレスのデニーズ、トイショップの博品館、ゴルフプラザアクティブ、あびこショッピングプラザなど、多数の店舗で利用が可能です。

ファミレスのデニーズ

現在、ファミリーレストランでクオカードが使えるところは、デニーズのみです。現在は、ガストやバーミヤンは利用を停止しています。
以前は、デニーズではクオカードの販売も行っていましたが、今はクオカードの使用のみです。デニーズは7&iホールディングスの傘下にあり、電子マネーのnanacoも利用できます。

トイショップの博品館

博品館はおもちゃやぬいぐるみ、バラエティグッズなどを売っているトイショップです。クオカードの加盟店なので、商品を購入する際にクオカードを使うことができます。博品館では使うだけでなく、クオカードの販売も行っています。
扱っている種類は、300円券(販売価格330円)、500円券4種類(販売価格530円)、1,000円券2種類(販売価格1040円)、2,000円券(販売価格2,000円)、3,000円券(販売価格3,000円)、5,000円券(販売価格5,000円)、1,000円券(販売価格1,000円券)です。

ゴルフショップのゴルフプラザアクティブ

秋葉原駅に直結しているゴルフプラザアクテイブは、1フロアで300坪という大型ゴルフショップです。クラブにウエアなど品ぞろえが豊富で交通の便がいい場所なので、立ち寄りやすい店舗です。クオカードは、東京のAKIBA店舗のみで利用できます。

ショッピングセンターのあびこショッピングプラザ

千葉県我孫子市にあるあびこショッピングプラザは、ショッピングセンターとしては初めてのクオカード加盟店です。
我孫子駅より徒歩5分のところにあり、イトーヨーカドーと一部店舗を除く専門店ショップ52店舗で、クオカードの利用が可能です。ただし、2018年8月31日でクオカードのサービスは終了します。

静岡最大のホームセンターホームアシスト清水駒越店

ホームアシスト清水駒越店は、ホームセンターとしては初めての加盟店です。ショッピングセンター「ベイドリーム清水」内にあり、木材、建築資材、園芸用品、インテリア用品、生活用品、ペット用品、カーケア用品、自転車などを扱っている店舗です。
静岡では最大級のホームセンターで、品揃えも豊富です。そのため、クオカードで購入する際に、ほしいものを安く購入できます。

ホテルのサンルートプラザ東京

サンルートプラザ東京は、東京ディズニーランドに隣接するホテルで、東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルです。ホテルからは、シンデレラ城やスペース・マウンティンがすぐ近くに見えます。
館内の欧風料理店、日本料理店、西洋料理店(コーヒーハウス)や売店、ホテルフロントでの精算時に、クオカードの利用ができますが、クオカードの販売は行っていません。

使える場所が多いのでクオカードを使ってみよう

クオカードはテレフォンカードと同じように、使い切りのプリペイドカードです。コンビニや書店、ガソリンスタンド、ドラッグストア、ファミレスなど、多くのクオカードの加盟店で利用できるので便利です。お得な購入方法は、還元率が高いクレジットカードでnanacoにチャージし、セブンイレブンでnanacoでクオカードを購入する方法です。また、金券ショップだと安く購入できます。
さらに、Tポイントやpontaポイント、hontoポイントなどのポイントがつく店舗でクオカードを使うと、お得になります。使える場所が多いクオカードで、さまざまな活用をしてみましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事