退職理由を履歴書に書くときの正しい方法と注意点をおさえましょう

退職理由を履歴書に書くときの正しい方法と注意点をおさえましょう

ビジネス 2018.02.09

面接の指標となる履歴書の退職理由

転職をするとき、履歴書の職歴欄には退職理由を書かなくてはなりません。しかし、いざとなると退職の経歴はマイナスのイメージがあってどう書いてよいか悩むこともあります。

特に30代になりますとそれなりにスキルも積んでいるので、どのような理由で前職を退職したのかということが、その人の仕事に対する姿勢としても現れ、採用の一つの目安にもなります。しかし、ポイントを理解して書くようにすれば上手に書くことができます。転職に、より有利になるような書き方を学びましょう。

?履歴書に退職理由を書く時のポイント

わかりやすく簡潔に書く

まずは、なによりわかりやすく書くことが大切です。もともと履歴書は、企業に自分の経歴を一目で簡潔に説明するものですので、退職理由もやはり簡潔にわかりやすくするほうが印象がよくなるでしょう。

自分のことを素早く上手に説明ができるということは、転職活動にとてもプラスになります。長く書いてしまうと見た目にも重くなってしまいますから、どういう理由であっても、正確でスムーズに伝わるような書き方を意識しましょう。

どうしても、長く説明したい場合は、職務経歴書や志望動機欄、自己PR欄に書くと見やすくなります。

転職回数が多い場合は前向きな理由を書く

転職の経験が多いときは、一つひとつが極力イメージの明るくなるような書き方をしましょう。採用してもすぐに辞められてしまうのではないかと不安を与えてしまう可能性があるので、もちろん正直に書くことは大切ですが、なるべくやる気がある人材という印象をもってもらえるようにすることがコツです。

具体的には、さまざまな場所で幅広いスキルを身につけるためや、キャリアアップのために退職しましたなど、前向きな言葉を選ぶとよいでしょう。まず、自分自身でも前向きにとらえることです。転職が多いことは決してマイナスではありませんから、書き方をポジティブになるように工夫しましょう。

前職からの空白期間が長い場合は理由を書く

前職からの期間が長く空いている場合、その間は何をしていたのか、面接時でも聞かれることが多くなるポイントです。2~3カ月程度は転職活動として自然ですが、あまり長期間ですと、社会復帰できるのかや社会人として長く働いてくれるのかと心配されてしまいます。

この場合は、長く空いてしまった理由を書いておくようにしましょう。資格取得の勉強のためや、病気療養や妊娠や育児など、簡潔な言葉でわかりやすく添えておきます。たくさん書きたい場合は自己PR欄などにその間のことを書いておくとおさまりがよくなるでしょう。

?どうしても無理な時は書く必要なし

万が一、どうしても書くことができない場合は、無理に書かなくても大丈夫です。退職理由にもいろいろありますから、詳しく書きたくない場合は「一身上の都合」とし、自己PR欄に前向きなイメージを与えるようなアピールを書いておきましょう。

履歴書は正確に書くことが大切ですから、無理だからといて偽りの退職理由を書いてはいけません。書けないときは、代わりに履歴書からやる気が伝わるような言葉を記入するようにしましょう。

退職理由別の履歴書への記載方法

自己都合退職の場合は一身上の都合

自分から退職届などを出して退職した場合は、「一身上の都合により退職」と書きます。基本的に自己都合で退職したときはすべてこれになります。一見、響きがよくない気がしてしまい、会社側の都合と書きたくなりますが、経歴詐称となってしまう恐れがありますので、必ず「一身上」としましょう。

介護で辞めざるをえなくなったときや、人間関係が原因のとき、結婚や出産のときも「一身上の都合」となります。ただし、履歴書を受け取る側も、理由が気になると思いますので、詳しく書けるときは、例えば介護でしたら「介護のため」などと書いておくようにしましょう。書きたくないときは「一身上の都合」でよいですが、面接のときのために前向きな説明を用意しておきましょう。

?契約が切れた場合は契約満了

派遣社員や契約社員で契約が切れた場合は、「契約満了のため」とします。契約更新の話があったにもかかわらず自分で更新をしなかった場合も、契約期間満了までは働いたことになりますので同様です。

しかし、契約期間内に退職した場合は、自分の意志で辞めたことになるので、「一身上の都合」となります。前向きな理由を述べればマイナスにはなりませんから、素直に書くようにしましょう。このときも、理由は自己PR欄に記載して、退職理由欄は簡潔にしておくときれいにまとまりやすくなります。

?リストラや倒産の場合は会社都合

会社の業績不振によりリストラされた場合や倒産の場合、解雇や退職勧告を受けた場合は、「会社の都合により退職」となります。「大量離職」といい、会社で1カ月に30人以上の離職を予定されたり、被保険者の3分の1以上が離職した場合もこれにあたります。

しかし、会社が倒産しそうだからという理由やリストラされそうだからその前に自分から退職したという場合は、自分の意志での退職となりますので「一身上の都合」と書かなくてはなりません。特に、退職勧告後、退職が正式に言い渡される前に自分で辞めてしまう場合も同様となってしまいます。あくまでも、退職を会社から指示された場合が「会社の都合」ということになります。

リストラや倒産の場合は、自らその前に退職を志願したか、会社から指示があったかで退職理由が異なりますので注意しましょう。

体調に関することは健康上の理由

体調を崩したり、病気の治療のために退職した場合は、「健康上の理由」となります。この場合も印象がよくないからと書くのをためらいたくなりますが、面接のときに、「より仕事に力をだせるように治療に専念しました」など前向きな言葉を用意しておけば大丈夫です。そのためには、極力完治していることです。無理せずに完治してから就職活動をするようにしましょう。

「一身上の都合」でもよいですが、やはり聞かれることが多いですから、「健康上の理由」と正直に書いて詳細を説明できるようにしておくと安心です。

履歴書に退職理由を書く時の注意点

ネガティブなワードは書かない

実際、退職理由にはさまざまなものがあると思います。特に人間関係や会社の経営悪化など辛いこともあると思いますが、同じ内容でもなるべくマイナスな印象を与える言葉を使わないようにしましょう。人事の方に安心してもらえるような書き方をするほうが印象がよくなるからです。そして履歴書は、退職理由も含めて自分をアピールできるものでもあるからです。

新しい職場では何をしたいか、何ができるかなど前向きに考えると書きやすくなるでしょう。書けそうにない場合は、退職理由の欄がない履歴書を使うのも方法です。

また、セクハラやパワハラが原因の場合、自分で退職を志願して辞めたとしても、ハローワークに相談すると「会社の都合により退社」にすることができます。その際は、労働契約書やパワハラを受けた証明ができるものが必要になることがあります。その他にも同様にハローワークに相談することで「会社都合の退社」になるものがありますから、一度利用してみるとよいでしょう。

?退職理由は偽らない

退職理由は、不利にならないようにごまかしたくなりますが、偽ってしまうと経歴詐称になってしまいます。

書きたくないときは、上記にあげたいくつかの例と自分の退職理由を照らし合わせて、「一身上の都合により」や「会社都合により」のどちらかを使うようにしてかまいませんが、理由を記載しておいたほうが有利になることもあります。その際は正しい理由を、前向きな言葉に置き換えて書くようにしましょう。言葉を選べばマイナスな印象にはなりません。

特に一番最後の職歴は、今回の応募にもっともつながりますから、正確にしっかり書きましょう。誤解がおきそうな場合は、志望動機欄や自己PR欄を活用して前向きに説明しましょう。

退職理由は志望動機を意識しながら記入しよう

履歴書を書くときは、ポジティブな印象を与えるように書くことが転職成功の大きなポイントです。特に退職理由は、マイナスなことと思いがちですが、人事側も気にするところになります。

それは、前職を辞めてなぜうちの企業に応募してきたのかというところにつながるので、退職理由を書くときもその企業への志望動機を意識しながら書けば、説得力のある履歴書に仕上がります。志望動機を明確に伝えるためにも退職理由を上手に書きましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事