退職理由を聞かれたら?転職する際のポジティブ回答とは

退職理由を聞かれたら?転職する際のポジティブ回答とは

ビジネス 2018.02.09

退職理由をポジティブに変換できるかが鍵

転職時の面接で応える退職理由を、ポジティブに変換できるかが鍵といっても過言ではないでしょう。会社側は、面接者がどのような経緯で前職を退職し、この会社に応募してきたのかを知りたいと考えています。面接時での退職理由の回答を明確に答える事が面接制覇につながっていくのです。

転職先の面接で退職理由を伝えるポイント

前向きな退職理由を述べる

転職先の面接で、退職理由は必ず聞かれる質問となります。答える際大切なことは、キャリアアップを目指すためであることや、やる気を持っていること、なりたい自分になるために必要な仕事であることなどを盛り込んで話すとよいといえます。

退職理由は、ネガティブなものとポジティブなものがあります。会社側が危惧するポイントは、ネガティブな理由なのではないかということです。前向きな退職であるのならば、会社側としても納得しやすいといえます。

自分の将来のためのステップアップに必要なスキルがあるなど、雇用したくなるような理由を述べるとよいでしょう。決して、前職の悪口を含めるようなマイナスイメージを語るのはやめるようにして下さい。できるだけ、前向きであることを主張するようにしましょう。

転職理由と志望動機は一貫性を持たせる

面接マニュアルのようなものを参考にして、かいつまんだいい所取りの回答を用意していると、つじつまの合わない回答をしてしまう場合があります。転職理由と志望動機は、一貫性を持ったものにしておく必要があるのです。

例えば、転職理由はキャリアアップのためのスキルを伸ばすためだと回答し、志望動機は給料アップのためだというような回答をしてしまうと、会社側は一貫性を見いだせないことになります。転職理由がキャリアアップと答えたのなら、志望動機はその仕事内容への興味を答える方がよいでしょう。

はっきりと自信をもって答える

面接時の回答の内容がしっかりとしたものであっても、肝心の印象を与えるポイントを小声でぼそぼそと答えるようでは、あまり好印象を与えません。そして、せっかくの回答も自信のなさが見えてしまい本当に思っているのだろうかと不信感を持ってしまいます。

面接の質問に答える場合は、堂々と説得力のある答え方をするようにしましょう。はっきりと回答することで、自信が感じられやる気があるように思われるのです。どんなことでもそうですが、同じことをいっていてもはっきりしない声で話されては興味を引きません。

はっきりと堂々とした態度で話されると、相手は興味を引かれるものです。面接のときには、必ず堂々とした態度で話すようにして下さい。

転職面接でNGな退職理由とは

前職の悪口を述べる

先程少し述べたように、転職での面接で前職の悪口を述べることは避けるべきです。前職について思っている批判的な思いや、不平不満などを面接時に語るのはタブーです。例えば、給与や待遇面などの不満や会社の上司などの悪口などをいえば、転職先の会社側にはよい印象を与えることはありません。

悪口や批判的なことを話せば、入社したあとに自分の会社のことも同じようにいうのではないかと思われてしまうのです。不満を述べるということは、どこに行っても同じように思って、また退職をしてしまうのではないかという感じを与えてしまいやすいのです。

ウソの退職理由を述べる

転職先で退職理由を述べる際に、馬鹿正直にすべての理由を述べる必要はないですが、まったくの嘘を述べることもよくありません。退職理由に、ある程度の工夫は必要ですが、嘘だらけの内容というのも相手に見透かされてしまう可能性が高くなります。

ここで覚えておきたいのは、述べ方の工夫とウソは違うという点です。ベースにある部分を上手に盛り込んで、工夫をして述べることはとても大切なポイントです。聞き手が興味を示すような内容で、話すことは面接時に重要なことであると覚えておくとよいでしょう。

面接官は退職理由で何を見ているのか

面接で退職理由を聞かれるのは、いったいどういった目的で聞かれるのでしょうか。その回答から会社側が知りたいと思うのは、自分に合った人材かどうかという点や責任感がある人材か、意欲があるかどうかを見極めたいと考えているのです。むしろ、会社側が知りたい一番のポイントではないでしょうか。

面接で使える理由別の退職理由の例文を紹介

人間関係が理由で退職した場合

転職先での面接で、ネガティブな理由の退職理由をポジティブに回答するには、どのような回答をすればよいのでしょうか。退社を決意した理由が、人間関係によるものだった場合はどうでしょうか。人間関係が辛くて退職しましたと回答すれば、会社側は不安を感じてしまいます。

また入社をしても、人間関係がうまく作れなくてやめてしまうのではないか、実はトラブルメーカーだったのではないかという疑いをもたれてしまう可能性があります。人間関係が理由で退職した場合は、ポジティブな内容に工夫をして伝えるとよいでしょう。

例えば、前職が個人ノルマがあったり、個人で仕事をする機会が多かったため、あまり周りの人達と一緒に仕事をするような環境ではなかったのですが、自分自身はチームプレイが向いている性格のため、チームプレイがしたいので転職を決めたといったような内容で伝える方が効果的だといえるでしょう。

子育てのする場合

女性の場合、出産を機に退職をする場合と育児休暇を取得して仕事を続けるケースがあります。前職を退社した理由が子育てのためだった場合は、理由としては理解されやすい内容ですが、伝え方を間違ってしまうと会社側にマイナス的な印象を与えてしまいやすいので、注意が必要です。

子育てが理由で退職を決意した場合は、出産後も仕事を継続する気持ちはあったものの、勤務体系的に難しいと判断したため、育児休暇を取らずに退社を決意し、今までのスキルや経験を活かして働ける会社を探していたというように、働く意思があったことを伝えましょう。

子育てに理解のある会社も増えてはいますが、古い体質の会社では子育てに左右されて、勤務体制に影響が出ることを危惧する場合もあります。勤務をするにあたって、子育ての環境がどうなっているかを聞かれる場合もあるので、仕事に支障がないような環境を整えていることを伝えるとよいでしょう。

病気が理由で退職した場合

退職した理由が病気であった場合、面接官にどのような形で伝えるべきなのか、悩む人も多いのではないでしょうか。病気ということを理由にした場合、相手側がマイナスとして捉えてしまうのではないかと考えてしまいます。再発の心配や、業務への影響などを危惧させてしまい雇用されないのではと悩みます。

病気が理由で退職した場合、他の理由を加えることなく正直に答える方がリスクを抑えられます。理由となった病気については、治療済みであることを伝え、現在の健康状態は良好であることが伝わるような話し方をするように心掛けましょう。

前職で休みも返上し、残業もいとわず業績のために頑張り続けた結果体調を崩してしまったと伝え、治療に専念するために退社をし、現在は完治していることを話しましょう。自己の健康を過信していましたが、病気になったおかげで健康管理ができるようになり、それ以来健康だといえばポジティブな印象になります。

さらに、病気の間に自分のスキルを上げるために勉強をしていたなどと、会社が必要とするスキルについて学んでいたといえば、意欲的な印象すら与えることができるのです。病気が理由の場合は、聞かれない限り病状などを詳しく話さず、体調を崩したということと完治していることを伝えるようにしましょう。

前者が倒産またはリストラされた場合

前職の会社を退職した理由が、倒産またはリストラされた場合は、会社側にとってマイナスイメージを与えるものなのでしょうか。このケースの場合も、正直に述べることが大切です。会社の倒産は、自分の不利には当たりません。

会社の倒産が理由である場合は、そのまま答えれば特に問題はありません。もし会社側から、何故倒産したのかを聞かれたら答えればよく、敢えて前社の悪口になってしまうような理由を話す必要はありません。倒産をきっかけに、経験を活かして頑張れる仕事を探したと伝えるくらいで十分です。

リストラが原因で退職をした場合は、ネガティブに伝えるよりもポジティブに解釈できるような伝え方をするように心掛けましょう。リストラに関しても、倒産と同じく会社都合による退職です。特に詳しく話す必要はなく、聞かれたら業務の縮小などが理由であると伝えればよいでしょう。

給与を上げたい場合

多くの人の本音は、給与が高い会社で働きたいというのは同じです。しかし、この理由を前面に出すのはNGだといえます。給与面での不満を退職理由にした場合、働くだけ働かせておいて、給料は一向に増えないというお金の不満だけが会社側に伝わってしまいます。

給与が不満で、退職をした場合は、自分の業績を正しく評価をしてくれる会社で働きたいと思ったと伝える方がベターです。例えば、前社は給与が年齢給だったため、どんなにトップの業績を上げたとしても、給与面での評価を与えられることがなかったので、実績を評価されたいと願っていたと伝えましょう。

給与の不満を話すうちに、前社の悪口になってしまいがちです。前社での仕事内容の経験やスキルを活かして、自分を評価してくれる会社で頑張りたいと答えれば、意欲的な印象を与えることができます。

結婚または夫の転勤

女性の退職理由で多いのが、結婚を機にして退社をするケースです。そして、結婚後夫の転勤のために退職しなければいけないケースもあります。もちろん、結婚をしても仕事を継続する女性も増えていますが、仕事内容によっては、退職をしなければならなくなることもあります。

結婚を理由に前職を退社した場合は、結婚を機になぜ辞めたのかという理由を知りたいと会社側は考えます。例えば、結婚により引っ越さなければいけなかった、夫の家族の面倒を見なければいけなかった、夫が忙しすぎて家事に専念することにしたなど、わかりやすい説明を加えるとよいでしょう。

夫の転勤が理由だった場合は、転勤がなければ退職するつもりはなかったことを伝えるのはプラスになるでしょう。会社が考える結婚をしている女性への危惧は、仕事に対して家族の理解があるのかという点や、残業などに対応してくれるのかどうかという点です。

必ず、家族の理解があることを話し、前職のときも残業していたなどということを交えて伝えるとよいでしょう。家族の理解が得られて働いてくれるという印象があれば、相手側にもポジティブに伝わります。

短期間での転職

短期間での転職を決意した場合、その短さに会社側は不安を覚えます。またすぐに退職してしまうのではないか、実はトラブルメーカーなのではないかと危惧されてしまう可能性があります。短期間での転職の場合は、理由を明確に伝えることでネガティブな部分をプラスにすることができます。

短期間での退職でも、やむを得ない理由のケースもあります。入社してすぐに、会社が倒産になったり、病気になってしまった、夫の転勤が決まってしまったなど、短期で退職しなければならなかった理由を伝えれば、マイナス要素だけにはなりません。

短期で退職をした理由が、自分の都合であった場合はその理由について、会社側に非があった場合自分がどのような対応をした結果退職になったのかを明確に伝えましょう。例えば、約束されていた業務内容とは違う職務を与えられ、自分が試したかった業務に携わることができなかったケースの場合はどうでしょうか。

この場合、約束と違ったから退職をしたとだけ伝えてしまうと、わがままな印象だけを与えてしまいやすくなります。約束された部署の仕事も携わってみましたが、やはり希望職のキャリアを積みたいという思いが強くあったため、上司に相談をしてどうしても移動が難しいといわれたためと、行動をした旨を伝えましょう。

Uターン転職をしたい場合

Uターン転職を希望するという理由で退職をした場合は、ポジティブな部分とネガティブな部分が予想されます。ネガティブな理由を持たれないように理由の前面に出すのはNGだといえます。仕事上でのキャリアアップを目指したいという理由を全面に出しておく方がベターです。

そして、都会を離れて地元に帰り就職をする理由を聞かれた場合は、家庭の事情によるやむを得ない理由であることや、地元で自分の力を発揮して活性化させたいなどの、やむを得ない理由かポジティブな理由を伝えるようにしましょう。

間違っても、都会の忙しさに疲れたとか、残業をしたくないなどと地元に逃げ帰ってきたような印象を持たれないようにする必要があります。地元が好きであることや、親元で働くことで親を支えることができるなど、好印象のある回答を選びましょう。

会社に退職を伝える方法

直属の上司に話す

会社に退職の意思を伝えるにあたって、守っておきたいマナーがあります。まず、退職をする意思を誰に話したらよいのかという点は、自分の直属の上司に話すのが常識です。直属の上司のスケジュールを考えて、タイミングのよいときにアポを取っておきましょう。

事前にアポを取ることで、上司に迷惑を掛けずに済みます。自分の都合だけで、突然話すのはマナー違反となります。直属の上司のアポが取れたら、直接話すようにし相談をするようにしましょう。

1カ月から2カ月前に話す

退職の意思を伝える際に、タイミングもマナーのひとつです。明日から辞めたいですというのは、当然無理な話です。仕事上の引継ぎを考えて、少なくとも1カ月から2カ月前に上司に話すようにしましょう。自分のポジションによっては、もう少し早めに話すなど状況を踏まえてタイミングを計るとよいでしょう。

体調不良や、予期せぬ状況が発生した場合は仕方ありませんが、社内に迷惑がかからないような配慮を考えるのが大人のマナーです。どんな理由にしろ、お世話になった会社に対して誠意を持った形で対応するべきなのです。

退職理由は「個人的な理由」が無難

上司に退職の旨を話す際にもマナーがあります。退職理由は、シンプルに「個人的な理由」が無難だといえます。上司に対してこのタイミングで、不平不満はNGです。どんなことがあったにせよ、円満退職に持っていく方がお互いによい結果となります。

退職の意思を決めるまでに、改善を目的に上司に相談をするのはよいですが、退職を決意したのであればその時点でまた不平や不満を述べるのはあまりよいことではありません。退職を決意したとなったのなら、文句などを並べてもめるようなことは避けるべきです。

より良い自分になるために転職しよう

昔は、ひとつの会社で長く務めることを美徳と考えられていました。しかし、現代では自分のスキルや経験を活かして新たな会社でキャリアアップを計ることは、とても大事なステップアップと考えられています。よりよい自分になるために転職をしてキャリアアップを目指してみませんか。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事