【デビットカードの使い方】クレジットカードよりも安心して使える

September, 04, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

デビットカードを使ってみたい

クレジットカードは一応持ってるけど、使いすぎが怖くて、あまり使ってないという方も多いでしょう。確かに、あとから請求が来るので「額を見てびっくりした」なんてこともあるかもしれません。そんな方におすすめなのが、デビットカードというカードです。
クレジットカードとちょっと見た目は似ていますが、双方の違いを比較して見てみましょう。

デビットカードってなんだろう

デビットカードを見たことがありますか?クレジットカードとすごく似ていて、間違えそうです。しかし、中身はクレジットカードとは、相当違っているカードなのです。

使ったその場で引き落される銀行系のカード

デビットカードとは、後払いのクレジットカードとは違い、お金を使ったその瞬間に、銀行口座からお金が引き落とされる仕組みのカードです。カードの表面に、「JCB」「VISA」などと記載してありますが、その実は銀行が発行しているカードなのです。
これが、クレジットカード会社が発行しているクレジットカードとの違いです。そのため、デビットカードを発行するためには、前提としてデビットカードの発行銀行の口座を、必ず開設することが必要です。

国際ブランドがついているものもある

デビットカードには、VISAやMasterCard、JCBなどの国際ブランドが付いているカードもありますが、付いているほうが多いかもしれません。これは、それぞれの国際ブランドの加盟店で即時決済型、つまり「使ったその場で引き落とされるクレジットカード」とでもいうべき使い方を、想定されているのです。
もちろん、VISAのみの加盟店で、MasterCardのデビットカードは使えませんが、それは通常のクレジットカードと同じです。

使い方はクレジットカードとほぼ同じ

デビットカードとクレジットカードは、買い物などの代金の支払い方法は同じなのでしょうか。

街での利用

デビットカードを使う予定のお店が、自分のカードの加盟店ならば、使い方はクレジットカードと同じなので、何も恐れる必要はありません。欲しいものがあれば、レジで堂々と「一括でお願いします」と宣言すればよいのです。本来、デビットカードは一括払いのみですが、クレジットカードと同様に、何回払いか聞かれることがあります。
店員さんは、とくに嫌な顔もせず、カードリーダーにカードを通して、決済が下りれば商品を渡してくれるでしょう。

ネットショップでの利用

ネットショッピングには、amazonや楽天市場、yahoo!ショッピングなどがあります。この取引に、デビットカードはどう対応するのでしょうか?結論からいいますと、VISAやJCBなどのブランドが付いたデビットカードの場合は、登録するクレジットカードの代わりに、デビットカードを登録すれば、それで使えてしまいます。
商品の費用が後払いではなく、即時引き落としになることを除けば、ネットの世界で国際ブランドの付いたデビットカードと、クレジットカードの違いはあまりありません。
しかし、不正利用の補償がクレジットカードに比べて弱いです。クレジットカードは不正利用に対しては、ほぼ全額補償してくれるのに対し、デビットカードは100万円までの補償ということが多いです。この点はクレジットカードには、かないません。自己防衛としては、口座に多額のお金を入れないようにするくらいでしょう。

海外のATMでお金をおろす

VISAやJCBのような国際ブランドのデビットカードならば、海外の両替所で日本円を両替することなく、ATMで現地通貨が引き出せます。VISAの場合は、VISAまたはPLUSマークのあるATMで、JCBはJCBまたはCirrusマークのあるATMで、現地通貨を引き出せます。
注意する点は、海外のATMはカードの読み込み方が、日本と違うことです。カードを上から下にスライドさせたり、カード表面を上にして水平にスライドしたあとですぐに抜き取ったり、カード表面を手前側に向け、縦方向に入れてすぐに抜き取ったりなど、日本のATMとはかなり違う場合があるので注意してください。

クレジットカードとの比較

デビットカードとクレジットカードを比較してのメリット、デメリットをあげてみました。デビットカードも、普段使いにはよいと思わせるものがあります。

デビットカードのメリット

審査がいらない

ほとんどのデビットカードは、クレジットカードのような審査はありません。申し込めば、すぐに作ってもらえます。審査がないことは、クレジットカードのように、商品購入から口座引き落としまでの期間、クレジットカード会社がお金を貸し出すということがないからです。
デビットカードは、商品を購入したらすぐに口座からお金が引き落とされるので、銀行もどこもお金を貸してはいません。そのため、収入や仕事を細かくチェックして、信用情報を調べる必要はないのです。

借金ではないので利息が付かない

ショッピングなどで、デビットカードを利用したら、即時引き落としとなるので、その場で現金で支払ったことと同じです。つまり、お金を誰からも借りていないので、借金はしていないことになり、当然利息は付きません。
クレジットカードは、支払いと実際の引き落としの間は、クレジットカード会社が貸し付けを行っているという形なので、利息がつきます。

未成年者でも申し込める

たいていのデビットカードは、中学生を除いた15歳以上なら、銀行口座さえ持てれば作れます。これも、代金即時引き落としのために、口座にお金さえあれば、年齢をそれほど考慮することはないデビットカードの利点でしょう。
一方クレジットカードは、代金後払いのために信用がないと作れないため、18歳以上となっているのです。

デビットカードのデメリット

口座に残高がないと使えない

デビットカードの性質上、当たり前のことですが、代金即時引き落としのデビットカードは、口座にお金が入っていなければ、利用できないことになります。そのため、欲しいものがあったとしても、銀行口座にお金がなければ諦めるか、現金を銀行口座に預けに行かなければなりません。
その点、クレジットカードは、現在お金がなくても、1~2カ月後の実際の引き落とし時にお金があれば、何の問題もなく、購入できることになります。

ポイント還元や付帯サービスなどの特典がクレジットカードのほうが厚い

クレジットカードは、ポイント還元率1%などの高還元率のカードが増えてきつつあります。付帯サービスについても、国内外旅行傷害保険やショッピング保険、ETCカード無料などの特典が付いているものが多くなっています。
デビットカードは、よくてポイント還元率0.5%くらいが多いです。保険も付いておらず、不正利用の補償が付いているくらいでしょうか。
日本では、先にクレジットカードが普及して競争が激しいため、ポイントや特典で競争しているのでしょう。これから、日本でもデビットカードが本格的に普及し始めたら、各社の競争で、ポイント還元率や特典がアップしてくるかもしれません。

キャッシングの機能がない

デビットカードは、クレジットカードと違って、要するに借金する機能がないわけです。口座即時引き落としですから。したがって、直接的な借金であるキャッシングをできるはずがありません。
クレジットカードは、クレジットカード会社から借金ができるカードとして認められているわけですから、現金をキャッシング、つまり借金しても返済さえすればよいのです。そのため、急に現金が必要になったときには、クレジットカードのほうが便利です。

デビットカードの作り方

デビットカードは、審査がない分、クレジットカードよりも気楽に作れます。欲しいデビットカードの銀行口座がない場合は、デビットカード専用の口座を作ってもよいでしょう。

まずは銀行口座を開設

デビットカードは銀行が発行するカードなので、欲しいデビットカードが決まっているのなら、そこの銀行に口座を開設します。ネット銀行なら、口座開設手続きをインターネットでできるところがほとんどです。
または、自分で既に銀行口座を持っていて、その銀行のデビットカードでよいということなら、とくに新たな銀行口座を開設する必要はないでしょう。

発行までの時間は銀行により違う

デビットカードは、通常簡易書留などの郵送で届きますが、審査がない割に、届くまでに長く待たされます。10日~2週間ほどで届くか、3日くらいで着いてしまう早いカードもあります。
もしも、海外旅行などで使用することが決まってるのならば、逆算してデビットカードを申し込まなければ、間に合わなくなるでしょう。

銀行により年会費がかかるので注意

現在、クレジットカードは年会費無料のところが増えてきていますが、デビットカードも年会費無料のところが多いです。しかしそうはいっても、ソニー銀行が発行している「高島屋プラチナデビットカード」のように、年会費32,400円というとんでもなく高いカードもあります。これで一応、15歳以上で持てるようになるカードだそうです。
これは別格として、楽天銀行デビットカードVISAのように、2018年9月から年会費2,160円という、ネット銀行とは思えないデビットカードもあります。デビットカードを作る際は、年会費を払わないようにうまく考えて作ったほうが断然お得です。

審査のないデビットカードは学生や主婦に最適

デビットカードとクレジットカードは、両方ともそれぞれのメリット、デメリットがあります。デビットカードは、限度額は現在銀行口座に入ってる金額なので、使いすぎを防げます。現金で使うよりは、少しでもポイントが貯まってお得でしょう。
また、審査がないことは、主婦や高校生には便利でしょう。学生だとお金の使い方の勉強にもなり、主婦は節約ができるでしょう。日本では普及はこれからですが、デビットカードはクレジットカードと使い分けられるカードです。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪