電子マネーiDを賢く活用。 お得な使い方を覚えて快適ショッピング

September, 11, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

電子マネーiDの魅力をご紹介

電子マネーiDは、NTTドコモが展開しています。
iDは使える場所が多く、現金いらずで買い物ができます。
ほかの電子マネーと違い、後払い方式でチャージの手間も不要です。

そんな便利な電子マネーiDについて、詳しく見ていきましょう。

UKANOイメージ

電子マネーiDについて

電子マネーの中でも、普及率が一番高いiDですが、どのような特徴があるのでしょうか。
使い方や利用できる店舗など、詳しく見ていきましょう。

NTTドコモが展開している後払い方式の電子マネー

電子マネーiDは、後払い方式の電子マネーで、チャージ不要で残高不足を気にせずに使用することができます。
現金を持たなくても、おサイフケータイだけで、コンビニに買い物に行くことができます。
WAONなどと違い、後払い方式なのでチャージの必要がないのです。

後払い方式の支払いなので、最終的にクレジットカードの請求と一緒に、支払うことになります。
また、支払い額に応じて、クレジットカードのポイントを貯めることができます。

紐付けるクレジットカードが2種類登録できる

iDでは、2種類のクレジットカードを登録することができます。
対応しているクレジットカードの種類も多いので、ポイント還元率の高いクレジットカードを選択して使用することで、お得に買い物ができます。

例えば、イオン系列で買い物をするのであれば、イオンカードでの支払い。
セブンイレブンで買い物をするのであれば、JCB CARD Wで支払いするなど、お店ごとに使い分けることで、効率よくポイントを貯めることが可能です。
各クレジットカードが、iDに登録できるか確認したうえで使用するようにしましょう。

電子マネーiDが使えるお店は多い

電子マネーiDは、利用できる店舗が幅広くあります。
新しく利用できるお店も、随時追加されています。
「iD」マークのステッカーが貼ってある店舗では、電子マネーiDでの支払いが可能です。
新しく追加された店舗では、RIZAPやタリーズ、コスメティクスアンドメディカル、スギ薬局グループ、庄やなどです。

ほかにも、コンビニやスーパー、百貨店、レストラン、ファーストフードなど、普段の生活の中で使えるシーンがたくさんあります。
iDがあれば、毎日の買い物がお財布いらずで楽しめます。

電子マネーiDは3種類ある

電子マネーiDには、3つの種類があります。
「iDに対応しているクレジットカード」、「iD対応のクレジットカード登録済みのおサイフケータイ」、「dカード mini対応のおサイフケータイ」です。
しかし、AndroiDやガラケーの場合は、ドコモのおサイフケータイのみが対象です。

ほかのキャリアの場合、おサイフケータイが利用できないので、iDに対応しているクレジットカードの利用になります。
iPhoneの場合は、Apple PayのiDを利用することで、ドコモ以外のキャリアでも使用できます。

UKANOイメージ

電子マネーiDの使い方

電子マネーiDの使い方を詳しく覚えましょう。
利用の仕方はとても簡単です。
使い方を覚えて、iDデビューをしましょう。

レジにある専用リーダーにかざすだけでお支払い

電子マネーiDは、コンビニやスーパーのレジにある専用リーダーにかざすだけで、簡単に支払うことができます。
クレジットカードのように、サインや暗証番号の入力が必要ないので、とてもスピーディーです。
また、電子マネーiDは海外でも利用できます。

扱いなれない現地通貨を現金で用意することなく、海外の店頭でスマホをかざすだけで、支払いが完了します。
iD対応のクレジットカードも、専用リーダーにかざすだけで支払いができ、クレジットカードのポイントも貯まるのでとてもお得です。

ネット通販や電子書籍サイトでも利用可能

iDは、ネット通販でも利用可能です。
Amazon.co.jpは、パソコン・スマホ・iモードのいずれでもiD支払いが可能です。
書籍や電子書籍サイトの「honto」は、パソコンとiモードでiD決済できます。

その他では、「ショップジャパン」「Joshin家電」「集英社マンガカプセル」「さくら観光」「プレイステーションネットワーク」などは、パソコン・スマホ・iモードいずれか一つで対応しています。

自動販売機でも使える場合がある

自動販売機では、クレジットカードが使えることはほとんどありませんが、iDを使える自販機が増えています。
コンビニやスーパーと同様に、専用リーダーにかざすだけで支払いが完了します。

小銭を持ち合わせていない場合でも、iDをかざすだけで買えるのでとても便利です。
しかし一部では、利用金額に上限を設けているので覚えておきましょう。

クレジットが使えなくてもiD支払できる店舗がある

iDの支払いでのメリットは、クレジットカードの支払いが利用できない店舗でも、使用できることです。
マクドナルドは、以前まではクレジットカードの使用ができませんでした。
iDの支払いには対応していたので、クレジットカードのポイントを貯めることができました。
現在マクドナルドでは、クレジットカード決済が導入されています。

ほかの店舗でも、クレジットカード払いができなくても、iD支払いができるのであればお得にポイントを貯めることができます。

UKANOイメージ

ドコモユーザーならdカードの紐づけでさらにお得

ドコモのユーザーであれば、dカードを紐づけることで、割引やポイントをお得に使うことができます。
dカードについて詳しく見ていきましょう。

ローソンでのお買い物が3%OFF

dカードを利用してローソンで買い物をすることで、カード請求時に支払い金額が3%OFFになります。
さらにdカード呈示と決済で、1%ずつポイント還元されるため、最大5%お得に利用できます。

また、dカードでの買い物で、利用金額100円につき1ポイント貯まります。

ネットショッピングでもお得

dショッピングでの買い物でdポイントが貯まります。
また、貯まったdポイントで商品を購入できます。
dショッピングは、普段使いの買い物ができるショッピングサイトです。

水や日用品、食料品、家電などバリエーションに富んだ商品がたくさんあります。

ポイントゲットモール経由のお買い物がさらにお得

dカードポイントゲットモール経由で買い物することで、最大10.5倍のdポイントが貯まるサイトです。
楽天市場やAmazon、Yahoo!など人気のネットショップが勢ぞろいです。
使い方は簡単で、好きなショップにアクセスして、dカードで購入するだけです。

貯まったポイントは、dポイント加盟店で買い物したり、毎月のケータイ料金の支払いに使ったりできます。
ピックアップや特集、SALE情報などを確認してお得に利用しましょう。

UKANOイメージ

ドコモユーザー以外でもお得

iDは、ドコモユーザー以外でもクレジットカードのポイントが貯まるので、使えば使うほどお得です。
おサイフケータイだけに対応しているカード会社もたくさんあります。
イオンカードやクレディセゾン、UCカードなどです。
また、dカード、オリコカード・ザ・ポイント、イオンカードはポイント還元率が高めです。

iDは電子マネーですが、電子マネー自体にポイントサービスがありません。
クレジットカードと紐づけて使用することで、利用額に応じたクレジットカードのポイントが貯まります。
ポイント還元率の高いクレジットカードを使うことで、iDから支払われるポイントも増えます。
そのため、ドコモユーザー以外でもお得にiDを利用することができるのです。

UKANOイメージ

おサイフケータイやApple Payにも対応

電子マネーiDは、おサイフケータイやApple Payにも対応しているので、クレジットカードがなくても、決済が可能です。
お札や小銭いらずで支払いが済むので、会計の際にとてもスムーズです。
設定もとても簡単で、セキュリティ対策もしっかりしています。

iDでの買い物なので、カードに対応するポイントが貯まり、お得に利用できます。
スマホ以外でも、ウェアラブル端末でもApple Payを使用できるので、さらに身軽に買い物できます。

カード型やおサイフケータイでiDを利用していても、Apple Payにカードを追加することで利用可能です。
また、Apple Payにカードを追加したあとでも、カード型やおサイフケータイも利用できます。

UKANOイメージ

電子マネーiDと相性のよいクレジットカード

電子マネーiDと相性のよいクレジットカードをご紹介します。
ポイント還元率が高く、年会費も安い、貯まったポイントの使い道が豊富なカードに絞って選びました。

dカード

dカードは、中でも一番お得です。
ドコモユーザー以外でも、dポイントが1%貯まります。
また、ローソンで買い物をすると、最大5%お得に買い物できます。
ほかには、マツモトキヨシでdカード支払いで、dポイントが3倍になります。
dカード特約店もたくさんあり、ENEOSやタワーレコードなどの利用で+1%お得に利用できます。

さらに、ドコモユーザーは、dカードでケータイ通信費がお得になります。
毎月のドコモ利用料金の1%が、dポイントで貯まったり、ケータイ補償が最大10,000円分付いています。
貯まったdポイントの使い方も豊富で、他社ポイントの交換やiDキャッシュバック、商品の交換など好きなものを選ぶことができます。

三井住友カード

三井住友カードは、iD展開当初から提携しているクレジットカードです。
三井住友カードの特徴は、年会費が安いことです。
カード裏面にiDマークがあるので、専用リーダーにかざすだけでiD支払いが可能です。
また、ICチップも搭載されているので、セキュリティ面も安心です。

さらに、Apple Payにも登録可能で、最短1分でiPhoneがお財布に早変わりできます。
指紋、顔認証でこちらもセキュリティ面が安心です。
アプリを利用することで利用明細やポイント残高の確認もできます。
貯まったポイントも、よく使うお店やサービスのポイントに移行したり、200種類以上の景品の中から選んだり、キャッシュバックやギフトカードと交換したりすることができます。

オリコカード

オリコカードは、年会費無料で還元率は常に1%以上で、入会後6カ月間は、還元率が2%ととてもお得です。
また、電子マネーiDとQUICPayをダブル搭載されていることも、嬉しいポイントです。
ネットショップを利用する際は、オリコモールを経由して買い物をすることで、カードに貯まるポイントにプラスされて、オリコモール利用分のポイントが付加されます。

さらにオリコには、充実したトラベルサポートもあります。
オリコ旅行センターで、パッケージツアーを申し込み、オリコカードで支払うことで最大8%OFFとなります。
こちら以外にも、海外レンタカー予約サービス(5~15%OFF)や、手荷物宅配サービス、成田空港10%OFF、関西空港100円引きなど多岐に渡っています。

UKANOイメージ

電子マネーiDでお支払いは快適に貯まったポイントでお得に生活しよう。

電子マネーiDを上手に利用することで、お得にポイントが貯められます。
iDには、クレジットカードを2種類紐づけできるので、利用店舗に応じて使い分けも可能です。

また、ネットショッピングもカードに関連したネットショップを経由することで、さらにお得にポイントを貯められます。
iDを使える店舗が続々と増え、ますます便利になっています。
ぜひ電子マネーiDの利用をはじめて、お得なポイントをどんどん貯めましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪