「40代男性の転職成功の秘訣」現実的な職場選びが正社員採用へ導く

「40代男性の転職成功の秘訣」現実的な職場選びが正社員採用へ導く

ビジネス 2018.02.09

40代男性の転職事情

40代男性での転職は、求人数が少ないため非常に難しく、長期戦を覚悟しなければなりません。単身ならまだしも、家族がいる人にとっては、死活問題です。そのため、40代で転職に踏み切るには、家族の支えや協力が必要不可欠です。では、できるだけスムーズに転職活動を進め、成功させるにはどうすればいいのでしょうか。この記事では、40代での転職活動をするときのポイントを紹介。現実的な転職と向き合ってみましょう。

40代男性が転職を成功させるポイント

転職エージェントに相談する

仕事探しで最も大切なことは、求人情報をどれだけ得ることができるかです。そのため、求人を集めるために利用するツールは重要になります。

40代の転職で、おすすめは、転職エージェント。転職エージェントとは、専属の専門家が転職活動をサポートしてくれるサービスのことです。実際の企業とのやり取りはエージェントがおこなってくれるため、企業に聞きにくい条件面や質問などが言いやすく、会社選びの失敗のリスクが軽減され、満足度の高い転職が期待できます。

転職エージェントは、業種別・男女別・無料や有料など、種類はさまざま。エージェントとの相性やエージェント会社の得意分野なども重要になってくるため、1社だけではなく、数社へ登録することがおすすめです。

正社員を募集しているところに応募する

正社員というこだわりがあるのなら、選ぶ企業の条件を、「正社員採用」に集中させるのも一つの方法です。この際、職種はあまり限定しないほうが、転職活動がスムーズに進みます。正社員で採用されるということは、スタートからそれなりの利益貢献が求められるということは覚悟しておきましょう。

最終目標を正社員におき、転職先が決まるまでは、派遣社員やアルバイトでつなぐという方法もあります。少しでも収入があったほうが、家計は助かりますし、無収入という焦りから解放されるため、精神的に楽になります。また、正社員登用有りのところは、能力が認められれば途中から正社員になれる可能性があります。どんなにつなぎの職場でも、手をぬかず、真面目に働く姿勢が大切です。

待遇の優先順位を決める

仕事探しをはじめる前に、企業に求める待遇条件の優先順位を決めておきましょう。40代の転職では、求める条件がすべて合う職場に入るのは困難です。優先順位をつけ、自分の中でのある程度の妥協点を探りましょう。例えば、年収・残業・休日など。まずは求める条件を整理し、順番をつけてみましょう。

家族がいる人は、自分ひとりで決めず、相談し合うことが大切です。夫は、しっかり休日がとれるところをと思っていても、妻は、ローンもあるし年収が高いところをと、考えが違う場合があります。トラブル回避のためにも、家族の共通認識がある上で、転職活動することが大切です。

未経験で専門性の高い業種は避ける

医療関係や金融関係、技術者など専門性の高い業種への、未経験での転職は非常に困難です。会社が40代男性に求めるものの一つが、即戦力です。一から指導するのであれば、変なこだわりや知識のない真っ白な若者を育てるほうが会社にとっては楽でメリットも大きいといえます。

たとえ、採用されたとしても、専門的な知識や経験が必要なため、転職後は大変な苦労が待っています。周りに追いつくため、勤務時間内での仕事とは別に、専門知識の習得や技術面での訓練など、睡眠や体力を削って、がむしゃらに努力しなければなりません。40代という年齢も考えると、異業種や専門性の高い業種への転職はいろいろな面で厳しいといえます。

40代男性の転職が難しい理由

全体的な求人数が少ない

求人数は年齢が上がるにつれ減少し、主に35歳を境目に急減します。また、職種にもよりますが、年齢制限を設けているところもあるため、年齢だけで不合格というところも少なくありません。企業は時間や労力、費用をかけ、人材を育成します。そのため、採用したからには、長く勤めてもらいたいと思います。したがって、よほどのスキルがないと、20代や30代の求職者とくらべると、転職は不利です。

専門性の高い業種や、国家資格が必要となる職種は別です。年齢に関係なく、キャリアアップを見越した転職が可能です。医療関係や金融関係、技術者などは、自分の専門分野にしぼり、より条件の合う職場を選びましょう。

人間関係が上手くいきにくい

40代の男性は、人によりますが、扱いにくいという部分から、採用を見送る会社も少なくありません。40代の男性は、前職では会社の中核的存在として働いてきたという人も多く、自分のやり方に対してある程度の自信があるため、こだわりが強くプライドが高い。そのため、どんなに仕事ができても、新しい会社のやり方に納得がいかず、なかなか馴染めないという人もでてきます。

また、40代で転職するということは、40代で新人になるということです。自分より若い社員も多く存在し、年下の上司ということも十分考えられます。自分は部下なのにも関わらず、年上なので態度が大きくなってしまったり、口出ししてしまったりと、年下の上司にとって、年上の部下は扱いやすい存在とはいえません。

プライドを捨て、新しい会社に染まる覚悟で働ける人の方が、人間関係が上手くいき、転職には向いています。

収入のアップが難しい

中途採用での年収のアップは、専門職でないかぎり、見込めません。40代での転職で、年収アップを目指している人は、なかなか転職活動は成功しないといえます。生活のできる最低限必要な収入のボーダーラインを考え、もう少し現実的な条件に切り替える必要があります。

基本的に、収入アップが見込めるのは、専門職や管理職採用、ヘッドハンティングでの転職です。その他で収入アップを狙うのなら、今の会社で昇給を目指すほうが早いかもしれません。

40代男性におすすめの転職先

人手の足りていない介護業界

高齢化社会に伴い、介護業界は人手が不足しているため、比較的採用確率が高い職業です。仕事内容が大変なことと、給料があまり高くないことから、若い人材はすぐ辞めてしまうので、ある程度社会経験があり責任感をもった40代は好まれます。ある程度体力に自信があり、手助けをすることに抵抗がない人にはおすすめです。

勤務条件は、会社にもよりますが、基本、夜勤を含んだシフト制。年収は200万円から600万円です。年収に開きがあるのは、介護福祉士など国家資格をとれば、給料アップが見込めるからです。介護業界は、資格を取り、経験を積むことで、数年でキャリアアップも可能です。

免許があればOKのタクシー運転手

タクシー運転手も、人材が不足している業界です。そのため、初心者や未経験者関係なく、正社員での転職はさほど難しくありません。普通免許があり、運転に慣れていれば、ある程度自由がきく職場環境のため、長く働き続けられそうなイメージがあります。

勤務条件は、基本、隔日勤務制。仮眠や睡眠をとりながら働きます。会社によっては、早朝や深夜に働くこともあります。年収は、歩合制のところが多く、人によって大きく差がでます。タクシー会社は、会社によって勤務条件や給料体制、待遇が大きく異なります。会社選びは慎重におこないましょう。

幅広い年代が活躍できる警備員

警備員は、とくに年齢制限もなく、仕事の種類も豊富。特別な資格も不要なため、チャレンジしやすく正社員としても採用されやすい職種です。人から頼られたり、感謝されることにやりがいを感じられる人、忍耐力があり責任感が強い人にはおすすめです。

勤務条件は、基本、夜勤を含むシフト制。他の仕事に比べると、労働時間が長くなるのはデメリットですが、警備の種類によっては、日勤のものもあります。年収は、300万円前後。施設警備・交通誘導・輸送警備・身辺警備など警備の種類によって、金額も異なります。雇用形態や条件、保険や保障内容は、警備会社によって異なりますので、面接の際にしっかり確認するようにしましょう。

即戦力となって貢献できる会社を見つけよう

40代の転職は、未経験から新たなチャレンジができる場ではなく、自分の強みを生かせる会社を見つけることが大切です。それには、自分や家族としっかり向き合い、妥協点を探っていくことが必要です。転職で、自分の条件が通りやすいのは、20代まで。まずは、たくさん履歴書を送り、面接を受け、40代での転職がどれだけ厳しいのか、現実を知ることも勉強の一つです。家族がいる人は、自分だけの人生ではありません。しっかり考えてから行動するようにしましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事