憧れの三井住友プラチナカード。ワンランク上のステータスをかなえる

憧れの三井住友プラチナカード。ワンランク上のステータスをかなえる

カード 2018.09.12

三井住友プラチナカードでワンランク上のステータスを

「三井住友プラチナカード」は、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。クレジットカード業界の中でも、日本を代表する最高峰のプラチナカードです。三井住友プラチナカードの特典も、数多くワンランク上のステータスが約束された、人生が楽しくなるクレジットカードです。
きっと、「少しステータスの高いクレジットカードを持ってみたい」とお考えであれば、気になっているカードの一つではないでしょうか。さっそく、三井住友カードのメリットやデメリットを見ていきましょう。

三井住友プラチナカードとは

三井住友プラチナカードは知名度も高く、ステータス性の高いクレジットカードです。プラチナカードを持っているということは、持っている人の信用性の表れでもあります。最上級クラスといわれる三井住友プラチナカードについて、詳しく解説していきます。

三井住友クレジットカードでは最上級クラスのカード

三井住友プラチナカードは、三井住友クレジットカードの中でも最高級クラスのカードです。クレジットカードのクラスは、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードとクラスが上がっていきますが、その中でもプラチナカードが、一番上のステータス性を持ったクレジットカードです。
プラチナカードのデザインは、黒地に上品なパルテノン神殿が描かれ、洗練されたデザインになっています。パルテノン神殿の色がゴールドとシルバーの2色あり、好みでどちらかを選べます。

年会費54,000円がかかる

三井住友プラチナカードの年会費は税込54,000円ですが、最高級クラスのプラチナカードの相場からいうと、平均よりやや安いくらいの年会費になっています。
しかし、付いてくる特典も最高級の特典が付いてくるので、お得にはなっています。また、家族カードとETCカードは、年会費無料で作れます。

原則として満30歳以上で継続収入がある人が対象

三井住友プラチナカードの申し込みの対象は、「原則として満30歳以上で、申込者本人に安定継続収入がある方」となっています。「安定継続収入」となっているので、個人事業主や自由業、フリーランスの方は、審査に通りにくい可能性が高いです。
また、クレジットカード利用額が、年間300万円以上となっているので、年収が低いとこちらも審査に通るのは難しいかもしれません。

自分で申し込みができるプラチナ系カード

多くのプラチナカードの申し込みには、招待制(インビテーション)が多いですが、三井住友プラチナカードも2010年以前は、インビテーションのクレジットカードでした。
しかし、現在は自分で申し込めるので、「原則として満30歳以上で、申込者本人に安定継続収入がある方」なら、誰でも申し込むことが可能です。

三井住友プラチナカードのメリットは

三井住友プラチナカードは、ステータス性がかなり高いので、持っているだけで一目置かれるような魅力的なクレジットカードです。三井住友プラチナカードを持つメリットを、解説していきます。

付帯サービスが充実

三井住友プラチナカードの付帯サービスは、VISAかMastercardで多少サービスに差がありますが、次のような付帯サービスがつきます。プラチナ会員限定のイベントやプロモーションの案内、宝塚歌劇貸切公演SS席優先販売、USJの「ユニバーサル・エキスプレス・パス」の配布、国内を代表する男子プロゴルフトーナメントペア観戦券プレゼント、一流レスレストラン2名以上のコース料理利用で、会員1名分が無料になるサービスなど。
このほかにも、付帯される旅行保険や、お買い物安心保険などの特典もあります。また、ショッピングポイントサービスや割引、空港のラウンジサービスから、コンシェルジュと呼ばれる執事サービスの利用など、とても充実したきめ細やかなサービスが利用できます。

三井住友VISAプリペイドeが無料で使える

三井住友VISAプリペイドeは、VISA加盟店で利用できるプリペイドカードです。信頼性が定かではないお店や、ネット通販でクレジットカード本体で決済したくない場合に便利です。三井住友プラチナカードでの支払いなら、発行手数料やチャージの手数料も、無料で利用できます。
「iD」の表示のある店で使えて、少額利用でも「iD」のポイントが貯まります。貯めた「iD」ポイントは、1ポイント5円で利用代金にキャッシュバックも可能ですし、ワールドプレゼントの景品に交換もできます。

ポイントの有効期限は4年

三井住友カードでのポイント有効期間は2年ですが、三井住友プラチナカードのポイント有効期間は、ポイント獲得月から4年間と期間が2倍長くなります。
利用金額1,000円ごとに1ポイントの加算や、ボーナスポイント、事前にエントリーした町でクレジットカードを利用するとポイントアップや、キャッシュバックがあるなど、ポイントの貯め方もいろいろあります。

ステータスを持てる

クレジットカード保有者の中で、プラチナカードを持っている比率は約1%だといわれています。それだけに、年会費は高額ですが、高い年会費に見合う付帯サービスが充実しています。
また、社会的地位や知名度が高い魅力的なカードなので、自身のステータスも誇れます。

デメリットもある

三井住友プラチナカードは、魅力的なステータスカードですが、デメリットはあるのでしょうか?

カード利用額は原則300万円以上が目安

クレジットカードの利用額が、年間原則300万円以上なので、毎月25万円以上はクレジットカードを利用しなければなりません。クレジットカードだけの利用で、年間300万円以上ということは、あまり現実的ではないでしょう。
しかし、高額商品の購入の多い方や、クレジットカード利用頻度の多い方、国内外の飛行機での出張が多い方にはおすすめのカードです。年間300万円以上をカード払いできるということは、ある程度収入の高いほうが、審査にも通りやすくなるといえます。

?付帯サービスを使い切れないと損を感じる

プラチナカードの醍醐味は、なんといっても最高級のサービスです。せっかく高い年会費を払っても、充実した付帯サービスが使い切れなければ、ただ年会費を払っているだけの感じになり、損をしていると感じてしまうでしょう。
そのため、もしも付帯サービスを使わないのであれば、ゴールドカードでも十分に価値はあります。

ポイント還元率が低め

三井住友プラチナカードのポイント還元率は、プラチナカードなので高そうに感じますが、0.5~1.0%と高くはありません。1,000円(税込)ごとに1ポイントの還元と、ボーナスポイントは前年1年間の買い物累計金額により、ランク別にポイントが付与されます。
1年間で300万円以上の利用で、50万円到達時に300ポイント、以降10万円ごとに60ポイントと、たくさんクレジットカードを利用すれば、還元率はアップしていきます。年間600万円のクレジットカード利用なら、30,000円分のギフトカードがもらえます。

三井住友プラチナカードの申し込み

ここでは、三井住友プラチナカードの申し込みの流れを解説します。用意するものは、金融機関の通帳やキャッシュカードと、運転免許証などの身分証明書が必要です。

三井住友プラチナカード専用サイトから申し込み

三井住友プラチナカードの専用サイトからの申し込み方法を紹介します。入力にかかる時間は、10分程で手続きができます。新しく三井住友プラチナカードの申し込みをする新規での申し込みと、三井住友カードや三井住友ゴールドカードからの切り替えもできます。
三井住友プラチナカードの申し込み専用サイトから、「個人情報の取り扱いに関する重要事項」及び「会員規約・特約」を確認して同意したら、個人情報をなどを入力し、入力が終われば申込番号が案内されます。カードは、最短3営業日で発行されます。

ゴールドカードで実績を積んでからでも

三井住友プラチナカードは、インビテーションではなく、自分で申し込めます。しかし、三井住友ゴールドカードで利用実績を作り、インビテーションが送られて来てから申し込んだほうが、審査に通りやすくなるでしょう。ただし、インビテーションが送られてきたからといって、審査に必ず通るということではありません。
インビテーションが送られてくる条件には、年間100万円から200万円の三井住友ゴールドカードの利用が、2年以上だといわれています。

三井住友プラチナカードを申し込んでみよう

三井住友プラチナカードは、プラチナカードの中では、比較的申込みやすいクレジットカードになっています。しかし、審査の基準は高いですが、審査にさえ通れば地名度も高く、ステータス性の高いクレジットカードです。少し年会費が高くても、最高級のサービスが受けられるなど、特典が満載です。
「原則として、満30歳以上で、申込者本人に安定継続収入がある方」なら申込めるので、魅力的な憧れのプラチナカードを手に入れましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事