転職するのが難しい理由とは?職種や特徴を知って成功のヒントを得る

February, 09, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

難しいといわれている働きながらの転職

転職が難しいといわれている最大の理由は、働きながらの転職活動が困難だからです。転職をスムーズにこなすためには、次の就職先を決めてから退職すると安心です。しかし、これを実現させるためには、働きながら転職活動を完了していかなければなりません。

働きながらの転職活動は、時間の制限が多いうえに制約も多く、大変動きにくい状況となります。だからこそ、転職が難しいとされるのです。そんな転職を成功させるたの、いくつかのヒントをお伝えします。

転職が難しい人の特徴

年齢が35歳以上

転職が難しいとはいっても、中にはトントン拍子に転職が進む人もいます。では転職が難しい人には、どんな特徴があるのでしょう。

まず第一に、年齢が35歳以上の人が挙げられます。一般的に転職しやすいのは、30代前半までといわれています。35歳以上にもなってしまうと、なかなか会社側もスムーズに採用してくれなくなってしまいます。

35歳以上になってからの転職には、よほどの理由があると考えられます。基本的に問題なく働いていれば、35歳以上の転職はあまりないからです。つまり35歳以上で転職を考えている人は、何かしらの問題があるのではと、会社側も構えてしまう部分があるのです。

もちろん、35歳以上だからといって、必ずしも採用されないことはありません。あくまでも年齢的な部分で、転職のハードルが上がるということなのです。

1年未満で仕事を辞めた人

今までの職を、1年未満で辞めている人も、転職が難しいといえます。1年ももたずに職を辞めるということは、よほど何かトラブルがあったのではと想像されてしまうのです。特に1年未満の就職で、職場を転々としているような場合には、転職活動も大変不利になってきます。

また、第二新卒の場合にも、前職が1年未満の就業となるので、転職は難しくなることもあります。仕事を1年未満で辞めるということは、忍耐力がないと考えられてしまうことも多くあります。どんな仕事にも、忍耐は必要です。そんな理由からも、1年未満で仕事を辞めていると、転職が難しくなってくるのです。

どんなに若いとはいえ、1年も仕事が続かないということは、会社にとっても不安なものです。さらに転職回数が多い場合にも、やはり転職は難しくなってくるといえます。

結婚後の女性

結婚後の女性も、転職がなかなか難しいとされています。これは、女性ならではのライフイベントが大きく関係しているのです。女性は結婚すると、妊娠して出産する人が大半です。妊娠して出産するとなると、少なくとも産休を取らなければなりません。出産の前後は、就業できないと法律で決まっているからです。

さらに、待機児童であふれている現代では、育児休暇が長くなることも少なくありません。会社にとっては、こうした妊娠・出産にともなう休暇が懸念となってくるのです。休暇を取られてしまうと、当然、その仕事を補填するための人員を用意しなければならないからです。

しかし最近では、女性のこうしたライフイベントにも、深い理解を示す会社が増えてきています。そういった会社でない限り、基本的には結婚後の女性は、転職が難しいといえるでしょう。

前職の雇用形態が正社員以下

転職が難しいとされる人には、前職の雇用形態が、正社員以下である場合も含まれます。正社員であることは、転職において基本と考える会社も多くあるからです。

たとえば、前職が契約社員であった場合、正社員ではなく、なぜ契約社員であったのかを、しっかり説明できないと不利となってしまいます。会社側が、納得できるような理由を持ちあわせていなければ、転職先でも正社員登用を渋られてしまう可能性があるのです。

そして、パートであった場合も、転職には大変困難な壁が立ちはだかります。パートは、いわゆるアルバイトと同じ立ち位置となるので、正社員として働かなかったそれなりの理由が必要なのです。したがって、前職が正社員ではない場合には、なぜその雇用形態で働いていたのかを、きちんと説明できるように準備しておきましょう。

転職するのが難しい職業

倍率の高い公務員

転職することが難しい職業も、もちろんたくさんあります。まずは、人気が高く、倍率が非常に高くなっている公務員です。

公務員にもさまざまな職がありますが、中でも市役所職員などは人気の高い職業です。公務員の中でも、比較的ハードルが低いことも、人気の理由かもしれません。公務員になるためには資格も必要なので、公務員を目指す場合は、まず資格を取得していきましょう。

専門的な技術が必要な技術職

専門的な技術を必要とされる職業も、転職が困難な職業といえます。技術職に関しては、知識以外に経験がものをいう部分があります。

そのため、専門的な技術を持っていて、それなりの経験がなければ転職は難しいのです。たとえば、電気関係の技術職は、資格や経験が必要となってきます。また、開発などの技術職も、新人が誰でもなれるような職業ではないのです。

豊富な知識が必要な専門職

技術職以外にも、豊富な知識を必要とするような専門職があります。そんな専門職は、気軽に転職できるような職業ではありません。

専門職の人は、しっかりと下積みの勉強をした上で仕事に就いています。そして、長年の経験を武器として、専門職に取り組んでいるのです。そんな専門職に就くことは、並大抵のことではありません。

どうしても専門職を目指すのであれば、まずは、豊富な知識を得るところから始めていきましょう。資格などを取って、知識の証明にすることもよいかもしれません。そして、バイトなどでもいいので、専門職の経験値を上げていくとよいでしょう。

未経験では無理な総務や事務職

未経験で、いきなり総務をやりたいということは難しいものです。事務職を経験しているならまだしも、総務はそう簡単に転職できるものではありません。

たとえ事務職であっても、全くの未経験では、転職は難しいとされています。特に最近では、事務職はとても人気が高いので、経験者のほうが採用されやすくなっているのです。

このように、未経験から突然、総務や事務職に転職したいということは、困難といえます。どうしても目指したい場合は、やはりどこかしらで経験を積んでいくほうが無難でしょう。

難しい転職を簡単にするヒント

転職に有利な資格をとる

大変難しいとされている転職ですが、簡単にスムーズに運ぶためには、いくつかのヒントがあります。まずは、転職に有利な資格をとっておくことです。最近では資格の種類はとても幅広く、さまざまな種類のものがあります。国家資格から民間資格まで、難易度にも大きな違いがあるのです。

たとえば、ファイナンシャルプランナーの資格は、需要も高く人気の資格といえます。そんなファイナンシャルプランナーも、通信で取れるようになっています。また、運転第二種免許を取っていれば、バスやタクシーなど、お客様を乗せて運転ができるようになります。こうした特殊な資格や免許があれば、難しいとされる転職も有利に働くのです。

そこで、自分が目指す転職先に有利となる資格を調べて、取得していきましょう。働きながらでも、通信教育やオンライン教育ならば、資格取得も不可能ではありません。そして、資格という大きな味方を付けてから、転職に踏み切るのです。

転職エージェントに相談する

難しいといわれている転職だからこそ、プロである転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントには、その時々の転職事情にくわしいプロが大勢います。そして、自分に合った転職方法や転職先を、第三者目線でアドバイスしてもらえるのです。

最近では、さまざまな転職エージェントがあり、ネットで簡単に登録ができます。いくつか転職エージェントに登録して、自分に合うエージェントを探してみてもよいでしょう。転職エージェントならば求人も多くあるので、自分一人で転職活動をするよりも有利に働きます。ぜひ、一人で悩まずに相談してみましょう。

企業の口コミをチェックする

ネット社会といわれる現代では、さまざまな企業の口コミが、ネット上に公開されています。そんな口コミは、ぜひ転職活動前にチェックしていきましょう。口コミを見れば、現在の企業の内情やニーズが見えてくる場合も多くあります。特にニーズが分かれば、それに対する対策を講じていくことが可能です。

企業はたくさんの応募の中から、ニーズに合った数人だけを採用します。その数人に残るためには、ほかの人との差別化が欠かせない要素となってくるのです。

企業の口コミでさまざまな情報を収集したら、自分なりに、企業から「欲しい」と思われるポイントをまとめていきましょう。そして、そこで自分だけの価値を付け加えて、武器としていくのです。

実績を活かせる転職先を選定しよう

転職は、確かに簡単なものではありません。しかし、一概に全ての転職が難しいというわけではなく、人によっての特徴や職業にもよっても、違ってくるものです。

そこで、転職を成功させるためには、まず転職するためのヒントを押さえて、しっかりと実践していきましょう。そして、新しい職種に進むにしろ同じ業種に転職するにしろ、自分のこれまでの実績を、活かせる転職先を見つけていくとベストです。

転職において、全くの未経験は大変不利となります。そのため、どんなに畑違いの職業であっても、今までの実績を活かせるような転職先を選ぶことが大切なのです。こうしたポイントを押さえて、ぜひ転職を成功させていきましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪