エポスカードのインビテーションでランクUP。発行条件とメリット

エポスカードのインビテーションでランクUP。発行条件とメリット

カード 2018.12.25

ステータスが得られるゴールドカード

百貨店マルイのクレジットカードがエポスカードです。マルイは〇I〇Iのマークでお馴染みですね。マルイだけでなく多くの店で利用可能で、ポイントもがっつりとたまります。エポスカードのランクアップしたカードがエポスゴールドカードです。
エポスゴールドカードを取得するとステータスが得られるので、エポスゴールドカード会員になった方がお得です。では、エポスゴールドカード会員になるためはどんな条件があるのか、ゴールドカード会員になるとどんなメリットがあるのかを知りたいですね。また、さらにランクアップしたプラチナカードとゴールドカードを見比べてみましょう。

エポスカードのゴールドカード会員になるには

エポスカードのゴールドカード会員になるには、インビテーションを受けるか、または自分で申し込むことです。ゴールドカードのインビテーションを受けるための条件を探ってみました。

ゴールドカードのインビテーションを待つ

エポスカードからランクアップしたゴールドカードをするにはには、エポスカードではインビテーション制度を採用しています。インビテーションとは招待のことで、「エポスゴールドカードにしませんか」という招待がきます。
エポスカードをコツコツと利用していると、いずれはゴールドカードのインビテーションがカード会社からくる可能性があります。ゴールドカードのインビテーションを受けたら、ゴールドカードを申し込みましょう。インビテーションが来た人には申し込めば審査がほぼ通ると思っていいでしょう。
なぜなら、カード会社はエポスカードの利用状況をみてゴールドカードのインビテーションをするので、この人なら大丈夫とみているからです。引き落とし日に口座に預金がなく引き落としができずに支払いが遅延すると、情報として残されるので引き落とし日に口座にお金を残しておきましょう。

インビテーションの条件は公開されていない

エポスゴールドカードのインビテーションの条件は公開されていませんが、条件を満たすとインビテーションが来る可能性が高いです。1つ目は延滞をしたことがないこと、2つ目は入会後1年以上が経過していること、3つ目は年間50万円以上の利用をしていることです。
条件がはっきりと明示されていないので、必ずしもこの条件の通りとは限りませんが、インビテーションをうけた人の状況を見ると、もっと緩い状態でも招待を受けているようです。エポスカードはゴールドカードになる基準が緩いので、年間50万円以上利用するとインビテーションが来る可能性が高いです。

ゴールドカード会員に申し込む

エポスゴールドカードはインビテーションを受けなくても自ら申し込むこともできます。ただ、インビテーションをうけた人との違いは年会費が違うことです。ゴールドカードのインビテーションを受けた場合は年会費が無料ですが、自ら申し込んだ場合は年会費が5,000円かかります。
入会後、3か月後に初年度会費の5,000円が口座から引き落とされます。その後、毎年年会費が自動的に引き落としがかかります。

ゴールドカードになるメリット

エポスカードよりエポスゴールドカードを利用した方がおすすめなのはメリットが多いからです。ゴールドカードになるとエポスカードにはない特典を受けることができます。ゴールドカードにはどんな特典があるのでしょう。

インビテーションが届いてゴールドカードになると年会費が永年無料

自ら申し込んだ場合は、年会費が5,000円かかりますが、インビテーションが届いてゴールドカード会員になった場合は、エポスゴールドカードの年会費は無料になります。ただ、自ら申し込んだ場合の年会費も、年間50万円に届いた年以降は永年無料になります。
早くゴールド会員になりたいなら、まず自分で申し込み、年間50万円以上利用すると、翌年度からインビテーションで申し込んだ場合と同じ条件での利用、つまり年会費無料で利用できます。ステータスが高いゴールドカードで年会費無料だったら、申し込んででもゴールドカードにしたいですね。

空港ラウンジを無料で使える

ゴールドカードを提示すると、羽田空港や成田国際空港、関西国際空港、那覇空港など全国19の空港のラウンジを無料で利用できます。ラウンジで利用できるサービスは、新聞や雑誌を自由に閲覧でき、アルコール以外のドリンクサービスも無料です。
Wi-Fiも接続可能で、そこでインターネットを楽しめます。ただ、パソコンやコピー、FAXはゴールドカードでも有料です。空港での手荷物サービスも15%オフで利用できるので利用回数が多い人はゴールドカードがおすすめです。

ポイントの有効期限がなくなる

ゴールドカード会員になるメリットの一つにポイントの有効期限がなくなることです。有効期限がないので、ポイントが失効することなく使えば使うほどどんどん貯まります。さらに年間50万以上利用するとボーナスポイントが2,500ポイント、100万円以上でボーナスポイントは10,000ポイントも付与されるお得なカードです。
このボーナスポイントは大きいですね。還元率は0.5%ですが、ボーナスポイントを入れると還元率は!5~1.5%にアップします。月の携帯電話代、家賃、NHK受信料、公共料金などをすべてエポスカードからの引き落としにすると、利用額が年間50万円はすぐに超えるでしょう。

プラチナカードとゴールドカードの比較

プラチナカーはゴールドカードよりさらにランクアップしたクレジットカードです。プラチナカードとゴールドカードでは、どんな点が違うか比較してみましょう。

プラチナカードは年会費が20,000円かかる

ゴールドカードは、インビテーションで年会費が無料になりますが、プラチナカードは年会費が20,000円かかります。プラチナカードはゴールドカードのように無料になることはありません。プラチナカードは自ら申し込むことができず、エポスゴールド会員の人がインビテーションを受けた場合に申し込むことができます。
ボーナスポイントはプラチナカードで100万円利用に対し20,000ポイントがついているので年会費分が相殺されます。けれども、ゴールドカードは年会費無料でボーナスポイント10,000ポイントがつくので、ゴールドカードの方がお得ですね。

プラチナカードは本人と同伴者1名まで空港ラウンジが無料

プラチナカードもゴールドカードも利用できる空港ラウンジでは同じ優待サービスを受けられますが、空港ラウンジに入れるのはゴールドカードは本人だけが無料で同伴者は1名が1,030円(税込み)、4~12歳は520円(税込み)必要です。一方、プラチナカードは本人以外に同伴者1名だけは無料です。
優待サービスを受けるにはラウンジの受付でゴールドカードまたはプラチナカードの提示が必要です。海外出張や海外旅行、海外勤務など海外の空港を度々利用する人には、プラチナカードを持っていた方が、プライオリティパスのプレステージに年会費無料で登録することができるので、国内だけでなく海外100か国900カ所以上の各空港内のプライオリティパスのラウンジを無料で利用できて便利です。

プラチナカードのほうが海外旅行保険の補償が手厚い

海外旅行保険はゴールドカードは本人のみの補償ですが、プラチナカードは本人と家族の補償がある手厚い内容です。また、補償内容もプラチナカードの方がかなり手厚い内容です。例えば、傷害死亡・後遺障害ではゴールドカードが本人のみ最高1,000万円に対し、プラチナカードは本人が最高1億円、家族が最高2,000万円です。
傷害治療費用や疾病治療費用は両カードとも1事故あたり300万円の補償ですが、プラチナの家族カードには200万円の補償がついています。救援者費用はゴールドカードが200万円に対して、プラチナカードは本人と家族ともに200万円です。そのように、プラチナカードにすると、海外旅行をする人には特にメリットが高いサービスがあります。

インビテーションの発行条件をクリアしてさらに上のカードを手に入れよう

エポスカードを利用し条件に達するとゴールドカードのインビテーションが届くので、ゴールドカードを申し込めます。インビテーションだとゴールドカードは年会費無料になり、決められた国内外の空港ラウンジが無料で利用できます。
ゴールドカードだとボーナスポイントが還元され、ポイントの有効期限がなくなるのでポイントが失効する心配がありません。ゴールドカードを取得すると、さらにランク上のプラチナカードを取得することもできます。インビテーションの条件をクリアしてランク上の優待サービスを受けましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事