【クレジットカード審査の難易度】カードのランクによっても変わる 

【クレジットカード審査の難易度】カードのランクによっても変わる 

カード 2018.09.14

あらかじめ知っておきたい審査の難易度

クレジットカードを申し込むときに、何を基準に選んでいますか?知名度や使い勝手の良さ、サービスなどさまざまだと思いますが、一番気になることは審査が通るかどうかではないでしょうか。
一見同じように見えても、実は審査条件には違いがあるのです。また、CMなどで頻繁に流れているので、どのカードも、誰でも簡単に手に入れられるように思えますが、いくら申し込んでも「審査」が通らないカードもあります。ここでは、クレジットカードの審査について、また、カードの種類などもご紹介します。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードを作る際に、個人情報を告知する義務があります。一般のクレジットカードなら、収支決算書や給料明細書を提出する必要はありませんが、正確に告知する必要があります。これは、主婦やアルバイトであっても、その旨を告知する義務があります。年会費が高額になればなるほど、審査が厳しいと考えて間違いないでしょう。

申込者の収入の安定さ

クレジットカードの申し込みの際は、氏名や住所、電話番号、年齢、職業および年収など、かなり細かく正確に提示しなければなりません。その中でも、クレジットカード会社が一番重視する点が、職業と年収です。
一般に、会社勤めをしている会社員の方が、審査に通りやすいようです。しかし最近では、アルバイトや年金受給者も申し込めるクレジットカードがあります。

クレジットカードの利用実績

お金を実際にやり取りするわけですから、お金の件について詳しく告知することは当然です。職業や収入だけではなく、ある程度の収支状況などからも、お金の使い方の傾向などを把握して、審査の対象としているようです。
返済が滞っていなくても、一度に利用する金額が多かったり、初めてカードを持つ人も「スーパーホワイト」と呼ばれたりして、審査に通らないことがあるようです。

クレジットカードの利用実績から信用がみられる

クレジットカードの利用状況も、カードの申し込みの際に重要な情報となります。クレジットカードには、使用限度額というものが必ず設けられています。これは、申込時に告知した職業や年収、年齢などから、クレジット会社側が設定した金額になっています。
この金額以内であれば自由に使えるのですが、返済が滞ったり年収に見合わない額を使用していたりすると、審査に通らないことが多いようです。

申込者の持ち家や貯金などの資産

多額の借り入れがなされると、返済期間も長期にわたるとみなされるので、職業や収入だけではなく、不動産や貯蓄の有無なども審査の対象としています。
利用限度額が高いクレジットカードなどは、不動産関係の告知も聞かれる場合があるため、その際はできるだけ詳しく、正確に申告しなければなりません。

審査難易度が変わるクレジットカードのランク

クレジットカードを、一度でも申し込みをした人であれば、単なる申し込み手続きではなく、審査を通過するという手続きがあることをご存じかと思います。全てのクレジットカード会社が、同じ手続きや報告内容で契約できるわけではありません。カードによっては、申し込める条件が異なっている場合が多いようです。

年会費無料カードやクラシックカード

クラシックカードは、一般的にほとんどの人が持っていて、気軽に使える部類のカードです。中でも、簡単な手続きで作ることができる楽天やセゾン、Yahoo!などの通販業務を行っている会社発行のカードは、さまざまな魅力があります。
年会費が無料というだけではなく、最短3営業日で発行され、18歳以上でも契約が可能で、さまざまなお店で手軽に使えます。また、利用ごとにポイントが貯まる、ポイントに期限がないなどの点が大きな魅力となっています。
さらに、年会費が有料でも年間10,000円未満というクラシックカードも、多くの人が利用しています。ほとんどがクレジットカード会社と提携している、企業名の入っているカードです。年会費無料のカードとクラシックカードには、それほどの違いはないので、使う頻度で付与ポイント期限の有無などで、決めるとよいでしょう。

一般的なカードより一つ上のゴールドカード

ゴールドカードは、クラシックカードよりは年会費が高いカードですが、それほどの違いはありません。大抵のカードは、初年度の会費が無料で、翌年度からカードの利用状況などの条件付きで割安になるなど、ほかにもいろいろなサービスが受けられます。
現在のようにカード払いが一般的ではなかった頃は、このゴールドカードが最上級クラスのカードといわれていました。しかし、現在では審査はそれほど厳しくなく、以前よりは手軽に持つことができるようです。クラシックカードよりは年会費が高い分、優遇されるサービスもよいので、その点を較べてみてもよいでしょう。

ゴールドカードを超えるランクのプラチナカード

プラチナカードは、ゴールドカードに代わってハイクラス層のクレジットカードといわれていますが、中には見た目だけがプラチナという程度のカードもあるようです。年会費も20,000円程度のものから、15万円もかかるカードもあります。この年会費同様に、受けられるサービスもさまざまです。
しかしゴールドカードよりは、収入や職業の面での審査が厳しく、全体的に最低5~600万程度の年収がなければ、審査に通りづらいようです。また、プラチナカードによっては、カード会社からの招待状(インビテーション)が必要なところと、招待状不要で申し込みができるところがあります。

最上位ランクのブラックカード

ブラックカードは、現在発行されているクレジットカードの中で、最上級クラスのカードです。アメリカン・エクスプレス(American Express)が、2002年に日本で最初のクレジットカードを発行した際の色が、ブラックだったことから、現在発行されているほかのハイクラス層用のカードも、「ブラックカード」として世界中の大手企業が発行しています。
このカードの特徴としては、申込者側から申し込みはできなく、企業側の紹介でしか手に入れることはできません。それだけにこのカードを持つことが、社会的にハイクラス層であると、認められるというステイタスにもなっています。しかし、最近のブラックカードでもランクの差があり、一概にハイクラス専用だけが、ブラックカードとはいえないようです。

最難関の難易度のクレジットカードを紹介

簡単に手に入るカードから、企業から紹介された一部の人しか手に入れられないカードなど、実に多くのカードがあります。最上級のカードは、自分からの申請では手に入れられないほか、年会費が高額なこと、ほかのカードでは受けられないサービスが充実していることなどが挙げられます。このうち、日本でも比較的有名な2点をご紹介します。

完全な招待制のアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

アメリカン・エキスプレスは、カード会社として世界各地で通用する最大手のカード会社です。その会社がハイクラス層のために作ったのが、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードです。
カードはブラックのほか、チタン製のカードもあり、年会費が35万円(税抜)とかなり高額です。ブラックカードの中でも、世界的に信頼度の高いカードとして認められています。

質の高いサービスに金属製カードのMastercard Gold Card

Mastercardが発行しているカードの中でも、最上級ランクのクレジットカードです。カードの種類としては、ブラックカード並みのサービスを提供していますが、見た目は24金製のゴールドカードで、年会費は20万円(税別)です。
このカードには、通常のポイント還元のほか、旅行やチケットの優先受付、映画や国立美術館などといった、無料優待のサービスが数多く受けられます。

自分の基準にあったクレジットカードを選ぼう

簡単な手続きで手に入れられるものから、クレジットカード会社からの紹介でしか手に入れられない、特別感のあるものなど、さまざまなクレジットカードがあります。
この中から自分に合ったクレジットカードを選ぶためには、自分は果たして何のためにどのくらいの頻度で使うのだろうかを考えてから、決めるとよいでしょう。自分の実の丈に合ったカードをもって、無理のない使い方をすることが一番でしょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事