ポンタカードの作り方は?賢く使う方法も知ってお得に使おう

July, 27, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

ポンタカードを作ってみよう

ローソンやゲオ、昭和シェル石油などで利用できるポンタカード。お買い物の時に、「ポンタカードはお持ちですか?」と聞かれたことはありませんか?存在は知っていても、どうやって作ったらいいのか分からず、今まで持っていなかったという方もいることでしょう。
ポンタカードは提携店が多いのでポイントが貯まりやすく、貯めたポイントを1ポイント=1円でお買い物の時に使うことができる便利なカードです。インターネット、もしくはポンタカードが使えるお店で簡単に作れます。ポンタカードの作り方を確認して、毎日の買い物に利用してみましょう。

ポンタカードとは何か

ポンタカードは買い物の利用額に応じてポイントが付与されるサービスです。全国多数のお店やサービスでポイントを貯めることができます。カードを作る前に、ポンタカードの詳しい情報を確認しておきましょう。

ポンタカードの運営会社は

ポンタカードの運営会社は、三菱商事の100%子会社(設立当時)であるロイヤリティマーケティングです。三菱商事と関連の深いローソン、昭和シェル石油、ゲオなどのポイントカード会員をポンタカードに移行することで、サービス開始当時から約2000万人の会員がいた、規模の大きなカードです。

マスコットキャラクターはポンタ

ポンタカードのキャラクターは『ポンタ』。消費者や提供企業にとってのポンタターミナルとなるという意味や、ポイントがポンポン貯まるということから名づけられています。ポンポンというイメージから、キャラクターはタヌキを採用しており、提供企業ごとに衣装などもチェンジしていて、親しみのあるキャラクターです。

ポンタカードのポイントを利用する為には

ポンタカードは会計のときに提示すればポイントが貯められますが、貯まったポイントを利用するためには、会員登録が必要です。ポンタカードのwebサイトで登録が可能なほか、ローソン店頭にあるLippiを操作して登録する方法や、電話での登録もできます。

ポンタカードの種類

様々なお店でポイントが貯まるポンタカードですが、種類がいくつかあり、ポイントの貯まり方も異なります。

年会費無料のポンタカード

ポンタポイントが使える提携店で作ることができる一般的なカードです。

  • ローソンPontaカード
  • ローソンストア100Pontaカード
  • シェルPontaカード
  • ゲオPontaカード
  • ルートインホテルズPontaカード
  • HMVPontaカード
  • JALPontaカード
  • ヒマラヤPontaカード
  • オート・インフォPontaカード
  • クオールPontaカード
  • Golfers Pontaカード
  • セカンドストリートpontaカード
  • ONIXPontaカード
  • ウェディングPontaカード
  • 冠婚葬祭Pontaカード
  • 教育マイレージPontaカード
  • JR九州Pontaカード
  • ねいるんるんPontaカード

作った店舗によってデザインが異なりますが、どの店舗で作っても、提携店であればポイントを貯めたり使ったりすることができ、機能面には違いがありません。年会費が無料なので、よく利用するお店があったら簡単に作成できます。

プリペイド機能が付いたポンタカード

プリペイド機能が付いたPontaカードは、基本的には3種類あります。

  • ローソンおさいふPontaカード
  • ニシムタPontaカード
  • アルビスPontaカード

いずれも店舗で作成でき、電子マネーをチャージして、ローソン、ニシムタ、アルビスでの店舗での買い物や、国内JCBマークのお店約1,000万店舗でも使用できます。また、ネット通販でクレジットカードが必要な場合、金額をチャージしておけばクレジットカードとしても利用できます。アルビスポンタカードはCoGCA機能が搭載されています。
このほか期間限定で、アーティストやキャラクターとコラボしたプリペイド機能付きのポンタカードが発行されることがあります。
金額をチャージしておけば現金を持ち歩く必要がなく便利です。チャージは店頭、もしくはWEBサイト上でもクレジットカードを利用してチャージできます。

クレジット機能が付いたポンタカード

Pontaカードにクレジット機能がついているものがあります。

  • Ponta Premium Plus
  • ローソンPontaカードVisa
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • ローソンPontaカード
  • ルートインホテルズPontaVISAカード
  • シェル-Pontaクレジットカード
  • ヒマラヤPontaカードPlus
  • SHIMIZU With Card
  • ニシムタPonta JCBカード
  • アルビスPontaカードプラス

ローソンをはじめとした多数店舗では、クレジット機能付きのポンタカードを発行しています。通常のカードとの大きな違いは、ポンタポイントが貯まりやすいということ。例えば、ルートインホテルズでは通常のカードでは100円につきポンタ3ポイント貯まるのですが、クレジット機能が付いているポンタで決算すれば、さらにポンタ7ポイント、合計で100円につき10ポイントも貯めることができるのです。
これは一例なので、作成するカードによってポイントの貯まり方は異なりますが、よく利用するお店があるのでしたら、クレジット機能がついたポンタカードのほうが断然お得にポイントを貯められます。ただし、カードによっては年会費がかかる場合がありますので、作成する前に確認しておきましょう。

ポンタカードの作り方

それでは、ポンタカードの作り方を見ていきましょう。

年会費無料のポンタカードをインターネットで作る

Ponta webでポンタカードの申し込みができるので、必要事項を入力して作成してみましょう。店頭で入手するポンタカードと異なり、申込みと一緒に会員登録もできるので、届いたその日から貯めたポイントを使うことができます。インターネットで申し込みができるので家にいながら作れるのは便利ですが、郵送で届くまでには2週間ほどかかることは覚えておきましょう。

年会費無料のポンタカードを提携店で作る

年会費無料のポンタカードは、提携している店舗で作れます。店員さんにポンタカードを作成したい旨を伝えましょう。店舗で作成すれば、その店舗のオリジナルデザインのポンタカードを入手できます。よく利用するお店のものや、好みのデザインのものがあったら作ってみるといいでしょう。年会費無料のポンタカードの作り方を一部紹介します。

ローソンで作る

身近にあるコンビニのローソンは、ポンタカードを使う機会が多い店舗です。ローソンでは、商品棚の横やフリーペーパーを設置しているところなどに、ポンタカードが付属されている案内書を置いています。
それを貰えばその日からポイントを貯めることができ、ローソン店頭にあるLoppi、もしくは自宅のパソコン・スマホでPonta webにアクセスして会員情報を登録すれば、貯めたポイントが利用できます。案内書に記載されている電話での登録も可能です。ポンタカードの作成方法として、最も一般的な方法です。

昭和シェルで作る

日常的に車を使うのであれば、昭和シェルで作ってみてはいかがでしょうか。ガソリンは一回に給油する量が多く、値段も高額なので、ポイントの還元率が良く貯まりやすいことが魅力。
サービスステーションで店員さんに尋ねれば、Pontaカードが付属されている案内書を貰え、ポイントはカードを受け取ったその日から貯めることができます。ローソンと同じで、ポイントを利用するための会員登録は自分で行う必要があります。昭和シェルのWebサイトで登録を行うか、案内書に付属されているハガキに必要事項を入力し返送することで、登録が行えます。

ゲオで作る

ゲオでレンタルを利用する際、ポンタカードが会員証代わりとなります。免許証やパスポート、学生証などの身分証明書をゲオの店頭に持っていって作成できます。ゲオのホームページからも申し込みが可能ですが、届くまでに2週間ほどかかります。レンタルを利用するときに、本人確認のための身分証明書を提示してください。
なお、すでにポンタカードを持っている場合、身分証明書を店頭に持っていけば、レンタル機能を付けてもらうことができます。

クレジット機能付きのポンタカードを作る

クレジット機能付きのポンタカードは作成の仕方や年会費の条件がカードによって異なります。一部ですが紹介するので、確認しておきましょう。

Ponta Premium Plus

一般コースとリボ専用コースがあり、いずれもインターネットから申し込みが可能です。捺印や煩雑な書面のやり取りが必要なく、Web上で必要事項を入力するだけで作成できます。
一般コースでは100円で1ポイント、リボ専用コースでは100円で2ポイントの還元率となっています。さらに7月と12月には特別還元のサービスもあり、便利なクレジット機能だけでなくポンタポイントが貯まりやすいという点でも便利なカードです。年会費は初年度が無料、次年度は条件付きで無料で利用できます。

ローソンPontaカードVisa・JMBローソンPontaカードVisa

webから申し込みして作成できます。100円で2ポイントの還元率なので、ポンタポイント提供店をよく利用するという方には、一番効率よくポイントを貯められるカードです。JMBローソンポンタカードVisaにはJALマイレージバンクの機能も付いています。ETCカードの同時申し込みも可能です。
入会はインターネットから24時間受付をしています。必要事項を入力した後、申し込み確認の電話があり、審査に入ります。通れば確認メールが届き、到着した日の翌日から数えて最短3営業日後にカードが発送されます。年会費は無料です。

Orico Owners Card for BIZ Ponta Course

個人事業主や法人代表者向けのポンタカードです。元から所有しているポンタカードにポイントを付けることができ、経費決済の時に活用できます。ホームページから必要事項を入力して申し込みをします。初年度は無料ですが、次年度から年会費2,000円が発生します。ただし、年間10万円のカード利用があれば、次年度の年会費は無料になります。

プリペイド機能が付いたポンタカードを作る(ローソンおさいふPonta)

プリペイド機能付きポンタカードは3種類と上記で紹介していましたが、ローソン店頭で気軽に作れるのがローソンおさいふPontaです。審査が不要なカードなので、子どもでも使うことができます。
ローソンの店頭で案内書とカードを貰い、Webサイトやローソン店頭のLoppiにて会員情報を登録しましょう。なお、これまでポンタカードでポイントを貯めていたなら、おさいふPontaのホームページやLoppi、おさいふPontaの電話から、会員情報を移行できます。
おさいふPontaカードに金額をチャージしておけば、プリペイドカードとしてだけではなく、クレジットカードとしても利用できます。ネットショッピングでクレジットカードが必要な場合などに便利です。

ポンタカードを使えるお店

ポンタカードは提携しているお店で利用できますが、カードを作成した店舗以外でも貯められるお店が数多くあります。

提携店で使う

ポンタカードは百貨店、スーパー、コンビニ、旅行、レジャー、グルメ、ファッション、ネット通販、チケット、光熱費の支払いなど各種サービスで、全国約17万の店舗で利用が出来きます。
店舗の一例としてはローソン、昭和シェル石油、じゃらん、ホットペッパー、ケンタッキー、ゲオ、ボンパレモールなどが挙げられます。
料金支払いの際に提示すればポイントが加算され、貯まったポイントで支払いが可能です。利用できる提携店はまだまだあるので、詳しくはPonta wabを参照してみてください。
【参照リンク:https://point.recruit.co.jp/point/?tab=pointUseService

ゲオでレンタルカードに

ゲオでは、ポンタカードがレンタルカードとして利用できます。店頭でポンタカードを作成できるし、もう持っているのなら身分証名称を持っていけば、レンタルカードの会員登録ができます。

ポンタカードのお得な使い方

ポンタカードのポイントは、1ポイント=1円で現金の代わりの支払いとして使うこともできますが、もっとお得な利用方法もあります。

ローソン お試し引換券を使う

貯まったPontaポイントは、ローソンの商品のお試し引換券と交換ができます。期間によって引き換えできる商品が異なり、ローソンの公式ホームページやローソンのスマートホンアプリ、ポンタカードが使えるお店に置いてある月間Pontaという冊子で確認ができます。気になる商品があったら、期間中に交換してみましょう。
ポイントで商品の支払いをするよりも、かなりお得です。ローソン店内にあるLoppiで引換券を発行し、ポイントと商品を交換しましょう。

Ponta特典交換で商品を手に入れよう

Pontaポイントを貯めて、ポンタオリジナルグッズと交換ができます。ぬいぐるみやキーホルダー、Tシャツなど、ここでしか手に入らないオリジナルグッズが多数あります。他にも、家電やキッチングッズ等の日用品、ファッション、インテリア、キッズのおもちゃまで、幅広い商品との交換も可能です。
欲しい商品を目指してポイントを貯めるのもいいでしょう。

自分にとって使いやすいポイントに交換しよう

ポンタポイントは、他社のポイントと相互交換ができます。ポイントカードをひとまとめにし、お得に利用してみましょう。相互交換できるのは、JALのマイルやdポイント、リクルートポイントなどがありますが、ポンタ1ポイント=他社1ポイントとの交換とはならない場合もあるので注意しましょう。

おさいふPontaのコラボカード

おさいふPontaは、アーティストやキャラクターとコラボしたデザインカードがあります。アーティストのBIGBANGやGENERATIONS、映画HiGH&LOWなどとコラボしているのですが、現在は受付終了になっている物も多くあります。
気になるおさいふPontaカードが発行されたら、期間内に入手しましょう。

簡単発行のポンタカードを作ろう

ポンタカードは提携店がかなり多いので、貯まりやすいポイントカードです。発行もネットや店頭で簡単にできるので、作っておくと便利です。
また、他社との相互交換もできるので、色々なカードでポイントを貯めて後からポイントをひとまとめにして利用するという使い方もおすすめです。毎日のお買い物で賢く利用してみましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪