「nanacoモバイルの上手な活用法」お得にポイントを貯めよう

「nanacoモバイルの上手な活用法」お得にポイントを貯めよう

家計の知恵 2018.09.15

nanacoモバイルの利用をしよう

最近では、ポイントカードから携帯電話でカードの機能を利用できる、モバイル版を使用する人が増えています。その中でも、多くの人が利用するnanacoも、モバイル版を利用する人が急増中です。
それでは、nanacoモバイルでどのようなことができるのか、見ていきましょう。

nanacoモバイルの使い方

nanacoモバイルは、どのように使うのでしょうか。入会の仕方や買い物のときにどのように使うのか、詳しい方法を見ていきましょう。

サイトから新規入会するだけ

nanacoモバイルを利用するためには、携帯電話でサイトから新規入会するだけです。nanacoモバイルに登録することで、nanacoカードの機能を利用することができます。使い方は、お金を事前にチャージ(入金)して、レジにかざすだけで買い物がスムーズにできます。
100円で1nanacoポイントが貯まり、1nanacoポイントは1円で利用することができます。nanacoならではのサービスも満載で、加盟店での買い物や特定曜日の買い物で、5%割引やポイントが2倍でもらえるサービスが多数あります。

買い物のときにスマートフォンをかざす

nanacoモバイルに事前にお金をチャージしておくことで、アプリを起動しなくても、スマートフォンをかざすだけで支払いが可能です。スマートフォンの電源がOFFでも支払えるので、万が一のときでも安心です。
以前であれば、アプリを起動していなければ、支払いできないケースもありましたが、nanacoモバイルではアプリを起動していなくても、電源が入っていなくても支払いができるので、利便性が上がっています。

利用確認をする

nanacoモバイルなら、スマホで簡単に利用確認をすることができます。残高確認や取引履歴の確認ができるので、家計簿代わりとして利用することも可能です。
今の残高が分からずに、買い物ができないといった心配を解決できます。

ポイントを電子マネーへと交換

買い物などで貯めたnanacoポイントを、電子マネーに交換することもできます。交換の仕方も簡単で、スマホ上で簡単に、ポイントからマネーに交換できます。モバイルアプリ内の「ポイント→マネー交換」をタップします。
次に「ポイントをマネーに交換」をタップし、「センターお預かり分を反映する」をタップします。反映結果が表示されたら「次へ」をタップします。交換したいポイント数を入力して「次へ」をタップします。入力内容を確認して「マネー交換する」をタップすると交換結果が表示され、交換手続きが完了です。

nanacoモバイルのメリット

nanacoモバイルを利用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。メリットを覚えて、nanacoモバイルを上手に活用しましょう。

入会金は無料

nanacoモバイルを利用するときの入会金や年会費は無料です。nanacoカードの場合は、カード発行手数料もかねて300円かかります。モバイル版を利用するためには、アプリをダウンロードして入会登録をおこなうだけです。
nanaco起動には、「おさいふケータイ」アプリの初期設定が必要です。アプリケーション一覧の「おさいふケータイ」アイコンをタップして、設定を完了させます。

チャージが簡単

nanacoモバイルは、アプリ内でクレジットカードからチャージできます。初めてクレジットチャージをする場合は、クレジットカードの事前登録をおこないます。セブンカード・プラスなら、チャージのときにもポイントが貯まるのでおすすめです。
クレジットカードでのチャージ上限額は、50,000円です。1回のチャージ可能額は、5,000円以上1,000円単位で30,000円までです。クレジットチャージには利用制限があり、利用金額は1カ月20万円まで。利用回数は1カ月15回で1日3回までです。

財布がスマートになる

nanacoモバイルにすることで、財布の中のたくさんのカードの中から、探す手間も省けます。また、スマートフォン・携帯電話を持つだけで支払いもできるので、財布がかさばりません。
モバイル支払いにすることで、小銭を使うことが軽減できます。カードの量も減るので、必然的にお財布がスマートになります。

カードを忘れる心配がない

スマートフォン・携帯電話は、いつでも持ち歩く人が多数です。カードであれば、お財布以外にカード入れ専用の財布を準備することもあるので、いざ買い物に行ったときに忘れたというケースも出てきます。
nanacoモバイルのアプリを入れておくだけで、カードを持っていなくても利用することができます。急な入用の場合でも、nanacoを忘れたとならないので安心です。

nanacoモバイルのデメリット

nanacoモバイルには、メリット以外にもデメリットがあります。デメリットもしっかり覚えて、nanacoモバイルを利用しましょう。

ムダ遣いが増える可能性がある

電子マネーや、クレジットカードなどに共通していえることですが、お金を使った実感があまりありません。お金を使ったという感覚が薄れる可能性があるので、人によっては無駄遣いが増えることもあります。
nanacoモバイルは、クレジットチャージ機能があるので、これを使えばいくらでもチャージができてしまいます。したがって便利な反面、お金の管理が難しくなるので注意しましょう。

スマホを失くしたときの危険性があがる

スマホに電子マネーが入るということは、スマホが今以上に失くせないものになります。盗難などにあった場合、悪用されて高額なお金を使われる危険も上がります。
スマホは、これまで以上に必要な情報を入れたり、できたりすることがたくさん増えました。スマホの所在には気を付けている人が多いと思いますが、今以上に気を付けて管理しましょう。

ポイントの移行ができない

nanacoモバイルとnanacoカードで貯めたポイントは、お互い移行することができません。また、スマートフォンなどを機種変更したときも、電子マネーおよびポイントの残高を引き継ぐための手続きが必要です。
クレジットチャージ機能を利用している場合、再度利用できるようにするためには、新しい引き継ぎを完了した翌日の5時以降です。

利用を開始するには

nanacoモバイルを利用開始するための手順を紹介します。これからnanacoモバイルの利用を検討されている人は、参考にしてください。

アプリのインストール

手持ちのスマートフォンに、アプリをインストールします。このとき、まずはスマートフォンにアプリが対応しているか確認しましょう。なお、iPhoneにはnanacoモバイルのアプリは対応していません。
スマートフォンの場合はGoogle Playから、ガラケーの場合はQRコードの読み取りや、各キャリアの公式メニューのリストから、電子マネーの項目に進みダウンロードしてください。

入会登録を行う

アプリをインストールしたら、氏名やアドレスなどを登録します。「新規入会」をタップし、利用上の注意を確認して「同意する」をタップします。氏名、生年月日、メールアドレスなどを入力して、「入力確認」をタップします。
内容を確認して間違いがなければ、「登録」をタップしてください。入会完了画面が表示されれば、登録が完了です。

チャージする

登録が完了したら、チャージをして利用を開始します。チャージの仕方は、クレジットカードや現金、ポイントチャージ、ギフトチャージから選べます。現金でのチャージ方法は、レジでチャージをします。会計前にチャージをすると伝え、金額を指定し読み取り機にスマホをかざして、チャージが完了します。また、支払いのときに残高不足になった場合でも。その場でチャージして支払うことも可能です。
ポイントチャージは、1ポイント1円からチャージすることができます。ギフトチャージは、メールやカード、POSAカードに記載されているnanacoギフトIDを、nanaco会員メニューにIDの登録をして、チャージすることができます。

利用できるクレジットカード

nanacoモバイルで、使用できるクレジットカードの種類はたくさんあります。それぞれのカードのお得な特典を確認しましょう。

使える店舗数が国内最大級のJCB

JCB一般カードを使って、セブンイレブンで買い物をすれば、ポイントが3倍もらえます。使える店舗数が国内最大級で、全国どこでも使用可能です。さらに、スターバックスの利用でポイント10倍がもらえます。女性、男性どちらにも人気で、初年度の年会費が無料です。
また、海外旅行のときなど、トラブル・病気・ケガなどにあったときに、日本語サポートが付いています。カード発行スピードは、最短翌日届です。ポイント有効期限は24カ月。ETC年会費も無料で、とても使いやすいカードです。

ポイント無期限のセゾンカード

ポイントの期限は無期限、年会費も永久無料のセゾンカードです。ネットで安心して買い物を楽しめる、オンラインプロテクション付きです。心当たりのないインターネット上での不正使用による損害を、補償してくれます。セゾンカードを選ぶときに一番選ばれるポイントは、やはり年会費が永久無料の点が大きく占めています。
セゾンポイントモール経由で買い物をすると、永久不滅ポイントが最大30倍もらえます。セゾンポイントが200ポイントで、920ポイントのnanacoポイントに交換できます。さらに、レンタカーやレジャー施設、ショッピング、旅行、レジャーなどさまざまな優待サービスもあります。

海外旅行などでお得なANA VISAカード

VISA対応の世界200以上の国と地域で、利用可能なカードです。初年度年会費無料で、国内・海外での旅行保険が充実しており、女性にも人気のあるカードです。カード発行日数は、申し込みから最短で3営業日です。入会審査やお届け地域によっては、さらに日数がかかることがあります。
ANA VISAカードの旅行保険は、最高1,000万円補償の海外旅行傷害保険付帯です。しかし、国内旅行傷害保険は付帯されていないので注意しましょう。ETCカードの発行手数料は無料ですが、500円の年会費が発生します。年1回以上ETC利用があれば、翌年度の年会費が無料になるので、高速道路を利用する人は、実質無料であるといえます。

経営者向けのセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

初年度年会費が無料、2年目以降は20,000円で利用可能なセブンプラチナカードです。年間200万円以上の利用があると、次年度年会費が10,000円で利用することができます。また、海外ラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パスの利用が可能です。
海外・国内旅行保険も最高1億円まで付帯されており、有効期限のない永久不滅ポイントも貯めることができます。プラチナメンバーだけのコンシェルジュサービスや、ハイクラスなホテルやレストランが実施するイベントへの招待(抽選)などの優遇サービスも利用可能です。

飛行機やメトロで利用可能なソラチカカード

公共交通機関の利用時に便利なソラチカカード。メトロ乗車で平日5ポイント、土日休15ポイント貯まります。定期券購入時に使用すると、メトロポイント、OkiDokiポイントがダブルで貯まります。ANAマイルも搭乗や日常の利用で、貯めることが可能です。
また、貯めたポイントやマイルは、相互交換が可能です。メトロポイントをANAマイルに交換する場合、高レートで移行できるので、ANAマイルが貯まりやすくなります。さらに、国内航空傷害保険・海外旅行保険も付帯しているので安心です。

コンビニ以外でポイントがたまるお店

nanacoモバイルは、コンビニ以外でもポイントが貯まるお店がたくさんあります。使えるお店を覚えて、日常の買い物でnanacoポイントを貯めましょう。

スギ薬局などのドラッグストア

薬局やドラッグストアでもポイントが貯まります。スギ薬局やツルハ、サツドラ、サンドラッグ、ココカラファインなど多数です。チャージや残高照会は、調剤薬局では利用できないので、残高不足に注意が必要です。また、掲載店舗でもあっても、一部店舗ではnanacoの利用ができない場合もあるので、店舗に確認しましょう。

ラウンドワンなどのエンターテインメント

nanacoモバイルは、エンターテインメントや趣味でも、ポイントが貯まります。ラウンドワンやカラオケ館、サンリオピューロランド、スパリゾートハワイアンズ、コロナワールド、タイトーなどで利用可能です。
店舗により異なりますが、200円で1ポイント、100円で1ポイント貯まります。また、掲載店舗であっても、一部店舗ではnanacoを利用できない場合もあるので、各店舗で確認してください。

オムニ7などのネット通販

オムニ7やイーアイディ、Joshin webショップでのネット通販で、nanacoポイントが貯まります。おサイフケータイ対応のAndoroid端末を利用することで、nanaco電子マネーでの支払いが可能です。
注文完了まではパソコンでも可能ですが、その後はスマートフォンサイトでの手続きをすることで、ポイントが貯まります。

エッソなどのガソリンスタンド

エッソ・モービル・ゼネラルの利用でも、nanacoポイントが貯まります。給油1リットルに付き、1ポイントです。洗車、給油、オイル交換などで、100円に付き1ポイントが貯まります。
現金支払いの場合は、ガソリン・軽油のみ対象です。掲載店舗であっても一部店舗ではnanacoを利用できない場合もあるので、事前に確認しましょう。

nanacoモバイルで快適でお得な生活

nanacoモバイルの利用で、お得にポイントを貯めることができます。また、クレジットチャージ機能を利用することで、アプリ内で簡単にチャージすることも可能です。カードの種類も自身の利用に合わせたカードを持つことで、さらにお得にポイントを貯めることができます。
クレジットチャージ機能を利用する際は、無駄遣いににも注意して利用するようにしましょう。nanacoモバイルを上手に利用して、快適でお得な生活をはじめましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事