学生におすすめのクレジットカードはどれ?その特徴と作り方を知ろう

学生におすすめのクレジットカードはどれ?その特徴と作り方を知ろう

カード 2018.09.13

学生でもクレジットカードが作れる

クレジットカードは現金なしに買い物ができる便利なカード。一時的にお金を借りることができるローン機能がついているので、持っていれば定められた限度額まではお金が使えます。
反面、ローン機能があるぶん、作るためには経済的な審査に通る必要があります。働いていて収入がある人ですらクレジットカードに落ちるのに、働いてない学生が通るわけがない……と思いがちですが、実はそうではありません。むしろ学生は、クレジットカードを作りやすい立場ですし、学生のうちにクレジットカードを作っておくのは賢いやり方です。

なぜ学生向けクレジットカードがあるのか

本来、借金機能のあるクレジットカードは働いている大人が持つべきもの。なのに、クレジットカードを発行している会社のほとんどが、学生がカードを作ることを歓迎しています。それはなぜか、理由はふたつあります。

利用限度額が低くリスクマネジメントが行えるため

経済的にはほぼ無力な学生なのに、発行側が利用に積極的なのはなぜか。それはひとつは、学生が大きなお金を焦げ付かせたりしないようなリスク管理ができる仕組みになっているからです。
その仕組みとは利用限度額です。限度額とはクレジットカードで使えるお金の限度のこと。借金できるマックス額、といってもいいでしょう。ほとんどのカード会社では、学生の利用限度額がきっちり決められていて、多くは十万円程度です。高い場合でも数十万円がせいぜいで、学生はそれ以上借金ができないようになっています。たとえ返せなくてもたいした損害にはならないのです。
また、忘れてはいけないのは学生のうちは親の補償をあてにできるということ。学生用限度額程度のお金ならば親が払ってくれることがほとんどで、発行側としては大きなリスクはないのです。

社会人になった後も使ってもらうため

発行側が学生の利用を歓迎する最大の理由は、「青田買い」です。つまり、学生のうちからカードを使ってもらうことで、稼げる大人になったあともそのまま使いつづけてもらいたいからです。じっさい、学生のときになんとなく作ったクレジットカードを、なんとなくそのまま使いつづけている人はたくさんいます。
焦げ付いたときのリスクが小さくて済むのならば、将来大物になるかもしれない優良な顧客をなるべく早く囲い込んでおきたい……そんな思惑が、学生でもクレジットカードを作れる仕組みを作っているわけです。
学生のほうでも、発行会社の思惑に沿ってカードを作ることには大きな利益があります。社会に出てしまえば、収入はいくらか、どんなふうにお金を使ったか、など、厳しい経済的審査を受けなくてはなりませんが、学生のうちならばまったく無収入でもカードが作れるのです。

学生向けクレジットカードの発行条件

学生ならば誰でもカードが作れる、というわけではありません。作ってもらうための条件がいくつかあります。

大学や専門学校の学生であること

学生用のクレジットカードは、多くが社会人用のクレジットカードとは種類が違います。専用の限度額と専用の使用ルールを持つ、学生専用のカードになります。ですから当たり前ですが、学生用のカードを作れるのは学生だけになります。
この場合の学生とは、大学、大学院、そして国の認可がある専門学校に通っている人のことです。たとえば英会話学校や自動車学校、国の認可のない私塾や各種学校に通っている人は、それだけではクレジット審査では学生とは認められません。

18歳以上で高校生ではないこと

次に年齢制限があります。クレジットカードを作るためには18歳の誕生日を迎えていないといけません。そして、たとえ18歳になっていても、高校生であるうちはクレジットカードは作れません。必ず高校卒業後に通う学校、つまり大学や専門学校に通っている必要があります。夜学に通う人などは勘違いしがちなので覚えておきましょう。
さらに、大学生や専門学校生であっても、20歳未満ならば親権者の同意が必要です。少し前までは同意書という親のサイン入り書類が必要でしたが、最近のネット申し込みでは後日確認の書類が郵送されてくるだけなので面倒さも減りました。ちゃんと事前に相談してあれば問題はないでしょう。

親権者の信頼情報や年収

もしあなたが大学生や専門学校生なら、資格さえクリアしていればまずカードは作れます。あなたの生涯のうちでも、いちばん簡単にクレジットカードが作れる時期といっていいでしょう。
ただ、ひとつだけ例外があります。それは、親権者が大きな借金をしたり、支払いの延滞をしたりしたことがあって、信用に問題がある場合です。基本的に学生用カードはあなたの親御さんの信用をバックボーンにして作られるものなので、親御さんの金融的信用に大きな問題があると、発行を断られることもあります。これは残念ながら、あなたの努力ではどうにもなりません。

学生向けクレジットカードの選び方

学生用クレジットカードは比較的簡単に作れますが、そうなると迷うのが、どこの会社のカードを作るのか。作るカードをどんなふうに選ぶべきでしょうか。

年会費が無料であるかどうか

最初にチェックしたいポイントは、年会費です。なにしろ学生のうちはお金がありません。クレジットカードの年会費は数千円程度であることが多く、年会費をどうしても払えないという状況になることはあまりないでしょうが、無料にこしたことはありません。
注意すべきは、クレジットカードのなかには、初年度だけ年会費無料というカードもたくさんあることです。カード作成のまえに、そのあたりの情報はきちんとチェックしておきましょう。

社会人になってからも使いたいカードを選ぶ

そして、学生用カードを作るときに考えるべき最大のポイントは、社会に出てからも使いつづけられるようなカードを選べ、ということです。もっと具体的にいえば、なるべく格が高いカードを、学生のうちに作っておくべきなのです。
格が高いメジャーなカードを作っておけ、という理由は2つあります。ひとつは、社会人になってしまうと、実績と格のあるカードは審査のハードルがぐんと上がってしまうこと。それが学生であればあっさり作れてしまうことが多いのですから、いまのうちに作っておかない手はありません。
そしてもうひとつ、学生のうちから少額ずつでもカードを利用しつづけることで、発行会社にたいする信用が築けるということです。つまり、古くからの馴染みのお得意様に自然になってゆけるのです。将来、お金を借りたり投資をしたりカードの限度額を広げたり、いろいろなことをするときに、その信用がモノを言います。ただしお金の支払いを延滞したりすれば逆効果。積み上げてきた信用が一発で失われますので、重々注意しましょう。

おすすめの学生向けクレジットカード

最後に、学生におすすめのカードをいくつか紹介します。基準としては人気が高い大手企業のカードであること、そして年会費が安いことです。

メガバンクの三井住友VISAデビュープラスカード

日本を代表するメガバンクのひとつ三井住友銀行が発行している、クレジットカードを初めて作る人用のカードです。18歳~25歳という年齢制限がついています。
なんといっても審査が厳しい大銀行系のカードが作れるというのは大きな魅力です。対応ブランドも世界中で使えるVISAなので安心。初年度の年会費は無料で、二年目以降は1,250円とリーズナブルです。期間にもよりますが、10,000円程度のキャッシュバックキャンペーンをやっていることが多く、数年分の年会費はなにもせずとも取り返せてしまいます。また、ポイントが普通のカードの二倍貯まるというサービスがついているので、積極的に買い物をする人におすすめです。
三井住友にはこのデビュープラスカードの他にクラシックカードという学生向けのカードもあり、そちらはポイント2倍がないかわり、旅行保険やショッピング補償など旅行や買い物のリスクを減らすサービスがついています。

大手航空会社のJALカード navi

日本を代表する航空会社、JALが発行しているクレジットカード。VISAとMasterCardに対応しておりどこででも使えます。年会費は在学中ならずっと無料とたいへんお得です。
このカードの最大の特徴は、JALのフライトマイルがたくさん貯まるようになるサービスがついていることでしょう。機内販売や空港のお店でも割引がきくようになるので、帰省や旅行などでよく飛行機を使う人にはとくにおすすめできます。

海外旅行ならセゾンブルーアメリカンエキスプレスカード

海外、なかでもアメリカで強いアメリカン・エキスプレス対応のカードです。年会費は初年度無料、二年目以降は普通は3,000円かかりますが、25歳以下ならばずっと無料です。
このカードの強みは豊富な特典にあります。国内海外問わず最大3,000万円の旅行保険がつき、空港と自宅の間の手荷物配送が何度でも無料、年間最高100万円のショッピング補償など、どれもおいしいものばかり。とくに海外にひんぱんに行く人に最適なサービスが充実していることがわかります。海外留学に行ったり、しょっちゅう海外を旅したい人なら、このカードがぴったりといえるでしょう。

在学中にお得なサービスが多い学生専用ライフカード

社会人用のカードとしても人気が高いのがライフカード。VISA、MasterCard、JCBと主だったブランドに数多く対応しており、年会費は無料、それに加えてとにかくポイントがよく貯まりお得なことで定評があります。
そのライフカードの学生専用版は、社会人用よりさらにお得になっています。なかでも目玉は、海外でカードを利用して買い物すると、つねに5%がキャッシュバックされるというサービス。これはつまり、海外での買い物が無条件で5%引きになるということです。もし留学などで海外に長く出かけるなら、これほどおいしい特典はなかなかありません。

学生もクレジットカードを作って支払いを便利にしよう

もしあなたが大学生や専門学校生なら、クレジットカードを作るチャンスです。持っているとステータスになるようなレベル高めのカードも、学生のうちなら比較的簡単に作れます。クレジットカードは旅行にも普段の買い物にも、また高速道路の支払いなどにも使える便利なもの。ぜひ、いまのうちに一枚持っておきましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事